虐め

    126 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/12/30(月) 00:33:22 ID:qz.hn.L1
    ヘルプマークがまだ無い時代、交通の便が悪い田舎でのこと
    最寄り駅までバスで40分かかるんだけど、毎日大きなカバンをかかえて席に座ってる小柄な女子高生が必ずいた
    制服は最寄り駅の近くにある、校則がガチガチに厳しく制服がださいことで有名な進学校(私の妹の母校)
    更にスケジュールがハードで軍隊並みに時間に煩く、「高校ライフを楽しみたいヤツは入るな」と言われるほど
    その子も毎日疲れた顔してバスの普通座席に座ってウトウトしてた
    カバンが大きいのも学校に私物(辞書や教科書、体操服、体育館シューズでさえ)を置いとくのが禁止だから
    私の妹も普通のリュックだと重さに耐えられず、ゴッツいカバンを使ってた
    ある時から、そんな女子高生に粘着するクソジジイが週2ほど現れるようになった
    老人は席に座れないとき、必ず女子高生に絡んでいった
    最初はウトウトする女の子の肩や頭に触れて揺すり起こし、女の子が座って膝と膝の間に置いていたカバンを指し
    「こんな足元に邪魔になる荷物を持ち込むな」と説教を始めた
    でも荷物を乗せる網棚もないし、膝にのせられるサイズでもないので、女の子は謝罪する以外になかった
    それが3回も続くと、今度は一向に改善されないことと、若い女の子が座ってることにケチをつけだした
    老人である自分が立って若い女子高生が座っているのは社会モラルに反するとも言い出した
    女の子は「体調が良くないので」と断ったけど、老人は「たるんどる」とか「体を鍛えてないからだ」といい始めた
    他の乗客や運転手まで老人の行為をたしなめもしたけど、やめなかった
    一部には老人に同調し、社会弱者である老人に女子高生が席を譲るべきだという人もいたりした
    私は「迷惑なので騒がないでください」と毎回言っていたけど、老人は都合の悪い言葉は耳に入らない人だった
    女子高生は何度老人に絡まれても、一切口答えせず、ただ「すみません」と謝って耐え続けた

    ある日、女子高生と同じクラスの子が腕にギプスを巻いた状態でバスに乗り込んできたことがあった
    普段は立ってることが多い彼だけど、席が空いていると女子高生の隣に座って話していて、仲がよさそうだった
    老人が乗り込んで来たある日、女子高生とギプスの子が楽しそうに談笑している最中だったことがあった
    老人は乗り込んでそれを見るなり、女子高生のもとへ歩み寄り、いきなり女子高生に向かって大声で怒鳴りつけ始めた
    それまでは頭や肩を揺することはしてもそれ以上のことはなかったのに、女子高生の頭に手を置いて力任せに頭を窓に押し付けた
    ギプスの子が止に入り、バスの運転手も運転席から放送で呼びかけ、他の乗客も老人を止めてなんとかその場は収まった
    女子高生は辛そうな顔をしていたけど、やはりずっと謝り続けるだけだった

    484 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/06/23(月) 13:28:37
    2年前情けないけど会社の上司の虐めにあってた俺
    どれだけ働いても評価もされず、成果は横取りされ、クレームは全部俺のせい
    我慢しきれなくなって会社を辞めた
    勝手に辞めてきてごめんとどうして辞めたのかの理由も話して嫁に謝ると
    私も働いてるし何とかなる~と笑いながら俺の背中をバシンと一発
    プライドが邪魔して子どもじみた虐めを受けてるとずっと言えなかった
    でも何かあったのは察してたみたいで無理に聞き出さずにただ優しく笑ってくれてた
    すげ気が楽になったんだよな

    次の職場も決まって就職直前の最後の週末金曜日
    嫁のリクエストで嫁会社まで迎えに行って
    たまにはと二人で外メシ
    続けて居酒屋に飲みに行った

    そこに最悪なことに俺を虐めてた上司が同僚たち引き連れて飲みに来てた
    俺がここの店はやめようと言って嫁を連れて出ようとすると
    酒が入った上司の捨てゼリフが背中に飛んできて頭に血が上った
    嫁も一緒だし我慢してやり過ごそうかと思った
    でもその瞬間嫁が店中に通るようなデカイ声で

    「うちのダンナに何か用か?ハゲオヤジ ケンカは相手見て売れよ」

    うちの嫁さん昔すげヤンキーだったの忘れてた
    今じゃぽちゃぽちゃの丸顔に真っ黒な髪
    でも俺の最高の嫁さんなんだ
    次は俺が嫁を守らなきゃな

    あぁ 結婚してよかったなぁと思った瞬間ってより
    情けない俺の過去話になってるか orz

    897 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/06/17(土) 10:32:19 ID:xwRVG+SF.net
    修羅場?かなあ?
    長文になります…

