単身赴任

    124 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/11/18(水) 20:17:40 0.net
    爺と意見が合わなくて家庭内がギスギスしてる
    爺は全員で転勤したい
    婆は単身赴任して欲しい
    爺の言い分 今更寮生活したくない(単身が嫌な理由の90%がこれ)子供に会えないのいやだ

    婆の言い分
    転勤の時期が丁度長男が中3~高一
    転勤先は決まってて高校は1校しかない
    発達障碍の長男には編入試験も突然誰も知らない人ばかりの学校は無理

    1 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/10/08(木) 18:18:16 ID:9Ug
    結婚してすぐ単身赴任で1年
    戻ってきてからも毎日残業に休日出勤ばかり
    コロナはじまってから最初は在宅、6月からは社員寮開放して一部社員はそこに住みこんで働くことになった。

    妻曰わく家庭を省みない人とは暮らせないとのこと
    家庭のために必タヒに稼いどるのにな
    こんなん言われたら2つ返事でokするしかないやんもう

    47 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/08/11(火) 16:17:04 ID:Bc/evsVir.net
    妻から
    ○ 実家のサポートがないと、子育て(子供4人)が不安
    ○ ついていっても、貴方は仕事も忙しいだろうから、サポートを期待できない。
    ○ 私たちは、私の実家に住む。
    ○ 長男(小2)も今の小学校(妻の実家から通える)のままがいいと言っている。転校させるのは可哀想
    ○ 貴方の周りには、単身赴任の人も多い。
    ○ 休暇の度に、来てくれれば、子どもたちにも会える。
    ○ こっちに転勤になった時には、一緒に住めるし。

    と言われています。
    氏んできます。

    664 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/09/27(日) 20:14:45 ID:7LO00RBA0.net
    ちょっと吐露させてもらいますね、結婚25年目です。20年目で単身赴任で、大阪から横浜へ行ってる間に、すっかりと旦那が居ない生活が日常になっていて、単身赴任中に一時帰宅とかすると、たまの出来事なので、なんだかチヤホヤされて、赴任地に戻る前の晩は外食なんかしてた。てっきり必要とされてるんだ、仕事辛いけど頑張ろうと思ってだけど、単身赴任した時点で、嫁娘の中で俺は死んだ人になってて、単身赴任が終わって戻ったら、既に排除されている事に気付けなくて、露骨な仲間外ればかりされてたんだ。
    何か上手くいかないことがあったら、出来ないことは全てあなたが帰ってきたからに置き換えられて、何かにつけて罵り始めた。

    214 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/10/13(火) 16:11:44 ID:EePeer1E.net
    私が言ってもいないことを、言ったと言い張り嘘つき呼ばわり。自分こそやると言ったこと一つもやらず嘘つきじゃないのかい?と指摘してもひたすら嘘つき野郎!と言い続けてくる。
    そして腹いせかしらぬが、自分が赤ちゃんの頃のアルバムをシンクに投げ入れ水がかけてあった。そうすることが1番私のダメージになると思ってるんだろうな。何回これ繰り返すんだろう。本当に心が疲れ切ってタヒにたい。タヒんだ母に抱きしめてほしい。もう疲れた。

    423 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/06/28(土) 11:15:18 ID:???
    友人の旦那さんは単身赴任してて、月に一度帰ってくるそうだ。
    割とマメな旦那さんで料理洗濯なんでも自分でやるから助かるわーと
    赴任先にはここ一年ぐらい行ってないと言ってた。
    が、共通の友人が単身赴任中の旦那さんの浮気が発覚して大騒ぎしてたのをみて
    まさかとは思うけど念のため・・・と突撃したそうな。
    そしたら帰って来てから「離婚するかもしれない!気持ち悪い!もう嫌い!」とか言ってて
    どうしたのか聞いたら旦那のアパートに「ラブラドールっていうの?あれがあった!気持ち悪い!」って。
    犬好きの私はアパートでラブラドールってよく飼えたなぁ~と思いつつ
    でもいつかは大きなワンコを飼いたいと思ってたので
    「ええ~アパートの許可さえ貰ってるならいいじゃん別に」と答えながらも
    その友人の「ラブラドールが“あった”」という言い方に何か違和感を覚えた。
    ラブラドールなら“あった”じゃなくて“いた”だよね?
    でもその時はそれほど深く考えずにフンフンと話を聞いていた。
    そしたら友人が、証拠として写メ撮ってきたと言ってそれを見せてくれたんだが
    そこにはタヒんだ魚のような目をした素っネ果の女性.が転がっていた。
    節子、それラブラドールやない。ラブドールや。

