100 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/05/21(水) 23:02:10 ID:BO6Uw0Qf3
    結構前の話、姉が大学に通ってて女性.専用のアパートに一人暮らししてた。
    日付が変わろうかという時間くらい、そろそろ寝ようと思ったら隣の部屋から
    「きゃああぁぁぁぁ!」
    ともの凄い悲鳴がしたそうだ。

    知らんふりもできないので、武器になりそうな風呂掃除用の短いモップを持って玄関を開けると、
    同じタイミングで悲鳴のした部屋の住人もラクロスのステッキを片手に飛び出してきたと。
    隣人はびっくりした顔で「大丈夫ですか!?」と訪ねてきたが、それはこっちのセリフだと思った姉は
    「そっちの部屋から悲鳴がしたので飛び出してきたんですが…」とお互いに首をかしげた。

    お互い???と思っていたらアパートの住人が続々と出てきて「何かあったんですか!?」と聞いてくる。
    二人とも悲鳴を聞いて飛び出してきたことをみんなに伝え、アパートの住人一同無事を確認し合うとさっきの悲鳴はなんだったのかと首をひねった。
    何があったかわからないものを考えても埓があかないし、どっかで誰かが悲鳴を上げていたのかもしれないということで、
    最寄りの交番に通報しその日は解散となった。
    翌日、交番からアパートを管理している不動産会社に連絡が入り不動産屋が調査に来た。
    すると驚くことがわかった。

    悲鳴と思った声は悲鳴ではなかった。
    姉の部屋と隣人の部屋の間でアパートが真っ二つに割れていたのだった。
    悲鳴は部屋と部屋の間の鉄骨が擦れて出た音だったとのこと。
    アパート自体新築で設計に手抜きもなく、なんで真っ二つになったのかは調査結果を姉が聞かなかったからわからなかったが、
    もしかしたらアパートは寝てる間に崩れていたかもしれないという話だった。

    その後引越し費用や引越し先を不動産屋が全部面倒見てくれて、2~3日で引越しは終わったので、姉はラッキーとか言って済ませていました。

    286 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/09/19(金) 11:15:34 0
    弟夫婦が火事に遭い、行き先がなくて海外で働いてる姉のマンションを借りた。
    姉の家なのだから、当然家の中には姉の荷物が残されたまま。
    超がつくほどの潔癖症の弟嫁は、それが気に入らなかったらしい。
    弟が留守の間に勝手に姉の荷物を処分してしまった、たんすとかテーブルとか
    ベッドとか本棚とか姉の衣類とか、弟夫婦の生活に必要ないもの だけ 全部。
    冷蔵庫や洗剤類のストックやテレビなど、弟嫁が使うものだけ残してあった。
    弟は家の惨状を見て腰を抜かし、あわてて連絡してきた。
    すぐ行ってみたけど、姉のお気に入りの家具類は全滅に近い状態。
    何もないリビングのすみっこで、プラズマテレビだけがぽつんと置かれてて
    姉のベッドとたんすで一杯になってた寝室は、見事なまでになにもなくなってて
    弟嫁は「だって、だって嫌だったんだもん」としゃがみこんで泣いてて
    まさに絶句するしかない状況だったよ…。
    業者がどこか聞き出して、理由を説明して家具を返してほしいと頼んで。
    発覚が早かったから一応ほとんど返ってきたけど、到底許せることじゃない。
    弟嫁は泣くだけで何一つ手伝わなかったので尚更許せない。
    姉にも連絡した、からっぽにされた部屋の状況も写真におさめてメールしておいた。
    弟はまだ混乱してるけど、離婚を勧めておいた。

    593 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/03/18(月) 13:09:04 ID:M1V
    小学生の時、帰宅すると台所に姉がいた。
    年の離れた姉は普段は一人暮らしをしていて滅多に帰ってくることはない。

    声をかけたが反応がなく、近づいてみると台所においてある踏台に座り込んで何か食べている。
    よく見ると髪はぼさぼさで目の下はクマだらけ。タンクトップの上に半纏を羽織ってもふもふしたパジャマのズボンだけはいていた。
    姉はおしゃれな人で普段は家族の前でもきっちりしていたのですごく異様だったのを覚えている。

