548 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/08/08(月) 19:07:23 ID:X64
    趣味は人生を豊かにしてくれると思う。熱中できるものがあるのは良いことだと思う
    だけどネトゲに打ち込んでいる人のことはどうしても軽蔑してしまう
    ちょっとぐらい寝食も忘れて没頭してしまうのは構わないと思うよ。当人が満足していて、周囲の状況がそれを許容できる環境ならいいと思う
    ただ、子供がいる人は、ちゃんと子供のことも構ってあげてほしいなって思う

    ネトゲに没頭するようになってから母は母じゃなくなった。家事も育児もすっかり疎かになった。ご飯や授業参観はおろか、母は私の方を向いてくれることさえなくなった。
    懇談会はしぶしぶ参加していたけど、後で何故か怒鳴られた。
    私が学校から帰る度、朝と全く変わらない体勢でパソコンに向かっていた母の姿を鮮明に覚えている
    ゲームの名前は覚えていない。母の乾いて血走った目はよく覚えている。

    いつから母が変わってしまったのかは覚えていない。昔の母は普通の母だったと思う。私が幼稚園にいた頃は、少しヒステリックなところはあったけど、それでもお母さんと呼ぶことに違和感は抱かない程度には普通のお母さんをやっていたと思う。
    あまり母だった頃の母は記憶には残ってないけどね。乾いた目でパソコンに向かう母の姿の方がずっと長く見てきた光景だから
    母は当時まだ小学生だった姉に家事を丸投げしていた
    「今日は友達と遊ぶから晩御飯は作れない」と言った姉を怒鳴りつけた母の醜い声は未だに生々しく覚えている
    何も憂うことなく思いっきり遊ぶべき時期だっただろうに、姉は私を細やかに世話してくれた。家事の傍らで宿題も教えてくれた
    この状況は二年ぐらい続いたかな。父は何にも気付いていなかった。仕事で帰りが遅くて、いつも私たちが寝静まった頃に帰ってきていたから仕方なかったと思う

    ある日の夜中、帰ってきた父に姉が泣きながら今までのことを洗いざらい話した。起きてきた母は金切声をあげて、私は訳もわからず泣いた。
    私は泣き疲れてすぐに寝てしまったので父と母の間でどんな話し合いが行われたのかを知らない。これがきっかけとなって姉と私は祖母の家に預けられた。
    それから今に至るまで祖母の家で生活している。
    祖母の家で暮らすようになってからは、少なくとも私が知り及ぶ限りでは特筆するような波乱はなかった。姉と祖母と父はもっと何か知ってるかも知れないけど、少なくとも私はごくごく普通の青春を送ったと思う
    姉は祖母とカウンセラーの支えもあって立ち直り、今では立派に社会人をやっている。私も大学生になった。高校までの勉強と違って勉強すればするほど分からないことが増えていくけど、知識欲を満たす生活はとても充実していて楽しい。

    一度だけ、母と会ったことがある。成人式の帰りに父に頼まれて、本当は嫌だったけど仕方なく小さな和食屋で母と再会した
    眉間の深い皺と荒みきった目、毛先が傷んだ髪の毛は、中学の同級生だった不良のお母さん(後に逮捕された)を彷彿とさせた
    不思議なことに父は未だ母と離婚していなかった
    父には申し訳ないけど、愛想を振りまく気にはなれなかった。母の声色、姿、どれも小さな頃の記憶を思い起こさせるもので、私は吐き気と妙な眠気に襲われた。
    考え事に集中して意識を飛ばして母との再会を乗り切った。母の聞くに堪えない罵倒に対して生返事と適当な相槌を繰り返した。
    母の罵倒を思い出すと精神が抉れるので一部だけ紹介する
    「お前みたいな馬鹿には大学なんて無駄」
    「そんなに遊び足りないの?私は進学しなかったよ」
    「すっかりクソトメ(当時は「クソめ」に聞こえた)に甘やかされて。三文安ってやつだね」
    大体こんな感じのことを言われた
    大学をやめるよう命じられたような気がするけど、私はお手洗いに行くふりをしてこっそり抜け出して、そのまま家まで逃げ帰ったので何にも知らない。
    父には後で謝った。別に怒られはしなかった。

