再婚

    761 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/11/20(日) 14:29:50 ID:i5ZrWkOA.net
    ながーーーいので分けます。
    長文嫌いの方はスルーでお願いします。

    来年、結婚が決まった。
    昨日、母の再婚相手で私が高校生のころから一緒に暮らしてる養父と二人でコタツで飲んだ。

    養父のことは大好き。
    母を大事にしてくれるし、いきなりできた女子高生の私を本当に気遣いながら大事にしてくれた。

    本当の父親は所謂モラハラで、母が泣くまでやり込めるような人で、父親は私が小2の時に女を連れてきて「来月からこいつとここで住むから今月中に出て行け」と言って本当に追い出された。

    母方の祖父は障碍があってあまり実家を頼れず、本当に貧乏で育ちました。
    お風呂も毎日入れない、制服もおさがりのみ、1つの袋麺を母と二人で分けて食べる夕食も普通、靴下も穴を縫って履き潰した。

    高1の時に母が仕事先の社員さんに結婚を前提に付き合ってほしいと言われたので会ってほしいと言われた。その時は母が幸せになれるとかじゃなく、この貧乏から脱出できる!と思った。

    それから養父のマンションに二人で引っ越した。
    一人部屋を与えられて嬉しくて仕方なかった。
    高校2年にして新しい制服、ローファー、初めて携帯も買ってもらった。
    バイトもやめて大学にも行きなさいと言ってくれた。
    特別お金持ちではないんだろうけど大金持ちになった気分だった。

    浮かれた生活が続いたある日、家族みんなで朝寝坊をした。
    バタバタとみんなで準備してて、母が養父の仕事行く用意してる時、養父は母に一つ一つ「ありがとう」と言ってた笑っていた。
    ネクタイを手渡しては「ありがとう」朝ごはんがわりのおにぎり握ってる母を見ては「ありがとう」と。

    その光景を見た時になぜか涙がどばどば出てきた。
    なんて優しい人なんだろう。お母さん幸せそうだな。好きな人に尽くしてるお母さんかわいいな。
    そう思うと涙が止まらなかった。

    養父は突然泣き出した私を見てあたふたして「大丈夫だよ!!急げばまだ間に合うから!一緒に駅まで走ろう!!」と、私が遅刻しそうだから泣いてると感違いしたみたいでしたが、その養父の慌てっぷりがまた嬉しくて涙が出てきました。

    697 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/04/04(日) 10:23:47 ID:Vw.gp.L1
    昔話。うまくまとめられなくて長くなった。

    当時、夫は仕事ですごく多忙だった。
    夫の体が心配で、
    「もう少し早く帰ってこれないの?
    と言ってみたこともあったけど。
    「今は大事な時期なんだ」「(専業主婦の)お前に仕事のことは分からない」
    で取り付く島もなかった。

    私は子供が欲しかった。
    夫も、結婚前は、「子供は二人欲しいね」と言っていた。
    が、現状、夫婦生活どころか、ろくに会話もない。
    当時私は29歳で夫は32歳。
    子供を作るならそろそろ急ぎたかったので、夫と話し合おうとした。
    しかし夫は「そのうちな」「俺は忙しい」「疲れてるんだ」で、逃げるだけ。
    何度話し合おうとしても同じだった。
    「子供を作るなら、女にはリミットがあるの。ライフプランについて、きちんと話し合いたい」
    と必タヒで食い下がったら、露骨にいやな顔をして
    「俺は仕事が忙しいんだよ。お前ひとりで育児全部できるの?できないだろ?
    俺には手伝う余裕ないんだから、子供作れるわけないだろ」
    「子供は諦めろってこと?」
    「だからさ、仕事が落ち着いてからならいいんだって」
    「いつ落ち着くの?」
    「そのうちだよ」
    と、部屋を出て行った。「離婚」と言う言葉が頭に浮かんだ。

    571 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/03/19(金) 00:17:16 0.net
    私と夫、共にアラサー。中1の子供が一人。
    夫が初婚で、私の子連れ再婚です。子が小5の時に再婚しました。
    夫は典型的な家庭内モラハラ男という感じで私を無意識に見下しているのが分かりますが、夫は認めようとしません。
    また、非常識な言動を咎めると不機嫌になる、相手の立場や気持ちを考えない発言をする、「相手に教える」という理由をつけてわざと嫌味な言い方をする、等の行いをする為に悩んでいます。子供の教育にも良くないです。
    何度か物の言い方や非常識な振る舞いについてを話し合おうとしましたが、その度に、おまえだってダメな所あるだろ…と論点をすり替えたり自分はそう思わないと言って譲らないなどして頑なに非を認めようとしません。
    もう独身ではないし子供の親となったのだから、もっと大人として恥ずかしくない言動をする様にしてほしいし、これまでの自分が良くないものだと自覚し、良くない事を指摘された時には不機嫌にならずきちんと受け止めて改善してほしいです。
    どうしたら分かって貰えるでしょうか。諦めて夫を空気と思って過ごすしかないでしょうか。