    もう一度声をかけると俺を見上げながら「〇ちゃん(兄の名前)もねぎとろたべる?」と抑揚のない声できいてきた。
    差し出されたそれは丼ではなくガラスボウルに生肉が入ったものでますます怖い。
    そのうちに兄が帰宅。肉を吐かせて救急車呼んで親に連絡をしてくれた。俺はどうしていいかわからずにずっと泣いていたと思う。

    幸い姉は入院させられて2年ほどしたある日、突然こちらの世界に帰ってきた。特に問題もなくそれから10年が経った。
    小学生だった俺は大好きな姉が突然変わってしまったのが衝撃で、正直今でもびくびくしてる。

    430 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/08/17(水) 15:18:48 ID:de9+twXa.net
    姉が1週間前から生放送にハマったとかで深夜にハァハァ言ってる
    家族は私の事わかってない理解する気がない
    私は私のやりたい道があるのにみんなタヒねハァハァ
    学校なんて行きたくない居場所がないハァハァ
    あ、過呼吸だわハァハァあははははこのままタヒのうかな
    って丸聞こえだからやめて欲しい
    姉ちゃん25才大学落ちてから飲食店で働いてる
    模擬試験とか俺の高校の事だと思うけど本当にやめて欲しい
    俺にも丸聞こえだから親にも丸聞こえなわけで
    昨日姉が仕事中に親に呼ばれてすっげえ真剣な顔で
    父「お前にも聞こえてるか?父さんな最近調べたんだが
    あれは精神病ってやつだと思うんだ
    自覚症状はないらしいから本人もわかってないと思うんだ」
    母「こんなこと続けても良くないと思うから
    病院に連れて行こうと思うのね
    お父さんが買ってきた本読んだんだけどね
    家族の理解が一番大事らしいのよ」
    父「明日な病院予約してきたから父さん達仕事休んで
    病院に連れて行ってくる
    どんな結果になってもちゃんと話すから
    待っててくれるか?」
    って言われて今日本当に病院行ったらしい

    718 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/07/05(木) 22:48:44 ID:b9RoF8hN.net
    姉の嫁ぎ先のS家が図々しい。というか笑えるほど基地外すぎる。
    父が急逝したとき、遺産は全てS家が受け取ると言ってきた。
    理由は「長女」の嫁ぎ先ゆえ、Y家(うち)はS家に統合されたことになるからとかなんとか。
    なので、私が個人で購入したマンション及び財産全てもS家の物だと主張。
    マンションと私財を売ってその代金を全て差し出すようにとも言ってきた。
    あまりにバカバカしく、弁護士も苦笑していた。

    119 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/04/10(木) 19:32:03 0.net
    婆達ありえないことだとしても
    もし爺の手取りが18万になっても変わらず愛していける自信ある?

    557 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/12/09(日) 03:35:02 0.net
    えっと書き込み初めてなんですけどここでいいのかな?

    今からかなり前の私ではなく姉の修羅場
    姉は小中とかなり酷いいじめにあってたんだけど必タヒに隠してたみたいで両親もまだ小さかった私も全然気づかなかったんです。
    ある日突然姉が学校の窓から飛び降りたって連絡が両親に来ていじめが発覚
    幸い姉は木と植え込みがクッションになり命は助かったんだけど左手と左足を骨折の重症を負った。
    当然両親は学校に抗議したけど、いじめがあったなんて気付かなかったとかお決まりの台詞だし加害者達もその親達もヘラヘラしてちょっとからかっただけでタヒのうとしてとか謝りすらしなかった。
    そこでダメだと思って両親は家族揃って祖父の家へ引っ越し転校してそこで学校に通うことになった。
    学校は幸い良い子達でいじめられる事もなく姉は徐々に立ち直り高校に入学する頃には明るい元の姉に戻って行き大学そして普通の会社に就職して社会人生活を初めていじめの事なんて誰も思い出さなくなってた。

    長いので切り

    943 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/08/02(日) 18:29:30 ID:c6.vi.L1
    今、高2。
    親が厳しくて部活も委員会も遊びも制限される。
    委員会は部活と違って親の許可は要らないけど、親が苦情を入れて別の委員会に移動させられたことがあるから好きな委員会に入れたことがない。
    友達と遊びに行くこともできない。

