197 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/01/29(火) 10:00:05 ID:fW8.m2.em
    毎年亡くなった母の誕生日に私、兄、兄嫁、父で集まり、母の大親友のレストランで偲ぶ会(ってほど大層なものじゃないけど)をやってるんだけど夫に、
    「亡くなったお母さんの誕生日なんていつまでやるつもりなの?
    高いお金出して美味しいもの食べるための口実で行ってるだけなんじゃない?」と言われた。
    私の驚いた顔を見て流石にマズイ!と思ったのか慌てて謝ってたけど、ちょっとその場では「いいよ。」とは言えなかったわ。
    確かに母親友のレストランはかなり高級なお店だと思う。
    普段食べに行くようなお店と比べたらゼロが1つ多いようなメニューばかりだしさ。
    でも年1回、しかも私の給料から出してやってる事をそんな風に言われるなんて思わなかった。
    家族で集まって母の思い出話に花を咲かせる事の何が悪いんだよ!

    878 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/08/28(月) 04:32:06 ID:uxQZnpJ10.net
    私の母が姑にあげたジュースの箱を
    姑は開封もせず私の夫にあげて
    それを夫が持ち帰って来た。
    夫は、人にあげたもんは煮ようが焼こうが
    何したっていいんだって。
    母がなんだか不憫で泣いた。

    75 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/09/25(水) 07:46:35 ID:Y56uNcr3
    髪関連で面倒臭いことがおこっててなんとなく思い出した修羅場
    中学の頃私は運動部でした。
    外で走ることも多く、髪は日焼けで焦げ茶色に。
    その後私立の女子高へ入学しましたが、早々に生活指導で髪を指摘されました。
    その頃の髪は胸下ロングで七割方茶髪のプリン状態でした。
    母親に生活指導を受けたことを報告すると何故か激昂し、登頂部の髪を掴まれ、根元2センチくらいで切られました。
    私もどこかおかしかったのか自分で髪を切り始め、そんなカオスな所に帰ってきた父親はポカーン

    その後、父親の部屋に新聞紙をひいてバリカンで刈ってもらいました。
    経緯を話すと、髪を切りながら父親は泣き出し、私も父親と一緒に初めて泣きました。
    次の日休日だったので、父親と一緒にかつらを買いに行きました。

    後日ですが、かつらが汗で蒸れること、坊主頭にバッチリメイクをしておしゃれをするとそのアンバランスさに興奮することに悩みましたが、それ以外はなにも支障は無かったです。

    940 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/11/24(土) 22:18:47 ID:2igba5Qp.net
    今年マジで一番ムカついたかもしれん話

    先日事故を起こしてしまい、まあ大方俺が悪かったので即保険屋と相談→後日お詫び
    と、特にトラブルなく終わらせた
    んで、個人的に重要なのが「事故った事を絶対に身内に知られたくない」ってこと
    実際事故ったのを誰にも知られずお詫びまで一人で保険屋と段取りした
    これで全部終わったー!と思った矢先!
    保険会社から「示談のお知らせ」が届いた
    俺宛なわけだがうちの身内はそういうのお構い無しに覗く
    勿論全部バレてめちゃくちゃに叩かれた

    あのさ
    こっちゃ知られたくないんだからそういうのは「お送りしてもいいですか?」の一言添えてからにせえや!
    事故った車修理に出すのも家族には「リコール」って嘘ついてたのもバレた
    ほんとムカつく

    748 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/05/17(金) 22:54:46 ID:UTS+o7EX
    ごめん、吐き出させてください。

    私は未婚なので苦手な方は見ないでください。
    先日ある事情(関係無いので略)で
    彼氏にお弁当を作って持って行き、其の儘朝帰りしました。
    色気のある様な事情ではなかった為、徹夜明けの私はフラフラと自宅への階段を登って居ると
    幼児が私の横を走り去り、その後ろをパタパタとキャリアウーマン的なママが追いかけ
    すれ違いざま私の持っていた殻のお弁当をひったくって行った。

    「急いでるから!お弁当いただくわ」

    と捨て台詞?を吐いて
    私も思考が回ってないせいか、100円(急遽だったので100均だった)だしいいかと自宅へ帰り其の儘泥の様に寝た。

    そして夕方起き買い物に出よう家を出れば扉に私コロス!とスプレーで落書きがされてた

    変な叫び声上げて其の儘警察へ電話した。

    807 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/09/01(木) 09:50:24 ID:HZy
    いまどき駆け落ちなんてする人がいるとは思わなかった。
    ちなみに私の母親と私の夫。
    こんなこと言っちゃいけないが、母親も夫も私の稼ぎで食べてたんだけど、
    もう二人の関係を隠しておくことはできませんだってさ。
    とおの昔に気付いてたけどそれを責めると二人とも食べていけなくなると思ったから
    知らんぷりしてあげてたのに。
    二人とも仕事が大嫌いで家でぶらぶらして生きていけてたのに。
    高々4~500万の貯金持って逃げたって家賃光熱費と生活費を働かない二人で使ったら
    もって2~3年じゃないのかな。
    まあ、離婚届も老いて行ってくれたし、このまま逃げさせてもらうわ。
    いつまで我慢しなきゃいけないのかなとずっと思ってたから。
    まあ二人で頑張ってほしい。