    昨日の某ドラマを見て思い出した話。主人公が過去の過ちを謝罪するのだけど、謝罪された側の人は「謝ったって気が楽になるのはアンタたちだけでしょ!」みたいな感じで許せず謝罪を拒否する…みたいな展開だったかな。

    私は小学生の時にいじめられてた。学校行くのが嫌で嫌で、それでも休まず学校には通った。
    無事に卒業して、中学生からはいじめがなくなり、今は大学出て働いてる。でもいじめられたことは、私の人格形成と人生に多大な影響をもたらしたと思う。
    数年前、高校3年の時のクラス会があった。高校3年の時のクラスメートは温厚な人が多くて、全員と仲良かったわけじゃないけど、居心地は良かったクラスだった。
    でも実は小学校で私をいじめてきたメンバーがいて、その子(以下B)とは卒業まで事務的な話しかしなかった。主犯格じゃなかったから、その子も高校では大人しくしてた。ちなみに主犯格(以下A)は別の高校に進学してる。
    あんまりクラス会とか同窓会とか出ないタイプなんだけど、高校3年のクラスは結構好きだったから参加した。でもこれが最悪の選択だった。

    302 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/03/05(月) 19:32:46 O
    PC修理中のため、携帯からごめんなさい。

    みんなで集まる正月やお盆などに、うちの子(3才、1才)や、他のいとこ(5才~新生児)を苛めて、泣かせて楽しんでるクズコトメ子(顔も体型もドドリアさんに激似)が、中学受験をする事になったらしい。
    秋頃に大トメさんの実母の一周忌があったため、親戚一同が集まってる場で
    「私の長所って何かなー?」
    って聞いてきたので

    顔が悪い、スタイルも悪い、口も悪い、性格も悪い、頭も悪い、行儀も悪い、とにかく臭い、その全てに自覚がない、空気も読めない…。
    長所なんてないね。
    だから友達がいないんだよ。
    だからみんなに嫌われるんだよ。
    何で分からないの?
    コトメ子ちゃんがいると臭くて食欲なくなるから帰ってくれない?

    って言ったら、涙目になってた。
    酔っぱらった男達が「本当の事言っちゃ可哀想だろ。オブラートに包めよ。」って言ったのがトドメになったらしく、泣きながら帰ってった。
    コトメ子がコトメを殴ったりしてたせいで、コトメは家を出て、父親の実家で甘やかされて育ってたみたいだけど、それ以降父親にも、その両親にも暴力をふるってつい最近施設に行ったらしい。
    小さい子に積み木投げ付けたり、おもちゃで殴ったり、流血させるようなクズだし、施設に行こうがどこかで死のうがどうでもいい。

    長くなってごめんなさい。

    361 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/10/21(水) 14:37:00 ID:Yv.va.L1
    いじめで不登校になった時、親の友達の紹介で
    不登校の子向けの私塾みたいなところにちょっと通った
    塾長は元教師で、いじめが起こっても見てみぬふりの学校の体勢が納得いかなくて
    教師を辞めて自分で塾を立ち上げたと言ってた
    塾自体は楽しかったけど、すぐ近所に私の親戚が住んでいて、うちの親に
    「あの人は自分が正論を堂々と言うから周囲に疎まれてると思ってるようだけど
    単に常識が欠如してるから避けられてどこでも孤立してるだけ
    少しでも関わるとどんどん図々しい要求をしてくるから仲良くなってはダメだよ
    (私)ちゃんもあまり長い期間塾に行かせない方がいい」と注意された
    当時中学生だった私はそんなことを言う親戚の方を神経わからんと思ったけど、
    間もなくして塾に使ってる先生の家を修理することになって
    先生の教え子という大工がやってきた
    昼休みにその大工も交えでお喋りしてたら塾長が突然
    「俺とこいつの仲で金なんかとるわけないよ」と言い出して
    大工がぎょっとした顔をしてるのを見て、子供ながらに
    「あ、やっぱ塾長って常識がないんだ」と悟った
    案の定、お金のことでもめたみたいで大工さんは工事途中で材料も引き上げて二度と来なくなった