    高校生になってクラスメイトが友達同士で遊びに行く話とか、部活や委員会、進路の話で盛り上がっているところを聞くと息が荒くなったり、お腹が痛くなってトイレで吐くようになった。
    ひどい時は蕁麻疹までできる。
    先生は派手グループの子をお前と違って積極的だと褒めるけど、同じことをしたら親が確実に苦情を入れるし、先生も親の言うことを聞いて私を制限する。

    しかし同級生に自分ができないからって楽しい話をするなとも言えない。
    共学だけど女子しかいないクラスだからか、派手グループの子は声が大きい子だらけで教室中に聞こえる声で会話する。
    私がちょっと席を離れただけで椅子をとられるしチャイムがなるまで返してくれない。
    ずっと耳塞いだり、昼休みになると校舎裏に逃げてるけど辛い。
    そんな状態の私に親は大学を行かそうとする。
    自分勝手なんだけど大学でも同じことが起きて私は体調を崩すと思う。嫌だって学校に通うのに精一杯な状態。
    私は勉強したくないわけではない。ただ、楽しい話を聞いてイライラしてしまう自分が嫌だ。

    372 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/08/01(土) 20:29:09 ID:Li.3g.L1
    姉が親に金叩き付けたのを見た時の内心が修羅場だった

    姉は大学出て社会人になってから家を出てたんだけど、出張か何かで地元に戻ってきたついでに実家にも来た
    親は歓迎ムードだったんだけど姉は「これ渡したくて来ただけだから」と言って封筒差し出してた
    大学の学費と一人暮らしの時に買ってもらった家具のお金だって
    母親は「あんたが学費返したらお姉ちゃん(もう一人姉がいます)や妹(私)も返さなきゃいけなくなるから」って受け取らなかったんだけど、
    そしたら姉があからさまにイライラしてきて「私が返したいだけだから受け取ってよ」とか言ってた
    その後もあげる受け取れないの応酬がしばらく続いてたら急に姉がブチ切れて「もうこれで関わり持ちたくないの!!」って怒鳴った

    早口でまくしたてるみたいに

    「ここに来るとストレスしかたまらない」
    「私が家を出た途端にそれまでのことがなかったみたいにされてるのが耐えられない」
    「産まなきゃよかったって散々言ってたんだから会わなくたっていいでしょ」
    「私の友達をクズばかりと言われてつらかったけどお母さんたちはそんなこと覚えてないよね?」
    「姉妹で私だけ歯の矯正してもらえなかったのにお母さんにいつも歯並びを馬鹿にされて嫌だった」
    「お姉ちゃんと妹(私)は私立でも専門でもよかったのに何で私だけ国公立以外は認めないと言われてたの」
    「2人は大学だけ行って遊んでても何も言われなかったのに私だけはバイトしないと役立たずって殴られた」
    「バイト代で初めて買った靴を雨ざらしにされた」
    「お母さんが財布と携帯を隠したから本当に行きたかった企業の面接も受けられなかった」

    みたいなことをガーッと言ってた
    (ほんとはもっと色々言ってたけど全部は覚えてない)
    母は途中から泣き出したんだけど、そしたら「ほら、そうやって泣けば勝ちだと思ってるところもほんと無理」って冷たく言って「少なくてごめんね」って封筒からお金出して親に叩き付けてそのまま家を出て行った
    床見たら100万の束が5つ落ちてたよ

    確かに母親と姉はそりが合わないというかよく言い合いをしてた覚えはあるけどそんなに鬱憤がたまってたとは思わなかったから怖かった
    それが今年の2月
    もうすぐお盆だけど姉は帰ってこないんだろうなと思うと寂しい

    317 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/07/20(月) 19:03:23 ID:RM.pv.L1
    昨日観に行った『透明人間』って映画が想像してた話と全然違って、それで思い出した修羅場
    修羅場って言っても俺自身の修羅場ではないのと、フェイク入れたし文章上手くないからおかしいとこあったらごめん