    497 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/04/14(火) 09:23:39 0.net
    くそメンドクサイことになりそう・・・
    発端はトメと義兄嫁が喧嘩して、義兄嫁が子供(義兄嫁の子と義兄家の子の二人)連れて出て行った。
    いつもなら半日くらいでなあなあで帰ってくるので、先取りでトメがカギを替えたらしい。
    義兄は東京の独身寮に短期の単身赴任中で、同居はもともと期間限定。

    トメがカギを替えたので家に入れない義兄嫁から我が家にヘルプが来たがどうもできない(する気もない)
    義兄嫁母子は駅前にウイークリーマンションを借りて、小学校はそこから通うことにしたらしい。

    問題はこの後で、ランドセル取りに行った義兄嫁の子がトメの猫を一匹連れ出してウイークリーマンションに連れ込んでしまった。
    猫だからひっかいたり、おしっこしたり、いろいろやらかしたらしい。
    壁が薄いのかとなり?の住人から管理会社に連絡があり、猫がいる、室内を汚したことがばれて週末で退去を命じられたそう。

    義兄嫁が怒って猫を叩きだしてしまった。

    うちの子と義兄嫁の子が同じ小学校なので昨日はずっと猫探しをしたが見つからず。
    トメは猫を誘拐されて半狂乱で具合を悪くしたので義姉が来てる。
    もともと義姉家の子の受験が済んだら同居の予定だったのが、義兄が転職して研修で短期単身赴任になってる間だけ義兄家同居ってことで義姉の同居が延びてた。
    義姉はもう二度と義兄嫁と義兄嫁の子にに敷居をまたがせないって怒り心頭。

    義兄嫁からは落ち着くまで我が家に止めてほしいと懇願されて断り続けている。
    うちの旦那からも断ったのに、私宛に「母親同士だからお助けを」みたいな懇願が来てくどい。
    私は義兄嫁よりいなくなった猫のが心配だよ・・・

    義兄に連絡して、金曜にこっちへ戻ってくることになったけどあと三日気が重い・・・

    353 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/02/10(日) 18:21:21 ID:dS6hCqOw0.net
    旦那が単身赴任中の三年間犬のしつけみたいな子育てをしたこと
    ちょうどイヤイヤ期の2歳の時に旦那が単身赴任になって実家も頼れない状況の時、泣いたらとことん放置して笑顔の時だけ可愛がるようにしてた
    ご飯食べなくてもおもちゃ売り場で蹲っても無視
    なんでなんで攻撃も全部無視
    結果母親に構ってもらうには笑顔でいなきゃいけないと学んだようで、その内私に対してわがままを言わなくなった
    その名残が残ってるのか覚えてるのかは知らないけど高校生になった今も顔色を窺われてる感じする
    当時そんなつもりは無かったとはいえあれは紛れもなく虐待なんだろうな

    424 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/09/29(木) 16:02:38 0
    あーうちの父もエネだったよ。
    母に父方祖母の介護をさせて、自分は単身赴任して別家庭作ってた。
    祖母がタヒんだとたんに女と子ども連れて帰ってきて
    母との離婚を要求してきたほんとクズだった。
    母はさっさと離婚して、母、兄×2、私で父と女を追い出した。
    だって祖母名義だった自宅は相続争い対策と相続税節約のために
    一代飛ばして兄に贈与済みだったし、祖母名義の現金は次兄と私に
    贈与済みだったからね。
    実子の父は滅多に帰ってこない、伯母も介護を嫌って寄り付かない
    頼れるのは母と孫3人の祖母は、元気な間にいびってた母に見捨てられたくない一心で
    母の言うがままに贈与したらしい。
    父は母が「手に職のない専業主婦pgr」してたけど、
    祖母介護のためにヘルパーの資格とってたから、母はさっさと介護施設に就職。
    自宅は売却して3兄妹の大学費用と母の老後資金になった。

    470 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/06/12(金) 12:08:09
    愚痴すまん

    いま中国に単身赴任中なんだけど、来年度東京本社に戻る可能性.が出てきたんだ
    嫁と息子(2)は今いま地方で東京行くなら一緒に住みたいと思っているんだけど
    「家族の事考えたことある?」と言われて困惑してる。
    今より仮定状況は絶対に改善するのにどして…

    このページのトップヘ