父方

    277 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/06/26(月) 09:42:26 ID:ZFd

    20年生きててはじめて自分が托卵の子だと知った。
    まだ気持ちの整理がついていないので吐き出したくて書き込みします。
    支離滅裂な点があったら見逃してください。

    私、大学2年。
    実家を出て女子寮に入ってる。
    5月のはじめに父から電話が掛かってきて、「金輪際俺はお前に一円も出さない。大学に通いたければ風イ谷にでも行け」と突然言われた。
    突然過ぎて唖然とした私に父は一方的に喋って切った。
    父は感情的になると早口になる人で、言っていることの半分も聞き取れずかけなおしたけど出なかった。
    実家の電話にかけたら兄が出て、「今立て込んでいるから話せない。後日連絡するから待て」と言われて電話を切られた。母にかけても出なかった。
    数日経って、兄から明日会いに行くから時間を作るように言われた。
    女子寮だから男性.は兄でも入れなくて、大学の近くにあるファミレスで会って話をした。
    兄の口から母の浮気と私が托卵の子だってことを聞かされた。
    何の冗談かと思った。
    私の顔は父方だし、自分が父の子ではないと考えたことなんかなかったからわざわざそんな冗談を言いに上京して来たのかと笑いたかったけど笑えなかった。
    兄の目がゴキブリでも見ているような目だったんだ。

    私の実の父親は叔父なんだって。
    父の弟。母と叔父は20年以上ずっとW不倫していて、叔父が癌になって余命宣告を受けたから残っている時間は二人で過ごしたいとカミングアウトに踏み切ったらしい。
    母は叔父の子を妊娠したとわかった後、托卵バレしないように父と寝たんだって。それ以前はレスだったらしいから間違いないって。
    父から電話が来た日、父は相当酔っていた。普段お酒を飲まない人なんだけど、悲劇の主人公気取りで叔父と母が出て行ってしまって、行き場のない感情からお酒を飲んだって。

    話している間、兄はずっと汚い物でも見ているみたいな顔でタチの悪い夢か何かだと思いたかった。一方的に絶縁を突き付けられた。
    その後どうしたのかは記憶が飛んでいてよく覚えていない。気が付いたら部屋にいて、寮の食事の時間になっても出てこない私を心配して友人が呼びに来てくれた。
    機械的にごはんを食べて入浴をして助けを求めたかったのか、兄の言葉を否定して欲しかったのか自分でもわからないけど父方の祖父母に電話をかけた。
    電話でも腫物扱いで、祖父母も叔父と母のW不倫がショックだったらしく当事者二人の子だってわかった私をどう扱っていいのかわかっていない様子だった。
    とりあえず学費のこととか、これからどうするのか一度相談するために休みの日に帰省することになった。
    その日から過呼吸を起こすようになった。

    帰省した日、祖父母宅に行く前に実家に行った。
    絶縁されたのにまだどこかで実家が自分の家だという感覚を捨てきれていなかった。
    でも「荷物を引き取りに来た」って言い訳した私に家族は冷たく一言「全部捨てた」って言った。
    半ば強引に押し入って自分の部屋に入ったらがらんどうになってて、高校を卒業するまでここで暮らしていた痕跡がすべてなくなっていた。ベッドとか、本棚とか、アルバムや写真の類まで何もかもなくなっていた。
    ショックで過呼吸になった。
    苦しくて蹲る私を誰も助けてくれなかった。
    「倒れたフリをすれば優しくしてもらえると思ったら大間違いだ」と兄に吐き捨てられた。
    苦しいのか悲しいのか自分でもわからないけどぼろぼろ涙が出てきて、自分で紙袋を出して息を整えた。(医者にはしないように言われた)
    その足で家を出て祖父母宅に行った。
    祖父母も私を前にどうしていいかわからず、泣きはらした顔の私を前に戸惑った様子だった。
    実家に置いてあった私の荷物がすべて処分されていたことや、「他人に払う学費はない。さっさと学校をやめて働け」と言われたことを打ち明けた。
    現実問題、私は寮だったから大学を辞めるのなら住むところから探さないといけなくて、大学生になってからバイトして貯めた分を全部使っても部屋を借りるのは難しかった。
    (生活費をバイト代で賄っていたから、大した金額もなかった。部屋は帰省する前に探してみた)
    祖父母は、「今回のことに私に咎は何一つない。あいつらも今は動転して憎む対象が必要なんだろう」と言った。
    矛先を向けようにも母と叔父は逃げた後で、残った私にぶつけるしか感情のやり場が持てずにいる。落ち着くまでしばらく距離を置いたほうがいいとすすめられた。
    卒業までの学費は祖父母が払ってくれることになった。
    祖母が泊っていくようにすすめてくれたけど、腫物を見る視線が辛くて学費のお礼だけ何とか言って帰った。

