会社

    334 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/06/21(水) 01:41:57 ID:Y9G
    私が勤めてる会社は定時は一応09:00~18:00と定められているんだけど
    社長が8時前には出社するので、そこで朝の訓示や簡単な体操
    社長も交えた簡単なグループミーティングなんかもする
    帰りも社長が帰宅後の皆帰る、という事が通例となっているので
    実質的な定時は07:50~19:00前後となっている

    まあ社員同士は仲良いし社内の雰囲気も良く待遇も悪く無いので私達は不満が無いんだけど
    たまに派遣されてくる派遣社員(事務や技術系の社員など)の不満が凄い

    どうも顔合わせや面談の際にその辺の事の説明を省いているらしく(初めは正直に説明していたけど、
    それで人が集まらなくなって仕方なく…らしい)、実際勤務が決まった後にその旨を説明し
    また派遣については基本的に定時出社・退社する事になっているので勤怠にはつかない事を説明すると
    大抵の人が怒り出してしまう

    不満気な顔で働くのはまだ良い方で、次の日から出社しなくなりその上派遣会社やエージェント会社を通して
    クレームまでしてくる輩もいる、契約期間だけ働いて慰留をしてもさっさといなくなる人も後を絶たない

    733 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/03/28(日) 19:47:07 ID:ZI.nt.L1
    会社で、私のいる部署にパートタイム社員が4人いる
    みな兼業主婦で、旦那さんの仕事や子供さんの学校、親御さんの介護の都合などで
    だいたい2~3年、長くて5~6年で入れ替わる
    今いる4人をA、B、C、Dさんとすると、先日、Aさんが今年度(31日の水曜)で辞めたいと言ってきた
    急な話だけど、先述のような家族の都合は急に変わることもあるから、仕方がない
    それで「ご家族の都合で?」と訊いてみたらAさんが「いえ、……」ともごもごしている
    「もしかして、会社の待遇とか仕事内容に不満が?それなら上に話を通してみるから」
    と重ねて訊いたら
    「全然、そうじゃないんです、あの、お弁当の時間が」
    「はい?」
    「B、C、Dさんが、お昼に一緒にお弁当を食べてくれなくなってしまって」
    「???」
    なんでだか知らないが、今年に入ってから、B、C、Dの3人が、Aさんをハブるようになって
    3人で固まってお弁当を食べるようになって、Aさんを仲間に入れてくれなくなり
    それがつらくて耐えられないんだそうだ

    166 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/08/09(日) 15:34:07 ID:qf.5d.L1
    長文失礼します。

    新卒で入った会社で、どうしても馴染めなくて周りとも上手くいかなかった。
    とにかく仕事をするのがつらくて、会社に行きたくなかった。
    別の支社に配属された同期に「(私)ちゃん、何がそんなにつらいの?」と聞かれても、その理由を具体的に答えられなかった。どうしてつらいと感じているかも自分でわからなかった。自分が考えていることを説明できない私はなんてバカなんだろう、と思っていた。

    入社して半年が過ぎた辺りから、何故か夜中に目が覚めるようになったり、会社に行く前に息苦しさや吐き気を覚えたりするなど、体調を崩しやすくなった。
    10分前に指示されたことや自分がしたことを覚えていられなくなったし、電話で相手が話していることが頭に入らなくなった。
    どれもこれも大学生までの自分では考えられないことだった。
    そんな状態ではミスは増えるし、もちろん難しい仕事は任されない。叱責を受けることが多くなり、「自分はバカだ」と思う気持ちがますます強くなった。
    自然と「消えたい、いなくなりたい」と考えるようになった。

