飛び降り

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1434008877/
    526 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/07/21(火) 13:29:15 ID:TLc
    数年前、旦那が勤続○年のリフレッシュ休暇を貰ったので旅行した時の出来事。
    新幹線で某政令指定都市まで行って、駅近くでレンタカー借りたんだが
    目的地に行く前に寄りたいところがあると。
    近くに旦那の会社の営業所があって、そこに以前お世話になった上司がいるので挨拶してくると言うので
    そこまで旦那が運転して行った。
    到着後、表通りは車の往来が激しいので路地を入ったところに車を止めて旦那は降りて行った。
    「15分ぐらいで戻るから待ってろ。このあと運転お前な」と言われたので、運転席に移動して待っていた。
    るるぶ見ながらぼんやり待っていたら、突然ド―――――――ン!!!と爆音が聞こえて
    同時に頭に割れるような痛みを感じた。
    ビックリして外に出ようとしたらドアが開かない。
    あれ?あれ?と思いながら窓外を見たら、なんか私のこと指差して騒いでる人たちがいる。
    え?なになに?私なんか変なことした?とパニクってたら
    突然フロントガラスがふわっとした感じでパラパラ崩れて行った。
    そしたら突然怖くなって、助手席側から這い出るように外にでた。
    少し離れてから振り向いて車をみたら、屋根(ルーフ?)に女の人が血を流して寝てた。
    ここでドラマとかだと「キャアアアア!」ってなるんだろうけど
    「うぁわわわばばばば」とか変な声が出た。たぶんすごい変顔してたと思う。現実はこんなもんだ。
    そのうちどんどん人が増えてきて、旦那も戻ってきて「大丈夫かっ!」って言われて
    顔が汗がびっしょりだったから手で拭ったら赤かった。血だった。
    その血をみたらやっとクラッとなって、へたりこんだ。
    結局旅行は中止。私は現地で入院したけど、検査の結果大したことなくて
    凹んだ屋根で頭皮を毟られたぐらいだったのですぐ退院できた。
    車はレンタカーだったのが幸いして、お店にすべて任せた。
    旦那が律儀に挨拶なんか行かなかったら、痛い目にも遭わなかったし旅行も出来たのにと思ったけど
    そんな律儀な旦那が好きなのでしょうがないw
    しばらく経ってから、飛び降りた人の身内の方が訪問してきて金品を置いて行ったけど
    聞いてもいないのに余計な情報も置いて行ったので気分はどんより。
    タヒんだ女がどういう事情で悩んでタヒんだかなんて、
    冷たいと言われるかも知れないけど私には関係ないと思うの。
    私にとっては、無関係な人を巻き込んでタヒぬなよ、迷惑なやっちゃとしか。

    228 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/06/11(土) 08:11:06 0.net
    うちの会社は、新人に3年目か4年目の社員が付いて一対一で仕事を教える
    「対番」って制度がある
    私の対の先輩は、3年上の綺麗で明るい女性.社員だった
    対番は通常半年~1年続くんだけど、私の場合は急な産休に入った社員の穴埋めで部署移動があって
    一年と少し対番して貰った
    本当の姉妹みたいに可愛がってもらって、大好きだった
    対番が終わっても仲良くしてもらってた

    大きなプロジェクトが終わって半月くらい経ち、会社の空気が比較的のんびりまったりしていたある日
    先輩が「ちょっと外の空気吸ってきますね~」ってでフロアを出て行った
    数分後、内線がかかって来て、電話を取った社員が動揺して大声をあげた
    主任が電話を代わって、やっぱり大声をあげた
    切れ切れに聞こえてくる単語に中に、先輩の名前があった
    まだ電話がつながってる間に、サイレンが聞こえた
    休憩室にベランダがあるんだけど、そこにいた目撃者の話では
    いつも通りの顔と足取りでベランダに出て、うーんて背伸びして明るい顔で空を見上げたあと
    ひょいって飛び降りたらしい

    80 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/05/11(金) 12:48:37 ID:uDeVXO8I.net
    昔起こった気になる事件

    飛行機が海上を飛行中、突然一人の乗客がドアを開けて飛び込んだ
    急いでドアは閉められ二次災害は避けられたものの飛び込んだ乗客の生存は絶望的だった
    その後、飛び込んだ乗客がしきりにトイレに行っていたことが判明しトイレをチェックしてみた
    すると手作りの爆弾が仕掛けられていた
    しかしそれは失敗作で爆発はしない代物だった
    さらに驚くべきことにこの飛行機には飛び込んだ乗客の婚約者が同乗していた
    実家の親に挨拶に行った帰りだったと思う
    彼女は連れが飛び込んだことも爆弾を仕掛けていたことも知らなかったし動機も心当たりがないという
    ここからは推測だが
    飛び込んだ男にとってはそれは望まれた結婚ではなかった
    そこで自棄になり飛行機もろとも爆発し心中しようとした
    しかし爆弾が不発になりパニックになり自分だけでも、と飛び降り自杀殳を行った
    真相は別にあるかもしれないが何となくもやもやとした事件ではある

    このページのトップヘ