    141 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/06/22(月) 00:44:46 ID:OT.fm.L1
    歳上の甥(と呼んでいいのかは分かりませんが)との付き合い方が良く分かりません。

    俺は高校生なんですが、母親はまだ30代です。
    計算するとちょうど大学生ぐらいの頃に俺が産まれた計算で、
    父親については「色々あったけど今は一緒に暮らして無いの、お金の事は心配しないで」としか
    教えられていませんでした。
    子供ながらに、父親にあたる人とは何かあって結婚せずに別れて俺を産んだんだろうなと思っていました。
    同い年か母より歳下で、若くて働いて結婚してとか出来なかったんだろうなと考えていました。
    現に母も俺が生まれてしばらくは祖父のお世話になっていたようです。

    それがつい先日、祖父を早い事故で無くし意気消沈している俺達の前に、俺の父と名乗る男と彼の孫という男が現れました。
    隠し子にあたる俺の存在が妻にバレ、大喧嘩の末、誠心誠意謝罪するまで帰ってくるなと家を追い出されたそうです。
    俺の父は60代で、当時大学生だった俺と禁断の恋に落ち、俺が生まれたそうです……
    正直話を聞いてて、めまいと吐き気がしてきました。
    俺父は既に足腰も弱る年齢で、孫にあたる男性.が付き添いで来ていました。
    比較的自宅からも近いので、しばらくは通いながら俺父の面倒を見てあげるそうです。
    俺からすれば甥っ子なんですが、一回り歳上です。甥さんからすれば俺は叔父さんになるのでしょうか?

    306 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/06/30(月) 00:57:12 0.net
    実母(56)の話。
    熟年離婚して私と二人暮らししてたけど、
    私の結婚が決まったとたん急に鬱みたいになってしまった。
    何をするにも意欲が湧かないようで、口を開けば
    「(買い物にも行けないので)食べ物が無い、掃除もできない、一人で寂しい、もっと一緒に居て」と繰り返す。

    私が出張の多い仕事であまり家にいないうえに、
    結婚準備で休日も家を空けがちで寂しいのは分かる。
    母は身体が弱く足腰も悪いので、将来について不安になるのも分かる。

    でも、別に遠くに嫁ぐわけでもなく、むしろ超近距離別居予定で
    これからも毎日会える環境なのにグチグチ言われ、
    これ以上私にどうしろと?と考えてしまう。

    寂しいのは分かるけど、熟年離婚して数年、あなたを養ってきた私への感謝は無いの?
    私が結婚するのはそんなに悪いことなの?
    私はあなたがタヒぬまで独身で結婚もせず、面倒を見続けてあげないといけないの?

    自分の冷たさに自己嫌悪する一方、ここ数週間での母の変貌ぶりに
    「これは病気を疑った方が良いのか?」と思ってみたり。

    鬱なのか、脳に異常でもあるのか、はたまた更年期障/害か。
    いいかげん愚痴ばっかり聞かされて、考えるのも疲れたよ。
    何もかも捨てて自由になりたい。

    210 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/10/12(月) 23:16:00 ID:AFi
    私が小学1年生の頃、母が出ていった。
    毎週金曜日にこそこそ逢っていた制服の男と逃げたのだろう。

    私は浮気しているのを知っていたので、母に不信感を常に持っていた。
    父は「どうして学生なんかと・・・」と涙していた。
    私を抱きしめ「母ちゃんがいなくても、お前は立派な人間に育てるからな。
    楽しい所も連れていってやるからな。」と言ってくれた。

    だけどねお父さん私お父さんのこと昔っから大っきらいだったの。
    もしかしたらお母さんもそうだったのかもしれないね。
    15歳も年下の女(母親)と結婚して調子にのっちゃったのかな?
    完全になめられてるよね。

    確かにいろんなところに連れて行ってくれたけれどどこ行っても全然楽しくなかったし、
    みんなお母さんがいたり若いお父さんがいるのに私の横にはジジイに近いオッサン。
    周りのおばさんたちからは同情され憐れてるのにヘラヘラしちゃってダサすぎる。
    友達と鉢合わせしそうになった時、私隠れたんだよ。
    こんなオッサンなんて恥ずかしいもの たまにみられて
    「この前おじいちゃんと一緒だったの?」なんて聞かれた時は顔から火が出そうだった。

    私が今の旦那を紹介した時も「俺に近い男を連れてくるんじゃないかと思ったけれどほっとしたよ。娘を頼むね」
    なんで上から目線で言ってたけれど当たり前なんだけれど?