    あるとき家族と近所の内科医の薦めで心療内科に行くと、適応障碍だと診断された。1ヶ月休職したけど、それでも「仕事のできない自分」のまま1年ちょっとで職場を去るのはどうしても悔しくて、一度復帰して下がりきった自分の評価をなんとか覆そうと試みた。
    でも、当時の直属の上司から「(私)さんがいるとみんな疲れる。どこにいっても仕事できるようになる訳ない。もう諦めたら?」と言われて、会社にしがみつく自分がバカバカしくなって退職することに決めた。
    最終出社日、その上司から言われた最後の言葉は「周りに『迷惑かけてすみません』って謝った方がいいよ」だった。
    馴染めずに仕事もまともに覚えられなかった私が悪いし、もうどこの会社に行ってもダメな人間のまま終わるのかもしれないと思った。

    退職してから数ヶ月後、私はまったく別業種の会社に運良く就職できて、今もそこで働いている。
    今の会社の人たちは、右も左もわからない私によくしてくれた。
    初めてやる仕事やわからないことは時間をとって教えてくれる。
    仕事を振るときは的確な指示を出してくれるし、書類を完成させて渡せばお礼を言ってくれる。
    難しい仕事を達成したら褒めてくれるし、もっといろいろなことを任せられる。
    仕事を覚えて達成していくことで認められるのは想像以上に嬉しかったし、もっと周りの役に立ちたいと思った。
    そして、最初の会社にいた頃の自分が考えていたほど私はバカじゃないと思えるようになった。

    でも、今の職場での仕事が充実すればするほど「前の会社のどんなところが嫌だったのか」がまざまざと頭の中で蘇る。
    前の会社の同期が発した「(私)ちゃん、何がそんなにつらいの?」という問いに対して、今なら明確に答えられる。

    配属されてから1週間も経たないうちに「喋り方が変だ、とろい」と言われたこと。
    私の一挙一動をバカにするように笑われること。
    毎日勝手にデスクの引き出しを開けられて、中の物の位置を変えられること。
    私が電話を取ると、部署の全員が私へ見張るような視線を向けること。
    仕事を教わるとき、ノートにその内容を書くと「書くのが遅い」と怒られること。
    とにかく受けた指示を忘れないようにと付箋にメモをすると「そんなことも覚えていられないの?」と言われること。
    休みでその場にいない人の悪口を部署の人たちが言い合うこと。

    ほかにも書ききれないくらいたくさんあるけど、そのどれもが私の価値観や感忄生には合わない行動だった。
    暴カを振るわれたり「辞めろ」とか言われたりしているわけではないから大丈夫。そう思い込んでいた。きっとどこか麻痺していた部分もある。
    だけど心の奥底では早い段階で悲鳴を上げていて、それが「理由はわからないけどつらい」という気持ちとして表れていたのかもしれない。

    今がとても楽しい。それは本当だけど、前の会社で起きた嫌なことを思い出してつらい気持ちになるのも本当。
    忘れるべきだってわかっているのに思い出してしまう。
    友人たちは「前の会社で働いてた頃の(私)は様子がおかしかったけど、今は明るくなって本当によかった!」って言ってくれる。
    でも、もう本当の意味で元の自分に戻ることなんてないんじゃないかって気がする。
    いつか完全に吹っ切れるのか、一生もやもやし続けるのか、今の私にはわからない。

    今の会社に入って数年経つ。
    小さい会社だし今はこんなご時世だしで、後輩はまだいない。
    いつか自分が先輩になったとき、後輩となる人には私と同じ思いはさせたくない。

    誰かに聞いてほしくて、吐き出してみたくなりました。
    どうか職場の後輩には優しくしてあげてください。

    176 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/08/04(日) 09:56:30 ID:C67S2VM5
    昼ドラみたいな不イ侖泥沼に遭遇した事。

    会社の違う部署の課長とその部下の女。
    どっちも30代半ばでW不イ侖。男の方は完璧遊びで、女の方は本気だった。
    しかも女の旦那は同じ会社。(旦那は地方勤務で単身赴任中だった。)
    不イ侖を隠そうともせず職場でイチャイチャしたりあだ名で呼び合ったり、
    挙句の果てに同伴出勤・退社、会社の近辺でデートしてた。

