友達

    441 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/04/26(月) 12:06:08 .net
    学生時代の友達で会う度に私や他の友達の当時の恥ずかしい事とか失敗を笑い話として話してくる子がいるんだけどなんなんだろうあれ当時から成長止まってんのかしら
    私も他の友達もその子の失敗や馬廘な事わざわざ話題にも出さないでみんなが笑える話で盛り上がってるのに何なんだこいつ

    542 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/12/03(水) 00:58:54 ID:qcRII6to
    1年ほど前、友人に彼氏を寝取られた。
    そりゃしんどかったが、男を見る目も友を見る目もなかったのだと
    自分を納得させ、徐々にそんなことがあったというのも思い出さなくなってた頃、

    「おめでた婚です(はーと 式に出席してね♪」

    とかいうハガキが届いた。
    「氏ね」と書きたい衝動を堪えて「受取拒否」と大書きし、ポストに投函。
    その受取拒否が相手に届いたと思われる頃から、突如電話&電話攻勢。
    いわく「あなたが祝福してくれなきゃ、私たちが幸せになれない!」とか
    「一度は愛した人の幸せをどうして祈ってくれないの!」とか
    「赤ちゃんに罪は(ry」

    指定番号によるる着信拒否だけじゃ収まらなくて、
    非通知拒否、公衆電話拒否、果てはアドレス帳外拒否までするはめになった。
    しかし、さすがにこれで静かになって一安心と思っていたところ、
    別の友人より着信。出ると、ヤツで
    「あなたも心から愛する人ができれば判るはず!! いい加減ひがむN(ry」
    ここまで聞いたところで終話して、その友人も一時的に着信拒否。
    (後で聞いたら、ヤツに貸したことはなく、どうも勝手に盗まれ使われ、戻されたっぽい)

    そろそろ自宅襲撃が来そうなんだが、どーして私がここまで粘着されねばならんのだ!
    神経判らん通り越して、そろそろ怖い。

    775 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/04/21(水) 21:59:04 ID:WM.qf.L1
    一番下の小学生の妹が新学期になって新しくできた友達複数人を連れてきたんだけど、
    そのうちの一人、転校生だっていう子がトイレ借りるという名目で私の部屋に入って物色してた。
    見つけたのは二番目の中学生の妹で、私が帰宅してるんだと思い部屋に呼びに来て発覚。
    私の代わりに怒ってくれて、盗もうとしてたものも取り返してくれた。
    それからその子は出禁にしたし、親も向こうの親に電話して連絡したんだけど
    向こうは「うちの子がそんなことするわけ無い」と言って聞かなかったらしい。
    だけどその子が盗もうとしてたのが私の婚約指輪と婚約者からもらった時計で、結構洒落にならない金額だから、
    親は学校にも連絡を入れてくれた。
    そしたら学校の担任が「一人だけ家に呼ばないなんて仲間はずれでいじめです。
    入れてと言われて入れてあげられないような妹ちゃんのおうちには皆行ってはいけません」という謎ルール発動。
    今日妹の誕生日だからプレゼント持ってきてくれる友達と家でDⅤD見ようと話してたのを担任が聞いてそのルールを言いつけたらしい。
    妹も妹の友達も無視してたんだけど、そしたら泥子がやってきて玄関でずーっと私も入れてー!仲間はずれはダメなんだよー!って叫んでたらしい。
    泥子はプレゼント持ってたけど、それ人から盗んで被害者が泣き寝入りしたやつだと妹の友達が言ってたそうだ。
    あと家に入れずに仲間はずれにしたことを明日先生に言いつけるそうだ。
    腹立つから明日盗もうとしたものとその領収書持参して担任と校長に直接話つけてくるわ。
    入れてと言われたら入れなきゃいじめってなんだそれ。
    担任は入れてと言われたら当然入れるんだろうから、今度泥子に家の前で付きまとわれたら担任の自宅に誘導してやろうと本気で考えてる。

    101 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/12/24(月) 10:18:33 ID:lY+9lG4s.net
    大学の時の友達からFacebookで、結婚するから式の招待状を送ってもいいか?と連絡が来た
    いいよーと答えつつ、他に誰が来るの?と聞いたら「大学の時の友達はあなただけだ」と…
    それはちょっと居づらいなwと返したら「あれだったらあなたから友達誘ってくれていいから」と言われたんだけど結婚式ってそういうもんなの?
    いや友達の結婚式に参加するのは初めてじゃないけどこのケースは初めてで戸惑ってる