    392 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/05/09(火) 04:56:24 ID:Jgi

    (参列者が)不幸だった従姉の披露宴を投下する。
    私は参列していないので聞いたことを憶測で補足して書いているので祖語はご容赦ください。
    披露宴会場に向かった二百人規模の集団が迷子になった話。
    修羅場な結婚式案件かな?と思って書き始めたんだけど、読み返したら因果応報だよなと思ったのでこちらに。スレチだったらごめんなさい。

    前提
    父は三〇代で癌を患い他界。以来母子家庭。結婚したのは父の姉の娘。
    父のタヒ後母子家庭となった私たち母子に伯母は心ない暴言を繰り返し浴びせられてきた。
    「お前たちのせいで弟はタヒんだ」とか、「弟がタヒんだからってこっちに頼ってくるな」とか。
    母は義理ごとを欠かす人間ではないのでネチネチ当てつけをしてくる伯母にも礼節を保って接していた。
    母は学校の教師。従姉から招待状が届いた時点で当日が教え子の引率(運動部)決まっていたため出席できず、市内に住む姉が「こんなことでネチネチ言われるのはイヤ」と代理で出席。
    伯母と従姉は私たち姉妹を「父なし子」と馬鹿にしてきたが、言動の香ばしさが祟って離婚された。
    姉と従姉は同い年なので中学と高校が同じ。ただし仲は悪い。
    新郎新婦の挙式、披露宴はお互いの地元とはまったく関係のない遠方のホテルで行う予定になっていた。
    挙式は近親者のみの参列だったそう。
    姉は地元にいる親族と共に飛行機の距離を出かけて行った。

    この姉と親族から聞かされた修羅場。

    前振りが長くてごめんなさい。
    ここを書いておかないと混乱させるかと思い書いた。
    余計な情報だったらスルーでお願いします。

    披露宴会場に指定されていたホテルにたどり着いた一行は、ホテル側から披露宴の予定がないと言われ「!?!?!?」状態になったらしい。
    招待客二百人前後の集団(両家親族、新郎新婦会社関係者、友人一同)状況が理解できず。
    姉は思わず開催場所の住所をスマホで検索し、招待状に記されている日時を三度見したらしい。
    (時間的に挙式中?)新郎新婦、その両親と連絡がつかず集団迷子完成。
    参列者のうちの数人(両家の家長格や新郎新婦の会社の上司と思しき人物)がホテル側とやりとりしたところ、披露宴および宿泊は二週間前にキャンセルされているとのこと。
    ほぼ全員遠方からの招待客なのでホテルに宿泊する旨が事前に案内されていたため、迷子集団が難民化。
    この時点で大部分が呆れ顔で現地解散。(怒って帰っていく群れに両家の家長格がひたすらお詫びしていた。)
    残った集団は誰でもいいから事情を説明してくれる人間を求め、知人や参列していない友人に電話をかけまくる。
    姉は伯父が寄り添って連れて来た祖母を放置できなかったことと、wktk根性.で残っていた。(私にLINEで実況。伯父は対応に追われていた)
    伯父を含めた良識派がホテル側の人に手伝ってもらいながら、何とか今日の宿泊先の確保だけでもと奔走するも時期柄全滅。
    (とんぼ返りするにしても航空券の問題があるから?)
    姉を含む若い世代は「ネカフェにでも泊まるか」とさほど悲観してなかったそう。

