恐怖

    434 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/04/01(水) 14:48:44 ID:+oA/5WDg0.net
    うちの社名が変更になった時の話

    簡単に言うと商標ゴロにヤラレてただけなんだが担当者が俺になった
    とりあえず相手先企業の連絡先を調べてみると
    新宿区は新宿区も新宿駅から徒歩数分程度のマンション
    あの辺のマンションはヤミ金と風イ谷の寮と893様のペパカンの事務所兼チンピラ雑居房だらけだから
    この時点でおれは893様案件かとため息ばかりだった

    いざやいざやと弁護士と部下ひっ連れて乗り込むと
    893のヤの字もない普通に生活痕のある住居
    弁護士は訴訟か取り下げかを迫った
    簡単に言うとすでに日本国内で著名となった権利者のある商標を他社や他人が勝手に出願した場合は
    裁判には長い費用と関係者の疲労がつきまとうものの高い確率で無効になるんだ
    特にこの相手は類似した商品を売ってるわけでもなんでもないから
    確実に勝てる案件ということで弁護士はウキウキしてた

    数日後、俺が寝苦しくて自宅マンションで目を覚ますと
    なんかドアがどんどん叩かれてた
    「いつ勝ってくれるんですか? 二敬遠です」
    あれ、いつ野球やってんだ
    っていうか俺スポーツは剣道派だぞ?
    で、よく聞き直すと
    「いつ買ってくれるんですか? 二京円です」
    京なんて単位聞いたことないなあとか思った直後にねぼけから醒めて
    なんでこいつがドアの前にいて叫んでるんだと気づいてドビクリまくった

    数分後には他のマンションの住人から通報があったみたいで
    ドアの前で警察と悶着から被害者からの聴取まで一連のコース体験
    まさか、あんな穏やかそうな人が豹変してあんな真似するとは思わなかった
    家? 当然引っ越したよ

    603 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/01/11(木) 00:30:47 0.net
    凄く長いです。
    フェイク盛り込み済みです。

    数年前、友人たちと数人で会社を興し、まもなくその中の代取と付き合うことになった。
    「創業したばかりだし、仲間に気を使わせたくない」という理由で関係を隠そうと提案され、自分も納得して了承した。
    その半年後、「仕事に集中したい」と別れを告げられた。
    告白されて始まった関係だったけど本当に好きだったし、別れたくないとその日はずっと粘ったけれど、頑なな態度に最終的にこちらが折れた。
    でも好きだったし、仕事は楽しかったので会社にはそのまま残った。
    会社が落ち着いたらまたやり直そうと言われたのを信じてもいた。

    会社は創業時から経営が苦しく、私と社長の二人はいつも給料(報酬)が未払いだった。
    売上が振り込まれる日の都合で私は給料日の数日後に振り込まれてはいたけれど、社長はずっと未払い。
    私は役員ですらなかったけれど、特別な関係だから甘えられてるんだろうと理解して、別れた後の遅配も「社長が好きだから」の一心で我慢した。
    経営資金として注ぎ込む社長個人の借金が限度額に達したら、私にも消費者金融から借りるように言われた。
    断ったら顔の形が変わるまで殴られ、無理やり借りさせられた。

    ある日、実は二股を掛けられていたことが分かった。
    会社の口座に誰も心当たりのない纏まった額の入金があり、社長に確認したら「彼女からの援助」だと。
    私と付き合う五年も前からのお付き合いの人で、私と付き合っていた時も、寧ろ今も同棲している、と。
    取引先との会食と言って夕方から出かけることが多かったけど、殆どは彼女とのデートだった。
    創業メンバーみんなで出し合った創業資金も、社長は彼女に借りていた。
    ここまで吐かせるのに相当掛かったけど、要は私は浮気相手だった。
    それでも彼を諦めきれず、まだ会社に残った。
    この辺りからもう精神を病んでいたと思う。


