祖父母

    347 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/16(水) 07:54:55 ID:xdf

    双子の姉がひき逃げされてから人生が滅茶苦茶になりました。
    私は妹の方。一卵性.だからよく知っている人間でもない限り見分けがつかなかった。
    高校に入ってすぐ姉が部活帰りにひき逃げされた。普段は自転車通学をしていた姉だが、その日は雨の日で親が車で迎えに来るのを校門から少し離れた場所で待っていた。
    幸い発見が早く命は助かったけど、入院生活が続いた姉は留年した。犯人は捕まらなかった。
    双子だから当然同じ学年だったけど、私が二年に進級したころ姉は不登校になった。部屋に閉じこもったまま泣きわめいて部屋を荒し八つ当たりするようになった。その時罵倒の対象になるのが決まって二年に進級した私で、自分だけ二年に進級したことが申し訳なかった。
    母や兄に妹子も留年してやればよかったと言われたことも私のなかでは修羅場。
    結局姉は中退。一日中部屋に閉じこもって過ごしていた。
    このころから姉はリストカットを繰り返すようになった。最初は私も心配したが、次第にそれが姉のかわいそうな自分を演出するためのパフォーマンスだと気づいた。
    三年になって、私は大学進学を希望していたけれど相変わらず引きこもりの姉が私の進学を快く思うはずもなく、ひき逃げに遭って以来姉を溺愛するようになった母と二人がかりで家庭内イジメが始まった。
    食事に洗剤混ぜられたり、腐った物を弁当に詰められたり。私の部屋やクローゼットにわざと生ゴミを置いたりしてくれたおかげで私や衣服には腐ったにおいが染み付いた。
    そんな部屋で過ごしているので、自分のにおいがイヤで毎日早朝に家を出ては銭湯に行ってから学校に通うようになったけれど、それでも制服についたにおいがとれなくて学校でもイジメを受けるようになった。
    受験を控え、連日課外授業を受けていた私に17時門限を強いて、守れるわけもなく連日門限破りの罰と称して体罰をされた。
    ストレスで夏休みに入る前には元は50kg台の体重が35kgになっていた。頭にハゲがいくつもできた。
    父は仕事仕事で家におらず、電話をしても「忙しい」の一言で切られる。兄は無関心。救いはどこからもなかった。
    何もかも嫌になって、姉が何度目になるかわからないなんちゃってリストカットをした日、私は腐ったにおいが充満する自分の部屋で本気リストカットをした。
    普通の女の子の握力では手首を切っても大した出血にならないらしい。実際姉のリストカットは薄皮を切る程度ですぐに後も消える。
    ただ、私は姉が事故に遭ってすぐに辞めさせられたが、バレー部だったので握力が男の子並みにあった。バスケットボールを片手でつかんで振り回すくらいのことは簡単にできた。
    私は見事に動脈をぶった切ったらしい。発見したのが元医療従事者の祖父母でなければたぶん本懐を遂げただろう。神経をやったらしく、私の右手は今でも動かない。(左利きです)
    母方の祖父母は遠方に住んでいて、その日は偶々姉を心配して夫婦で訪ねて来ていた。家の中で孤立していた私は知らなかったが。
    もっとも私は168cmあるので、35kgはいつタヒんでもおかしくないレベルだ。今思えばリストカットをしていなくてもそう遠くないうちに倒れていただろう。
    祖父母が私を救急車で病院に運んだ。病室で意識が戻った時、もう何もかもがどうでもよかったので私は何一つ反応らしい反応をしなかった。
    精神病院に放り込まれた。正直そのころのことは曖昧でよく覚えていない。覚えていることといえば、ああ平和だな~ってぼんやり思ったことと、面会日に祖父母が来てくれたことだ。
    頭がはっきりしたのはそれから随分経ってからだ。医師の適切な治療もあって、35kgまで落ち込んだ私の体重が40kg台になった頃だと思う。
    祖父母が面会に来てくれた日に当然ばああああっと、姉がひき逃げされた日から手首を切るまでの日々が頭に浮かんだ。泣き叫んで暴れた。
    祖父母は私が家でどういう立場にいたのか知っていた。そのときは知らなかったが、私の戸籍は実家からすでに抜かれ祖父母の養子になっていた。祖父母は母と絶縁し、行き場のない私を拾い上げてくれていたのだ。

