彼氏

    602 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/04/29(水) 18:42:57
    すごい話ばかりだけど面白い。
    止まっているようで残念だし、今、暇なので書く。

    幼少期、パパべったり大好き娘が思春期になり、正反対のパパ大嫌い娘に変身。
    俺の事は「あの人」と呼び、帰宅するとすぐ部屋に行ってしまう。
    一緒の洗濯を嫌がるどころか、同じハンガーに干すのも嫌がり、娘の後に俺がトイレに入ると怒る。
    高校進学の相談は全て妻経由。
    さすがに凹んで同年代の友同僚に話すも「娘なんてどこでもそんなもの」と。
    まあそんなもんかとあきらめ、働きバチに甘んじることにした。
    そんな娘でも可愛いかったのだ。
    昔、両親、嫁両親に同じことを言われた。
    子供は3歳までに親の恩を全て返す。
    その意味が分かった気がした。幼少期の可愛さで全て許せたから。

    542 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/12/03(水) 00:58:54 ID:qcRII6to
    1年ほど前、友人に彼氏を寝取られた。
    そりゃしんどかったが、男を見る目も友を見る目もなかったのだと
    自分を納得させ、徐々にそんなことがあったというのも思い出さなくなってた頃、

    「おめでた婚です(はーと 式に出席してね♪」

    とかいうハガキが届いた。
    「氏ね」と書きたい衝動を堪えて「受取拒否」と大書きし、ポストに投函。
    その受取拒否が相手に届いたと思われる頃から、突如電話&電話攻勢。
    いわく「あなたが祝福してくれなきゃ、私たちが幸せになれない!」とか
    「一度は愛した人の幸せをどうして祈ってくれないの!」とか
    「赤ちゃんに罪は(ry」

    指定番号によるる着信拒否だけじゃ収まらなくて、
    非通知拒否、公衆電話拒否、果てはアドレス帳外拒否までするはめになった。
    しかし、さすがにこれで静かになって一安心と思っていたところ、
    別の友人より着信。出ると、ヤツで
    「あなたも心から愛する人ができれば判るはず!! いい加減ひがむN(ry」
    ここまで聞いたところで終話して、その友人も一時的に着信拒否。
    (後で聞いたら、ヤツに貸したことはなく、どうも勝手に盗まれ使われ、戻されたっぽい)

    そろそろ自宅襲撃が来そうなんだが、どーして私がここまで粘着されねばならんのだ!
    神経判らん通り越して、そろそろ怖い。

    752 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/12/28(日) 14:51:38 ID:1zi
    昔付き合ってた人が、人の物を勝手に使う人だった。
    私は学生で、彼は独立した社会人で高収入だった。
    彼はお金は有るし物欲もある人だったけど、
    高級なお店に行って店員さんと話したりするのが苦手。
    私はお買い物好きで、特に伝統ある、素材が良い物が好き。
    バイトでせっせとお金を貯めて、セーターや万年筆や
    スーツケース、カップ、食材、少しずつ買い集めていた。

    彼はそれらを全部勝手に使って持って行っちゃう。
    返してって言えば返してくれるけど、苛々した。
    彼の家に泊まって、朝起きると私のセーターやコートが無い。
    バインダーや万年筆もない。パスケースも無い。
    一度に全部じゃないけどw、いつもそんな感じだった。
    で、彼が使ってるor持ってる。これ良いね!って笑顔で。
    私着るものが無いよ、返して、って言うと
    えー、別の貸してあげるよ、今日これ借して、って。
    駄目って言えば笑って返してくれるんだけど…

    ある時、私の毛抜き(ドイツ製で素晴らしい!一万位)
    を勝手に化粧ポーチから出して使ってた。
    びっくりして聞いたら、私が洗面所で使ってるのを見て
    いいなあ使ってみたいと思ってた、との事。

    私の行動とか持ってる物を逐一チェックして
    良いものがあったら使おう借りよう、思ってるのが
    良く分かって、苛々して嫌いになった。
    自分だって稼いでるんだから自分で買いなよと。
    彼はケチではなくて、奢ってもらったりも勿論してた。
    だから「彼女が持ってるものは自分も使っていい」って
    ナチュラルに思っていたんだと思う。
    まさに生活板のトメコトメ脳というか…。
    また私がマニッシュと言うか中忄生的な物が好きだったから
    男忄生でも使い易かったんだろうね。なんでも大きめで。

    心狭いかもしれないけど、
    自分が一生懸命探して買った自慢の逸品たちを
    遠慮なく借用されて悪びれない様子に我慢出来なかった。
    使おうと思った時に無いって結構ストレスだよね…