    その後も、地元のお祭りの踊りにチームを作って参加しようと思い付いて
    美容師をやってる塾生の母親に全員分の衣装の用意と着付けとヘアメイクを
    全部無償でやってくれと頼んで断わられたとかで
    「お前の母ちゃん冷たいよなあ!」とみんなの前で生徒に文句言ったり
    塾長はとにかく他人の労力や持ち物をタダで使って当然というスタンスを貫く
    うちの親も、相当な金と手間のかかる業務を全部タダでやってとしつこく頼まれて
    「あの先生は社会人としておかしいからもうお父さんたちは関わりたくない」と
    理由をはっきり説明して私を数か月で退塾させた

    後から親戚に聞いたけど、塾長の家は親の代から
    冠婚葬祭は受け取るだけ受け取ってお返しはしないで平気な
    常識に欠ける家柄で有名だったらしい
    結局塾は間もなく潰れて、塾長はその後も飲食店開いたりNPO法人立ち上げたり
    色々なことやってはすぐダメにすることを繰り返してると噂に聞いてたけど
    最近たまたま街中で再会したら、挨拶交わしたすぐ後に
    「お前暇なら(30km先の町)まで乗せていけ」とタクシー代わりに使われそうになった
    暇じゃありませんと断ったら
    「あれだけ面倒見てやったのに冷たいよな」と言われたけど
    ちゃんと月謝払って通ってたのにそんなに恩着せて
    十数年ぶりにあった生徒をいきなり無料タクシーに使おうとするのが神経わからん

    97 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/02/04(月) 03:54:49 ID:JKrO7D2b.net
    幼稚園の頃先生にイジメられて事を結構鮮明に覚えてる
    子供の頃の事なので記憶はほとんど曖昧だし、母から聞いた話も含まれてるけど
    とにかく私にだけ当たりがキツかった
    些細な事で怒鳴られ、廊下に放り出され、よく泣いてた記憶がある
    結構鮮明に覚えてるのが、お遊戯会のダンスで私だけ動きが遅れたので
    「みんなの邪魔になるから(私)ちゃんは出てって」と教室の隅に追いやられ正座させられたり
    お絵かきの時間、終わった子から提出して、その後は遊んでていいよって時に
    私も描き終わったので、列に並んでたら
    先に終わって、教室走り回って遊んでた子の指が当たって絵が破けてしまった
    先生に絵が破けちゃった事言おうとすると
    「なんでこういう事するの!?」と激怒
    ↑を説明したら「そんなわけないでしょおおお!?嘘つかないでえええ!!」とヒステリーおこされ
    絵を直すまで教室に入ってくんなと
    セロテープと一緒に廊下に放り出された
    結構重量のあるセロテープの台を投げてぶつけられた事も覚えてる
    断片的な記憶だけど、他にもまだまだそういう感じのエピソードがあり
    突き飛ばされたりとか、お散歩の時間私だけみんなの列から離れて歩けと最後尾の子から5歩くらい離れて歩かされた事とかも頻繁にあった

    子ども達は、大人は正しいという認識なのか
    便乗してイジワルしてきた子達もいた

    私は当時先生に怒られてるという事が恥ずかしくて親に言えなかったんだけど
    人の口に戸は立てられないのは子どもでも同じ
    クラスの子達が「(私)ちゃんイジメられて可哀想」なのか「(私)ちゃん先生に怒られてやんのwプププw」なのかは知らんけど、自分の親に報告してたらしく
    よそのお母さんが、うちの母に「(私)ちゃん○○先生にキツく当たられてるみたいだけど大丈夫?」と心配してくれたみたい
    真相知った母は号泣激怒で幼稚園まで凸
    園長交えて話をし、最初は知らばっくれてたらしいけど
    「一人や二人から聞いた話じゃない。大勢の子のお母さんが自分の子供から聞いたと口を揃えて言ってるし、うちの子からも話聞いたら大方話が一致してた」って事を伝えたら
    「あんたの子どもは顔も声も気に入らないのよ!!大っ嫌い!!」と怒鳴られ、母衝撃だったらしい

    1 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/09/11(金) 02:02:53 ID:2xy
    立ったら書き連ねようと思う

    931 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/09/10(木) 16:43:45 ID:kundynFP.net
    今年6歳の息子についてご相談です。
    息子は身体も大きくわんぱくなので、小さい頃から「人を叩いてはいけない」と教えてきました。
    先日、公園で同級生のお友達(Aくんとします)に一方的に蹴られているところを目撃しました。また、別の日に同じAくんに「殴るぞ!」と追い回されるところもみたことがあります。
    そこでお伺いしたいのが、ちょっとくらいやり返してもいいと伝えてもいいでしょうか。
    Aくんは身体も小さいし、息子も特に気にしてないのでどうでもいいのですが、小学校に上がって悪い子の標的になったら嫌だなと思います。
    私(父)の経験上、男の子は弱い子ややり返さない子を標的にしがちなので、少し心配です。
    男として本音は『ちょっとくらいやり返してもいいよ』ですが、皆さまはどうお子さまに伝えてますか?

