両親

    150 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/06/13(土) 11:11:10 ID:Fs.o2.L1
    前半は私がまだ子供の頃の話なので、もしかしたら法的にどうかできたかもしれない

    父と母が家を建てることになった
    父がローンを3000万で組んで、あとは看護師の母個人の貯金から1000万出す予定だった
    家の間取りを考える段階で、父方の祖父が脳梗塞になり、身体障碍者になった
    祖父母の家は一等地にあったけど、バリアフリーなんて言葉が無かった頃の家なので
    身体障碍者の祖父がとても暮らせるような構造では無かった
    そこで、祖父母が今の家を売って1500万負担するから、私達の家の一階に祖父母の住居を作ってほしい
    要は二世帯住宅にしてほしいと要望を出してきた
    父には他に4人の兄と姉がいたけど、他の誰も車椅子の祖父を引き取れるような人はおらず
    母が看護師なので、うちが最適だと言われた
    母はかなり渋ったが、父が懇願したため、腐っても夫の親といろいろと話を詰めて了承し、父はトータル4500万のローンを組んだ
    そして家の建設が始まり、家が完成
    引っ越す段階になり、なんと祖母の不注意で祖父が他界した
    私は子供だったので詳しい状態は聞いてなかったけど、母が散々祖母に注意していたことを「嫁の分際で」と聞き入れず
    結果事故が起きて祖父が亡くなってしまったらしい
    父も長男以外の兄弟も祖母のことを怒っていたので、かなりのやらかしだったと思う
    長男とその奥さんだけが祖母に寄り添って味方していた
    その結果祖母は「祖父がいなくなったんだから、私に辛く当たる息子と鬼嫁のいる家なんかには住めない
    長男夫婦が同居を提案しているから、今の家に長男夫婦と暮らす
    だから家も売らないし、同居しないのだから1500万の支払いもする必要がない」と言い出した
    更には遺産の配分で兄弟で泥沼の戦い
    父は約束の1500万の支払いを求め、
    長男と長男嫁はこれからは自分達が祖母の面倒を見るから全額自分たちのものだと言い張り、祖母も長男に加担
    他の兄姉とも楺めに楺め、その最中、母は私を連れて家を出て離婚した
    母がお金のトラブルには巻き込まれたくないと言ったので、そこから父には会ってない

    しかし、どうやって知ったのか、10年以上たってから、私の就職を見越してか祖母から家の電話に連絡があった
    長男夫婦と同居したはいいものの、私の家なのに長男夫婦が好き勝手して家に居場所がない
    同居してからこれまでずっと心細い思いをしていた
    思えば末息子(父)とその嫁(母)と孫(私)は夫(祖父)が弱ったときでさえ寄り添ってくれた
    そんな思い出話を話された
    あぁ、これは関わりを持ったらいけない人だ
    そう思った私は反射的に答えていた
    「なんだよ、ばーちゃん、がっぽり遺産とって裕福なんじゃないのかよ。こっちはコロナのせいでニートだから宛にしてたのに」
    受話器越しにも絶句する気配が伝わってきたので、本当にお金がないのか、実は隠し財産があるんじゃないのかと畳み掛けた
    そしたら祖母は連絡先を残すこともなく、電話を切っていった
    仕事から帰ってきた母に祖母からの電話を伝えると、母の知る父方親族の話を教えてくれた
    家のことは祖母の言う通りで、稼ぎ頭の自営の長男はコロナで収入が途絶えているらしい
    長男嫁はずっと専業主婦なので今更50近くで働くこともできず、いろんなところにお金を借りようとしているらしい
    母が言うには、もともと祖母の家に転がり込んで家賃浮かせてやっと生活が成り立ってたような家庭に、誰もお金貸すわけないという
    今の土地も、居座ってれば誰にも奪われない、ゆくゆくは自分たちのものという魂胆だそう
    他にもいろいろ教えてもらったけれど、知って関わったところで人生のマイナスにしかならないことばかりだった
    だから母も黙ってたんだろう
    祖母は自分の浅はかな考えで私達の家庭を壊し、息子一人を切り捨てたことをわかってるんだろうか
    わかってないから電話なんかできたのかな
    二度と関わりができませんように
    父もどこかでそれなりに幸せにしてるといいな
    そして私と母のことを忘れてくれたらいいな

