141 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/06/22(月) 00:44:46 ID:OT.fm.L1
    歳上の甥(と呼んでいいのかは分かりませんが)との付き合い方が良く分かりません。

    俺は高校生なんですが、母親はまだ30代です。
    計算するとちょうど大学生ぐらいの頃に俺が産まれた計算で、
    父親については「色々あったけど今は一緒に暮らして無いの、お金の事は心配しないで」としか
    教えられていませんでした。
    子供ながらに、父親にあたる人とは何かあって結婚せずに別れて俺を産んだんだろうなと思っていました。
    同い年か母より歳下で、若くて働いて結婚してとか出来なかったんだろうなと考えていました。
    現に母も俺が生まれてしばらくは祖父のお世話になっていたようです。

    それがつい先日、祖父を早い事故で無くし意気消沈している俺達の前に、俺の父と名乗る男と彼の孫という男が現れました。
    隠し子にあたる俺の存在が妻にバレ、大喧嘩の末、誠心誠意謝罪するまで帰ってくるなと家を追い出されたそうです。
    俺の父は60代で、当時大学生だった俺と禁断の恋に落ち、俺が生まれたそうです……
    正直話を聞いてて、めまいと吐き気がしてきました。
    俺父は既に足腰も弱る年齢で、孫にあたる男性.が付き添いで来ていました。
    比較的自宅からも近いので、しばらくは通いながら俺父の面倒を見てあげるそうです。
    俺からすれば甥っ子なんですが、一回り歳上です。甥さんからすれば俺は叔父さんになるのでしょうか?

    210 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/10/12(月) 23:16:00 ID:AFi
    私が小学1年生の頃、母が出ていった。
    毎週金曜日にこそこそ逢っていた制服の男と逃げたのだろう。

    私は浮気しているのを知っていたので、母に不信感を常に持っていた。
    父は「どうして学生なんかと・・・」と涙していた。
    私を抱きしめ「母ちゃんがいなくても、お前は立派な人間に育てるからな。
    楽しい所も連れていってやるからな。」と言ってくれた。

    だけどねお父さん私お父さんのこと昔っから大っきらいだったの。
    もしかしたらお母さんもそうだったのかもしれないね。
    15歳も年下の女(母親)と結婚して調子にのっちゃったのかな?
    完全になめられてるよね。

    確かにいろんなところに連れて行ってくれたけれどどこ行っても全然楽しくなかったし、
    みんなお母さんがいたり若いお父さんがいるのに私の横にはジジイに近いオッサン。
    周りのおばさんたちからは同情され憐れてるのにヘラヘラしちゃってダサすぎる。
    友達と鉢合わせしそうになった時、私隠れたんだよ。
    こんなオッサンなんて恥ずかしいもの たまにみられて
    「この前おじいちゃんと一緒だったの?」なんて聞かれた時は顔から火が出そうだった。

    私が今の旦那を紹介した時も「俺に近い男を連れてくるんじゃないかと思ったけれどほっとしたよ。娘を頼むね」
    なんで上から目線で言ってたけれど当たり前なんだけれど?

    あなたを見てきたお陰で年上の男性.に対して憧れもへったくれもないよ。
    むしろ不愉快レベル。
    あなたの同年代を見てるとイライラが止まらない。

    生まれてきてこのかた一度だって「お父さんと結婚したい」だなんて思ったことも言ったこともないよ。

    私のために車を買ってくれたり、調子が悪かったら修理してくれたり、してくれたよね。
    お金だって困ったらくれたり、食材だって買ってくれたよね。
    ご飯だって毎日作ってくれたり嫌いなものを食べやすいように工夫してくれたよね。
    悪い男に騙されてるんじゃないかと、勝手に心配してたよね。

    確かにいい父親かもしれないけれどやっぱりあなたのことがタヒぬほど嫌い。
    視界に入れるのもいや。

    思春期の時、想いを伝えたら「父親を嫌悪するのは進化してる証拠だ」と勝手に納得してたけれど
    そう思うなら本当にタヒんでほしかった。

    もう初老だったあなたを暴力ふるったよね。あれ本気で杀殳す気だったから。
    今は成人になったからあきらめたけれど。早めにお願いします。
    成人して結婚した時点であなた用済みだから。
    浮気は最低の行為だと思うけれど、相手にもどこかしら問題があるよ。
    その例を一番近くで学ばせてくれてありがとう。
    遅い子の唯一の利点だよね。
    親が早くタヒんでくれるところってwww
    遅いといってもあなたにとってだけれどw

