確認

    49 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/03/22(木) 13:07:43 ID:NqQPH9tU
    引っ越ししたママに泥されたのが一段落したので書き捨て。

    ことの起こりは一本の電話。
    保険会社からで、要約すると「お宅のご家族の保険が、別の会社に移すので解約するから積み立て分を払えと、代理の方が…」

    うちの家族は親戚が代理店をやっている関係で、保険関係はぜんぶその会社に入っている。
    そのうち生命保険を解約するということらしい。
    当然そんな予定もないし、代理人なんて立てた覚えもないので、何かの間違いではないかと回答してその場は終了。

    その夜、今度は警察から連絡があり「お宅の親族だと主張する方がお宅の保険証券を持っていて、ほかにも
    実印なども持っているのですが…」
    相手が警察だし、実印とかまさかと思い貴重品棚を開けようとすると、定位置に鍵がない。
    慌てて旦那の持ってる予備鍵で開けると、中にあるはずのものがごっそり減っている。
    保険の証券はあるものの印鑑がない。
    預金通帳や貴金属類やいろいろ重要なものもない。

    こりゃ大変だと通話中にもかかわらずパニックを起こしていると、電話口で
    「落ち着いて、あまりそのあたりのものに触らないで下さい、すぐ向かいますから!はい、落ち着いて、ひっひっふー!」
    と言われて思わず噴き出し、落ち着いたところで旦那と警察の到着を待ちました。
    しばらく待つと警察が本当にやってきて、指紋取りとかいろいろ聞かれたりとかしました。
    その間に相手の身元も判明しましたが、引っ越していったママさんだったのです。


    実は近所に、事件の数日前に引っ越して行かれた御家族がおりまして、噂ではそこのママさんがすごく手癖が悪くて
    ほかのお宅の高価なものを盗んだのがばれて責任をとって引っ越したという話があったんです。
    そのママさんとはあまりお話も合わなかったしちょっと離れてたし、町内会にもたまにしか出てこない方だった
    ので、ほとんど道であったらごあいさつする程度の方でした。

    442 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2004/12/22(水) 01:25:31 ID:OHQPcE7c
    ほのかに好きだった人がいた
    既婚かどうか分からなかった
    本人には聞けなかった
    新橋の名簿図書館に行った
    その人の卒業大学の名簿を確認して
    実家の住所ゲット
    実家に同窓生の振りして電話
    同窓会の連絡がーとかなんとかいいつつ
    「そういえば、●●君はもうご結婚なさったんですか?」とかなんとか


    爆タヒ
    こんなことしたこと、絶対人にはいえない


    25 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/05/11(日) 14:57:00 ID:LIMk560gP
    職場の嘘つき女の嘘を
    わざわざ一個ずつ確認して回ってやった。
    「○○さんがあなたのこと文句言ってたよ」
    って言うから○○さんに
    「ご迷惑掛けてすみません、悪い所言って下さい」
    ってこっそり聞きに行った。
    本当に文句とか陰口言ってた人は
    しどろもどろになるか
    「そうよ、昨日のあれ、なんなの」
    とか言うけど、その後良くしてくれる。
    で、完全に嘘だった場合、
    「■■(嘘つき)さんが言ってたんですが、
    私の勘違いかも……」
    と、一応自分が悪いスタンスで、
    リーク元を晒しておいた。

    自分が若くて仕事入りたてで
    マジで仕事出来なかったからやれた所業。
    今、やっても多分効果ないな。

    490 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/03/27(金) 21:02:55 ID:TlYAYKbO
    今日、サブウェイというサンドイッチ屋さんで、サンドイッチが安くなるキャンペーンをやってた。
    会社終わって買いに行くと15人ほどの列になっている。安いせいか大量に買う人もいていつもより時間がかかっているようだった。
    しばらく並んでいると店長さんらしきおじさんが待っている人に
    「すみません、パンが品切れになる可能性.があるのでいくつご注文されるか教えてくれませんか?」と聞いてまわった。
    結局、私の2人後ろの人まででパンはなくなってしまうため、後ろの人達やこれから並ぼうとしている人に
    店長さんが丁寧に断りをいれて、帰っていただいていた。
    10分くらい待ち、やっと私の前にいたおばさんの番になった。
    そのおばさん、先ほど店長が数を聞きに来たときに「1個」と言っていたのに、いきなり
    「じゃあ4個ください」…と。
    私始め彼女の後ろに並んでいた三人はびっくり。店員もびっくり。
    店員が後ろのお客様のぶんが無くなってしまうので…と言っても、私のほうが早く並んでいたから権利がある、
    それにさっきも間違いなく4個と言った、そっちの聞き間違えじゃないか、そちらの責任だ、とまくし立てた。
    結局、店長さんが頭を下げて説得して宥めすかしてサービス券を大量に渡し、なんとか1個で落ち着いたが、
    そのせいで15分くらい無駄になった…。
    私や後ろの人達も「あなたさっき絶対に1個って言ってましたよ~」と言うと、「いやしいわね!」と返答。
    どっちがだよ…。

    なんとかありついたサンドイッチはウマーでした。
    そして私や後ろの人達までサービス券をいただいてしまった。
    ほんと、接客業って大変だよね…。みなさんお疲れ…。

    引用元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1380083351/
    708 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/10/18(金) 23:48:29 ID:HWbASTGd
    新幹線の指定席に乗ろうとしたらすでにそこに座ってる人とそこは自分の席だと言う人が言い争ってるのを見た時は衝撃的だった。
    何度見直しても私の席だし時間も乗った車両も合ってるのに。
    恐る恐る声をかけて全員でチケット確認しませんかと提案したら
    座ってる人→次の時間帯の同じ席
    自分の席だといってた人→隣の車両
    私→その隣の席
    と全員間違っていたのにはさらに衝撃的だった。
    何度も見直して確認したはずだったんだけど……

    このページのトップヘ