556 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/05/16(土) 18:47:55 ID:Ax8
    勝手に吐き出して逃げますよー。

    自分が、ある日会社帰りのこと。
    ちょこっとコンビニによったら、昔自分を虐めてたAに出会った。
    俺は気づいてたんだけど、Aと一緒に居た彼女っぽい人が気づいてちらちらと俺を見てる。
    もしかしたら、彼女に俺のことを話してて彼女もDQNなのかも、と思い逃亡を図る。

    でも、運悪くAに見つかる。
    A「お前、??(俺の名前)じゃねーかw」
    それから始まり、Aは俺の肩に痣ができるくらい強く叩いてくる。
    叩きつつ昔の虐めを話ししていると、彼女が急に涙目になりぷるぷると震え始めた。

    すると、いきなり彼女が彼氏をグーパン。

    彼女「私の弟になんてことしてくれたの!? 一目見たくて、毎日ここに来てたの知ってるじゃん!!」

    その後、Aがアタフタする。
    俺も頭の中が真っ白になる。

    A「え、そんなこと無いだろ? こいつの両親はこいつが生まれる前に母親が原因で離婚したんだし」
    彼女「どっちも片親な時点で察しなよ!! うちは、お父さんに育てられたの!!! お父さんが引き取りたいって言っても、お母さんが拒否したから駄目だったの!!」
    俺「いや、そんな嘘でしょ?」
    彼女「最低、アンタのせいで弟に信じてもらえなくなった!! もういい、結婚止める! 慰謝料払って!!」
    A「え、ちょ、待てよ!」

    俺は実際母子家庭で、母親から「お父さんはタヒんだ、一人息子だった」と言われて育ったから、家族なんて居ないんだけどw

    結局その日は2人のキチを置いて俺は逃亡しました。
    その翌朝、日曜日。
    後日、母が真剣な顔をして話を切り出した。
    母「ごめん、ずっと騙してたの。本当はお父さんは生きてるの」
    俺「え? 嘘だろ?」
    母「本当よ、今から会いに行くわよ」
    俺「なんでそんな急に?」
    母「貴方のお父さんから、貴方に離れた家族のことを話すことを条件に、毎月20万貰ってたの。アンタのせいで、全部パーになりそうなの、行ってきなさい」
    俺「ちょ、本当なら、なんで約束破ってんだよ、母さん?」
    母「アイツが寂しい思いをさせたから別な人のところに行ったのに、それで離婚なんて酷い真似をしたからね」
    俺「ああ、うん。話を聞いた俺が悪かった」

    実は、母は昔から自分の都合のいいように解釈をする癖があるんですよね。
    謝ったことなんて一度もないし、自分の思い通りにいかないと殴る蹴るとかタバコの火を押し付けるとか普通だったしw
    他の家庭とは違うちょっと攻撃的な母でした。

    338 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/04/21(火) 11:58:06 0.net
    婚約者を寝取られた(?)姉が壊れ、それまでギクシャクしながらも家族をやっていたうちの家族がほぼバラバラになった。
    父(60代後半)…義姉、義兄、姉、弟、私の実父。結婚歴3回。
    母(60代)…姉、私、弟の実母。義姉、義兄の継母。初婚
    義姉(30代後半)…実母とはタヒ別。家族の中のガン。独身実家暮らし
    義兄(30代)…父の二番目の妻の息子。家族の中では一番常識人。当時一人暮らし婚約中現在既婚者
    姉(20代)…私と双子。メシウマ。5年付き合った婚約者あり
    私(20代)…喪女歴=年齢と言ってもいいくらいの喪女。当時実家近くに一人暮らしメシマズのため料理勉強中
    弟(20代)…ほぼ出番ないので割愛。都会で一人暮らし中
    婚約者(20代)…姉の婚約者。女好きらしく浮気歴数えきれず
    A(20代)…婚約者を寝とった女

    双子の姉には結納まだしてなかったけど、婚約者として一緒に住んでいた男がいた。喧嘩は人並みにあったらしいけど、付き合いに支障が出るほどの致命的な喧嘩はなく、仲良く生活していた。
    うちの親に挨拶に来た時点から、親は婚前調査の名目でその婚約者に興信所を付けた。期間は一週間。
    そしたら真っ黒だった。浮気しまくりで一週間のうち2人の女性.に会っていた。
    婚約者は女性.たちに「彼女のご飯が不味くて」「元カノがメンタル弱くて」「仕事しないし家事もダメだから最悪だわ」などと言って姉sage女性.ageをし、いい気分にさせた後犯行に及ぶなどをしていたらしい。
    親は激怒。姉に事実を伝えるが「知ってる。でも同じ人とずっと続いたことがないし私のとこに戻ってきてるから大丈夫」。親は反対しつつ興信所の契約をさらに三週間付けた。
    それからも定期的に興信所を付けて報告を受けていたが、8月初めの報告時、6月ごろから一人の女性.(以下A)と頻繁に会っていることに気づいた。
    怪しんだ親は8月は一ヶ月の契約を結んだ。
    婚約者は京都のある有名な花火大会のときに姉と同棲して初めての朝帰りをした。姉には「同僚と行ったら盛り上がって終電なくした」と言っていたが興信所の報告ではAの家に泊まったとのこと。

