馴れ初め

    189 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/10/20(木) 06:50:13 .net
    新幹線の中で俺が惚れて連絡先押し付けたのが出会い

    仕事で新幹線で京都から乗車した時
    その時は連休でそこそこ混雑していた
    たぶん自由席は満席、指定席だったんだけど
    そこでオッサンと若い男が才柔めてた
    キーキー言うオッサンとオロオロする若者、周りは心配そう(迷惑そう)に見守る
    どうやら指定席券を持ってた若い男のところに既にオッサンが座ってたらしい
    そこに現れたのが着物でビシッとまとめた嫁
    オッサンに「うちのモンがえらい迷惑かけましたなぁ。許しとくれやっしゃ、そんでここの席はうっとこが購入した物やけどなんでおたくが座っとらはるんか、説明してくれます?」
    京都弁は間違いだらけだろうけどこんな感じ。
    着物だし、威厳あったし、オッサンビビって別の車両行った 俺もビビってた

    俺がその席の後ろだったわけだけど、嫁とその若い男は姉弟で
    結婚式に行く途中だったらしい
    弟は「あの変な京都弁なんやねん」と姉に抗議し
    嫁は「うるせーバカあれくらい言い返せ情けない」と弟を叱ってた
    着物姿が似合い過ぎてどっかの若女将かと思うくらいだった 迫力半端なかったし
    でもその時の嫁に一目惚れして弟の前で連絡先渡して今に至る

    ちなみに嫁母は本当に綺麗な京都弁を喋る
    嫁は喋れない(京都寄りの関西弁)
    後から聞いたら、あのときは何故かなんちゃって京都弁を振りかざしていたらしい

    332 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/08/31(月) 01:47:19 ID:3bR
    馴れ初め話してみるか。
    もう大分前だけれど、ヒッチハイクが流行った頃の話。
    車好きな俺は仕事が終わってから夜の峠をドライブしていたら、中腹辺りに差し掛かった所で人影を見つけた。
    手に「東京!」と書かれたダンボールを持った女性.がブンブン手を振っていた。
    たまたま開けた路肩だったので、停めたら走り寄って来た。
    俺「こんな時間に大丈夫??」
    女「すいません、明るいところまででいいので乗せてもらえませんか!?」
    聞いたらどうも乗せて貰った相手にからかわれたのか、中途半端な中腹まで連れてこられて下ろされたとか。
    車の助手席に乗せて話を聞いていたけれど。段々怖くなったのか泣き出してしまった。
    そりゃ下手すれば襲われててもおかしくなかったもんなぁ…
    名古屋からずっとヒッチハイクで移動してきてここまで辿り着き、目的地の東京は自宅との事。
    まぁこれも何かの縁かと思ってそのまま東京まで送っていった。
    ただ時間も時間だった為、東京に着いたらそのままとんぼ返りで高速に乗らないと仕事に間に合わなかったので、
    自宅まで送ったら早々に帰ってきた。
    別れ際に後日お礼がしたいからと連絡先を聞かれたが、別にそんなのどうでも良かったし断ったものの押し切られ、
    名刺を渡して帰った。

    702 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/05/09(水) 22:35:33
    正月に親戚一同が集まったとき、
    叔母さんから「娘についに始めての彼氏ができたよー」って話がでた
    皆へーそうなんだーよかったねーとか
    どんなひとー?など良くある会話だった。
    俺が冗談で「従姉妹ちゃんは小さいころ俺兄ちゃんがすきーとかいってたのになぁー
    さびしいなぁー」と言ったところ

    従姉妹「じゃ、別れる」
    俺 ( ゜Д゜) へ?
    従姉妹「責任とってね」
    俺 「せせせせ、責任??」
    と若干ぱにくっている所を抱きつかれた。親戚一同見ている所で
    叔父さん ポカーン
    俺母 「あんたその子になにしたんやーーーーー!!」
    俺「何もしてないって!」
    俺母 「嘘つくな!絶対手出してる!」
    俺「ええええええええ!?」

    478 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/01/01(土) 19:32:45
    嫁は会社の同期だった。
    女子校女子大で如何にもお嬢様って感じの美人なので新入社員教育の頃からモテモテだった。
    俺は非モテ系だったし職場も違うので嫁は別世界の住人で会えば挨拶する程度だった。

    そんな感じで時は流れ入社半年ほどすると同期のネットワークで嫁の悪い噂が流れだした。
    ・優しいのは外見だけで実は高飛車
    ・男を次々取り替えている
    ・コネ入社で仕事が出来ない
    悪い事に全部事実だった。結果として嫁は会社内で嫌われ者になっていたのであった。

    入社した暮れに同期だけの飲み会があったが俺は仕事が終わらなかったのでキャンセルした。
    9時過ぎに嫁が俺のフロアにやってきてなにやら話しかける。
    ちょうど仕事が終わった所だったので二次会に合流するのを止めて嫁と食事を取る事にした。

    自分が浮いている事に気付いていた嫁は俺に色々言い訳めいた事を話した。
    話を聞いている内に気付いた事は嫁は結婚相手を見つけるまでの腰掛のつもりで入社していて
    男との付き合いは学生時代殆んどなくしかも重度のファザコンで、
    父親が母親にしたような恋愛を望んでいるちょっと時代遅れの感覚の持ち主だった。

    嫁は語る恋愛失敗談は男に対して経済的に完璧に頼れて嫁を優しくリードしくれて
    我侭を聞いてくれて嫁をお姫様扱いしてくれるナイトになる事を要求したモノばかりだった。

    「私、もう会社にいられない、どうしたらいいか分らない」という嫁にちょっとした助言をした。
    高スペックの男を求める前に先ずは愛してくれる男を見つけろと。
    収入が低くても、顔がブサ面でも、気が弱くて自分から告白できないよな奴でも許せと。

    「そうかも知れないけれど、私の事愛してくれる人なんて居ないと思う」と言う嫁に、
    グダグダ気味で早く帰りたくなってたので面倒になり、
    君が気付いてないだけで必ずいる、案外身近にいると思う、と慰めた。

    そうしたら何処をどう勘違いしたか
    「え、そういう意味だったの?」って言った後、なにやら俺に向って急にニコニコし出す。
    その日は直ぐに寝たかったので帰してもらえたが、
    次の週から俺は嫁からロックオンされて猛追を受ける事になる。

    このページのトップヘ