    756 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/01/13(水) 11:45:47 ID:v3.w5.L1
    私の家はお雑煮やお節は父が用意する。
    年越し蕎麦は母が、その間に父がお節とお雑煮の用意をし、元旦になったら父だけが台所に立つ。
    これは母と父が付き合った最初のお正月に、父が作った焼きブリとカブのすまし汁のお雑煮に母が凄まじく感動し、美味しい美味しいとおかわりした事でそれから毎年「お雑煮は○さん(父)が作るの。日本一世界一美味しから!」と母が言ったから。
    お節もかまぼこ以外お節に重きを置いて無かった母に比べ「お節といえば黒豆と田作りと数のこの松前漬に・・」とこだわりがあった父が担当する事になって、お正月は父が台所に立つ慣習が出来上がった。
    そんな家で育ったからお正月は一年の内で唯一男が腕を振るう日。それはお正月以外の一年の家事をやる母や妻に労う日だと思ってた。
    だけど若い時に付き合った彼氏にその話をした時にそれはあり得ないと言われた。
    「正月くらいは仕事で疲れている男を休ませる優しさは?」とか「正月に休む女ってあり得ない」とか。
    言われる度にモヤモヤし、結果別れた。
    だけどのちに結婚し伴侶になった夫だけは「お父さんのお雑煮そんなに美味しいんだ、へー焼きブリ?食べた事ないな」と全く違う反応だった。
    お正月に家に呼んだ時に「うちは鶏肉に菜葉に大根人参なんですが~」と『男が元旦に台所に立つ』事にはなんの違和感も感じてない風。
    今年で結婚して3年目。お節は購入した惣菜だけど、お雑煮は旦那が作ってくれる。
    そんな柔軟な男忄生は当たり前じゃないと知ってるから今年のお正月に改めてお礼を言ったら、すっかり酔った旦那が教えてくれた。
    「いーのいーの!今日だけ!これさえやれば一年幸せだもん!それにさー男の腕の見せどころが元旦だよ!大舞台でしょー!!!!」と。
    例えそうであってもそう考えられる貴方が素晴らしい。結婚して良かったなとしみじみ思います。

    20 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/10/24(木) 21:42:25 ID:7w9pxpXX
    誰もいないかな。つい昨日家族全員で修羅場ったので初カキコ。
    昨日妹が塾から帰ってくるなり部屋に閉じこもってうわーんと号泣。聞きかねた母親は妹に事情を聞きに行った。
    しばらくすると母親が「ふざけるな!」と激怒しながらリビングに戻ってきた。その時点で私めちゃくちゃびびる。
    因みに私高3、妹中3、両親共にいい歳。
    本文長いと怒られたので続きます。

    770 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/01/05(火) 11:12:59 0.net
    父の定年後に両親がちょっとした小売店を始めたものの、もともと趣味の店だったこともあり店を続ければ続けるだけで赤字が膨らむ状況になった
    私たちに迷惑かけられないからと頑なに続けてきたが、この度もう無理と判断して店をたたむと言ってきた
    私たちに迷惑というのは、店を出すときに連帯保証人になった夫のこと
    どうもこのまま店をたたむと、返済義務は夫になるとのこと
    ここまでひどくなってから丸投げって我が親ながら呆れる
    とりあえず明日然るべき期間に相談に行く

    892 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/05/05(木) 06:22:59 ID:ff3dfJIv.net
    俺が小学校の時、貧乏だったから、家族旅行なんて行ったことがそれまで無かったのに
    4年生の時に初めて海水浴に連れて行ってもらった
    初めて泊まる立派な旅館。食べた事の無い、ものすごい御馳走。
    興奮して、すごくはしゃいでいた俺は
    なんでか、あまり楽しそうでなかった両親が印象的だった

    そんな俺も、大人になり結婚し子どもを授かった
    子どもが小学4年になった時、なんでか知らないがあの当時を思い出したから
    母親に、あの時のことを聞いてみたら

    本当は、旅行先で一家心中するつもりだったらしい
    俺の、はしゃぎっぷりが余りに凄かったから夜中に両親が話し合って
    もう少し頑張ることになったらしい
    あの時、おれがはしゃいでいなかったらタヒんでいたのかとゾッとした。

