611 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2003/08/05(火) 23:55:00 ID:fWdGU6C/
    何年か前の話。

    夜11時ごろ、ひとりでアパートに向かって歩いていたら目の前に立ちはだかる男。
    歳は俺と同じぐらいだろうか。20代前半のひょろっとした感じのやつだった。
    とはいえこちらもやさ男。喧嘩をすれば負けるだろう。
    あーカツアゲされるかもと思った。

    男「あのーすみません」
    俺「何ですか?」
    男「お金、貸して欲しいんですけど」
    俺「嫌です」
    男「財布落としてしまって、家まで帰れないんです。世田谷までの電車代1000円でいいんで」
    俺「交番で借りてください」
    男「身分証明書がないから借りられないんです。どうしてもお願いします」

    ここで一度へタレてしまう俺。俺のアパートも目の前だったのであまりもめたくもなかった。
    俺「分かりました。じゃあ、池袋までの電車代として200円貸しましょう。
      そこから先は、また何とかして下さい」

    176 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/08/21(火) 00:48:48 ID:w/BlJw+30
    長くなったので二つに分けます。

    旦那と結婚するよりさかのぼること数年前。

    ばかな男にひっかかり、いっぱい貢いでお金も貸して
    支払えなくなりカード破産寸前までいった
    仕事は続けられたので、分割払いで済んだけど
    カードは持てなくなったし持ちたいとも思わなくなった
    (これも家族、旦那には秘密だけど)

    私に金がないと知った男は離れた。
    お金を貸したことも、本人の中では貰ったことになっていた。
    強引に取り返す方法はいくらでもあったが、返済に追われていて
    あまり自由に使えるお金がなく、泣き寝入りかなと思っていた。

    が、男には私と同時進行で別の女がいたことがわかった。
    私が貸した金が、そのままその女に使われていたことも。
    二人が私から離れたあとも続いていたことも。

    なので、最初は腹立ちまぎれに
    彼らが関係する業界に関するネットの掲示板に、あることないこと書きまくった。
    書いてくうちにノってきて、家のPCやらネカフェやら実家のPCやら駆使して、
    一見信憑性.の高そうなデタラメ(5%くらいの真実を混ぜて)を書いた。
    どこからか便乗してくる輩もいて、あきらかなデタラメを振りまきはじめた。

    683 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/07/28(月) 16:51:18 ID:RUMbxm05.net
    今日小学生娘の家庭訪問があった、担任は男

    娘は家庭訪問中自分の部屋で過ごしていた(これまで娘が同席するように言われることもなかったので)
    終わりがけに担任が娘の部屋を少し見せてほしいということだったんで
    娘の部屋まで案内し私が娘に声を掛けようとしたら
    担任がそのまま娘の部屋のドアをノックして返事も待たずにドアを開けて入ってしまった
    小さく娘の悲鳴が聞こえて、担任が「あ、ごめんね」みたいに言ったんで
    部屋の娘の様子を見てみるとズボンを持っていて、着替えようとしていたみたいだった

    担任は「いやーすいません」みたいに謝って部屋を見てすぐに帰っていったけど
    後で娘に聞いたら、担任が部屋に近づいてくるのが分かって、
    部屋着のままで会うのが恥ずかしかったから着替えようとしていたみたい
    見られてない?って聞いたら、履いてた部屋着のズボンを脱ぎかけて
    ノックの音が聞こえたからすぐ履き直したんだけど、もしかしたら少し見られたかもしれないって

    娘に、部屋を見られる可能性もあるから準備して待機させておくべきだったのかもしれないけど
    普通親が開ける前に担任が勝手に部屋を開けるもの?ムカついたし気持ち悪い

    引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395389413/
    2 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/05/04(日) 09:46:25 ID:0tNRA8oY1
    昔、いじめられててぼっちでした。
    放課後も、毎日1人トボトボと帰ってました。
    ある日家の玄関ドアを開けると、若い男が私と一緒に家に入ってきました。
    私は鍵っ子で、その時間親はおらず、細っそいガリだった小学生は格好のターゲットでした。
    おそらくまだ明るいうちに帰る私なら、留守の家で襲うのが一番都合が良かったのかもしれません。
    このあたりはちょっと端折りますが、私は服の上から触られて、男は逃げていきました。
    「親は何時に帰る?」→「もうすぐ」→「嘘つけ、いつももっと遅いだろう」
    →「今日家庭訪問あるから」→「嘘つけ」→「いじめられてるから。その話があるから」
    こんな会話をしました。
    家庭訪問は本当でしたから、男も嘘じゃないと思ったらしくそれ以上のことはされませんでした。
    ただ、親は早く帰ることはなく、そのあと来た先生は長く待たされることになりました。

