電車

    636 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2006/06/15(木) 19:40:56 ID:YEnZ4YVO
    こないだ電車で、ちょっと心が暖かくなったので書き込み。

    平日の夕方くらいだったかな、立ってる人はギッシリではないが
    まあまあいるちょい混みの車内。私は席に座って本読みに集中してた。
    電車が駅に停車してドアが開いたな、となんとなく思ってたら
    私の横に座ってた20代くらいのダサ真面目な感じの青年が
    「起立ッッッ!!!」の号令をくらったかのように、突然バッと立ち上がった。
    青年の膝に乗ってた紙袋は、彼が立ち上がった勢いで床に落ちた。
    私は、ちょっとびっくりして??何?と怪訝に思い彼の視線の先を見ると
    杖をついた小さくて白髪の女性.が、この車両に乗って来てた。
    80歳は確実に越えてるぽい。
    青年は、頑張って声を張り上げてるカンジに緊張気味のデカイ声で
    「ど、どうぞ!」
    と言ったけど、そのご老女はにっこりと
    「あちらの優先座席に行きますありがとうございます」
    と答えられ前を通りすぎて行かれた。
    なんとなく青年も、私を含め他の乗客も、ご老人を見送った。
    そしたら、青年は今度は「着席ッッ!!」と号令をくらったかのようにシャキーンと席に座った。
    座っても、背筋が超伸びて手をギュッと握ってるwwwやべえ超かわいいコイツwwww
    私は心の中で、にーちゃんGJだったよ!と絶賛しながら
    床に落ちたままの紙袋を拾って、彼のドラえもんのように握ったおてての上に乗せた。
    彼は微動だにせず前を見据えてグーの上に紙袋乗せたままwwww
    席譲るの、そんな緊張したのかwww
    君の勇気に乾杯!きっと周りの乗客もみんな、心で君にGJを送ってるよ。
    だから不発だったけど、そんな固まらないでよ~~wwwと吹き出しそうになるのを耐えた。
    とても、微笑ましい出来事でした。

    307 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/06/16(日) 09:40:05 ID:uRd/lJQi
    電車の中で若い女が化粧していた。
    下まつげにマスカラ塗っていた時に電車が揺れて
    頬の一番高いところにマスカラブラシを当ててしまって
    べったり真っ黒。
    前に立ってた40過ぎくらいの女性.がちょっと顔を緩めて笑ってしまった。
    化粧女が「ババア笑ってんじゃねーよ」と言ったら
    女性.が「なら笑わせんじゃねーよ、ですよ。」と言った。
    ハァ?と化粧女が立ち上がりかけたら、
    化粧ポーチとカゴバッグと両方落としてぶちまけた。
    向かいに座ってた人も立ってた人もみんな笑いをこらえている顔だった。
    その女性.も化粧品など拾うのを手伝っていた。

    化粧女の隣に座っていたが、粉が飛んできて迷惑だったので
    40過ぎくらいの女性.GJと思った。

    968 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/12/11(金) 09:46:50 ID:SR1MzWFE
    厄落としがてら書き込みさせて下さい
    1/2
    少しの間入院していたんだけど昨日退院出来た。
    それでも少しの間松葉杖が必要で入院中練習はしてたものの
    外で使うのは初めてだからと練習がてら電車で帰る事にした。
    旦那は出張、迎えに来てくれる友人はインフルにかかり一人で帰る事になったのだけど
    家庭に戻っても常に誰かが傍にいてくれるわけじゃないからいい練習になると思っていた
    ・・・のが甘かった。
    駅構内で優しい人が「荷物を持ちましょうか?」と言ってくれたのは凄く嬉しかったの
    だけど一人だけ「これ○○のブランドよね」と話しかけてきた女の子のママ(AとA子とします)と思う人が声をかけてきた
    新手の勧誘かはたまたクレクレかと警戒しながらスルーして券売機に行き切符を買っていると
    切符を買う為に置いたそのブランド紙袋が視界から消えた。
    慌てて振り返るもそのママはさっさと子供を連れて行ってしまう。慣れない松葉杖じゃ早く移動出来ない
    中身は入院中使っていた物だし紙袋も頂き物だから諦めるしか無いと思っていたんだけど
    追いかけている時に通りすがったカップルが話しかけてきて、事情を話したら
    「あいつか、お前は警察呼んでこい」
    って言って男の子が走り出した。女の子の方は壁際に連れてってくれて
    「ここで待ってて」って言うと走って行った
    上手く動けない自分にイライラしつつ素直に待ってたら女の子と警官2名が来てくれて、その内1人が私と一緒に。
    女の子ともう一人の警官は男の子の方へと行った

    561 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/09/02(日) 18:20:19 ID:cFm8hpQW
    560です
    最初のカキコが上手くいってなかったみたいなので書き直させてください
    電車で遭遇したキチママ(以下A)の話
    1ヶ月かかって解決したので記念カキコ。
    【登場人物】

    A子2人
    A義母
    Bさん(たまに電車で会う妊婦さん)
    私(妊娠3ヶ月)
    高校生女の子

    208 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/29(火) 10:43:22 ID:42EZSGYR.net
    勝手に書きます。
    会社帰りに、電車のホームでちょっと狭いところに並ぼうとしていたら、
    違う列にいた30代後半くらいの酔っ払いがなんかわめきだした。
    「割り込むな!」ってことだったんだろうが、よく聞こえなかったので
    少し近づいたら何言ってるかわからないまま襟首つかまれ