    当然周りは気が付き、一部の社員から苦情が出たが、名ばかり部長・常務・役員だから
    注意することもせずどんどん2人は調子に乗っていった。

    そんなW不イ侖が1年半くらい続いた去年の夏、女の方が急に会社に来なくなった。
    旦那にばれたらしい。ばれるひと月前、フロアは違えど同じ建物内に旦那が異動になった。
    明らかに作為的な人事だが、こんな方法じゃなくて正当に注意しろよ…と呆れた。
    結局、女は引き継ぎもせず一方的に部長に泣きながら「辞めます」だけ電話で済ませた。

    相手の課長も地方に飛ばされたけど、それだけ。
    減給や降格も無し。役職も変わらず。もちろん周りから陰口たたかれまくり。

    女の方は仕事も家族も恋人も失って、自業自得とは言え一度に全てを失った人を
    初めて見てとても衝撃的だった。こんなのドラマの中だけだと思ってたよ。

    絶対不イ侖なんてしないって思ったね。

    652 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/03/20(土) 22:05:02 ID:6F.zv.L1
    会社であったこと。

    うちの会社は、朝礼でその日の予定と朝礼当番のお話というものがある。

    別に御大層なものではなく、
    「この間塩と砂糖を入れ間違うというありきたりすぎるミスをしました」
    とか
    「先日ご近所トラブルに巻き込まれました、解決策募集中です」
    といった笑いを誘うものから、

    「先日ニュースでこんな話をしていて、他人事ではないと思いました」
    「政治家の失言が話題になってますが僕はこう思います」
    といったちょっと真面目なものまで、大体1分くらい話す。

    そして、「みなさんも是非考えてみてください」といった、皆への呼びかけで〆る。

    ある時、Aさんという女忄生が朝礼当番になった。
    Aさんはいつも「この間、美味しそうなツナ缶を買いました。猫用でしたが案外いけました」みたいな笑いを誘う系が多かったのだが、その日は違った。

    「私は最近、『苦労した人は、その苦しさを知っているから優しくなれる』みたいな話は嘘だと思っているんです。
    私に優しくしてくれた人はみんな平穏な毎日を送っていて、余裕のある人ばかりでした。
    苦労した人は、苦労しただけ歪んで終わりだと思います。色んな言葉に傷ついて、ただ歪んで終わりです。

    その歪みに気づいたときにはもう後戻りできません。

    人に優しくするには、常に余裕がないと駄目なんだなと思うようになりました。
    みなさんも、後戻りできないなんてことにならないよう、もし余裕が無くなりそうな時ほど落ち着いてみて下さい」

    みんな最初はにこやかに聞いていたが、話し終わると(何かあったのか?)という不穏な空気になっていた。

    上席達は「Aさん大丈夫?何か辛いことが?」と聞いていたが「なんにもないですよー、大丈夫です」といつも通りニコニコしていた。

    その翌日は冬季休暇だった。みんなで良いお年を、と挨拶して別れ、年明け出社するとAさんがいない。
    「あいつ出社日間違えたなwww私子も新卒のときやらかしたよなww」と上席達が連絡を取る中、私は休み前の『歪みに気づいた時にはもう後戻りできません』という言葉を思い出していた。
    凄く嫌な予感しかしなかった。
    (なにかあったんではないか、いやまさか、寝坊であってくれ)
    と心臓がバクバクしていた。

    朝は笑っていた上席が、夕方には険しい顔になり、

    「…ご実家にも電話したが、今朝行ってきますと家を出たらしい。事件か事故かわからないが、Aの行方がわからない。もしAから電話があったら、その時は声を荒らげず落ち着いて話を聞いて、俺につないでくれ」

    と終礼で発表。
    みんな「Aさん、なんか休み前の朝礼で変なこと言ってたよね」と不安がっていた。

    そして翌朝、Aが遺体で発見されたと涙を流して顔を真っ赤にした上席から報告があった。自杀殳だった。
    仕事ではなく、家のことで苦しんでいたらしい。
    それ以上の事情はお局さん経由で回ってきたが、Aさんの家はお母さん一人しかおらず(つまり母子家庭)、そのことで、婚約していたグループ会社のBさんから「親に反対されたからやっぱ無しで」と婚約破棄されてしまったらしい。

