看病

    54 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/12/06(金) 15:11:21 ID:XU.gr.L1
    久方ぶりの扁桃腺炎発症
    火曜日に熱が出てから4日間、解熱剤を飲めば一時的に下がるもののまた38.5~39.5を彷徨うばかり
    抗生剤も出してもらったのにまぁ効かない、しまいに喉どころか口に中まで腫れあがって、水を飲むにも激痛が走る状態に

    そんな中、うちの夫は仕事が暇な時期ということもあって有給半休を使って世話を焼いてくれた
    パックのお粥を温めて食べさせてくれる、毎日病院に連れて行ってくれる、甲斐甲斐しくアイスノンを交換してくれる…かなりありがたかった
    しかしそんな夫の看病とは裏腹に病気は一向に良くならない。体力回復の為に栄養をとりたくても正直水を一口飲むだけで、痛みを耐えるインターバルがいる
    そんな状況で、いい加減パックのお粥にも飽き始めた頃、夫が「今から帰るから

    160 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/02/19(火) 11:18:17 0
    私がインフルエンザを発症したとき、
    運悪く大トメ(ウトメと同居していた)も寝込み
    重ねて不運なことにウトメの老人会の旅行にぶつかった。

    「嫁子ちゃん、ばあちゃん(大トメ)の看病お願いね」
    とのたまうトメ。
    「無理です。おばあちゃんにうつしたら大変だし
    第一、私動ける状態じゃありません」
    と断るけど「いいからいいから」で話にならない。
    夫に援護を頼むと
    「行ってやればいいじゃん。大分良くなってきたじゃん。
    お袋だって介護で疲れてるんだし、たまには楽させてやれよ。」

    私はそのまま倒れて救急車で運ばれ、
    事態を知った両親が激怒→退院後実家へ。
    その後、ウトメ夫が詫びを入れてきて和解しましたが、
    あれ以来完全に冷めてしまった。
    今は自己都合wで停戦中だけど、近いうちに離婚を切り出す予定。

    このページのトップヘ