    681 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/12/24(火) 02:19:58 ID:V7S
    私が小2の時に母と離婚した父親がもうすぐタヒぬんだそうだ。
    母と離婚後、子連れ女性.と再婚して、私と私の弟には遺産を残したくない、と
    経営してるアパートも家も全て連れ子名義にしていたら
    2年前に再婚相手と離婚話になって
    「この家は私の家ですから」と連れ子に言われて着のみ着のまま追い出されたと連絡してきた。
    30年ほっとかされて孫の名前すら覚えてないような人にいきなり寄りかかられても知らないよ。
    経営してる会社の資金繰りが上手く行かない時に弟は「お前は長男だから」と寄りかかられて
    1年以上アンタが弟の給料日になるたびに駐車場で待ち伏せして金を奪って行くからと働く意欲を失くして精神を病んでしまった。
    それなのに今になって「お前だけが頼り」とか馬鹿馬鹿しい。
    今日、市役所から「末期癌で」

    506 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/01/17(火) 19:01:13 0
    フェイク込みで。
    父がエネ夫だった。

    父:50代後半、資格職
    母:50代後半、主婦
    私:20代後半、資格職(同居)
    妹:20代前半、一般職(同居)
    弟:10代後半、学生(遠方に下宿中)

    30年前、長男教一家に育った父と見合いで結婚した母。しかし翌年男児を流産。
    失意の最中に祖母、伯母から「人杀殳し」「嫁失格」等の暴言を受けた母は父に泣きつくも、父は我関せず「甘えるな」で切り捨て。母はその後も後継ぎ梅攻撃を受け続け、弟が生まれたことでやっと嫌がらせが下火になった。

    27 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/04/17(水) 14:22:39 ID:4A9oaRBR0.net
    父親の命日をふと思い出したので吐き出し。夫にも話したことない話です。
    恐らくこれは虐待だったのだと思う。でも私は一人娘で目に入れても痛くないと言われて育ってきた。

    私が小学5年の頃から、夜寝ている私のベッドに来てパソツに手を入れ指を入れたり出したり。
    耳元ではぁはぁ言ってる息遣いが忘れられない気持ち悪い。
    下半身の痛みで目が覚めたけど、一ミリも動いてはいけないと思った。
    その他にもパチ〇コで負けた時は顔面を殴られたり、酔っ払って夜中に絡んできて文句を言うと偉そうにするなと殴られたり。

    でも常に言うのは「手をあげるのはお前がかわいいからだ」って。
    父親と母親が離婚したのが14歳だった頃。
    マンションを借りて父親が近くだけど別に住み始めたので落ち着いた生活ができた。
    20歳で母親が亡くなり、21で私が結婚。少し間が空いて23歳で出産、24で父親が倒れた。
    脳腫瘍、肺がんその他いろいろだったと思う。
    因みに母親が亡くなった時、生命保険4000万を1年で派手に食い潰したのはいいが、その頃周りにはべってた人達は誰も見舞いに来てなかった。
    あからさまに金の切れ目が縁の切れ目を見ましたよ。
    そこで私達夫婦に頼って来て、なんの事情も知らない夫は面倒見てやったほうがいいんじゃないかと。
    夫には、金にだらしなく、ろくでもない人だからと伝えたけど、冷たい女だと思っただろうな。
    少しして亡くなった。ろくでもない人間ほどタヒぬ時は苦しみもなく楽にタヒぬのか安らかだった。
    夫が「せめて墓参りくらい行けば?」と毎年言うのでもやもやする。

    166 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/07/28(月) 14:12:38 0.net
    婆がハタチの時に婆母が病気亡くなった時に
    その一ヶ月後くらいに父が新しいお母さんとやらを紹介してきたの
    母の友人で葬式で初めて会って落ち込んでるとこよくしてもらった、
    これは母さんが出会わせてくれたとか馴れ初めベラベラ話だしたけど
    明らかに計算の合わない話するの
    (~に旅行にいった時の話とか一ヶ月じゃ季節合わないとか)
    どうせ昔から不倫してたんだろ、勝手にしろって突っぱねたの
    その女はずーっと婆にママって呼んでって言ってて
    婆の立会い出産までしようとしたの
    周りからはお父さんの結婚を認められない親不孝娘と健気に頑張る継母って認識されてて、おせっかいな人が説教垂れてくるんだけどおかしいよね

    424 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/09/29(木) 16:02:38 0
    あーうちの父もエネだったよ。
    母に父方祖母の介護をさせて、自分は単身赴任して別家庭作ってた。
    祖母がタヒんだとたんに女と子ども連れて帰ってきて
    母との離婚を要求してきたほんとクズだった。
    母はさっさと離婚して、母、兄×2、私で父と女を追い出した。
    だって祖母名義だった自宅は相続争い対策と相続税節約のために
    一代飛ばして兄に贈与済みだったし、祖母名義の現金は次兄と私に
    贈与済みだったからね。
    実子の父は滅多に帰ってこない、伯母も介護を嫌って寄り付かない
    頼れるのは母と孫3人の祖母は、元気な間にいびってた母に見捨てられたくない一心で
    母の言うがままに贈与したらしい。
    父は母が「手に職のない専業主婦pgr」してたけど、
    祖母介護のためにヘルパーの資格とってたから、母はさっさと介護施設に就職。
    自宅は売却して3兄妹の大学費用と母の老後資金になった。

