従兄弟

    643 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/04/10(月) 13:42:09 ID:???
    婆の伯父さんがね、海外赴任していた間、息子夫婦に家を貸したのよ
    あげたんじゃなくて、単に赴任中の2年間だけっていう約束だったの
    なのに、お嫁さんが伯父夫婦の物を全て捨ててしまったんだって
    伯母は良いおうちの出で、生け花やお茶をやってて、お教室もしてたの
    だから着物や茶器、花器がたくさんあったのだけど、
    それらも全て売ったか、捨てたかで無くなっていた
    先月末に帰国したんだけど、今、修羅場真っ最中よ
    捨てるなら自分の物だけにしておけばいいのにね
    婆母曰く、被害額が4桁万円は超える、下手すりゃ億かも?って言ってた
    従兄弟は空気で嫁の言いなりだったけど、今回の事で離婚になるかもしれないわ

    573 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/09/19(水) 15:46:34 ID:l3txUy3r.net
    この流れの空気読まずに吐き出す
    従兄弟の神経がわからん。

    朝起きれなくてしょっちゅう遅刻して会社に怒られるから、毎朝モーニングコールしてって連絡来たww
    朝の7時にコール、出なかったら出るまでコール、出たとしても二度寝の可能性.があるから
    8時くらいまで15分ごとにコールしてくれってさ!

    もちろん丁重にお断りしました。
    なんで10年近くも目立った交流してない私にそんなこと頼めるんだよ。
    自分のママにでも頼めよ!

    131 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/06/26(日) 19:58:56 ID:5YO3XAne
    従兄の嫁がキチだった。
    従兄弟実家で従弟の赤ちゃんのお披露目会中の出来事。
    文才ないので箇条書き。

    ・従兄嫁障/害持ちの息子に生まれたての赤ちゃんにフェ○させようとしてた
    ・従弟嫁に止められるも謎の言葉を叫びながら発狂
    ・従弟嫁&俺の嫁(妊娠中)に殴りかかる
    ・カッとなり従兄嫁を殴りそうになる俺→それを止め自分で殴る従兄

    とりあえず俺嫁は従弟嫁と病院へ。
    その間に事情聴取。動機は、
    ・障/害者を産んだことで義母がつらくあたる
    ・嫁いびりがひどい
    (ちなみに今回の事情聴取で従兄子の障/害は判明のためおそらく被害妄想)
    ・従弟は嫁にだまされている
    ・従弟は私と結婚するべき
    ・従弟嫁は親なしのアバズレ基地外
    ・従弟嫁と俺嫁に仲間外れにされた

    などなど…
    ここまで聞いたところで俺は嫁を病院へ迎えに行き従弟嫁と入れ替わりで帰宅。

    はあこれからどうなることやら。

    776 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/04/10(水) 22:49:36 ID:dbWKBMJu
    ワンコで思い出したので

    子供の頃、実家で紀州犬を飼っていた。
    猟犬で怪我をして狩ができなくなったので杀殳すのも可哀そうと親父がもらってきた。
    怪我が治る頃には家族にも慣れ、俺と弟が床屋に行ったら檻から脱走、床屋まで匂いをたどって追跡
    床屋の入り口前で伏せて待っている忠犬ぶりだった。(ちなみに大変驚いた)

    お盆になって親戚が帰ってきた。従妹の兄Aはよくできた奴なんだけど、弟Bが今で言うDQN
    Bが犬を撫でようとしたが、犬はウーウー唸っているので止めた
    しかし、制止を振り切りBが犬に近寄ったら、いきなりガブリ
    さすが元猟犬、噛んで首をふりながら獲物の体勢を崩し、あっという間にBは血だらけ
    泣き叫ぶAとBと俺 この時が子供心に修羅場
    親父が飛んできて犬を引き離したが、Bは左耳がちぎれかかっていた
    結局30針近く縫って、犬に噛まれる為に帰省したBはバカという事で話はついた

    その後、成人したBは多額の借金するわ、子持ちバツイチと勝手に結婚するわ、強カン事件を起こすわで、
    Aが修羅場 おまけにAB両親が離婚 AB父が事故でタヒぬとか大変だったらしい
    葬式とか全ての処理を終えた後、AはBに住所を知らせずに引っ越したそうな

    引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1326900955/
    10 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/01/29(日) 15:12:28 0
    親戚の嫁さんが「本家長男の嫁」風を吹かせたせいで
    ややこしい事になった思い出。