    644 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/09/23(火) 12:48:24 ID:grRILOxzB
    叔母(父の妹、50代後半)は親戚中のお姫様な人。旦那との間に子供はいない。
    若いころは細くて小柄でそりゃもう妖精のように可愛らしかったとよく写真を見せられた。確かに可愛い。当時は。
    しかし今は加齢には勝てずミニデブのおばさん。150㎝あるかないかで70㎏くらいある。
    でも親戚や、うちの父や、叔母の旦那にとっては今も細くて小さな妖精ちゃんが見えてるらしい。

    うちの母はその年代にしては背の高い人で165㎝くらいある。叔母にはいつも陰でゴリラと言われていびられていた。
    同じくすくすく育って167㎝になった私も叔母に会うたび
    大きすぎて池沼っぽいとか本当に女なの?生理ある?pgrとか言われていた。
    若い頃は母も叔母の所業を父に訴えたりしたらしいのだが父は「ひがむな」「デカいのは本当のことだろ」と言って
    相手にもしなかったという。
    そのうち母もあきらめて訴えるのをやめ、私と叔母がなるべく会わないようこっそり陰で画策してくれた。
    それでも冠婚葬祭やお正月なんかはどうしても顔を合わせたけど、数時間のことだからと我慢してた。

    しかし叔母がついに妖精の座から陥落する日がやって来た。
    正月に従兄が嫁さん候補を連れて来た。大学出たばかり、推定152㎝前後40㎏あるかないか。
    目大きい。色白い。まさに本物の「細くて小柄な妖精のような子」。しかも若い。
    よせばいいのに、叔母が彼女に対抗し出した。
    私の方が手首が細い、骨が細い証拠よ。骨太は百姓みたいで育ちが知れる、とかなんとかグダグダグダグダ…
    従兄が怒って「やめてくれ」と言うと、叔母は口をとんがらして「やんっ!」とそっぽを向いた。
    これは叔母得意のポーズで、いつもならこれをやるとうちの父や叔母旦那がメロメロになる。
    しかし今日は本物の若いかわいこちゃんがいる。
    客観的にはどう見ても妖精をいびってるズゴックがいるだけ。
    誰も機嫌をとってくれないことにあせった叔母は泣き真似をして部屋の隅へ。
    しかしやっぱり誰も来てくれないので、従兄彼女のそばへ戻り、またグダグダ粘着。
    整形でしょ?過激なダイエットで痩せてるんでしょ?生理止まってんじゃない?子宮もボロボロとかグチグチ…
    従兄彼女は言い返さず、目に涙をいっぱい溜めてうつむく。可憐。
    可憐vsガンタンクの勝敗はすぐにつき、叔母はまわり中からいいかげんにしろと怒られ泣いてタクシーで帰った。

    その一件以来、父や叔母旦那の目には真実の姿が見えるようになったらしい。
    150㎝70㎏、若いころの花柄ワンピースを「今でも似合う」とはちきれんばかりに着るノーブラ57歳おばさんという真実の姿が。
    あれほど叔母大好きだった叔母旦那は、めっきり「家事しろ」「寝てばかりいるな」と口うるさいおじさんになったらしい。
    うちの父は急に母と仲良くしたがるようになり、なにか買ってやろうかと持ち掛けては無駄なものはいらないと断られている。
    一昨日私に「おまえすらっとしてるなあ」とお世辞を言ってきたのでちょっと気持ち悪く感じ
    「私が叔母さんに池沼とかオカマ呼ばわりされてる時に、そう言ってかばってくれたなら嬉しかったんだけどね」
    と言い返してしまった。父はしょぼんとしてた。
    いつか言い返そうと長い間イメトレしてたけど、思ったほどスッキリしないもんだな。