    159 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/11/14(月) 14:45:47 .net
    今は中3の長女が小学校に上がる前の話

    我が家の入るマンションは都営住宅が並ぶ団地と
    道路を隔てたところにある。
    団地には公園があって、うちの子供も毎日そこへ
    遊びに行っていた。

    嫁に言わせるとある日から小学校2~3年ぐらいと
    幼稚園と思われる姉妹が遊びに来るようになった。
    物怖じしない性.格の長女は姉妹が気になったのか、
    ガンガン話しかけたらしい。

    姉妹の妹は長女と同じ年だったから次第に仲良くなったが、
    姉の方は全く打ち解けなかったらしい。
    嫁が道路ですれ違い、声をかけても無視されたと言っていた。

    そんなある土曜日、嫁は幼稚園の謝恩会の打合せだと
    朝から不在、子供を遊ばせ、テレビを見ていると
    ピンポ~ンとチャイムが鳴った。

    子供が出てみるとなにやら話し声。
    出てみるとその姉妹だった。
    うちの長女がいきなりこう聞いてきた
    「パパ、ランドセルってどこに売ってるの?」と。

    そりゃ、デパートとかさそういうところだよと
    答えると姉妹に「デパートだって」と伝えた。
    何の話だ?と聞くと姉妹の妹が再来週には
    小学校入学なのにランドセルが無いのだそうだ。
    それを親に話したら、買って来いといわれ、
    3万円を渡されたそうだ。

    これから二人で行くのか?とオレが聞くと
    二人で黙ってコクリとうなずいた。
    ちょっと待てよ、小学校入学なんて一大事を
    姉妹二人で何とかしろなんて・・・と思いが沸き起こり、
    おじさんがついていこうか?と聞いた。
    すると我が家の長女がそれが良いよと言い出した。
    姉妹の姉は大丈夫です、二人で行けますというが、
    3万円握り締めているのを見たら、もう切なかった。

    結局、我が家の子供二人と姉妹を連れて、
    近所のイトー○ー○ドーへ。

    赤いランドセルを購入し、
    帰りにマックへ行ったが、
    姉妹の姉を一度もニコリともしなかった。

    家へ戻ると最後に小さな声で「ありがとうございました」と
    言って、走り去っていった。

    980 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/10/12(土) 13:15:02 ID:9A.ke.L1
    高校の時に三年間同じクラスだったAから数年ぶりに連絡が来た。
    卒業後の進路が私は地元、Aは東京に進学し、10代の頃に二回くらい遊んで後は自然と疎遠になった子。
    でもやっぱり懐かしいから嬉しかったよ。
    「私ちゃん久しぶり!ああ良かった!」
    ひとしきり近況報告し合うとAはもう結婚していて子供がいて、もごもごとデキ婚だから式は挙げてないんだーと言っていたが
    何となく口調で(ほんとは挙げたけど呼ばれなかったんだな)とわかった。
    そして本題。
    「私ちゃん車ある?」
    「あるよ」
    「ああ良かった!旦那が出張で台風の間赤ちゃんと二人になっちゃうの…不安だから実家に帰りたいんだけど…お願い!実家まで乗せて!お願い!」と。
    まぁそりゃ不安だろうなぁ赤ちゃんもいたら避難所も辛かろうな、と了承。
    「ほんとありがとう!赤ちゃんいるととにかく荷物多くて困ってたの!」
    「いやこんな時だから。てかどこ住んでんの?」
    「えっと、住所言うね?えーっと千葉県~千葉市ぃ~」
    「はひ??」←ほんとこんな声出た。
    だって私が住んでるのは仙台市。Aの実家も仙台市。まさにポルナレフ状態。
    要は私が仙台から千葉まで車で行って、A達を乗せてまた仙台まで行け、と。
    速攻でお断りしたら
    「さっき良いって言ったじゃん!嘘つくの!?A娘ちゃんに嘘つけるの!?こんな困ってる人見捨てるの!?冷たいよ!」と発狂。
    確かに甚大な被害が出た地域だから、超大型台風で不安になったのはわかる、
    でもまだ直撃まで数日ある時だったし、ひどくなる前にさっさと新幹線乗ればいいのに。
    仙台駅まで来たんなら車で数十分の実家までは乗せてやるよ。
    「赤ちゃんと荷物抱えて動けないよ!」と言われたが知らんわ。着信履歴すごい事になったからブロックした。
    そういやラインも交換したんじゃなく勝手に繋がったんだっけ。
    まだ仲良くて、せめて県内でってなら違うけどさ、疎遠な人の為に仙台千葉間往復する程お人好しじゃねーわ。