    うちの親戚はみなご町内に住んでいて、行き来も多く仲がいい。
    本家だのなんだのっていうご大層な家柄では無い、ド庶民。
    当時私はヴァイオリンで音大に在学中で、
    従兄弟夫婦は嫁さんの希望で従兄弟実家に同居していた。
    嫁さんは凄く大人しいつーか暗い人で、一日中家の中でボーっとしている。
    家事もしないが、遊びもしない。悪い人じゃないけどちょっと不気味だった。???
    しかし赤ちゃんを産んでから急に「本家長男の嫁」を主張し始めた。
    その一環として、私にヴァイオリンを寄越せと言ってきた。

    引用元:anchorage.5ch.net/test/read.cgi/live/1262933521/
    337 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/01/15(金) 10:18:43 0
    育児板に相談しようかと思ったんだけどどこに書いて良いかわからないので…
    うちの下の子と義兄の子が同い年で小学校も一緒。
    マンモス校なので特に仲は良くないw

    月曜が行事休だったのだけど義兄嫁が子供連れてアポ無しで遊びに来た。
    オートロックから上がってくるまでの間にうちの子達が必タヒで玩具をまとめて寝室へつっこんで隠してた。
    ※貸したくない大事な物やコワされたら困るものは最初から見せないで隠しなさい、と言ってるので行動は順当。

    義兄子が入ってきてあれがないこれがない、出してくれない貸してくれないと文句言い始めた。
    我が子がしつこく言い続けてるのに義兄嫁は知らん顔。
    うちの下が「だってお前に見せたら持って帰ったり壊したりするから嫌なんだよ!」
    「みんな知ってるんだからな」と言った時点で義兄嫁が豹変。
    「みんなって誰と誰と誰!」といきなりうちの子に凄い顔で迫ってきた。
    下の子が泣きそうになってたの見て、上が「児童館でもみんな言ってる。だから家に呼ばないって言ってる」と返答
    「ぼく達も困るんだよ、イトコだってわかると文句言われるし」
    義兄嫁が「なんで庇ってくれないの?イトコでしょ!?」と言ったら「ホントのことじゃん」と上の子。

    義兄嫁子供引っ張って切れながら帰った。
    そして昨日、うちの下が「(イトコが)あれから学校休んでるって」と言ってる。
    距離梨で迷惑していたからフォローする気はないけどちょっと気になる。

    232 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/09/25(火) 13:45:23 ID:/9mifxHI.net
    ふと思い出したから投稿

    10年前くらいの事だけど従兄弟の家に遊びに行ってた時、野良猫が屋根裏部屋で出産してそのまま子猫放置してどっか消えたようでずーっと鳴き声がしてた。
    流石にヤバいと思ったらしい爺ちゃんは子猫6匹を段ボールに入れて保健所に連れて行った。
    子供心に「飼えば良いのに」とか思っていたけど俺の実家には既に犬がいたし従兄弟の家にも犬がいて猫を飼う余裕がなかった。

    という話をたまたま知り合いに話したら知り合い全員に「子猫を捨てるなんてありえない!」「お前の事見損なったわ」「何で里親捜ししなかったの!」「犬と猫一緒に飼えば良いのに」
    とか好き勝手言われた挙げ句、LINEまでブロックされた。

    生き物を飼う事はそんな衝動的にやって良いことではないし飼育費はもとより先住犬のが大事だ、と説明しても全く聞きやしない。

    そしてなにより腹立たしいのが知り合い全員が犬猫飼育未経験のくせに生き物を飼う大切さを俺に講釈してきた事。

    引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1503498117/
    210 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/08/30(水) 01:37:42 ID:SZXUoTHx.net
    ちょっと長いです
    自分はバツイチなんだけど、以前結婚していた旦那の親族が衝撃的だった

    元旦那のいとこに、性格も優しく、顔は超イケメン、職業は医者という絵に描いたような好青年がいた
    その彼が「弟がいるから紹介するね」といって会わせてくれた弟さんが、柄本時生そっくり
    それは全然いいのだけど、目が常に泳いでいて、挨拶しても俯いたままだし口の端からはヨダレが出ていて、見るからにちょっとアレな人だった
    しかしイケメン兄もその親御さんも「またヨダレ出てるwこいつ女の子見るといつもこうなんだよwほんとお前面白いヤツだよなーww」とめちゃめちゃ純粋に笑っている
    イケメンくんが婚約者の女性を家に初めて連れて来たときは、興奮して奇声を発しながら婚約者の座っているソファーにダイブしたそうだ
    それも「微笑ましい家族爆笑エピソード」として話してくれた
    その後も、向こうのご家族と一緒に野球を観に行った際に、まだ小学生くらいの男の子からホームランボールを奪い取り大号泣させている弟さんの姿を見かけてかなり恐怖した
    それも親族のあいだでは「行動が変わってて面白い」という共通認識で済まされていた
    彼、知的に遅れが…?とは誰も思っていない様子