    しかもBさん、周りにもAさんとの忄生行為など気を使う話題を男仲間やBさんの上司にバラしまくっていたことが後々わかった。

    殆ど関わりがない会社だったので、気づかなかった。
    お局さんはAさんと仲良しで、Aさんの幼い頃の苦労話などもよく知っていたから余計許せなさそうだった。

    その年行われた会社の食事会で、Bさんがニコニコ笑いながら「Aがご迷惑おかけしましたーw」と酒を継ぎに上席や私のところへ来たのも衝撃だった。ブチ切れた上席に怒鳴られ追い返されていた。

    何か辛いことがある度に、「歪みに気づいた時には、もう後戻りできません」というあの一言を思い出す。
    Aさん、とても優しかった。愛されてた。みんなが泣いたのが何よりの証拠だと思う。




    459 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/02/22(月) 17:32:52 ID:nx.vx.L1
    うちの会社で、とある支店長が色々やらかしてくれた。

    中途採用や創業メンバーなどで中堅は充実してきたので、若い新卒を採用しようということになった。

    採用担当は○支店のA支店長が担うことになった。
    A支店長の依頼で、私の所属支店や他支店の支店長も面接に参加して、みんなで決めることにしたらしい。

    うちは給与体系も他と比べて見劣りすることはないし、ボーナスは出なかったことはなく、必ず上げてくれるし、ガツガツした社風でもなくのんびり。
    新卒の時、有給もなかったのに病欠したが満額の給与を出してくれたり優しい会社。

    そういうところをアピールしたら新卒が結構来てくれて、沢山(と言っても9人くらい)いい子をとることが出きたと報告が来た。

    うちに配属予定の子は女の子で、学生ながら資格も沢山持ってて中々有望らしかった。

    で、ある日「内定者と役職者の食事会が開かれるから行ってきまーす」とうちの支店長が参加してきたのだが、翌日カンカンになって帰ってきた。

    なんでもA支店長がやらかしたらしく、

    「お前らがうちで働きたいって言うからとってやったんだぞ、感謝しろよ。お前らなんかほんとはいらないんだからなw」
    「今日は部下を二時間半怒鳴ったよ」
    「俺らはな、お前らガキどもの人生どうとでもできるんだぞ」

    などと謎のアピールをして学生たちがドン引き。

    他の支店長が諌めたり怒ったりしても止まらず、その日の空気最悪だったらしい。

    結局、たまたまその食事会の日病欠していた男の子と、家庭の事情で休んでいた女の子以外全員内定辞退という呆れた結果となった。

    うちの支店長自ら部下となる予定の子にお詫びの電話をしたらしいが、「御社が募集してたから行っただけなので、いらないならいいです」とド正論で返されたそうだ。

    一切の事情を知らせず残った新卒たちも、採用担当のA支店長の采配でふたりともA支店長の部下になったが、入社後に食事会の話を周りからバラされ、「ホントご愁傷様w」などと先輩たちからからかわれるなどトラブルがあったらしく半年ともたなかった。
    周りも「社長はなんであんなのをのさばらせるんだ」と不信感をあらわにする人が出始め、社長交代のタイミングでようやくA支店長は別会社の取締役として抜擢され、「部下は持たずに」仕事するようになった。

