247 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/02/25(土) 06:37:48 ID:VFx

    兄の行いが原因で仕事を辞める羽目になったのが修羅場だった

    私の兄は小学校高学年ぐらいから徐々にグレ始め、中二になる頃には完全に不良やヤンキーと呼ばれる人間になっていた
    学校の内外でケンカは日常茶飯事だったし、家では喫煙は当たり前、外でもカツアゲや万引きチャリパクなど色んな悪さをしていたらしい

    でも私や弟には少し怖い所はあっても、よくお菓子やゲームを買ってくれたり、ファミレスなんかに連れてってくれたり、
    共働きで放置気味の両親に代わって私達の面倒をよく見てくれた優しい兄だった

    また、兄の友達もよくウチに遊びに来て、タバコなんかをプカプカ更かしたり夜まで騒いだりしていたが、
    私や弟が兄の部屋に遊びに行くと、私達が知らない事を色々と教えてくれたり、一緒にゲームをしたり
    ビデオで映画を観たり、時には深夜に一緒に外に遊びに出かけたりしてくれて、皆優しく面倒を見てくれて、
    年上の友達、若しくはお兄さんお姉さんみたいな人達だった

    919 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/01/23(水) 15:06:16 0
    私の実家は父が中小企業のリーマンで兄を都会の大学にやるのがやっとで
    私と妹は実家から専門学校に通い全額奨学金で学費をまかない資格を取って
    就職後に返済したくらいのわりと貧乏な家です。
    母は体が弱くて家で内職をしてました。そんな兄の実家を兄嫁は馬鹿にしまくって
    ました。兄嫁の父親は都会で大企業の部長まで行った人で裕福な生活をしている
    ようで兄嫁は有名大学にも親がかりで卒業して贅沢に暮らしていた人です。

    結婚が決まって私達姉妹に会った時「貧しいって大変ね。あなた達も負の連鎖っていうの?
    学費も出せない親で大変ね。お宅とはお付き合いしたくにないわぁ。」とまで言われていた。
    そんなある日結婚前に自分達に両親の老後の面倒をみさせるなら兄とは結婚しません。
    たまには孫の顔を見たいなら「今後一切お付き合いはしません。老後に頼るようなことは
    一切しません。」って念書に実印を押すように両親に強要してきた。法律的には
    なんら効力もないらしいが、それで気が済むのならと両親は実印を押した。
    兄は兄嫁実家の養子になった。両親は結婚式に出てお祝いを渡し、式の費用も負担したが
    新婚旅行のお土産どころか帰国したとの挨拶にも来なかった。
    たぶん兄は嫁実家と同居している。これはいいなりの兄も悪いので、両親も兄はいないもの
    として扱うしかないと言っていた。

    260 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/02/13(月) 19:23:36 0
    兄学生、兄嫁花嫁修行中(無職)で出来婚、当然二人ともにお金無し
    裕福とは言えない兄嫁親から、長女なので形式的な事は全てお願いしますと言われる
    結納、結婚式、新居の用意は両親がした、新婚旅行もねだられたが妊娠を理由に却下

    ここまで前提

    それから間もなくして私の結婚の際の出来事
    一人娘なのと事情で養子縁組の婿のため両親(特に母)張り切る
    そしたら兄嫁がこわれた
    「私の時は何もしてくれなかった!ヒドイ!惨めです!シクシク」
    え?結納、結婚式、新居は?忘れた?
    「それじゃなくて、家具家電、着物、宝石、結納金も多いし!結納返しもあるじゃん!」
    「海外旅行にも行くとか信じられない!私達も連れていって!」
    婿だし、そもそも兄は結納返しされてない、何に使った
    旅行はお互いの両親は招くけど兄弟までは考えてない
    第一、新居といっても同居嫌がってたじゃない
    「新しい家で完全独立二世帯とか知らなかったもん!私も綺麗な家が欲しい!!」

    私も欲しいー!娘子ちゃんだけズルいー!
    私も行くー!娘子ちゃんだけズルいー!
    私も買ってー!娘子ちゃんだけズルいー!