    今は平穏な日々が続いている。このまま平和な日々が続くことを祈っている。

    425 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/03/23(日) 20:32:52 0.net
    俺個人的には修羅場だったんで・・・

    姉貴の出産の時だったんだけど、旦那さんが仕事場からで間に合いそうもないってことで何故か俺に白羽の矢が当たって分娩室?に付き添ってくれって言われた。
    親父も仕事でお袋は親戚のところに用があって行ってたんだけど、家にいた俺に親父から電話→様子を見に行ってくれ→看護婦さん「励ましてあげてください!」
    正直出産シーンとかグロそうだったんで勘弁してくださいって感じで外の通路で棒立ちしてたんだけど、中から声がして
    姉「なんで誰も来てくれないのぉー!!」
    看「弟さんいらっしゃってますよ!」
    姉「なんで部屋にいないのぉー!!」
    看「弟さん手を握ってあげてください!!」
    俺「いやホント勘弁してください・・・」
    正直俺がビビりってのもあったんだけど、普段の姉貴の様子とは別人みたいにパニクってる姉貴の様子に引いてしまった。
    初めての出産のときってみんなああなるもんなんかね。
    姉貴が分娩室に入って三十分くらい経って、まだ痛がってるみたいだし大丈夫かなぁと思い始めたくらいに看護婦さんが
    ダッシュで分娩室に入ってって「旦那さん来てくれましたよ!」って言った。
    良かった、間に合ったんだと思ってホッとしたら、通路の奥から何故か片足でピョンピョン跳ねながらやってくる旦那さん。
    そのまま片足ジャンプで俺にシャッ!と片手だけあげて分娩室に入ってった。
    急いでたのはわかるんだけど、なんかすげえ汗掻いてたし顔色が尋常じゃないくらい真っ赤だったから何かあったのかと気になって
    ここでようやく俺も分娩室に入れてもらうことにした。

    474 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/10/12(月) 13:49:48 ID:v8c
    うちの姉夫婦がスレタイ。ただの愚痴です

    明るくて社交的でおまけに器量良しである姉はちやほやされながら育った
    姉は地元で略奪のすえ結婚し、3男1女の子持ちの専業主婦
    一方、オタクでぼんやりとした性.格と顔の持ち主である私は奴隷扱いされて育った
    現在は地元から離れ、夫の社宅(2LDK)で娘と3人暮らしでフルタイム正社員

    ある時、「●日に会おう」と姉から電話があり、自宅で朝から用意して待っていたのだが
    待てども待てども来ない。こちらから電話しても出ない
    20時過ぎ、いくら何でも遅すぎる、何かあったのではと心配していたらようやく電話が
    「遊んでたから電話に気付かなかった。今から行く」と。
    夫も私もポカーンとしてしまって、え?今からってこんな時間から??となっていると

    「布団持ってきたから泊めて」

    姉一家総勢6人を、この2LDKに泊めろと!?
    聞けば、姉夫が明日の早朝にこちらで用事があり、我が家をホテル替りにしたかったらしい
    もう断ろうにも時間も遅いし、夫も苦笑しつつ許してくれたので家に上げると、

    「おなかすいた。ごはんちょうだい」

    せめて先に言えよ……orz
    何もないことを告げると「何かあってもいいように、常にご飯を用意しとくべき!」とご高説
    インスタントラーメンならあるのだが、それは嫌だと。日本人なら米がないと!って知らんがな
    とにかく腹が減ったと騒ぐので、しょうがないのでご飯を炊くことにしたのだが、
    炊き上がるのが待ち切れず「やっぱりご飯食べに行ってくるわ」と外に出て行った
    それはいいんだが、なぜ夫婦二人で行く?野獣のようなガキどもを置いて行ってどうする?