    「お前らをとってやったんだぞ」と言われたら「お前らが来てくれって言うから来てやったんだぞ」と言い返されるの、わからなかったんだろうか…という衝撃が凄かった。

    42 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/02/13(土) 06:32:46 ID:tNqb00IG.net
    WEBの会社で勤めてて現在リモートワーク中なんだが、午前中に年齢が一回り上のアラフォーの女先輩から電話がかかってきて急ぎの案件を手伝って欲しいときた
    話を聞けば翌日客に見せなきゃいけないページを全く手付かずで何も作っていないらしい
    俺は自分の案件で手一杯だったしその日も徹夜明けで参っていたので「客に正直に説明して納期伸ばしてもらうしかないでしょ」とつっぱねた
    その後、別の上司から電話があり「なんとか手伝ってあげられないか」と言われ
    「夕方までにフォーマットだけ作るのでその後のテキストの流し込みは女さんにやってもらいますよ」という事で受け、その段取りはグループチャットでも説明した
    そのあと女から泣きながらお礼を言われた
    自分の案件も進めつつ昼食もとらずに何とか17時頃フォーマットが完成しチャットでその旨を伝えたが何も返事がないし電話も出ない
    18時過ぎまで待っても返事がなかったから上司も含めたグループチャットで同じ報告をした
    20時過ぎに女から電話があり
    「今ヨガ(教室)に来てる…どうしよう…?」と言われ、ムカついたけど「知らんです。あとはやってくださいね」とだけ伝え電話を切った
    24時頃に「今から作業始めるねありがとう」とチャットが来たが無視した
    1時頃電話が鳴り女から泣きながら「体力的にきつい…どうしよう…」と言われたので「知らんですよ」と電話を切った
    翌日結局作業は間に合っておらず、あれだけ折半詰まってたはずなのに客も「来週でいいですよ笑」っていうノリだったらしく何もかもバカらしくなった

    344 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/02/12(火) 10:59:33 ID:3Bh
    会社の食堂でお昼を食べていたら短いローカルニュースが流れて
    有休で旅行中のはずの上司が轢き逃げで逮捕されてた時が衝撃。
    轢き逃げ現場を検証してる警察官が映って、上司の名前と年齢がモロにテロップで出た。轢いた相手は上司の奥さん。
    社内が一気に騒然となって午後は仕事どころじゃなかった。
    夜のニュースでもうちょい詳しく報道されて、「別居中の奥さんの実家に押しかけて、逃げる奥さんを轢いた」らしかった。
    上司はその後一回も出社せず解雇になった。奥さんは重傷だったが助かったみたい。
    上司は妻子にDⅤしていて、妻子が実家に逃げる→有休とって妻実家へ→逃げたので轢いたらしい。
    一緒に働いていて気づかなかったのか?と言われるだろうけど本当に社内の誰もDⅤ男なんて気づいていなかった。
    むしろ気が弱いタイプで真面目一徹だと思われてたんだよね。
    その上司にいつもキツく言い返してた女忄生社員が「やり返しに来るんじゃないか」としばらくビクビクしてた。

    747 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/12/11(金) 12:05:14 ID:fr.ue.L1
    同僚1人の退社で会社の上層部が大騒ぎになった話。

    以前勤めてた会社の同僚Aが、やたらと別会社への出張(出向とか異動ではなく)をやらされてた。
    Aがいたのは北海道にある事務所だったんだが、そこから九州の取引先の会社に「いつまでかわからないけど」で行かされて結局そこで1年、
    帰ってきたと思ったらその1週間後に今度は関西の会社に無期限で行かされてそこで半年、
    やっと帰ってきたら上から「またすぐに出てもらうから」なんてことがずっと続いてた。
    出張先でAがやった仕事の報酬に加え、ホテル代などの滞在費や交通費も全部向こうの会社持ちでこちらにとっては旨味しかなく、
    さらにAは出張先でかなり頑張ってたみたいで先方からの評価も高かったんだが、そのせいで逆にAにさらに出張が集中することになってた。
    一方でAには申し訳程度の出張手当が出る程度でそんな金にはならなかったらしい。
    A本人からも周囲の社員からも「いくらなんでも出張行かせ過ぎ」「他にも対応できる人を育てるべき」と何度も意見を上げていたけど、
    上は「経験者だから」「先方のご指名だから」と取り合わなかった。
    そんな時、Aに病気が発覚。
    けっこうな重病だったので療養のために退職が決まり、仕事の引き継ぎと退社の準備をしていたAに、なんと上はさらに出張を命令してきた。
    これにはさすがに「あり得ない」という声が上がったものの、上はいつも通り「経験者」「先方のご指名」を理由に押し通されてしまった。
    結局Aは1ヶ月程の出張を終えて帰ってきたところでそのまま退職した。