    その後、わたしは旦那の不貞が原因で離婚したのだけど、最後に義実家にお別れの挨拶をしにいったとき、旦那の義両親も息子の不貞を謝るどころか「あの子変わってるからねww」とケラケラ笑っていた
    この親族みんな何者なんだと思った

    義実家をあとにしたとき、何か大きな暗い館から脱出したような気がしたよ

    18 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/09/07(金) 01:38:40 ID:po9
    私の実父は昔碌でもないことを仕出かし、母は私を連れて離婚
    しかし母方の親戚は世間体をものすごく重視するので、母と私は親族から絶縁された
    母の親族は皆子どもたちを迷わず私立の学校に入れるくらいには裕福らしく、私の従兄弟たちは皆、お嬢様やお坊っちゃんばかり
    生活保護ギリギリの私はかなりバカにされながら育った

    15歳の高校一年生の冬、母が倒れて入院することになった
    貧しい私達が住む団地は訳有の人がそれなりにいて、全12世帯が入ってるんだけど、知的障/害者の人たちがやけに多かった
    そのうち知的障/害の子供三人抱えた老夫婦のところの長男(40過ぎ)がかなり色キチ
    私は1人で大丈夫だと言いはったんだけど、母の従兄弟だったか、独身男性.の家に預けられることとなった
    母の親戚だけあって、その男性.の家は屋敷と言えるほどの大きさだった
    男性.は母より10歳は上で、寡黙で、私も元々寡黙だったから会話はほぼ無し、挨拶だけの毎日
    私が食事の度に手を合わせていただきます、ごちそうさま、と言うと、無言で頷いていたのをよく覚えている
    通いの家政婦さんとの方が100倍くらい話してたと思う
    私は朝6時に家を出て、帰るのが20時過ぎ、寝るのが23時、土曜日も学校があったので、預け先でゆっくりできたのは日曜日だけ
    それでも日曜日は宿題やテスト勉強に忙しく、与えられた部屋にこもっているか、気分転換にテラスで延々と英語のCDを聞いて発音や構文を詰め込んでた
    母は2週間ちょっとで退院できることとなった
    退院の日が近づいた時、男性.が変なことを聞いてきた
    「この家の中にあるもので何でも一つ与えると言ったら何が欲しい」
    なんかそんなことを言われた
    断ろうと思ったけど、何か断り難い、硬い空気で、わたしはおずおずと、辞書を探すために入った書庫で見つけた一冊の絵本をあげた
    海外の絵本で何が書いてあるのかわからなかったけど、絵が綺麗で一目惚れしたものだった
    油絵で描かれていて、夜景が描かれた絵の青と紺の色合いが鮮やかで、絵本のあるところだけ違う世界が広がっているようだった
    そんなことを辿々しく説明していると、男性.がその本を私に差し出した
    だけど私の家は本当にボロくて、そんなきれいな絵本を持って帰っても、傷めてしまうと思った
    それに書庫の雰囲気はその絵本の魅力を引き立たせていると感じた
    だからそれも伝えて辞退した
    その時男性.と色々と話したんだけど、私は本が好きだけど、本は高いから買えないこと
    小・中と学校に図書室がなく、図書館も遠くて、2週間に1回くる移動図書が楽しみだったこと
    高校には図書室があるけど、勉強が忙しくてあまり読めないこと
    アルバイトで好きな作家の本を買ったけど、家に本の置き場所が無いこと
    いつか父の作った借金を返し終え、引っ越すことができたなら、小さな書庫を持って、そこに好きな本を少しずつ貯めていきたいことを話した
    それが私の目下の生きる意味で目的だとも
    日記を見返すまで忘れてたほどの遠い記憶

    そんな会話をしてから15年、男性.が遺書で私にあの屋敷と本を残すとの遺言を残して逝ってしまわれた
    母方の親族とは一切交流がなかったが、やいのやいのと騒いでくる
    だけど現実味がなくて、なんだか夢を見てるみたいで、今でもフワフワしてる
    屋敷を見に行ったけど、中はもう殆ど空っぽで、書庫だけが当時のままだった
    男性.は私が好きだと言った絵本のページを開いて書庫の机に置いて眺めていたらしく
    ライトのせいか、そのページだけ、記憶より少し色あせていた

    男性.が逝ってしまわれたことも全然実感がわかないけど、あの書庫と屋敷があなたのものだと言われたのはもっと現実味がない
    ひとまず専門家を挟まないと何がなんだかわからないので、今はあえて考えないようにしている
    たった2週間と少しお世話になった男性.が、なぜ私に残そうと思ったのか
    可能ならば男性.にもう一度会ってじっくり話したかった

    このページのトップヘ