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1439352437/
    194 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/08/14(金) 00:43:39 0.net
    母ヒスで無職(入院まではいかない通院精神)父40代から会社辞めてプー
    なんとか同居してた祖父母の貯金を使い果たし生きてたけどその祖父母も病気で他界。
    他界際に「この家はもうだめ、逃げろ」と言われ、行先言わずうちを出て約2年
    年末年始や盆関係ない仕事してるけど今回は盆に休みが
    結婚考えてる人いてプロポーズもされたけど実家に行くのが怖い、
    また幸せな家庭なんて築ける気がしないから凄く好きな人だけど返事を保留にしてる
    彼の実家に盆来てもらいたいみたいだけど仕事重なってるのと単純に実家近いから
    行きたくないのもあって結果また行かず。
    逃げてる自分が嫌になるけど、でも実家の家族背負える気がしない。
    自分が暮らしていくだけで手一杯。正直顔も見たくない
    でも逃げてるんだろうな、て自己嫌悪をぐるぐる繰り返してる
    でもやっぱどーしようもないよもう家庭なんてぶっ壊れちゃったんだもん
    そんな家族と今更会いたくない。兄も姉も父プーだったからまともな経済的自立心なし
    真面目にやってたかられてたらあほくさい。愛情欲しかったけどたかられ対象なのはどうしようもない

    でもやっぱあほくさいから彼が実家に帰る間は東京行って遊んでくる。寂しいけど
    その分元の家族以外を大事にしなきゃ

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1457230015/
    141 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/03/21(月) 19:26:01 ID:NHF
    現在進行形だけど叔父の遺書をうっかり見つけてしまい修羅場。
    数年前叔父がタヒんだ。
    タヒ因は精神疾患により心だけではなく、身体機能も相当参っていたようで、食べ物の誤飲による窒息タヒ。
    叔父には嫁と娘がいるのだがこの二人がそれはもう酷い人間だった。
    叔父が亡くなってしばらくした後、親族会議で嫁の今後について話し合われた。
    同居していた舅姑が「出ていきたいならこちらは止めない、だが家に残って跡を継ぎ、代々の土地や墓を守ってくれるのであれば、こちらは嫁やその娘の面倒を見る」と提示したところ、嫁は後者を選択。
    その結果、8桁額のタヒ亡保険をはじめとする多額の金や資産を得た。
    しかし、その1年後、パソコンの電源すら入れられないレベルの嫁娘、舅姑(私にとっては祖父母)に代わって放置されているパソコンなどの整理を私が行うことになった。
    すると叔父のパソコンには遺書が残されていた。私は悪いと思いながらも誰に告げることもせず、遺書と表示されているファイルを開き内容を確かめると、

    ・叔父が結婚したのは包丁で脅されたからであること。
    ・現在の精神疾患の原因は妻であること。

    という内容だった。これはヤバイと判断した私は母(亡くなった叔父の姉)へ報告。

    長いので分けます。

    引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1517886776/
    120 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/02/09(金) 18:00:16 ID:dLuv6KRh0.net
    そんなに怖くないし文章が稚拙で申し訳ないですが自分の子供の頃の話

    子供の頃は毎年、夏休みに同県の山奥にある祖父母の家に母と兄と遊びに行ってました
    本当に何もない山の中でしたが祖父母の家の近くに川があり、そこで泳ぐのが毎年の楽しみでした。

    そこの川は大きな岩が敷き詰められるようにゴロゴロ転がっていて子供が泳げる範囲の川にたどりつくためには岩の上を登ったりくだったりしなければいけなくて、危ないので必ず大人と一緒じゃないと行かせてもらえませんでした。

    何が理由だったかは今は思い出せませんが、兄に一方的に殴られた自分は泣きながら家を出て1人川のほうに向かいました。
    母に泣きながら訴えれば自分を慰めてはくれるでしょうが自己中で暴力的な兄に相応の罰とお叱りが下るとは今までの経験上思えず、ちゃんと反省させてくれない母にまでこのやるせない怒りが向かうのがわかってたので黙って出ました。

    川は祖父母の家から見下ろせる位置にあり、いつも泳いでいる場所だと家から丸見えだったので泣きながら岩を登っていつも泳いでいる場所より奥へ奥へと進んでいきました。

    527 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/03/01(土) 06:02:02 ID:3hVKsvhm.net
    書き逃げ

    昨夜、仕事から帰ってきたらうちの前で放置児が血まみれで倒れていた
    さすがに放ってもおけんので警察を呼んだが、
    放置児が「お母さんに・・お母さんに・・」とうわ言を漏らすので
    来たお巡りさんは私を母親と誤解し何やったのと怒鳴りつける始末
    ご近所さんの証言でうちの子ではなく、むしろ近隣が迷惑している放置児だと理解してもらえた
    放置児は救急車で搬送されたが、もちろん親とは連絡がつかなかったので
    警察が小学校の担任と隣の市在住の祖父母に連絡し来させた
    何で私の家に来させたのかは不明だが、うちの前に捨てていったからには
    戻ってくる可能性.もあると言われては反論もできず
    ただし屋内には入れずに、血まみれの玄関先を掃除させていたところ、
    日付が変わったくらいに千鳥足の放置母がヘラヘラ来襲
    「預かってくれる約束をしたのにいなかった(放置児押しつけの常套句)から
    置いていった」とだけ証言し、子供への暴力は否定していたが
    公衆の面前で無関係の私を怒鳴りつけた後ろめたさからか
    お巡りさんは必要以上に叱りつけて現行犯逮捕し連行していった
    担任と祖父母も自分たちの車でついていったので、私たちはようやく解放された