    511 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/02/14(日) 21:34:40 .net
    ディンのDⅤで離婚問題に発展しちゃってるんだけどたわし若い時も離婚経験あってバツ2になっちゃうのよね
    さすがにバツ2になるとたわしも問題アリなのかしら

    662 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/11/17(月) 01:10:11 0
    旦那に不イ侖されて離婚した。アホな男でさ。
    離婚後にすぐ浮氣相手と結婚したんだけど、半年もしないうちにまた擦り寄ってきた。
    浮氣を知ったときの悔しさを思い出したら許せなくなって、復讐してやりたくなった。
    だから出来る限り尽くして思いっきり優しくして暫く付き合ってた。
    その間、相手の奥さんは(両親も)怒鳴り込んでくるし、無言電話はばんばんかかってくるしで大変だったけど、
    結局相手とまた離婚した途端に捨ててやった。
    別れ話の時は、泣くは暴れるはで大騒ぎ。でもやっとスッキリしたよ。

    1 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/02/05(金) 12:10:11 ID:51mutSSG0.net
    9歳!めっちゃ懐いてくるけど可愛すぎる
    一緒にアニメとかみてるよ
    休みの日はお買い物一緒にアリオにいって洋服とかお菓子とかおもちゃ買ってあげたりしてる
    幸せすぎる
    羨ましいか?

    426 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/10/28(火) 12:26:10 0
    サレで離婚して1年後に現夫と知り合い、再婚した。
    前の結婚では授からなかった子供にも恵まれ、現在妊娠8ヶ月。

    元夫はプリが妊娠してたんで離婚後すぐにプリと再婚した。
    そっから先は元夫とプリの動向なんて知りたくなかったし、
    自分がちょっと離れた土地に行ったので知ることもなかった。

    先日、産休に入ったので夫と私の実家に遊びに行ったときに、
    家族で立ち寄ったショッピングモールで偶然元夫と元義母に再会してしまった。
    うわー人間って3年弱でここまで外見落ちぶれるのか?
    とびっくりしてしまった。
    脂気が抜けてカサカサっていうか、生気抜け切ったっていうか。
    ドロンとした目で幸せの欠片も持ち合わせていませんが何か?っていう感じ。

    606 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/04/28(月) 10:52:13 0
    元義実家に対して現お姑さんが仕返ししてくれた話なので
    スレ違いだったらごめんなさい。

    親戚が亡くなり、葬式のため田舎に帰ろうとしたら
    同居の義母さんが「女手必要だろ(私の実母は私が
    幼い頃タヒ別。実家には父しかいない)一緒に
    行くよ」と言った。
    実は私は地元で一度結婚して、嫁ぎ先が膿家だったため
    散々ひどい目にあって命からがら都会に逃げて今の夫と再婚した。
    最初の夫の家はその後私の悪口三昧を言いふらして父や親戚には肩身の
    狭い思いをさせてしまっている・・。
    父にもお前と家族が辛いから冠婚葬祭以外は帰ってこなくていい、
    そっちに俺が遊びに行くからと言われてあまり実家には帰りません。
    そんな背景があるので私が帰ったって後ろ指
    さされるのは確実、姑さんにも辛い思いをさせることに
    なるので私だけで行きます、と言うと
    「それでもいいから!手伝いたいのよ」
    と押し切られて共に行く事に。続きます。


    798 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/08/13(金) 10:40:31 ID:nE2jxtd8
    色々あって姪っ子7歳引き取ることになった。
    結婚するあてもないし。まだ24歳だが人と出会う仕事でもないし、そんなバイタリティ
    もないから現実的に言って無理だし、面倒臭いのもあるからもう良いや、と。
    兄夫婦が離婚して元義姉に引き取られていき、元義姉は再婚。
    再婚した相手が最低で酷い虐侍。