    兄に連れられ数回ドナドナされたが、最後の決め台詞は「私も娘なのにー!!!キィー」

    この騒ぎの中、物が数点無くなった
    兄嫁一人だけの時は家には出入り禁止になってます

    419 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/08/06(土) 02:29:13 ID:Of8mWKyw0
    立て続けてショボくて悪いけど中学の時の軽いのを。


    4つ上の兄がいるんだけど結構自分勝手で、とくに食い物飲み物系が意地汚い。
    俺が買ったプリンやらゼリーやらアイスやら平気で勝手に食う。
    抗議しても名前書いても無視。奥のほうに隠しても見つけるし親の言うことも聞きゃしない。
    ジュースとかも同じく。風呂上りに飲もうと思ってたのが入浴中に飲まれてるとかしょっちゅうだった。

    で、ムカついて罠張った。
    ストロー差して飲むタイプのコーヒー牛乳買って、普通の牛乳パックみたくひらいて中身を捨てる。
    代わりにデスソースたっぷりの激辛液を入れて糊付け。パッと見で未開封状態にして冷蔵庫に入れる。
    風呂はいってる時に外から「ぶはっ!」ってすげえ声が聞こえた。その時の顔が見られなかったのが残念。
    ストロータイプだから喉まで直撃したかもしれない。何分か咳き込んでた。

    そのあと結局ボコられたんだけど、勝手に飲み食いされる回数は減った。

    887 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/04/12(木) 00:53:09 ID:576j+WPR0.net
    私の兄のことを馬鹿にしてきた時
    大学の授業で急遽英和辞典が必要になり、紙の辞書を持っていこうとしたら兄に普段使ってないと紙だと使いにくいし検索も早いから電子辞書のがいいよと貸してもらった
    という話を彼氏にしたら「いや紙のが絶対いいでしょ。探すの大変とかいうけどそんなの使ってたらわかるし。本だから読んで覚えられるし。そもそも電子辞書は単語覚えられない」とボロクソに言われた
    「いやでもお兄ちゃんがせっかく貸してくれたんだし、私は英語できないからよくわからないけど外大出身の兄が言うんだから信用しといた」と返すと
    「でも〇〇のお兄ちゃん勉強できないでしょ」と馬鹿にされてめちゃくちゃイラついた
    紙の辞書も電子辞書もどっちもメリットデメリットあるだろうし、どっちがいいとかは決められないだろうのに紙のがいいとゴリ押し、挙句の果てには身内の侮辱とか意味わからん
    兄は別に馬鹿ではないと思うっていうか例え馬鹿だったとしてもそうやって言うのは有り得ない

    171 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/09/28(月) 13:35:41 0
    まだ入籍してないので厳密にはスレチだけど。

    兄にはかなり付き合いの長い彼女がいるが、結婚はまぁそのうち…みたいなのんびりした感じだった。
    一方私は去年の暮れにこの11月に挙式を決めた。

    そしたら、夏ごろになって急に「結婚したいしたいしたーい!」と兄彼女が言い出したようで
    慌てて兄たちも式場を探し始めた。
    そこからは怒涛の勢いで、慌ただしく顔合わせを行い、結婚準備が始まった。

    「彼女が気に入った会場が、あいてる日がここしかなくて」と彼女の尻に敷かれっぱなしの兄が決めてきた日は
    私たちの式の2週間前。そして、

    彼女が気に入った式場=私たちが挙式するホテル

    もちろん兄も私たちがどこで式を挙げるのかは知っていた。
    偶然気に入ったところが重なったんだ、と言われればそれまでだけどなんかすごく悔しくて悲しい。
    日取りも、決めてきた日にしないと次にあいているのは来年になるらしく、それはどうしてもいやだと兄彼女が訴えたらしい。
    兄彼女にも、「そんなに先まで待てない!」って言われて…とデレ顔で言う兄にも本気でムカついた。