    492 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/10/08(土) 00:50:11 0
    姉に3DSとPSP盗まれた話書きたいんだが書いても良いかな?
    結構DQN返し?なんだけど

    256 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/10/08(土) 00:46:15 O
    もしもしですいません。

    貸したヴィトンのバックを質屋に売り飛ばされました。
    私、25歳、独身、実家暮らし。
    実姉、30歳、既婚、子供2人(中2、小3)

    家の棚からあまり使っていなかったバックが無くなっていたので直ぐに姉だと思いました。以前にも姉に貸すことは数回あったので、姉に貸してあげるけど借りるなら一言、言ってよね~。と言いました。
    それから3ヶ月ぐらいして姉にバック返してといったら、モゴモゴごにょごにょ…。聞き出したら質に入れたと…でも利子は払ってると言っていたので、様子みていました。

    347 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/16(水) 07:54:55 ID:xdf

    双子の姉がひき逃げされてから人生が滅茶苦茶になりました。
    私は妹の方。一卵性.だからよく知っている人間でもない限り見分けがつかなかった。
    高校に入ってすぐ姉が部活帰りにひき逃げされた。普段は自転車通学をしていた姉だが、その日は雨の日で親が車で迎えに来るのを校門から少し離れた場所で待っていた。
    幸い発見が早く命は助かったけど、入院生活が続いた姉は留年した。犯人は捕まらなかった。
    双子だから当然同じ学年だったけど、私が二年に進級したころ姉は不登校になった。部屋に閉じこもったまま泣きわめいて部屋を荒し八つ当たりするようになった。その時罵倒の対象になるのが決まって二年に進級した私で、自分だけ二年に進級したことが申し訳なかった。
    母や兄に妹子も留年してやればよかったと言われたことも私のなかでは修羅場。
    結局姉は中退。一日中部屋に閉じこもって過ごしていた。
    このころから姉はリストカットを繰り返すようになった。最初は私も心配したが、次第にそれが姉のかわいそうな自分を演出するためのパフォーマンスだと気づいた。
    三年になって、私は大学進学を希望していたけれど相変わらず引きこもりの姉が私の進学を快く思うはずもなく、ひき逃げに遭って以来姉を溺愛するようになった母と二人がかりで家庭内イジメが始まった。
    食事に洗剤混ぜられたり、腐った物を弁当に詰められたり。私の部屋やクローゼットにわざと生ゴミを置いたりしてくれたおかげで私や衣服には腐ったにおいが染み付いた。
    そんな部屋で過ごしているので、自分のにおいがイヤで毎日早朝に家を出ては銭湯に行ってから学校に通うようになったけれど、それでも制服についたにおいがとれなくて学校でもイジメを受けるようになった。
    受験を控え、連日課外授業を受けていた私に17時門限を強いて、守れるわけもなく連日門限破りの罰と称して体罰をされた。
    ストレスで夏休みに入る前には元は50kg台の体重が35kgになっていた。頭にハゲがいくつもできた。
    父は仕事仕事で家におらず、電話をしても「忙しい」の一言で切られる。兄は無関心。救いはどこからもなかった。
    何もかも嫌になって、姉が何度目になるかわからないなんちゃってリストカットをした日、私は腐ったにおいが充満する自分の部屋で本気リストカットをした。
    普通の女の子の握力では手首を切っても大した出血にならないらしい。実際姉のリストカットは薄皮を切る程度ですぐに後も消える。
    ただ、私は姉が事故に遭ってすぐに辞めさせられたが、バレー部だったので握力が男の子並みにあった。バスケットボールを片手でつかんで振り回すくらいのことは簡単にできた。
    私は見事に動脈をぶった切ったらしい。発見したのが元医療従事者の祖父母でなければたぶん本懐を遂げただろう。神経をやったらしく、私の右手は今でも動かない。(左利きです)
    母方の祖父母は遠方に住んでいて、その日は偶々姉を心配して夫婦で訪ねて来ていた。家の中で孤立していた私は知らなかったが。
    もっとも私は168cmあるので、35kgはいつタヒんでもおかしくないレベルだ。今思えばリストカットをしていなくてもそう遠くないうちに倒れていただろう。
    祖父母が私を救急車で病院に運んだ。病室で意識が戻った時、もう何もかもがどうでもよかったので私は何一つ反応らしい反応をしなかった。
    精神病院に放り込まれた。正直そのころのことは曖昧でよく覚えていない。覚えていることといえば、ああ平和だな~ってぼんやり思ったことと、面会日に祖父母が来てくれたことだ。
    頭がはっきりしたのはそれから随分経ってからだ。医師の適切な治療もあって、35kgまで落ち込んだ私の体重が40kg台になった頃だと思う。
    祖父母が面会に来てくれた日に当然ばああああっと、姉がひき逃げされた日から手首を切るまでの日々が頭に浮かんだ。泣き叫んで暴れた。
    祖父母は私が家でどういう立場にいたのか知っていた。そのときは知らなかったが、私の戸籍は実家からすでに抜かれ祖父母の養子になっていた。祖父母は母と絶縁し、行き場のない私を拾い上げてくれていたのだ。