    元義姉は「しょうがない、我慢しなさい」と言い続けたらしい。兄は事故で他界だしで。
    たまたま仕事の関係で関東に行って姪っ子の小学校の近く(昔私が通った小学校だった)
    に来たから、学校の前を通りながら眺めようとしたら、丁度休み時間だったらしく校舎から出てきた
    姪っ子とバッチリ目があって、遠めでも私だと解ったらしく泣きながら抱きついてきた。

    そのまま職員室で夕方まで面談(私+姪っ子+姪っ子母方祖父母+校長)。
    元義姉側の親はその事実を知らなかったらしい。母親は面倒くさいとの理由で来ず。
    自分は引きこもるタイプの自営業だから問題無いなぁ、と思い、「私の娘にならない?」
    と言ったら「なりたい!お母さん嫌い!」と抱きついて離さない。
    もうこの親子駄目なんだなぁ、と思った瞬間。

    気にはなってたけど、会うこともせず3年ぶりの再会だったのに覚えてくれていたのにも驚きだった。
    養子になるまでのやり取りがまた最低だった。

    955 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/01/17(日) 10:02:06 ID:08.rz.L1
    20代半ばで職場結婚したんだけど、私が一人っ子ってことや
    実家が元々祖父母が同居してたので二世帯住宅になってることから
    同居できるだろうかって相談したら、
    自分は三男坊だし、両親も何も言わないと思うから同居でもいいよって言ってくれた。
    ただそれには条件があって、職場結婚で同じ部署ってことで回りが気を遣うだろうし
    彼自身もやりにくいからと、同居する代わりに退職して欲しいと言われた。
    それでお互いの条件を飲み合う形で結婚生活がスタートした。
    最初は上手くいってたが、3年目に夫原因で子供が望めないことが分かり、
    そこからどんどんおかしくなっていった。
    うちの親は孫催促はしたことなくて、夫婦仲さえよければそれが一番って人たちだったけど
    夫自身が卑屈になってしまって、同情されてる、気を遣われてる、惨めだって考えるようになって
    そのうち居場所がない、同居なんてするんじゃなかった、と言うようになり
    だんだん家に帰って来なくなった。
    両親からも勧められて、別居したほうがいいんだろうかと思い始めた矢先
    職場の新人事務員さんとの浮氣が発覚した。
    そこからはどうにもならなくなって離婚。
    夫はその新人事務員さんと再婚した。(が、後に離婚)
    離婚後、鬱になってしまって仕事探しもままならなかった頃に
    母が知り合いから子犬をもらってきた。
    私が結婚する少し前まで犬を飼ってたけど、母がペットロスになってしばらく飼ってなかった。
    久しぶりの犬に心がほぐれていって、その時にトリマーになりたいと思った。
    両親に相談したら、とにかくやりたいことをやれって言ってくれて
    別れた夫と浮氣相手から貰った慰謝料を元手に養成学校に入った。
    卒業後はサロンで10数年働いていたが、自宅を建て直そうかってことになった時に
    思い切って開業することにして、二世帯住宅を普通の住宅に縮小して離れのサロンを建築。
    母と共にペット飼育管理士の資格も取得してホテルも同時に開業した。
    大抵のペットホテルは夜はペットだけ残してスタッフは帰宅するが
    自宅サロンに併設だったので夜も様子を見られるし、
    希望すれば夜の様子の動画を飼い主に送ったりするサービスもやって
    気が付けば大好きな犬に囲まれて、しかも年収にして1000万以上も稼げてる。
    近所に空き土地が出たのを機に、家を建てて両親がそちらに引っ越し
    私はかねてから付き合っていた人と再婚した。
    現夫もペット業界に関わる人なので、いずれ一緒にサロンをやっていくことになる。
    本当に苦しい時期もあったけど、あのまま元夫と暮らしていたら
    今のような充実感は得られなかったと思う。
    そう言う意味では、あの離婚は私の人生の良い分岐点だったと思う。
    ちなみに上にも少し書いたけど、元夫は再婚相手とも離婚している。
    浮氣相手の事務員が夫の不妊を知らなかったらしい。
    「奥さん(私)原因で子供が出来ない元夫君可哀想、私が子供を産んであげる」
    みたいな思考だったようだ。
    元々同じ職場で働いていたので、当時の様子は耳に入ってくる。
    ちゃんと話してなかった元夫も悪いが、やっぱり不イ侖するような人は(自粛w)。

    最初修羅場スレに投下しようと思ったけど、思い返してみれば結果オーライだったのでこちらへ。

    このページのトップヘ