    762 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/08/15(土) 22:00:19 0.net
    「悪気はない」「良かれと思って」「年寄りのする事だから」

    …これ、そのまま義母絡みで夫が私に言うことに当てはまります。
    おや?と思うことがあったので色んなスレッドを流し見ていたら、夫はどうやらエネミーのようです。
    残念なような、私以外にも同じ立場の人がたくさんいる!と心強いような…

    結婚してはじめの2年は義母との防波堤になってくれていた夫ですが、
    夏前に夫が私の実家とちょっとしたトラブルを起こして以来「もう○○(私です)と母さんの防波堤になるのはやめる」と言い出したのが2か月前です。

    そのときは夫も気が立っているのだろう、仕事が忙しくてストレスが溜まっているのではないかと思い、こちらも深刻には考えていませんでした。
    根が優しい人だと信じていたので…。

    ですが、昨日・今日とお盆で義実家にお邪魔した際、人使いの荒い義母が相も変わらず私にあれこれと用事を言い渡してきました。
    以前の夫であれば「○○(私)も長旅で疲れてるんだから」、「そんなことだったら俺がやる」と言ってくれていたのですが…。
    今年は義母を止めてくれることもなく、私が後で不満を訴えると「母さんに悪気はないだろ」、「良かれと思って言ってくれてるんじゃない?」等と全く取り合ってくれませんでした。

    運よく義実家とは新幹線で2時間ほどの距離で、夫もそう実家に帰りたがることはないため、義母と顔を合わせる機会はそう多くはありません。
    でも夫に対して「この人はもう私を守ろうとはしてくれないんだ」と思うと悲しくなってしまいました。

    結婚するときに「どんなことがあっても○○(私)を守る」と言ってくれた夫はもういないのか、あの言葉は嘘だったのか…
    帰宅してからも、ネガティブな考えがグルグルと回っています。
    夫の気が変わって脱エネミーしてくれることを祈るばかり…。

    728 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/01/19(金) 23:34:32 ID:0VGdfpxH
    母親の浮気相手がいきなり家に上がりこんできて
    包丁を振り回しはじめたこと。
    うちの母親がそいつと別れたと聞いてからちょっとたった日曜だった。
    まだ小6だった自分は母親を守らねばなどということは考えもせず
    こわかったので洗面所に隠れて、ドアの隙間から様子を伺ってた。
    (そもそも母が嫌いだった)
    とても優しかったその男がほんとにキチ外になっててびっくりしたのを覚えてる。
    そいつは「俺とお前はずっと一緒や」
    とかいいながら母を外に引きずり出し、そのまま車でどこかに行ってしまった。
    そのあと私は母の友達に電話をして、
    その人が警察に連絡し、私と妹はその人の家に避難した。
    母は助かったけど、あれだけ嫌いだったのに帰ってきたときに
    安心して号泣していた自分に驚いたのを覚えてるな。
    でもその騒ぎを知った父親に怒られたのはなぜか私。
    理不尽極まりない。

    238 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/03/08(金) 12:02:36 0
    小6の時の修羅場。
    私が昼間一人で家にいたら、見知らぬ若いちょっと綺麗な女性.が訪ねてきて
    お父さんの知り合いですといった。平日なのでいるわけ無い。待たせてもらうと。
    紅茶を出すと私に話しだした。お父さんとお付き合いさせていただいている、
    あなたのお父さんが言うには、お母さんとは別れると、お嬢さんも捨てると。
    もう相手が何を言っているのかよく分かる歳だったので、呆然となりながら黙って聞いてた。
    そこに母が帰ってきて、女性.が挨拶した。ご主人とお付き合いさせていただいていますって。
    母が「え!?たかし(仮名)さんと!?」って言ったら女性.が
    「たかしさん?」
    家のあたりはゴッチャゴチャした住宅街で、隣とうちは住所が同じ。家は背を向けた形で建っていて、
    玄関は反対側にあった。そしてうちは面倒なんで表札出してなかった。
    隣には私と歳が一個しか違わない女の子がいた。
    まあだからって普通は家を間違ったりしないと思うが、その女性.はよほど興奮してたのかも…愛人宅に乗り込むわけだもんね。
    失礼しましたって出て行ったけど、その後三年くらいしてお隣は引っ越していった。

    このページのトップヘ