    666 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/10/13(木) 17:46:04 0
    うちの父の妹(以下叔母)は30代なかばで旦那を亡くして
    二人の子を女手ひとつで育ててきた。
    そんな叔母に再婚話が持ち上がった。

    相手は叔母の職場つながりで知り合った人。
    子どもができない体だと若いうちにわかったんだそうで
    それが原因で50近くなっても結婚せずにいたという話だった。

    従姉と従弟(叔母んとこの子二人)も
    「いい人そうだし優しいし結婚には賛成」
    と言ってた。

    それが結婚直前になっていきなり破談。
    理由は叔母の結婚相手が、盗撮で捕まったから。
    しかも写真は小中学生ばかりだったので
    「まさか従姉ちゃんを毒牙にかけようとしていたのか!!?」と親戚一同激怒。

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1419493107/
    197 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/10/08(木) 23:45:59 0.net
    父方の従兄の結婚式で一家が地獄に突き落とされた話。

    勘違いで式場に早く着きすぎた俺家族。
    父と俺(当時、中3)はロビーのソファでゲーム、母と姉(当時、高2)はホテル内を散策すると言って
    どこかへ行ってしまった。

    1時間ほどで従兄一家がやってきて、控室に向かう途中で、「ドロボーっ!!」と悲鳴。
    従兄が新婦の声だと言うので、従兄と脚の速い俺が悲鳴のする方向へ駆けつけると、
    新婦が泣きながらドアの入口に座り込んでいた。

    部屋の中には新婦のウェディングドレスを着た姉と、「大げさねえ」と笑う母。
    従兄は「何してるんだ。早く脱げーっ!」と叫びながら、姉を往復ビンタ。
    母と姉は「何も殴ることないでしょ」と逆切れ。

    後からやってきた父は「ちょっと借りただけなのに」とふてくされる母と姉をビンタし、新婦父に土下座。
    母は「覚えてらっしゃい、離婚よ、離婚!」と絶叫するも、伯父(父の長兄)に殴られ、しぶしぶ土下座。
    姉は伯母にドレスをはぎ取られ、ブラとパンツ姿で土下座させられたが、全く反省している風でない。

    「このような親族をお持ちとは、この結婚は考え直させていただく」と新婦父の怒りは収まらず、
    「もうこのドレスは着たくない」と新婦が号泣したため、新婦の急病ということにして、
    結婚式は中止で、食事会になった。

    母と姉が事の重大さに気づいたのは数日後。
    父の会社の大口顧客であった新婦父が母と姉がしでかしたことを理由に取引を停止したため、
    父はかろうじてクビは免れたものの、降格、減給。退職まで閑職に追いやられた。

    父が母に離婚届を突き付け、姉と二人で実家に帰るように言った。
    父は俺を引き取るので姉の養育費は相杀殳して払わない、母と姉のせいで中止になった結婚式の費用や
    慰謝料を払うから財産分与はない、という条件を俺たちの前で説明した。
    専業主婦だった母は父に捨てられたら暮らしていけないとすがり、パートして家計を助ける条件で再構築。

    引用元:medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1530290982/
    92 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/07/01(日) 10:27:13 ID:4yCFmQbz.net
    下らない愚痴

    父とその家族がアメリカ人なんだけど、父方の家族とはあいさつ代わりにハグをよくする(流石にキスはしない)
    この間伯父が自宅に遊びに来ていて、その時偶然彼氏もいたのでお互いを紹介した
    私は殆ど彼氏と一緒に過ごしてたんだけど、伯父が先に帰るというので「またね」と軽くハグしたら
    彼氏が「恋人の目の前で他の男と抱き合うなんて信じられない」と怒ってしまった

    気分を害したのは申し訳ないんだけど正直謝る気になれない
    日本になじみのない文化だっていうのは分かるんだけど
    相手は伯父という血縁者で、しかも父とは歳の離れた兄弟なので私より50歳も年上のお爺ちゃん
    それを「他の男と」って言い方で詰るのがなんかもう気持ち悪くて仕方ない
    多分合わないんだろうなあ…

    このページのトップヘ