    783 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/03/17(金) 10:16:38 ID:p3heIRsX.net
    長いです

    小学生の頃友達と出かけていたら、父親が知らない女性.と私と同い年くらいの女の子と手を繋いで歩いているのを見た
    幼いながらに直感で、あー隠し子だなと確信した
    ぼーっとみてたら父親と目があったんだけどスルーされてしまい、もちろん誰にも言えず、忘れることにした
    しかしその頃から私の精神は不安定になっていった
    両親は共働きで兄姉は年が離れていたため家をでてしまい、私はいつも家にひとりぼっち
    父が帰ってくるといつも怒鳴られ母親の悪口を聞かされ、母親はいつも布団の中で声をころして泣いていた
    中学高校は摂食障/害、幻聴、自傷、パニック障/害、睡眠障/害と続き
    母親が病院に連れていってくれた頃には私はボロボロだった
    (その間に父は家を出ていったが未だに離婚はしていない)
    通院し、徐々に健康が戻ってきた大学卒業前に父親から照れ臭そうに、腹違いの妹がいることを知らされた
    そして、今愛人とその子供と暮らしているということ、
    その愛人がどんなに立派な女性.かということ、妹を大切にして欲しいということを話した
    兄姉はだいぶ前から知っていたようだったから話を聞いてみると
    「〇〇さんね、いい人だよ」だと。しかも兄姉はその家に入り浸っていると(子供までみせている)
    その話を聞いた時はそんなもんなんだーと思って流され、
    私も何度かその女性.に会ってみたら、さばさばしていてよく父親をコントロールできる人だった
    兄姉ほど頻繁に会わないものの、自分の中では妹には罪がないんだから守ってあげなきゃとか、
    愛人さんは父によくしてくれてるから感謝しなきゃとか思うようになり(兄姉がよく口にしていたため)
    自分は父を許せるくらい心穏やかになったもんだーとか思って満足していた
    そして3年程たって旦那に出会ってから、やっと、うちの家族の異常さ、自分の思考の異常さに気づいた
    そして母親に申し訳ない気持ちになり、何があっても母親を裏切らないことを旦那と誓った
    そして最近母親が自分はなんのために生きてきたんだろうと口にするようになった
    無理もないよね、だから私は最大限のサポートをしようと思う
    兄、姉、父、愛人はまだなんにも気づいていないから、その年月が長い分気づいた時修羅場だろうね
    気づかない確率のが高いかもしれないけど

    引用元:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1206971169/
    541 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/04/06(日) 21:35:27
    正直、嫁が解らなくなった。
    逃げたいかどうかは別として、ちょっと書き込んでもいいだろうか。

    ・詳しい悩みの内容
    嫁が俺の姉から文句を言われるので困ると言っている(子供の問題とか親の遺産のこととか)
    だが、姉は数年前に海外に転勤し、日本には年に一度帰ってくればいい方の人。
    俺も一応確かめてみたが姉は「あんたの携帯以外、家電もお嫁さんの携帯も知らないよ……そもそも2回くらいしか会ったこと無いのに」その通り。
    嫁は「家電に電話が来た」というものの確かに姉には番号教えていない。(メールの方が確実に連絡つくので)
    そのことを突っ込んでみたら嫁は泣いて実家に帰ってしまった。
    ・最終的にどうしたいのか
    離婚はしたくないのだが、正直なんでそういう話をするのかが解らない。
    ・相談者の年齢と職業、収入
    28才・営業。
    ・配偶者の年齢と職業、収入
    27才・専業主婦。
    ・子供の有無、いるなら人数と年齢、性別
    いない。
    ・住まいは持ち家か賃貸か
    賃貸マンション。
    ・親と同居かどうか
    俺側の両親は2年前に事故で他界。身内は先述の姉のみ。
    ・結婚年数
    4年
    ・離婚歴がある場合はそれも記入
    離婚歴は俺も嫁もなし。煙草も博打もしません。酒はよっぽど暑い時にビール呑むくらい。