    それから何日もたって、また男が押し入って来ました。
    「お嬢ちゃんまた会ったね~」とか言ってました。
    ポケットに入れてたカッターで顔を下から斜めに切りつけました。
    男があいっ!って短く叫んで手で顔を覆った隙に防犯ブザーを鳴らしました。
    (前回はランドセルの中だった。)
    男は逃げていきました。

    近所の人が来て警察を呼び、親と学校に連絡が行って、前回の事を話さなかったことを怒られました。
    なぜカッターを持ってたのか聞かれましたが、男がまた来ると思ったと伝えました。
    それからいじめは無くなりました。

    引用元:http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1447736089/
    29 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/12/24(木) 07:37:32 ID:Np3kGNO10.net
    20年前に男と蒸発した母親が臓器よこせと言ってきたので復讐した。

    長いうえに恨みつらみを書き連ねています。

    気分を害される方もいらっしゃると思うので不快に感じる方はスルーしてください。
    文才はありません。説明不足な点や読みにくいと感じる点があったら流してください。

    母親が蒸発したとき、私は小学5年生だった。以来私と兄は父が再婚するまで父子家庭で育った。
    母親は蒸発する際に、置手紙一枚で私たち家族を捨てていったが有り金は持って行った。


    私の兄はもう亡くなったけど2コ上で、生まれつき心臓に爆弾を抱えていて母親が持ち逃げしたお金の中にはこの兄の手術にあてるべく貯めていたものも含まれていた。
    母親の親はクソ。母親が失踪した際に父や残された私たち兄妹にあらぬ罵倒を浴びせてくれたうえに、手術しなければ20まで生きられないと告知されていた兄に面と向かって「金食い虫の役立たず」と罵った外道。


    母が蒸発して生活が一変した。

    もともと父は高額な手術費用の捻出に日勤の正社員勤めが終わった後、夜勤でドカタをしていた。
    母親も正社員で働いていたけれど、蒸発した後に残業と称して毎日帰りが遅かったのは不倫していたからだとわかった。

    蒸発する前に、母親は会社を独立する資金と父をだまし連帯保証人にして借金をした。
    不倫していたとは知らず、専門職に就いていた母は口癖のように「独立して軌道に乗れば父に掛け持ちなんてさせなくて済む。このままじゃ身体を壊す」的なことを繰り返していたから、不倫相手と暮らすための資金を調達させられるとは父も考えていなかった。


    貯金ゼロで借金を背負い、兄の手術費用まで工面することになった父は身を粉にして働いた。手術費用は父が親戚中に土下座して借りてきたものの借りたお金には返済がついて回る。

    家にはいつもお金がなかった。

    引用元:http://yomogi.5ch.net/test/read.cgi/live/1377398067/
    658 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/09/01(日) 04:32:24 0
    まとめてないけど古い話をば。
    痛い話なので注意してね。

    長女が5年生、長男が2年生のとき、うちのアパートの駐車場と道路を挟んだ空き地で登校班の集合場所があったのね。
    うちはアパートの2階に住んでて、その日は長女のリクエストで可愛い髪型にしてあげたから、ちょっと悦に入っててベランダの手すりに手と頭乗っけながら手を振ったりしてたんですよ。
    1年生の双子(いつもお母さんかおばあちゃんが集合場所まで送ってくる)が到着して、いってらっさーいって手を振ったそのとき、ゴスン!って音とすごい衝撃が走った。

    一回切るね。

    587 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/12/14(木) 23:36:45 .net
    10年以上ぶりに元カノから着信履歴があって掛け直したら、男が出て
    「誰だお前、杀殳すぞ」とどすの聞いた声だった
    結婚を前提に当時付き合ってて喧嘩別れしたんだけど、
    それから時間が経ち、
    つい最近、ふと元カノにメールしたけど返事なし
    電話をするけど出ない状態
    元カノはどんな気持ちなんだろ

    803 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/06/12(日) 19:34:13 ID:i1T
    数カ月前、友達と買い物に行く時に駅のエスカレーターに乗ってた際
    背後からいきなりドスドスというエスカレーターを走って登る音と荒い息遣い
    驚いて振り返るとすぐ後ろにオタク風の男が凄い形相でエスカレーターを駆け上っていた!