    あなたを見てきたお陰で年上の男性.に対して憧れもへったくれもないよ。
    むしろ不愉快レベル。
    あなたの同年代を見てるとイライラが止まらない。

    生まれてきてこのかた一度だって「お父さんと結婚したい」だなんて思ったことも言ったこともないよ。

    私のために車を買ってくれたり、調子が悪かったら修理してくれたり、してくれたよね。
    お金だって困ったらくれたり、食材だって買ってくれたよね。
    ご飯だって毎日作ってくれたり嫌いなものを食べやすいように工夫してくれたよね。
    悪い男に騙されてるんじゃないかと、勝手に心配してたよね。

    確かにいい父親かもしれないけれどやっぱりあなたのことがタヒぬほど嫌い。
    視界に入れるのもいや。

    思春期の時、想いを伝えたら「父親を嫌悪するのは進化してる証拠だ」と勝手に納得してたけれど
    そう思うなら本当にタヒんでほしかった。

    もう初老だったあなたを暴力ふるったよね。あれ本気で杀殳す気だったから。
    今は成人になったからあきらめたけれど。早めにお願いします。
    成人して結婚した時点であなた用済みだから。
    浮気は最低の行為だと思うけれど、相手にもどこかしら問題があるよ。
    その例を一番近くで学ばせてくれてありがとう。
    遅い子の唯一の利点だよね。
    親が早くタヒんでくれるところってwww
    遅いといってもあなたにとってだけれどw

    13 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/04/08(水) 08:42:25 ID:St.sy.L1
    長ーくなった。ごめん。

    これは食い尽くし系の亜種?それとも意地汚い?

    私が子供の頃、夕飯にエビフライや天ぷらでエビが出ると、
    母に私の皿のエビばかり狙われていた。
    狙われていた、というのは後になって感じたというか。

    初めて取られたのは、エビフライのとき。
    私もエビが好きだったので、なるべくあとに取っておいて、
    最後におかわりしたご飯と一緒に食べて、
    エビの味で食事を締めたい、と、自分でご飯をよそいに
    台所に行って戻ると、残しておいたエビが無くなっていた。
    ない!私のエビがない!となって家族に聞くと母親が犯人だと。
    「食べないのかと思って~w(テヘペロ)」とニヤニヤ笑いながら言われ、
    ものすごく腹が立ったか、その時は諦めた。

    その次は海老天の時。
    前回は私が残したと思ったから食べたんだ、と無理やり自分で自分を
    納得させてたから、「最後に食べるのにとってあるんだから、
    食べないでね。絶対食べないでね」と何度も言って念押しして、
    父の麦茶を冷蔵庫に取りに行った。
    戻ってきたら、また、無かった。やはり母が犯人で
    「あんたが食べないから~wwもういいのかと思って~w(テヘペロ)」ニヤニヤ。
    今、ホンの10秒前に言ったばかりだよね?!なんで?なんで食べてるの?もし残したと思っても、なんで、残したのか食べていいのか、聞かないの?とガチ切れした。
    実は母がエビ天を盗ったと思われるタイミングで兄が「あっ!」と声を上げていた。
    兄も父も母がものすごい速さでヒョイパク!と食べるのを見ていたが、止める間もなく、という感じだったらしい。
    そして母は父にも、子供の食べ物を奪うなんて!とか怒られたが、
    「え~でも~w(ニヤニヤ)残してるのが悪い~(モジモジ)」と
    ごにょごにょ言って謝らなかった。

    次からは、さすがに私も懲りて、エビのお皿を母からブロックして食べ、
    食事中に席を立たなければならない時は、エビの皿を持ち歩いて防いでいた。
    そうすると母は、明らかにイライラしだし、「行儀が悪い!」とか
    「お皿を置いていきなさい!」とか怒るようになった。
    そして、最後には「そんな事しなくても誰も食べないよ!」と。

    いや、お前が言うなよ!
    「お母さんが私のエビ何度も食べたじゃん」と言うと
    「私がそんなことするわけないでしょ!」と。
    母以外みんな唖然。父が「いや、お前が何度か勝手に食べた」といっても
    「え~、そんなはず~…でも最後に食べようと残してるのが悪い!卑しい!」と逆切れ。

    ご飯のお代わりや食事中の飲み物など、母は父や兄には絶対させず、
    「女の子なんだから!」と必ず私にさせていた。だから食事中に席を立つのは私だけ。
    狙える可能性.があるのは私だけだったし、立場的に盗ってもいいとおもってたんだろう、と思う。
    そして、その状態になるのは、何故か、エビに対してだけだった。

    このページのトップヘ