    540 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/09/06(土) 22:16:08 ID:4nykDN4ne
    中学の時、所属してた女子グループから弾かれるようになって、いじめにあってた。
    無視、ヒソヒソ笑い、物を隠す、教科書を破く、靴をゴミ箱に捨てるなど、テンプレ通りの内容。
    女子グループのリーダーというか、主犯はT子だった。
    このT子とは2年半ばの修学旅行までは仲がよかった。
    修学旅行では一日だけ二人部屋になったのでじっくり話した。
    態度が変わったのは修学旅行が終わってから。

    受験が数日後に近付いたある日、T子に聞こえよがしに家庭の事情をあてこすられてキレた。
    なんで我慢してるんだっけ自分?と、唐突にテンションが突き抜けた。
    どうせもう卒業なんだし、いじめが酷くなったところで高校は別になる見込みだったし。
    で、T子の席に行って思ってたことを全部言うことにした。
    教室にたくさん人がいる状態で、よく聞こえるように大きな声で。
    何度も言い返すシーンを日記に書いて発散してたのがイメトレになってたのか、
    思ったよりスラスラ言葉が出てきた。

    「T子ってさー、修学旅行の時、大部屋で一人で先に寝たじゃん。
    その後みんな、寝てるT子の傍でT子の悪口言ったでしょ?
    それで、その次の日は私と二人部屋だったよね。
    その時言ってたよね、大部屋でほんとは寝てなかったって。
    みんなが自分の悪口言ってて辛かったって、あんな奴らもう友達じゃないって言ってたよね。
    私だけは悪口言わなかった、私だけがたった一人の本当の友達だって言って泣いてたよね」

    ざわめく教室、驚いた感じでなんか言いかける女子グループ、蒼白になるT子。かまわず続ける。

    「修学旅行から帰ったらさー、突然私の悪口言い始めたよね。
    『あんな奴らもう友達じゃない』って言ってた人たちと、私の悪口で盛り上がってたでしょ?
    私の靴も捨てたし、私の教科書破いたり、物持ってったり、泥棒もたくさんしたよね。
    要するにスケープゴートだよねー。
    自分がいじめられたくないから、『たった一人の本当の友達』を生贄にしたわけでしょ?
    自分の悪口あんなに言ってた人たちと仲良くして、嬉しいの? ねえ今どういう気持ち?
    みんな、T子がいないところではまたT子の悪口言うんだろうにねー。
    私はさー、修学旅行が終わるまでは、本当にあんたのこと友達だと思ってたよ。
    だからあの時も悪口とか言わないで、他の人たしなめてたよ。
    でももう、あんたのこと本当に友達だと思ってる人間は一人もいない。
    世界中探してもいない。
    だってあんた最低だもん。
    悪口言われてあの時被害者みたいな顔してたけど、悪口言ってたみんなが正しかったんだって
    今ならよくわかるわー。
    あんた、自分がハブられないために『本当の友達』を売る人間だもんね。
    人間のクズだよねー、クズ。そりゃ、誰にも好かれるはずないわ。
    高校でも誰か適当に生贄にして、表面だけうまくやるの?
    本当はあんなに嫌われてるのにねー。これからも嫌われ者のまま生きてくんだね」

    773 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/10/21(火) 17:37:55 ID:BDsznRjow
    2年前に「学校に不要物を持ってくるな!」と、校則で認められてる物でも見つけ次第怒鳴る先生がいた。
    そのわりに教室で職員室から持ってきたお菓子は食うしラインはやるしで嫌なやつだった。
    で、ある日友達が持ち歩けるコンパクトな櫛を持ってきてて(水泳があったから髪をとかすため)そしたらその先生が不要物を持ってくるなで取り上げたんだよ。
    その友達は前持ってきた超がつくほどお気に入りの小説(親友に貸したかったらしい)も取り上げられてたからぶちギレて「これが不要物なら先生は学校に来ないでください!」と大声で言って櫛をひったくり教室に戻っていった。

    197 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/04/15(木) 12:04:33 .net
    わたしの誕生日と結婚記念日は子供たち預けて夫婦2人で夕飯食べに行ってるんだけど友達に新婚でもないのに?!て言われたわ
    みんな意外とこう言うのやってないのかしら

    139 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/04/13(火) 22:09:25 0.net
    友達が婚約破棄後に妊娠が発覚したけど産んでも良いけど認知しないし責任取らないって言われてたわ

    このページのトップヘ