    134 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/10/08(木) 20:47:05 ID:y4.fs.L1
    だいぶ前の話だけど、新卒で入った会社の直属の係長Aがほんとサイテーな奴だった。

    入社した時に私より20歳は上。いきなり言われたのは「お前ちょっといい資格持ってるからって調子乗るんじゃねーぞ」
    とある国家資格を持ってて、課長も持ってる。資格手当もつく。
    Aは自分が持ってないから言ってきたみたい。子供くらい年離れてて働き始めたばかりの小娘にそんな事言ってくる大人がいることにすごく驚いた。そんなに悔しいなら自分で取ればいいじゃん。

    課長はヘッドハンティングされていきなり課長になった人で、課長がいない時にいつも悪口を大声で言ってた。僻みでしかコミュニケーション取れないのかな?

    女の先輩B子が微妙な人で。仕事ほぼしないし、私が作った資料ややった仕事を「自分が作った、やった。私さんは何もしない」と周りに触れ回るんだよね。
    なぜか毎回AはB子を擁護して私は使えねー奴とB子と一緒に笑ってきた。

    エアコンが壊れた時に扇風機を数台確保してきたら私にはあたらないようにして「お前は風浴びんじゃねーよ」と吐き捨てたり。
    他にも色々されたなぁ。

    一番嫌だったのはその会社トイレが男女共通だったんだ。個室が二つに男性便器が二つが同じ空間にあって、入る時に人の気配がしたら基本入らないように社員間では暗黙ルールがあった。
    なのにAは毎回私がトイレ行くと入ってくるんだよね。最初はタイミングが合うなと偶然と思ってたけど毎日毎日一日に何度も。フロアの違うトイレにいても入ってくる。ほんと気持ち悪い。

    何でAとわかるかと言うとタバコ吸って入ってくるから。今はありえないけど昔は同じ室内でスパスパ割と普通にされる時代だったのよ。
    最初の頃は致してる時に入ってきて慌てて止めて(汚くてごめんなさい)耐えて大変だった。音姫なんてないし。
    狙ってきてると分かってからは個室に入ってしばらくはそのまま待機してAが去るの待ってた。

    実は全部色々裏があったんだ。
    Aはほんと課長を蹴落として自分が課長になりたかったみたいだけど、今より上の昇進は絶対できない状態だった。
    というのも昔若い事務員の女の子と車内で致してる所を上司に取り押さえられ、その時解雇されない代わりに昇進はなしとの取り決めがあったんだと。社内じゃ有名な話で。Aはその当時から既婚。この時よく辞めるの選ばなかったな、羞恥心ないのかな。

    B子を擁護してたのはその時不倫してたから。お互いそんなに容姿も性格も良くないのに何がよかったのか未だによくわからないけど。
    まぁ、そんな奴だから私のトイレについてくるというセク八ラもするだろうな。

    笑えたのは、B子はその後かなりの損失を出す失敗をしてしまって飛ばされたんだけど、いつも擁護してたAの責任て言われ出した時に私に擦り寄ってきたこと。どの面下げてって思ったよ。
    「いや俺は私さん寄りでしたけど」って態度で。私は全部無視したし、誰も信じなかった。
    居辛くなったのか早期退職を募ったときに辞めていった。B子も自分を庇ってくれる人が居なくなってすぐ辞めた。

    当時の私は人の悪意もよく理解できない、世間知らず、結構ぼーっとしてたせいで意外とケロっとしてた。(それがまたAとB子をイラつかせたっぽいけど。B子の嫌がらせの原因は昼休みに私が先輩先輩って慕ってくれなかったからって言われた。本当くだらない。)
    今思い出すとトイレの件は本当によく耐えたね、あの頃の自分と思う。引くくらい酷いなぁと感じる。
    まぁ、今はおばちゃんなんで同じことされたら私が個室から飛び出してAが致してるとこ覗き込むけどね。

    このページのトップヘ