    380 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/05/14(土) 13:09:53 ID:KrxCTRU9O
    彼氏の部屋でまったりしてたら、
    「開けなさいよ!!浮気してるんでしょ!?」
    と怒声とともに玄関をガンガン殴る音が。
    きょどる彼氏、戸惑う私。
    結局その女性.は階を間違えてただけの赤の他人だったんだが、
    彼氏の態度がどうしても腑に落ちなくて、
    「怖かったねー」という彼氏の隙をつき彼氏の携帯奪ってトイレに立て篭もった。
    「だーいすきvまたいっぱいちゅっちゅしようね♪」
    という送受信メールがごろごろでてきた。
    私がトイレに立て篭もって携帯見てる最中彼氏は
    「なんだよ!」「おい!」「見ちゃ駄目!!」「ああっ…」
    と悲壮な声やら怒声やらあげドアを叩いていた。
    彼氏の携帯から共通の友人に連絡し迎えに来てもらって帰った。
    それからは連絡を一切立ってるのであとのことはわからない。

    103 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/10/14(月) 09:11:21 ID:0Bv
    高校を卒業して専門学校に通っていた時の話

    同じ趣味で知り合った元カレ
    私は一人暮らし暮らし、元カレは実家暮らしで家に泊まりに来る事も多かった

    ある日、夕飯に元カレの好きな餃子を作るよ!と材料を買って張り切っていたのに、急な実習が入り今日はごめんね。と断ったら「準備しとくから学校行っておいで!」と、この人とだったら将来も安心だなぁ~と当時は考えてた。

    実習から帰るとすっごく綺麗な餃子が並んでた。この時点で「?」と思ったが一生懸命作ってくれたのか餃子はすごく美味しかった。
    餃子すごく美味しかった。ありがとね~。と伝えると
    「ママンが作ったからね!ママンの餃子美味しいでしょ!」と
    もう私ポカーン(゜Д゜)
    「え?家に勝手にお母さん呼んだの?」
    「うん。よく掃除とかご飯作りに来てくれるよ」
    (゚Д゚)!?私が先に学校行った時、皿洗いした後のシンクがやけに綺麗だとかゴミがまとめてあったりとか、全部お前のママンの仕業かよ…orz
    そこからあれ?こいつおかしいぞ…と思う事もあり結局いろいろあって別れた
    別れ際に言われた最後の言葉が
    「このまま俺と結婚すれば“世帯年収”700万は目指せたのにな!このバカ女!!」の言葉で完全にスレタイ

    その後、年収700万の夫と結婚し現在は子供にも恵まれ注文住宅も建てた。
    夫と子供から夕飯は餃子がいいと言われたので思い出しカキコ

    142 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/06/04(土) 01:42:53 ID:te4TWb5d.net
    付き合いたての頃、夕食に雰囲気のいいイタリアンのお店に入ってスパゲティを食べた時
    フォークですくえるだけの麺をガバッとすくい、すするすする、それはもう「あれここってラーメン屋だっけ?」と思わせるほどの豪快なすすりっぷり
    ちょっとおしゃれな雰囲気で店内は静かだし、元彼があまりに目立って周りのお客さんもチラチラこちらを見てくるし
    さすがに耐えかねて小声で「…ねね、巻いて食べないの?」と言ってみた
    するとあからさまに機嫌の悪くなる彼
    そこからお店を出るまで一言も話さない
    お店を出るや否や
    元彼「…あーマジでお前にあれ言われてから少しも味しなかったわ最悪」と一言
    元彼「なんでスパゲティの食い方なんか注意されなきゃなんねえんだよ」と続ける
    私「でもそれで恥ずかしい思いするの俺君だし、外でだけでも(豪快にすするのは)やめた方がいいんじゃないかなぁ…」と伝えるも
    元彼「はぁ?!何がダメなんだよ?!」と逆ギレ
    私「いや、私もテーブルマナーとか詳しくないけど、スパゲティに関しては豪快にすすることを不快に思う人は多いと思うから、せめて外でだけでもやめてほしい」
    元彼「テーブルマナー…?」
    とつぶやきながらおもむろに携帯を取り出す彼、何やらテーブルマナーについて検索をしているよう
    元彼「…ああ、あるね、スパゲティすするのだめって…ごめん、俺知らなくて」
    どうやらスパゲティをすするのがあまりよろしくないと思われることは本当に知らなかったようで、
    ここでようやく伝えたいところが伝わり、素直に謝ってくれた
    しかし、箸で食べる某スパゲティチェーンや、自宅でスパゲティを食べる時は
    「ここじゃ別にいいんだよな!」
    と言って当てつけのように豪快にすすりまくるところになんだかなぁと思っていた

    この彼は食事において他にもそれはどうなんだろうということが多く、一緒に食べていて不快になることも度々あり耐えかねて指摘すると
    「俺はお前と違って育ちがよくねえんだよ!」と逆ギレ
    断じて私はマナーなんて詳しくも厳しくもないし別に育ちもよくない
    けど、そんな私でも一緒に食事していて不快になることをする彼に冷めていった
    結局全然別の件で氷点下まで冷めて別れた