    線 路 側 に 突 き 飛 ば さ れ た

    418 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/02/10(水) 09:05:08 ID:70C4p3U/0.net
    電車の入口付近で立ってたら「お前みたいな奴が乗ってると邪魔なんだよ!」と
    突き飛ばされて下ろされてしまった
    でも座席付近で立っててもそれはそれで絡まれそうだし
    (代われと強要されてる気分になるとかなんとかで)
    本当に怖くなってきちゃった
    産休まで働きたいけどやっぱもう電車いやだ…

    129 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/11/15(火) 05:49:57 ID:xxwZ7HaJ
    電車で座っいたら、中出汁マークつけたニンプリンセス(笑)が席を譲る要強要してきた。
    子供は国の宝だとか、子供は社会で育てるものだとか、世の中の男はママに優しくないとか、
    あんたの年金はこの子が稼ぐとか、まぁ言いたい放題。

    俺は静かに言ってやったのよ

    「わからないのも無理は無いけど、私は本当は右足が一本しか無いんですよ」

    ニンプリンセス(笑)は舌打ちして次のターゲットに移っていったよ。



    嘘は、ついてない

    3 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/01/15(木) 09:12:24 ID:R6F
    フェイクありますが、それ以外は全部事実です
    なんかおかしくね?と感じた部分はフェイクだと思ってください

    去年の電車での出来事。
    満員ってほどじゃないが立ち人がちらほらいる程度の込み具合。
    私は3駅ほどで降りるので、扉付近に立っていた。
    電車に乗る人なら知ってると思うけど、立っている人間にとって、扉付近は落ち着くんだよね。
    そんなわけで私だけでなく、その車両の扉の両端の手すりには全て誰かが立っていた。

    んで私が乗った駅の次の駅でのこと。
    私の目の前で開いたドアから高校生くらいのミニスカ女が乗ってきた。
    このミニスカ女、スマホをいじりながら当たり前みたいに勢いで私を押し退け扉の前をキープ。
    「はぁ?」と小さい声で言ったらこちらをチラッと見て、無視。
    身長160なくてガリ女だから弱そうだと思ったんだと思う
    女はデブではないけど170はあった。
    かなり頭に来たので反撃を決意。

    18 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/10/28(日) 18:02:03 ID:0V4eg/2B.net
    今日は半年になる子を連れて家族で電車で出掛けた。
    帰りは人が多くて座れなかったけど数駅だしととドアの近くの端っこにベビーカーを置いた。
    子はスヤスヤ寝てたから旦那と晩御飯はどうするか話をしてたら「可愛い~」って声が聞こえたから、我が子の事かな?と子を見たら女子高生2人が我が子のほっぺをぷにぷにしたり、手を握ったりしてた。
    「やめてください」と女子高生の手を振り払ったら「触るくらいいいやん。なんなん?」「わけわからん。行こう」と言われた。
    周りにいた人達が「気にしなくていいですよ。」「勝手に人の子を触る方が頭おかいし」と言ってくれた。
    子はその間もスヤスヤしてたからいいけど、勝手に人の子を触るのは本当に頭がおかしいと思う。

    305 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2004/07/14(水) 22:06:00 ID:Kqb3T3UV
    むかしの和んだ話をば。

    冬の寒い日、少し遠くの画材屋に画材を仕入れに、電車で出かけ、その帰り。

    シルバーシートをふと見ると、知り合いの作家さんのAさんが座っていた。内心、「ちょっとやだなあ…」とか思ったが、
    コートのお腹辺りを押さえていたので、腹痛か何かで大変なのかと思いつつ、声はかけないで気づかないふりをしていた。

    で、電車が止まり、お年寄りが乗り込んできたのだが、運が悪いと言うか何と言うか、Aさんの前に来てしまった。
    で、Aさんは少しばかり迷った後に、お年寄りに席を譲ったのだが、立ってる間、何故だか腰を曲げ、微妙に挙動が不振だった。

    で、向こうもこちらに気づいたのか、軽くこちらに挨拶してくれたので、近づいて、「すいません、体の調子でも悪いんですか?」と
    聞いてみたらば、Aさんは困った様子で、「いやチョッとですね…○(自分)さんは動物平気ですよね?」と言ってきた。
    肯定すると、「あのー…ここだけの話、こんなんなってるんです。」と、コートの腹の部分だけボタンを外し、中を指すと…

    にょきっと、真っ黒いチビにゃんこが生えてきた。白靴下履きの、生後三ヶ月たってないだろう、美人にゃんこ。

    (*´∀`) とした表情で、どうしたのかを聞いてみると、「いや、あのーバイト先の裏口に、かさかさ移動する箱が有ったので、
    あけて見たら、この子の兄弟たちと共に…ほら、そうすると見捨てられないでしょう?ね?寒いし、危ないし。」

    で、とりあえずコートの中に入れておくのもアレだし、画材屋さんの紙袋を差し上げて、しばらく猫談義。

    一ヵ月後、即売会でAさんと会い、その縁で家に遊びに行くと、件のにゃんこは、見事な美人に変身中。
    長ったらしいけど、とりあえず和んだのです。めちゃくちゃ和んだのです。納得してください。

    このページのトップヘ