    やっとご飯が炊きあがり、おにぎりに群がるガキどもを尻目に、
    台所で軽いおかずを作っている間、気の弱い娘がクソガキどもの餌食になるのを阻止してくれていた夫に
    必タヒに謝ると、「明日の朝までだから大丈夫だよ」とありがたいお言葉
    しかし、翌朝出て行ったのは姉夫だけだった
    用事があるのは姉夫だけで、姉とガキどもは我が家で夫の帰りを待つという。なんで一家全員で来た?
    ガキどもに1日中騒がれるのはマズいので、ガキどもを外に遊びに連れていくことにしたのだが
    姉は「アンタたち親子だけで行って来なよ。私たちここで留守番してるから」と話にならない
    話を聞きつけたガキどもが遊びに行きたいと騒ぎ出したため、ガキどもを連れ出すことには成功したが
    疲れを理由に我が家にひとり留まる姉……
    ヘトヘトになって帰って来たら、散らばるマンガの中で昼寝してたよ

    さらに、姉は当然のように「来週もヨロシク!」と宣った
    用事、4週にまたぐんだそうで。まるまる一ヵ月、週末をここで過ごさせろってか
    さすがに断らねばと抗議し、実家の親にも訴えたのだが、無事に阻止できたのは最後の1回だけだった
    ちなみにその最後の1回は叔母にとばっちりが行ったらしく
    叔母からの苦情で姉に甘い両親もこっぴどく叱りつけたらしい

    その後は少しばかり懲りたらしく頼み事もなくなった
    両親は姉夫婦の離婚や、直後に現れた彼氏とのいざこざで振り回されたらしいが
    自分たちの育て方のせいなのでサマミロとしか思えない

    909 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/01/13(金) 21:41:21 ID:N5M
    弟嫁に着物をズタズタに切り裂かれた

    うちは、姉、俺、弟の三人姉弟で、姉と俺は家を出ていて弟夫婦が両親と同居している
    姉も俺も部屋はそのままにして倉庫代わりに使わしてもらってる

    弟嫁は以前にもやらかしていて姉が部屋の洋服やアクセについて
    「あげないけど、ちゃんと戻してくれるなら着ても良いよ」と言ってたのだが
    自室にしまって「もらった」と言い張って〆られた
    姉はクロゼットに南京錠とバイク用のパイプロックを掛けて開けられないようにした

    で、姉の服を借りられなくなって次に俺の部屋を物色しやがった
    鍵をかけてたんだが、クレカで開けれるタイプだったんであっさり侵入された
    俺の部屋にも女物の服がいっぱいあってそれを姉の服だと思って着てたらしい
    で、今度はばれないようにちゃんと毎回戻して鍵をかけるようにしてたんだが
    初詣に吊るしてあった着物を着て行ったところで着物がおかしいと馬鹿にされたらしい

    そりゃそうだよ俺の手作りのコスプレ用なんちゃって着物なんだし
    なにより、数ある着物コスのなかでも一番イロモノの膝上15cmミニ丈振袖とか、何故それを選んだ
    で、着物馬鹿にされたって弟に泣きついたところ「なんで、にぃちゃんの着物勝手に着てるんだよ」と怒られ
    にぃちゃんの着物でパニックになり、男の人が袖を通したものなんて気持ち悪いと発狂
    そこで空気が読めない弟が追い打ち「いや、にぃちゃんとねぇちゃん服とかシェアしてたから、ねぇちゃんの服も大体袖通してるぞ」
    弟嫁なにか変なスイッチが入っておかしくなり俺の部屋の着物を全部切り裂きまくった

    なんとか落ち着いたところでとりあえず弁償しろと100万近い金額を言ったらまた発狂
    「手作りのコスプレ衣装がそんなに高いわけないでしょう!」って言うんだが、手作りでも布は普通に西陣織とかちゃんとしたものだし
    帯とかも本物の帯を買って来て改造してるし、使ってる布の量とか小物とか、普通の着物よりすごいんだぞ
    そして、製作手数料とか乗せずにそれだからね

    とりあえずナチュラルに不法侵入と衣服拝借するし、キレて器物破損やらかすし
    俺のことキモイキモイと連呼するし、本当に神経分からん

    484 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/02/26(日) 11:43:41 0.net
    相談お願いします