    35 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/06/18(月) 19:15:28 0
    父親は子供達(兄と私)には優しかったがダメな人で、他人の連帯保証人になって借金肩代わりしたり、
    突然仕事を辞めて自営業を始めて結局潰したりと、お金の問題にはとてもルーズだった。
    ゲームやオシャレなオモチャはもちろん、給食費が払えなかったり、ご飯がパンとマーガリンだけだったりとか、
    自宅は見た目立派な一戸建てなのに中身は随分な暮らしだった。

    母はそれでも耐えていたが、ある時893系の企業からお金を借りて返せなくなり
    (たぶんその企業の罠で借りた分は全部吸い取られた)、家に乗り込んでくるまでになったので離婚した。
    まっとうに働いて返すんなら母は協力したかもしれないが、
    まだ高校1年の娘(私)を差し出して~と父が母に土下座したのでキレたらしい。
    母に同情して相談にのってた元警察官に間に入ってもらい、自宅は出ることになったが借金は父がなんとかすることになった
    (結局自宅を売った)。
    私と兄は当然、母について行くことに。

    その後兄と私が大学に進み、母のパートと兄と私のアルバイトで苦しいけど、
    幸せに暮らしてた(兄は遠くの大学だったので一人暮らし。仕送りが来てた)。

    そしてある時ロミオレターが届いた。
    父に住所は明かさず、メールでのみ連絡を取っていたのにと母と二人で不気味に思ったが、中身はさらに不気味だった。

    581 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/11/11(月) 23:25:49 ID:YMV
    まだガラケーが主流だったころ、私の通う高校は携帯の持ち込み自体が校則で禁止されていた
    当時は公衆電話もかなり数が減り、公共交通機関の関連や親の事情により携帯を持たされていた子もいたけれど
    学校はそういう事情を一切考慮せず、たとえ電源が切ってあっても、携帯を校内に持ち込んだのがバレた時点で取り上げられ、
    反省文を書き、保護者が学校に取りに来るまで絶対に返却されなかった
    しかも抜き打ち的に持ち物チェックがあり、体育の授業などで教室があいたときにカバン、ロッカー、机の中をチェックされるから
    高校生の八割方が自分の携帯を持っていた時代にしては、かなり厳しい学校だったと思う
    だから学校では友達のものであれ、携帯を目にすることはなかった
    また、そんな事情があったので、私は珍しく携帯を親から与えられていなかった
    代わりに、模試を受ける際など帰りが日が暮れてからになる場合や、送り迎えが必要なときには、
    母親の携帯をもたされており、それで家に電話をかけていた
    つまるところ、私が携帯に触れる機会はほとんど無く、渡されても基本は電源オフだったので、
    携帯の使い方を全くわかっていなかった

    私の住んでいるところは雪が降ると電車がとまるところだった
    センター試験の日、朝からかなり吹雪いており、始発から電車に遅れがでていたので、
    帰りに電車が止まることは確実で、母から携帯を持たされていた
    渡された時点では電源が切れており、私はそのまま預かり、試験会場へ向かった
    会場でも携帯の電源が切れていることを確認し、それからはずっとカバンの中にしまっていた
    ところが、英語のリスニングが始まったとき、突如カバンから大きなアラームの音が鳴り出した
    周りもこちらを見ており、私のカバンから音が出ているのは明らかだった
    すぐに試験官に荷物ごと会場の外につれていかれ、カバンを確認すると、中から電源が入ってアラームが鳴っている携帯が出てきた
    頭が真っ白になった
    このとき初めて、アラームは電源が切れていても鳴ることを知った
    試験官に言われるがままアラームを切ったが、もう試験の続行は不可能だった
    試験官が何か説明していたが、頭に入るわけもなく、ただ呆然としていると、またアラームがなり始めた
    試験官が携帯を確認したところ、最初のアラームから五分おきにアラームが3つ設定されていた
    そこからはショックすぎて何をどうしたのか覚えてないが、気づけば帰りの電車に乗っていた
    案の定途中で電車が止まり、母親に迎えに来てもらう気になれず、五時間ほど歩いて自宅まで帰っていた
    家に帰った頃には、汗やら霙やら溶けた雪やらで全身ぐっしょり濡れていて、顔が真っ赤になって高熱が出ていた
    母は私がセンター試験で失敗したことを悟り、すぐに学校へ連絡した
    熱に浮かされながら担任と話し、会場を追い出されたことだけを伝えたらメチャクチャに怒られたそうだが、覚えていない
    電話のあとはいつの間にか倒れて、救急車を呼ぶ騒ぎになっていた
    高熱が出すぎて、しばらく急に笑いだしたり立ち歩いて外に行こうとしたり、窓から飛び降りようとしたりと大変だったらしい
    私はむしろ帰っている途中の記憶からすでになく、目を冷ましたときにはセンター試験を受けたことさえしばし忘れていた
    正常に戻ったあと、病院に母と学校の先生が来てくれたときに、正直にあったことをすべて話した
    会場には同じ学校の人もいたからか、担任はある程度事情を知ってたようだけど、話を聞いて呆れたとばかりにため息をついた
    母は私の話を聞いて、顔が真っ青だった
    ずっと「私のせいです、私のせいです」と呟いてた
    母は自杀殳でもするんじゃないかと思うくらい狼狽していて、先生はずっと私ではなく母を慰めてたくらいだった