    私は思わず「キャーッ!!」と悲鳴を上げて腕を振り回したら男に当たって男はエスカレーターの真ん中ぐらいから落ちていきました
    すると一緒にいた友人A子(婦警をやってるとっても頼もしい子ですw)が上りのエスカレーターにも関わらず
    急いで駆け下りていって「痴/漢!」と大声を上げながら男を取り押さえていました

    その後男はA子に近所の交番に男を連行し引き渡していました
    容疑は痴/漢容疑、正直私はお尻を触れれたりなどされた訳ではないのですが
    今ではいきなり息を吹きかけたり鞄を当てたり(実際鞄がちょっと当たってました)
    いきなり驚かされるのも痴/漢になるので問題は無かったそうです

    522 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/02/28(火) 17:21:40 ID:rjDdOiMI.net
    同じようなエピソード既出だと思うけど。

    某大型施設の授乳室を利用したときのこと。
    そこは調乳スペース&オムツ換えシートが男女共有、授乳室は女性.専用(個室ではない)。

    授乳室で授乳してたら、なんと奥さんにくっついて旦那が入ってきた…!
    ケープなしで授乳してる人もいて、慌てて隠すと(軽く悲鳴あげた人もいた)、そいつ「経産婦の垂れた乳になんか興味ねーよ!調子乗んな!」って叫びつつ、若くて綺麗なママの乳をガン見。まじで気持ち悪い。

    とっとと係員を呼びにいきたいが、授乳中なので身動きできない。奥さんは素知らぬ顔で授乳し始め、旦那は相変わらずほかの授乳中のママ達を物色している。

    とうとう誰かが呼んできたらしい係員が来て叩き出してくれたが、「パパだって外出先でミルクやることあるだろ!女性.専用とか差別なんじゃないですか~??」って最後まで叫んでた。

    授乳室はあくまで人前で胸を出すわけにはいかないママ達のためのもので(誤解なきよう、ミルクのママは使うなって言ってる訳じゃないよ!!)、女性.専用なのは差別ではないと思う。
    そもそも調乳スペースは男性.も使えるんだから、十分配慮されてるじゃないか。

    まじで気持ち悪かった。神経わからなすぎる。

    655 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/06/01(土) 18:27:07 0
    3歳下の弟が赤ちゃんの頃
    私と弟は同じ保育園に入っていた
    お昼寝の時間に、自分のお昼寝セットの中に
    弟のおむつが入っているのに気がついた
    弟のいる赤ちゃん組は、一階で自分の教室は二階だった
    先生に一言断ってから、一階に行こうと思ったが
    ちょうどお漏らしした子がいて
    三人いる先生の内一人は、その子にかかりきり
    残りの二人は、ほかの子のお着替えや布団の用意でバタバタしていた
    私はもう着替えも布団の用意も、トイレも済ませていたので
    すぐに戻ればいいやと、おむつを持って一人で一階に行った
    一階の部屋に入ると、弟はベビーベットの中で眠っていた
    でも部屋に先生ではない大人の男の人がいた
    誰かのお父さんかな?と思い「こんにちわ」と声をかけた
    ビクッとして振り向いた男性.は、当時三歳か四歳の私から見ても尋常じゃなかった
    体ごとこちらを向いた男性.は、両手で包丁を握っていた
    よくわからないなりに、弟を守らないと!と弟を抱き上げようとするが
    ベビーベットの柵が高くて手が届かない
    悲鳴をあげつつ、持っていたおむつやそこらの物を投げつけながら
    男性.と弟の間に立って両手を広げた
    ほっぺたがカッと熱くなって、殴られた!と思った
    先生たちが駆けつけてきて、悲鳴をあげて大騒ぎになった
    先生に抱き上げられながら「弟を助けて!」と泣いた
    「大丈夫よ」と言われて、ベビーベットを見下ろしたら弟はもうベットにいなくて
    他の先生に抱かれていた
    見回すと、男は部屋にいなかった
    涙を拭おうと顔を触ると、手にべったり血がついた
    ほっぺたを切りつけられていた

    このページのトップヘ