    あれだけの大騒ぎだったのに、親子だからか今朝の新聞には載っていない

    220 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/26(水) 15:36:02 ID:JyV7B+bF.net
    私が7歳の頃の話。
    父親が単身赴任で私は母親と暮らしていた。
    母親は自分の事は自分で、という教育方針で幼稚園の頃から自分の靴下や下着はお風呂入った時に手洗いするとか
    小学校に入ってからはお米を研いでご飯を炊くというとかお風呂洗ってお湯を溜める位の家事をお手伝いの範囲内でやらされていました。
    電子レンジの使い方も温める、位の事は出来ていました。
    そして住んでいる所が商店街を抜けた所にあったので、一人でおつかいに行くとお店のおじちゃんやおばちゃんが
    「あら◯子ちゃん、おつかい?えらいねー。」とおまけしてくれたりする場所に住んでいました。

    ある日家に帰ると母親がおらず置き手紙がありました。
    その手紙には「おかあさんはおでかけしてきます。」と書かれていて、今日はどこで何を買う、
    明日はどこで何を買う。と指示が書かれていて単純な私はそれに従って買い物をして
    やはり手紙に書いてあった通り、冷凍してあったご飯を食べていました。
    それをしていたのは二日三日だと思うのですが、大人には違和感を感じたんでしょう。
    揚げ物屋のおばちゃんに「○子ちゃん、おかあさんは?」と聞かれ、馬鹿正直におでかけ!お留守番なの!と答えると
    そのままお店に引きとめられて、おばちゃんの呼んだ近くの交番のお巡りさんとおばちゃんで家に帰り、
    手紙を見たお巡りさんがどこかへ電話をして、私は保護されました。
    夜遅くに父親がやって来て、大泣きしながら私を抱きしめてくれたのを覚えてます。
    結果的に母親は失踪。母方の祖父母にも何も言わず今でも行方不明です。
    私はしばらく少し離れた父方の祖父母の家に預けられましたが、その後こちらに戻ってきた父親と住むようになりました。
    母親に会いたいな、さみしいなと思った事もありましたがそれ以上に父親が愛情たっぷりに育ててくれ、今日私は20歳になりました。
    大人になるにしたがっていろいろ考えてしまいたまに内心修羅場になりますが、考えても仕方ない事はあまり考えず生きていこうと思っています。

    引用元:http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1437699746/
    166 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/26(土) 06:50:58 ID:Duy
    叔父の現在進行形の復讐
    20年以上前叔母が不倫をしたらしい、直後に妊娠、叔母と叔母両親の懇願で再構築開始、ただ叔母は不倫相手と切れずに年に数回会っていたらしい
    最近叔父の両親(私の祖父母)が病気で相次いで亡くなり49日が過ぎた後、叔父が叔母・従妹に対し不倫やその後の密会・さらに従妹が不倫相手の種で生まれたことを暴露したらしい
    叔父がこの時期に全部ぶちまけたのは、事情を全く知らなかった両親(私の祖父母)が亡くなってもう我慢する必要がなくなったかららしい
    らしいばかりで申し訳ないが、従妹や叔母が半泣きでうちの両親や私に報告(&叔父への執成し依頼)してきた内容だから
    叔母と叔母両親は「なんで今更、しかも従妹にまで喋るなんて!」と憤慨したが、発覚後の密会が全部把握されてるのを知って黙った
    従妹も「私のお父さんは叔父だけ!」って言ってたが叔父は「一度も娘だと思ったことはない!あの男と叔母の血を引くだけで虫唾が走る存在!」「何も知らないで孫と称する生き物を可愛がる両親が不憫で我慢してただけ」と切り捨てた

    454 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/08/12(金) 17:12:50 0.net
    来年結婚する彼に助けられた件を。

    私の両親は私が子供のときから二人とも不倫をしていて、親がほとんど家にいない生活だった。
    兄と違ってプレゼントやお年玉をもらえず、誕生日を一度も祝ってもらえなかった。
    女だからという理由で父方の祖母から虐待まがいのいじめを受けていた
    なんとか奨学金を得て専門へ進学したけど、奨学金を祖母に使い込まれてバイトしながら必タヒで卒業できた。

    社会人になったら、祖母はパチ代を毎月もってこいと言って
    数万円づつ、取り上げられていた。

    このページのトップヘ