社員

    802 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/03/28(木) 09:01:47 ID:aJ2ZKAcS.net
    この仕事のパートに8時間なんて服務表にないから!
    と言って私の8時間勤務を5時間に減らしていった社員A(異動済)
    ふだん8時間勤務で、でも暇なのか堂々と職場で寝たりするフルタイムじゃなくても良さそうなとあるパートは
    社員Aの口添えで8時間になったことを知ってしまった
    時期的に私が減らされた後のこと
    上司に抗議したけど社員Aは今はもういないし、上司にも「社員Aがそんなことを言ってあなたの勤務時間を減らしたなど知らなかった」と言われ取り合ってもらえなかった
    私が今いる部署は8時間が作れないとも言われた
    日中も超勤時も席を外してよその部署でおしゃべりばっかりだった人のことは
    超勤時間だけを見て「8時間じゃないとできなさそうだったから」とフルタイムにしたりしてるのに
    なんだかな…ズルしたもん勝ちなんだな

    642 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/12/20(土) 08:38:28 ID:acMi40Tw.net
    私は喘息持ち。
    大人になって発作が起きる事はだいぶ減ったけど吸入は手放せない。
    この前体調を少し崩して会社に行ったら、会社で発作。
    吸入しようとしたら、「こんな物してるから治らなくなる。」と吸入器を取り上げられて踏みつけ破壊。
    救急車のお世話になるものの、処置をして吸入を処方してもらい帰宅。
    翌日は午前中会社休ませてもらい、午後会社行ったらその人はおらず
    どうやら懲戒解雇になるらしいと聞いた。
    久々の発作で久々にタヒぬかもと思ったのと、まさか吸入が壊されると思わなかったので
    修羅場を味わいました…。
    年明けたら、厄払いにでも行ってきます。

    236 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/05/17(火) 01:01:02 ID:Y5GshRW4.net
    眠いけど眠れないからカキコします。

    私は、去年の年末に会社都合で切られ
    1月末から派遣社員として、
    印刷工場で働いています。
    そこで働く正社員達の言動がスレタイ
    ある日、私が昼休みに休憩室にて
    寛いでいたところ、
    正社員が3名(以下A B C)ほど入って座った途端に、
    A『そういえばさ、うちの部の派遣がさ葬式に出るから休んでるんだわ(笑)ありえなくね?』と、切り出した。
    B『はっ?ありえないわ派遣が葬式(笑)仕事する気あるのか?』
    C『wwww(にやにや笑ってた)』
    これだけでも、十分気分が害されたのですが、次の瞬間Aがありえない
    行動を取りました。

    続きます

    引用元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/x1/1232966167/
    862 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/10/13(火) 05:43:28
    暇だから投下します
    間男は社員、出会ったのはパート場、教えてくれたのは嫁友と嫁弟です
    嫁は大事なのはあなただけだから許してほしい、といかにもな言い訳
    とりあえず会う日を決めて俺、嫁、嫁友、間男で会った

    嫁友が間男と嫁に暴言吐きまくって殴りかかりそうだったけど抑えさせた
    とりあえずあんたが責任持って嫁を引きとっくれ、こいつを幸せにしてくれと俺は間男に言った
    間男はごめんなさい、出来ませんと土下座
    ふざけんな、不倫するって事はこうなる事の覚悟もそれで発生する未来の責任も簡単に想像出来ただろう
    断るなら法できっちりと制裁させてもらうと言ってその場の話し合いで終わり

    家の中でゾンビみたいになってる嫁、俺も会話したくなくてコンビニで時間を潰した
    その後間男の両親と言われる人逹が土下座しに来た、間男が自杀殳したと聞いた
    請求するつもりだった額より500万多く支払ってもらった
    嫁からも慰謝料を貰う事に、嫁は風イ谷で働き短期で慰謝料を支払った
    そして離婚した、その後嫁とは会ってない

    俺も嫁もその間元いた家とは違う場所にいたが引っ越すために家を手離した
    隣の家に住んでいる夫婦から引っ越す前のお別れの挨拶で聞いた話
    俺がいなかった間、毎日家のドアの前でビタッとはりついて
    レンズから中を覗こうとする髪で隠れて顔の見えない女が立ってたらしい
    怖いっしょ、たぶんそれ嫁だよね、まるでホラー映画みたいで俺は寒気がしたね

    新しい彼女が出来たのですが嫁友の事です、ずっと前から好きだったと言われました
    家も新しい一軒家にしました、余裕があったんで地下に温泉とプールをつくりました
    始まったという感じです

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1418291668/
    839 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/08/13(木) 03:00:11 ID:YHP
    ライトなのをひとつ
    会社での帰りがけに、隣席のママさん社員と「今夜のおかずは何にする~?」とか
    「このごろナスが安いよね~」とかいう話をしていた。
    ある日、私「今夜のおかずは何にします~?」
    ママさん社員「豚汁かな。(私)さんは?」
    私「ビーフシチューにしようかな」
    マ「おおっ、豪華」
    私「でも缶詰なのww」
    マ「缶詰のシチューやカレーっておいしいよねww」
    駅で、同僚のS木と一緒になった。
    S木「(私)さん、今日はビーフシチューだって?」
    私(聞いてたのかよ)「そうです」
    S木「僕も食べに行っていい?」
    私「は?」
    電車が来たので、「今日は忙しいので」とかよくわからないことを言って逃げた。
    S木は向かいの席にいる。歳は同じくらい、あまりしゃべらないというくらいしか知らない。

    別の日
    マ「今夜のおかずは~?」
    私「チキンカレー。でも缶詰ww」
    自宅のある駅で電車を降りたら、改札のところにS木がいた。
    S木「今日はチキンカレーだって?食べに行っていい?」
    あまりにツッコミたいことが多すぎて逆に言えず、「今日はダメです」と走って逃げる。

    さらに別の日
    マ「今夜の~」
    私「ハッシュドビーフ。でも~」
    自宅(アパートで1人暮らし)に戻ると、インタホンが鳴る。すごくイヤな予感がする。
    しかし居留守もきかないだろうとインタホンに出てみる。
    S木「今日はハッシュド~」
    私さすがに切れる。「お誘いしてませんよね!」
    S木「でもコンビニで替えのパンツ買って来たし」
    めまいがしたが「帰ってください」と繰り返す。
    S木「大丈夫だよ!僕は常識にはとらわれないから」
    私もう怒鳴る。「常識にはとらわれなくても、良識はわきまえろ!」

    これで説得できてしまったらしい。その後は全く関わってこなくなった。
    不思議なのは、ママさん社員とは毎日のように今夜のおかず談義をしていたのに、
    私が缶詰の話をした時だけこういう状況になったこと。
    S木はよほど缶詰が好きだったんだろうけど、だが断る。
    私だってたまの楽しみに高い缶詰買ってんだ。食われてなるものか。

    このページのトップヘ