    スパゲティすするとかは賛否両論あるみたいなのであれですが、私は冷めてしまった

    90 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/04/14(水) 20:38:46 ID:+1uJ+Z6w0.net
    彼氏が10年前に付き合ってたらしい彼女からDMが来て
    結婚して子供もいる報告されたらしい
    そのまま相互になって彼氏にリプしてくるし、彼氏もリプ返する
    何も無いのは分かってるけど馴れ馴れしくするのが目障りだと思うのは心が狭いんかな

    358 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/06/24(火) 03:12:53 ID:Ct7S7HYY0
    眠れないので暇つぶしに投下。

    いまから数年前、学生だった私は15も歳の離れた男と付き合ってました。
    仮にAとしましょう。
    Aとは趣味を通じて知り合って、そのうち仲良くなり付き合い始めたんですが、彼は当時ちゃんと職についていたし、
    真面目で優しかったので周りが見えていない私はイノシシモードに入ってました。

    無事卒業し、就職試験も受かって働き出した頃、彼が突然仕事を辞めました。
    上司とのトラブルで半ば首にされたそうで、自分の稼ぎがないと家族から疎まれる、飯を食うなといわれる
    と泣きつかれたので(いい歳こいた親父が何言ってんだって感じですが)、当時かなり馬廘だった私はあたりまえのように
    自分の給料から食事代をだしてあげたり、生活に必要なお金を出してあげたりしていました。
    あんなクソ野朗でも当時は好きだったんだと思うと身の毛がよだちます。

    そういう生活が2年ほど続き、当然私は貯金なんて出来るはずもなく、Aとその家族を食わせるために働いているような
    生活がずっと続いていました。

    続きます。

    357 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/07/26(土) 12:51:45 ID:iH9qmYRZ

    ここで言う勘違い男に含まれるのかは分からないけれど、投下します。
    長文になるので苦手な人は飛ばして下さい。


    私(20代前半)にはある趣味があり、ゆくゆくはそれで食べていきたいと思っていた。
    しかし、会社勤めからフリーになるには色々不安も多く、また時間も拘束される
    仕事のため、付き合っていた彼氏はそのことに後ろ向き。
    「できればやめてほしい」と言われていた。

    務めていた会社の中で、親しい人たちにはその悩みを相談していたんだけど、
    その中の30代の先輩Aが勘助だった。
    Aにもある趣味があり、若いころはそれに夢中になりすぎて
    彼女にふられてしまったりしたことがあったらしい。

    A「分かるよ、好きな人に理解してもらえないのが一番つらいよな」
    私「そうですね。趣味のことをやってると時間を忘れちゃって…」
    A「それオレもわかるよ!時間も忘れるし、ほかのことは全部どうでも
    よくなるんだよな!」
    などと、会社のお昼休みや、方向が同じなため帰り道などで時々話した。

    Aは「彼氏も大切だけど、人生は一度きりしかない。オレも趣味があるから
    分かるけど、自分の人生なんだから大切にしたほうがいいよ!」と言ってくれて、
    その時は「イイ人だなあ」くらいに思っていました。

    366 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/07/03(水) 19:10:58 ID:8bO
    同僚から最近聞かされた初恋話。

    「今思えば初彼がモラハラだった。
    例)彼氏が「何々して」と言う。→何度か同じことを繰りかえし、ある日急に「俺はそんなこと頼んでない」と言い出す→
    私「でも今まではそれでよかったよね?」彼氏「なぜいつも同じだと思った?確認しなかった?俺は失望した。俺を失望させるお前は加害者で、俺は被害者だ」
    こういうのが数回あった。
    色んなパターンがあったが、毎回最後は「俺を失望させるお前は加害者で、俺は被害者だ」
    私はモラハラの概念が当時理解できておらず、この人は頭が悪いのだなと思い、毎回懇切丁寧に説明した。
    彼氏は逆ギレして私の物を壊したり捨てたりし「俺を怒らせたからこうなったんだ、お前が悪いんだ、俺は被害者だ」と言った。
    私は彼氏は被害者になりたくてしかたないのだなと解釈し、
    彼友人・彼両親、彼姉に全部説明してから「どうか彼氏を今後、かわいそうな被害者として扱ってあげてほしい」とお願いした。
    その後彼氏とはなぜか二度と会えず、彼姉から謝罪の手紙とお菓子が届いて初恋は終わった。
    モラハラだったと気づいたのはつい最近」

    めっちゃウケて「ネットに書いていい?」と言ったら「いいよ」と許可もらえたから書いた。
    元彼、モラハラにひっかかりそうな女を見抜く嗅覚低いよw

    このページのトップヘ