    俺35歳、嫁33歳です。
    俺は母子家庭で育ちました。姉がいて小学生の姪が2人います。
    嫁は結婚前に病気して子宮全摘しています。

    先日嫁から、俺の母親から嫁に子供が出来ない事で嫌みを言われるので絶縁したいと言われました。
    驚いて話を聞いてみると孫(姪)がかわいくて頭もいいみたいな自慢話とか、子供は厳しく躾たけど孫にはどうしても甘くなっちゃうからダメだねとかそういう発言で、
    確かに無神経ではあるけれど嫁の前で姪達に関する発言するな褒めるなっていうのもちょっとどうかと思うし、
    でも多分言い方とかそういうので嫌みの可能性.もあるのかも…と思いました

    147 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/24(木) 03:23:23 ID:HmP
    現在進行形の修羅場
    私の親は姉に厳しかった
    具体的には高校生なのに門限が5時とか家事を担当させられたりとか、料理の味にケチ付けられたりとか携帯の中身をチェックされたりとか
    あとゲームアニメは禁止。お小遣いは月1000円で、ここから洋服とか文具とか必要なもの全部買えとか
    気に入らないことがあると殴るふりされたり大きい音を立てられたりとか
    小さい時はたまに腕を引っ張られて床を引きずられたり叩かれたりしてた
    でも不思議と私には別に厳しくなかった(友達の家でお泊まりとかもokだったし)
    初めての子供で育て方が分からなくて、厳しくしすぎてそこから軌道修正できなかったんじゃないかと推理してる
    案の定姉は病んで家にこもりっきりで、私が見る限りでは楽しいことも実りもなさそうな空っぽの青春を過ごしてた
    というかいつも家にいたから私の見る限りが学校にいない時の姉の全てだったと思う
    父と母は「どうして○○(私)は社交性.もあって多才で優秀なのにあんたはどうしようもないの」みたいな説教を姉に繰り返してた
    姉は基本的に何もせずぼんやりと暮らしてた
    ここまでが前提

    18 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/03/21(木) 22:06:34 0.net
    姉:俺の姉。浮気をした張本人。姉1に好きな人ができたと知って相手を寝取ったことがあるクズ
    義兄:姉2の旦那。俺の10年以上仲良くしているゲーム仲間。姉1の気持ちは知らない。
    姉1:姉2の双子の姉、長女。義兄のことが好きで片思いをしてた時期もあった。未婚。
    俺:姉1と同居中。ネトゲオタク。引き篭もりニートだが姉'sが助けてくれるので働く気はない
    間男:手が早いヤンキー。よく知らない

    某MMOでゲーム内アイテムを購入したいが小遣いがないので、姉2に泣き付いた俺
    姉2の買い物に付き合う代わりに小遣いをもらうことに

    当日、一緒に買物に行ってるときにいきなり見知らぬ男からパーカーのフードを引っ張られそのまま殴られた
    男「俺のオンナに(これ以降何を言ってるのか聞き取れない」
    相手は金髪でヤンキーっぽいチャラ男(仮名、間男)

    俺「②(名前)姉ちゃん、この男誰?浮気してんの?」
    姉2「ちょ、俺(名前)ちゃん違うの!!と、友達だし」

    ここで姉2VS男の喧嘩がはじまる
    長いので要約するが、本当なら今日は姉2と間男のデートの日だった
    でも、姉2の優先度は俺>>>間男>義兄だったので断ったことが判明
    しかも、間男は姉2のスマホに監視用アプリを入れてたらしく、俺とのlineも筒抜けだったとか
    姉2は俺を殴ったことにキレて「弟を殴るなんて最低、別れる」の一点張り
    間男は「浮気してんだろ、弟なんて嘘だろ!」の一点張りで話が噛み合わない
    ちなみに、この喧嘩間俺は喧嘩を録音してた

    後日一緒にゲームをするときに義兄に渡した
    その後、義兄は「忙しくなるから」とすぐログアウトし、一ヶ月程音信不通になった
    その間、姉1から「姉2との連絡手段を断つため」と仮のスマホを持たされた
    (この時、必要なデータの移動も行った)
    その一週間後、俺が買い物をしているとき姉2と遭遇