    俺がまだ高校生の頃でもうだいぶ前の話だけど、夕飯食べ終わって部屋で勉強してたら、
    社会人になって家を出てた姉が「今から人連れてそっち行く」って連絡よこしてきた
    それからすぐ女の人連れた姉が血相変えて飛び込んできた
    その人を「とにかく匿ってくれ詳しいことはまた後で説明する」っつって、母さんに押し付けてまた車ですっ飛んでった
    一応親父と母さんは軽く事情を聞いてたらしいが俺は何がなんだかわからなくてずっとポカンとしてた
    そしたら母さんに「この人Kさんだよ」って言われて、ようやく姉の友達ってことに気づいた
    でもKさんは俺の記憶とは全然違ってた
    俺と姉はだいぶ歳が離れてるんだけど、まだ小さい俺とも遊んでくれた陸上部で背の高いショートカットの活発なお姉さんって印象だったのが、
    髪も伸びてたし、仕事できそうな綺麗めの服で、パッと見ただけですごく大人の女性.に変わってた
    けど、ちょっと見ただけでもなんか異様だった
    ずっと何かに怯えてるし、必要ないほど低姿勢だし、会話がイマイチ成立してなかったり、
    「やっぱり帰らないと」「彼が心配する」みたいなことを言ってはうちの親に引きとめられてを繰り返してた
    俺に気づいて「あ!○○君、久しぶりだね」って声かけてくれたけど明らかにそれどころじゃない感じだった
    ずっと爪をガリガリやっててよく見たら両手共爪がボロボロだったのを妙に覚えてる

    しばらくしたら姉が着替えとか買い物袋とかなんか色々抱えて戻ってきて、そのままKさんと部屋に行ってしまった
    で、親にどうしたのか聞いてみたら「旦那さんに酷い目に合わされてるのを姉が保護した」って話だった
    Kさんの実家は引っ越してて距離があったから、とりあえずうちに連れてきたらしい
    その頃はまだそんなにメジャーな言葉ではなかったけど、どっかで聞き齧った知識でDVってやつかって思った
    でもその頃はDVって殴られたり蹴られたりすることだと思ってて、正直そんな風には見えなかったし「帰らなきゃ」って言ってなかったか?と腑に落ちなかった

    まあ俺は関係ないなってその日はそのまま寝たんだけど、次の日起きたらなんか玄関が騒がしかった
    野次馬根性.丸出しで見に行ったら、優しそうな男性.が穏やかに話しかけてくるのを姉がキレながら対応してた
    会話からその人がKさんの夫だってわかったけど、「ちょっとした夫婦喧嘩で迷惑かけた」とか「とにかく会わせてくれ」とか「誤解だ」って困った顔で笑いながら言うのに
    「いいから帰れ!」って姉が怒鳴ってて、いや話ぐらい聞けよって思ってた
    姉の隣にいた親父もなんかオロオロしてた
    結局姉がその人ほとんど叩き出す勢いで追い返して、「駄目だKの居場所変える」ってKさん車に乗っけて出てった

    Kさんの夫が来てるときに「絶対に部屋から出すな」って姉に言われて母さんがKさんのこと見てたんだけど、Kさん尋常じゃないくらい怯えてたらしくて、
    でも怯えてるのに「戻らなきゃ」って玄関行こうとするから流石におかしいと思って止めてたらしい
    でも玄関に来てたKさんの夫見た俺と親父の感想は「すごい優しそうな人だったよなぁ」だったし
    母さんも「Kさん本人がここの住所教えたらみたい」って言ってて、どう考えても姉が勘違いとお節介で首突っ込んだんじゃとしか思えなかった
    KさんもKさんでちょっとしたことを大袈裟に捉えすぎてるんじゃないかとも思った
    でもそのあと姉から「次にKの夫が来ても絶対にKの居場所を教えるな」ってものすごい念押しする連絡がきて、今どこにいるかも教えてもらえないまま電話切られた
    実際そのあとまたすぐKさんの夫が来て母が対応したんだけど、見た目通りの穏やかな人で、
    でも姉とKさんの居場所はほんとに知らないから伝えられることもないしでそのまま帰ってったそうだ
    母もやっぱり姉の勘違いじゃないかってなったらしいけど結局それっきりだった

    このページのトップヘ