    引用元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1307424674/
    382 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/06/14(火) 09:33:36
    姉の結婚式。自分は弟。

    ゲロさんとは真逆で、姉は自他ともに認める子供好き。
    高校時代から子供たちに触れ合う職種を探し、大学卒業と同時に就職した。
    その姉の結婚式。

    披露宴の中盤辺りで、余興もノッてきたころ、
    予定に無かった新郎母がなぜかカラオケマイクを握った。
    そしていきなり「参列の皆様には申し訳ございませんが、
    これを持ちましてこの披露宴を終わりたいと思います」みたいなことを宣言。
    新郎新婦も新婦親族もポカーーーーーーン。
    拍手してるのは新郎親族の一部のオバサンたちだけ。あとで聞いたら、新郎母の姉妹だった。さすが似た者。
    怒りよりあっけにとられている間に、新郎母がなぜかを説明。
    つまり、姉は子供が好きと言うので嫁に来ることを許したが
    保母をしてる割には結婚を祝いに子供たちが来る気配がない。
    それはつまり子供に好かれない、根性の悪い人間だということだ。
    そんな結婚は認められない。ご破算にする。さあ●クン(新郎)、帰りましょ

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1419493107/
    197 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/10/08(木) 23:45:59 0.net
    父方の従兄の結婚式で一家が地獄に突き落とされた話。

    勘違いで式場に早く着きすぎた俺家族。
    父と俺(当時、中3)はロビーのソファでゲーム、母と姉(当時、高2)はホテル内を散策すると言って
    どこかへ行ってしまった。

    1時間ほどで従兄一家がやってきて、控室に向かう途中で、「ドロボーっ!!」と悲鳴。
    従兄が新婦の声だと言うので、従兄と脚の速い俺が悲鳴のする方向へ駆けつけると、
    新婦が泣きながらドアの入口に座り込んでいた。

    部屋の中には新婦のウェディングドレスを着た姉と、「大げさねえ」と笑う母。
    従兄は「何してるんだ。早く脱げーっ!」と叫びながら、姉を往復ビンタ。
    母と姉は「何も殴ることないでしょ」と逆切れ。

    後からやってきた父は「ちょっと借りただけなのに」とふてくされる母と姉をビンタし、新婦父に土下座。
    母は「覚えてらっしゃい、離婚よ、離婚!」と絶叫するも、伯父(父の長兄)に殴られ、しぶしぶ土下座。
    姉は伯母にドレスをはぎ取られ、ブラとパンツ姿で土下座させられたが、全く反省している風でない。

    「このような親族をお持ちとは、この結婚は考え直させていただく」と新婦父の怒りは収まらず、
    「もうこのドレスは着たくない」と新婦が号泣したため、新婦の急病ということにして、
    結婚式は中止で、食事会になった。

    母と姉が事の重大さに気づいたのは数日後。
    父の会社の大口顧客であった新婦父が母と姉がしでかしたことを理由に取引を停止したため、
    父はかろうじてクビは免れたものの、降格、減給。退職まで閑職に追いやられた。

    父が母に離婚届を突き付け、姉と二人で実家に帰るように言った。
    父は俺を引き取るので姉の養育費は相杀殳して払わない、母と姉のせいで中止になった結婚式の費用や
    慰謝料を払うから財産分与はない、という条件を俺たちの前で説明した。
    専業主婦だった母は父に捨てられたら暮らしていけないとすがり、パートして家計を助ける条件で再構築。

    引用元:http://kohada.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1379781741/
    857 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/11/06(水) 21:54:29 ID:yBHc/0EV
    中学生の時、兄と姉が付き合っている事に感づいてしまったのが第一の修羅場。
    そのせいで二人が駆け落ちしたことが第二の修羅場。
    数年後、旅先で兄の姿を偶然見かける。
    親に連絡した後、営業車のロゴを頼りに会社の前で待ち伏せしたのが多分兄の修羅場。
    その日は二人の住むアパートに泊めて貰った。
    翌朝、二人を見送った後、7時間かけて車で来た両親と合流。
    アパートで二人の帰りを待ったけれど、聞いていた時間を過ぎても帰ってこない。
    兄の職場に問い合わせると、朝電話で辞意を伝えたきり出社していないとのこと。
    それが第三の修羅場。
    それからまた数年後、突然実家に架かって来た姉からの電話で、兄の危篤を知らされたの時が゙第四の修羅場。
    家に戻ってきた姉が、寄った勢いで堕胎経験を匂わせた時が第五の修羅場。
    きっと素面に戻った時の姉はもっと修羅場。
    お腹の赤ちゃんが男女の双子と知って、現在最大の修羅場。

    このページのトップヘ