    713 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/05/04(木) 15:00:51 ID:mbSE/Fob.net
    長文ごめん。

    昔私が小学校に上がり間も無く、母親が家を出て行った。
    それぞれ高校生中学生だった姉兄の反抗期に耐えかねたらしい。

    それから中学に上がるまでは父姉兄と同居するものの、段々と姉の
    私に対する当たりがキツくなっていった。
    姉からのDVに耐え兼ね、母親と一緒に住みたいと懇願。
    当時母には再婚を視野に入れた恋人がおり、彼も同居を快諾してくれたので
    中学校入学と共に3人で暮らすことになった。

    いざ生活を始めると、恋人はモラハラ野郎で
    母親はDVメンヘラ女だった。
    痣にならないようスネや背中を殴られ、「お前は自分の父親を裏切ったんだ」と毎日責められ、病んだ。
    それが日常化したある日、突然何か吹っ切れた。

    それから母親が1人でいるところを狙って徐々に反撃。
    お前なんか母親じゃない、人間のクズ、さっさと◯ね、と耳打ちし続けた。
    結果気が狂った母親は、心中しようと私に包丁を向けて病院送り。
    恋人の方は父に任せたので知らない。

    姉から受けたDVを、父は薄々気付いていたらしい。
    けれど平日は1人で仕事+家事育児をこなし
    休日は将来有望な兄の野球チームの手伝いに追われ、
    ノイローゼになっていた父は、私にまで手が回らなかったと
    何度も何度も謝罪してくれた。

    母親は本当に弱い人間だった。けれど一応、腹を痛めて産んでくれたことには変わりなく
    病院送りになるまで追い詰めたのはやり過ぎだったと思う。

    305 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/04/07(火) 21:52:52 0
    姉が私のウトメにぶちかました。

    ●●家御家老の家柄がなによりも自慢のウトメ。
    去年長男を出産後「もう跡取り産んだから用なし、出てけ」と嫌味干渉爆発状態で、とうとう体調を崩してしまった。
    病室にまで押し掛けてくるウトメの愚痴をぼろっと姉にこぼしたところ、父と二人でとんできた。
    延々と「体の弱い嫁なのに詫びのひとつもないのか」「もう引き取ってくれ、孫は置いてけ」
    「格下の家からもらってやったのに」と繰り返すウトメに笑顔できれた姉。
    「家柄ですか。孫君は跡取りと仰る」
    なにか言いかけたウトメを遮って一言。
    「その跡取りの御生母様に、あんたたちなにやってるの?
     もしなんかあったら、その皺腹かききって切腹してもらいますからね」
    ぎゃあぎゃあわめくウトメに「武家なんでしょ、いさぎよくないわねえ」
    「家督譲ったんでしょ? いつまでしがみついてるのよみっともない」
    姉には勝てないと悟ったのか、今度は父に噛み付いたが、
    「こう見えても刀を扱えますので、介錯はお任せ下さいはっはっは」
    「立派なお家柄なら、それを体言するだけの努力も必要でしょう。
    御家老の名前が泣きますよ、いやまったく」

    今日はウトメこなかった。姉と父は今、旦那をしめあげている。

    873 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/07/06(土) 10:08:00 0
    姉の出産の時やばかった

    分娩室に入ったが中々子供が生まれなかった姉貴
    立会い出産で一緒に入った旦那も
    「がんばれ」
    と応援していたのが次第に姉貴が痛みのせいか豹変してしまった
    旦那に対して
    「出て行けぇえええ」「邪魔だぁああ」「タヒネェええ」
    と絶叫
    余りのひどさに看護士さんの促されて廊下に母たちと一緒に待機すること
    になった

    姉貴の豹変が相当ショックだったらしく旦那は離婚をすると言い出す
    始末
    それを旦那両親、俺両親が必タヒに留めた
    自分たちじゃ無理かもという事で俺も病院にいって説得させられた
    その間病院中に聞こえるぐらいの姉貴の絶叫が響いてて面白かった

    結局生まれた子供を見ている内に離婚の話は亡くなった
    この話は姉貴には未だにいっていないがもし知ったらどうなるんだろう

    このページのトップヘ