    続きます。

    942 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/07/04(土) 00:28:50 0.net
    3年前の修羅場。
    実弟(既婚)の不倫相手が、何故か姉である私のところに凸してきた。
    霧雨の寒い日でお腹大きいし、とりあえず家に入れた。
    部屋を暖めて一人暮らしで身近に妊婦がいない私は、とりあえず彼女が飲めるという飲み物を用意。
    ボロボロ泣き出してどうしたものかと思いながら、テーブルの下で弟に事情を説明しろとメール。
    泣きながらなので聞き取り難かったが、1年前から弟と不倫の関係。
    妊娠したので弟に離婚を迫るが、連絡を切られた。
    お姉さんのことは聞いてたので、わらをもすがる思いで来たとのこと。
    話を聞きながら受信メールを見ると「心当たりはない。それはス㋣ーカー。すぐに警察に。今向かう」とのこと。
    内心、やっちまったと思ったが、とりあえず冷静にと思った。
    言いたいことはわかった。弟に連絡を取ると席を離れようとした瞬間、背筋が凍って無意識に飛びのいた。
    後から人間の反射神経というか危険察知能力ってすげーと思ったけど、体すれすれのところを包丁がぶんって音を立てるくらいの勢いで振り下ろされた。
    彼女の言葉はもう金切り声で聞き取れないが、実姉である私がシねば弟くんが来てくれるとかなんとか。
    相手は妊婦なんて言ってられないから、椅子を蹴飛ばしてぶつけるとボコンとお腹がへこんだ。
    妊娠ってのは嘘。お腹に布で包んだプラスチックのでかい料理とかのボール入れてた。
    気づかんよ、そんなの。
    必タヒに逃げながら外に出ると、弟が連絡したらしいお巡りさんが見えて助けてって叫びながら走った。
    すぐにお巡りさんが取り押さえてくれ、弟が駆けつけてきたが姿を見ると余計に興奮するから彼女から見えないところで事情説明。
    ご近所さんたちは何事!?って出てくるし……。
    もう二度とあんな思いしたくない。
    あの焦点の合わない目と張り付いた笑顔と包丁がぶんぶん言う音は未だに夢にみる。
    なんとか最近包丁を持って料理できるようにはなった。
    ちなみに彼女がなんで実姉である私のことを知ったかと言うと、興信所に調べさせたって。
    もうなんてことするんだと思った。

    193 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/05/25(月) 15:09:24 ID:aFA
    ものすごく馬鹿馬鹿しい話だけど、うちの姉が以前同じマンションの奥さん(A)から
    逆恨みからの嫌がらせを受け続けていた。
    姉は子供が県外の大学に進学して家を出たのを機に、逃げるが勝ちとばかりにその賃貸マンションを出て
    隣市にある新興住宅地に引っ越した。
    そこはまだ家の建っていない空地もポツンポツンとあるような所だが、
    たまたまそこに建ったばかりなのに家主の事情で空家になる戸建があって
    3年の定期契約で入居した。(3年後には家主が戻って来る)
    姉夫婦は以前から、子供が独立して義兄が50歳になったら早期退職して
    義兄の故郷に戻るって計画が夫婦の夢として結婚当初からあって
    その時期が近づいていたから、あと少しの辛抱と思い最初の賃貸マンションで我慢してたけど、
    その逆恨みの事件の時に相談した弁護士さんの知り合いが
    上記のような事情で空家になる家を、期間限定でなら貸して下さるということになったそうだ。
    先方も期間が決まってるから、なかなか借り手が見つからなくて
    新築だからできれば小さい子供がいる家族は避けたいとか色々事情があったらしい。
    で、まさにその契約期間も終わるころに、近くで2ヶ所続いた空地に建築された
    建売の片方を買って入居してきたのがA。
    インターホンが鳴ってモニターに映ったAを見た時、
    過去に見たどのホラー映画より怖かったらしい。
    が、引越しの挨拶の品を手に「探したわw
    そこ(例の建売)買っちゃったのよw末永くよろしくねwww」と
    満面の笑顔で勝利宣言のごとく言われたとき、恐怖が笑いに変換されて
    「あらー、買っちゃったの。がんばってねw」とニッコリ笑って言ってやったそうだ。
    その2ヶ月後、予定通り義兄の故郷である南の島に引っ越して行った。

    ちなみに家主さんは全ての事情を知っている。
    まさかAが引っ越してくることまでは予想してなかったけど
    姉の話を聞いて弁護士さん自らA宅を訪れ、ご挨拶“だけ”しておいたそうで
    元の家主には特に被害的なものはその後無かったようだ。

    このページのトップヘ