    713 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/05/04(木) 15:00:51 ID:mbSE/Fob.net
    長文ごめん。

    昔私が小学校に上がり間も無く、母親が家を出て行った。
    それぞれ高校生中学生だった姉兄の反抗期に耐えかねたらしい。

    それから中学に上がるまでは父姉兄と同居するものの、段々と姉の
    私に対する当たりがキツくなっていった。
    姉からのDVに耐え兼ね、母親と一緒に住みたいと懇願。
    当時母には再婚を視野に入れた恋人がおり、彼も同居を快諾してくれたので
    中学校入学と共に3人で暮らすことになった。

    いざ生活を始めると、恋人はモラハラ野郎で
    母親はDVメンヘラ女だった。
    痣にならないようスネや背中を殴られ、「お前は自分の父親を裏切ったんだ」と毎日責められ、病んだ。
    それが日常化したある日、突然何か吹っ切れた。

    それから母親が1人でいるところを狙って徐々に反撃。
    お前なんか母親じゃない、人間のクズ、さっさと◯ね、と耳打ちし続けた。
    結果気が狂った母親は、心中しようと私に包丁を向けて病院送り。
    恋人の方は父に任せたので知らない。

    姉から受けたDVを、父は薄々気付いていたらしい。
    けれど平日は1人で仕事+家事育児をこなし
    休日は将来有望な兄の野球チームの手伝いに追われ、
    ノイローゼになっていた父は、私にまで手が回らなかったと
    何度も何度も謝罪してくれた。

    母親は本当に弱い人間だった。けれど一応、腹を痛めて産んでくれたことには変わりなく
    病院送りになるまで追い詰めたのはやり過ぎだったと思う。

    110 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/03/14(月) 18:31:57 ID:bGD
    うちの両親は私が小学生の時離婚した。
    離婚したがったのは父で、理由は浮気相手と再婚したかったから。
    でも結局浮気相手に寸前で逃げられたとかで、その人とは再婚しなかった。
    私には当時高校生の兄がいて、兄は父のもとに残った。
    「父が独りになるとかわいそうだから」と言って残った、お兄ちゃんは優しい子だから、と母は言っていた。
    歳が離れていたので、私は離婚前から兄とは親しくなく、
    親が離婚して離れてからは憧れのようなものをずっと兄に持っていた。

    20数年が経ち、母が病タヒした。
    母は再婚しなかったが、父は別の女性.と再婚したと祖母から聞いていた。
    でも一応知らせるだけ知らせておこうと、祖母経由で父と兄に伝えてもらった。
    同じく祖母経由でお悔やみの言葉が来ただけで、父も兄も葬儀には来なかった。
    もう他人だから仕方ないか、と特に悪感情は持たなかった。

    葬儀から三ヶ月くらいして、突然兄から連絡があった。
    ファミレスで待ち合わせした兄は、当然ながら40代になっていて面影はあまりなかった。
    兄は葬儀に来なかった理由として、以下の話をした。

    このページのトップヘ