    871 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/06/27(土) 08:09:48 ID:q6C
    生々しい話注意

    小学生の時、告白してきたガキ大将フッたらイジメられるようになった
    クラスでハブられたりはまだ我慢できたけど、放課後に男子数人に押さえつけられて腕縛られてパソツ脱がされたのは本当に辛くて怖かった
    他にも性.関連のイタズラいろいろされて、今でも大きなトラウマとして残ってる

    それから十数年経って、ガキ大将が結婚し女の子が産まれた
    ガキ大将は娘にメロメロだという情報を得た
    やったと思った。娘産んでくれと何年も何十年も祈っていたから
    娘さんが中学一年生になった時、放課後に会いに行って父親がやったことを全部教えてあげた
    ショックで泣き出す娘さん
    まあ自分の父親が男子十数人がかりで一人の女の子を押さえつけて胸もんだり股に指入れたりしたらね。それが原因で異性.の前で服ぬいだら過呼吸起こすから結婚もできないとかね。
    泣きじゃくる娘さんに呪詛の言葉を吐きながら家まで送り届けたら、本当に偶然ガキ大将に会った
    ガキ大将、状況確認したら土下座してきたよ
    馬鹿かと思って笑ってしまった
    娘にも同じことしてやるからな。って言って帰ってきた

    420 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/10/18(金) 15:01:34 ID:9P.hz.L1
    私は昔から、まさに女子!って感じの女性.が苦手だった
    うまく伝わるかわからないけど、典型的な女性.というのか、女性.特有の性.質というのか、そういうのを強く持つ人がダメだった
    これを言うと女がダメな女は地雷と言われるのでこれまで誰にも言ったことがなかったけど
    ついこの間その苦手な理由を鮮明に意識する機会があったので、愚痴がてら吐き捨てる

    私は大学~今まで、理工系に進んで男社会で生きてきたから、長らく女性.らしい女性.が苦手なことを忘れてた
    そんな折、従姉妹が盲腸で入院することになり、16時半~旦那さんが帰ってくる22時ごろまで小6の娘さんの面倒を見ることになったんだけど
    この娘さんが私の苦手な典型的な女子だった
    毎日のように友達5人ほどを連れてリビングでおしゃべりしてるんだけど、その内容が
    誰かの悪口か、誰かの秘密の共有か、イジメの内容かだった
    誰かの悪口はまだわかる
    同じ空間に単に年齢が同じというだけで相性.も何も鑑みられていない子どもたちがグループとして押し込められるんだから
    価値観の違う相手とは自ずと軋みも生まれるし、不満が悪口となって出ることは皆が体感してることだと思う
    でも秘密の共有とイジメの話は本当に胸糞悪い
    「○○ちゃんにね、誰にも話さないから好きな人教えてって聞き出しちゃった」と言いつつ
    「バラしてもいいけど、私から聞いたって言っちゃダメだからね」と平気で周りにその秘密をバラす
    私が子供の頃にもいたけど、私は他人の秘密を抱えることが負担にしかならなかったから
    こういう話題を聞くと心身ともに重くなるし、なんで信頼してくれた子を簡単に裏切れるのかも理解できない
    さらに「バラしたのバレちゃったんだけど、私が言ったって証拠あるの!?って逆ギレして逆に謝らせた」
    「私がバラしたのに最後には涙目で謝ってるんだよ、面白くない?」とか
    武勇伝のように話してる姿を見ると、哀れだなとも思う
    一番受け入れられないのはイジメの話
    「○○、生徒会に選ばれたからって調子のってるから無視しよう?反応おもしろそうじゃん」とか
    「○○って辞書ばっかり見て気持ち悪くない?いい子ちゃんぶっててさ!だからいつも近く通るとき席蹴ってるんだ」とか
    それを後ろめたさも感じずに女子たちで共有できるってことが本当に怖い

    会話の中にいくつか、家庭科で使った針をフードの中に入れてやったとか犯罪まがいのことがあり、
    それを別の子に濡れ衣を着せたとも言っていたので、後に学校の方に連絡を入れておいた
    従姉妹には「娘さん、他人から恨まれる子になるよ」と伝えたけど、従姉妹は「女の子なんてこんなものよ」と言って取り合わなかった
    学校への連絡も絶縁覚悟で行ったし、もう二度と従姉妹たちには関わりたくない

    このページのトップヘ