    だが、タヒぬつもりだった両親はお金をほとんど持っていなかったので
    旅館の宿泊料が払えないので、朝から旅館の人に事情を話して半年の分割払いで
    納得してもらったらしい。その半年間は、喰いもんがホントに無かったのも修羅場

    24 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/09/01(月) 23:06:53 0.net
    スカになるかわかんないけど、自分的にはスカ

    私の両親は、自営業をしていたんだけど商売で失敗して多くの借金が出来た。
    それでも、商売を続けたいからと私は強制的に金で売られて結婚する事に。

    でも、旦那になった人は私に一目ぼれしたからお金を出したと言ってくれてとても大切にしてくれた。
    義姉も本当の妹のように可愛がってくれて、義両親は自分の子供のように扱ってくれた。

    それで、私の両親が孫を見に来た時の一言が酷い。
    「私子に似なくてよかった、旦那君そっくりできっといい息子に育つ」
    「義姉は美人なのに、私子はブスでとろくて愛嬌も悪くて、本当にいい所がないのに……」
    とか言ってる最中、義姉が私両親に向かって熱いコーヒーをぶちまけた。

    「悪いけど、私の妹の悪口言わないでくれない? アンタ等何様で物言ってんの?」
    そう義姉が言ってくれた。
    私両親は怒りながら「折角嫁にくれてやったのに、離婚だ!!!」って怒鳴り始める。
    けど、義姉は強い。
    「親らしいことは何もしてないのに、勝手に育っただけなのに親面とかねぇ。
    子供を売った事も棚に上げてこの暴言。
    育ちの悪い人は困るわ」

    その後、お出かけから帰ってきた義両親に見つかり、私両親がした事を知ると追い出してくれた。
    その最中、義姉はわんわん泣いてた。
    あんな事言われるなら会わせなきゃよかったってぎゃん泣きしてた……。
    両親は私の事を道具としか思ってないから、ここまで泣いてくれて嬉しい限り。

    482 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/07/03(金) 23:51:36 ID:2bb
    解決済みで、犯人は今も捕まっていないので修羅場かはわかりません。
    ところどころフェイク入れています。辻褄合わないところあるかも。
    長いです。すみません。

    15年くらい前の話。私(私/当時小学生)、父・母の3人家族

    当時放送中だった某ドリフトアニメやF1などに感化されて親が三菱のランサー
    エボリューション(以下エボと呼びます)というスポーツカーを購入。
    ナンバリングシリーズで、買ったのは7番目でした。
    純正で走るつもりは元々両親ともなく、改造するつもりでいました。
    納車後クルマ系雑誌を見て、一番考え方が似ている某店にお世話になることに。
    最初の改造で大幅に改造して、これで快適にドライブできる!と、両親大喜び。
    私はエボの見た目がかっこよくなった!ぐらいにしか思ってませんでした。

    そんなある日、改造でお世話になったお店から、
    「某雑誌編集部から、○○(地名)で取材をしたい。近くにお客さんがいるなら
    紹介してもらい、取材できないか聞いてほしいと連絡が来てる」との電話が。
    取材場所は車で30分もかからないほどに近く、またその雑誌というのも、両親が
    愛読していた雑誌だったので取材を快諾。その後滞り無く取材は終了した。
    後日雑誌社から取材のお礼にと発売日よりも前に車と私一家が載ってる雑誌を
    もらって、でも特に何かをするとかもなく、普通に過ごしてた。

    ここまでが前提です。

    123 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/12/08(火) 03:55:43 ID:Xi.ik.L1
    私、22の世間知らずだけど、そこそこ顔が整っている方だと思う。
    親が二人とも綺麗な顔してて、彫りの深い濃い顔だったのもあって、私も弟もハッキリした整った顔に恵まれた。
    親2人と弟と私はめちゃくちゃ顔のバランスというか、パーツが似てる。
    若干弟の方がタレ目だな、とかそのくらい。
    一家みんな似た顔をしてるのに、何かにつけて「あー、あんなんどうせ整形でしょw」って煽るというか、明らかに馬廘にしてくる人がいるのがすっごくストレス。
    何?じゃあ一家総出で整形してるとでも思ってるの??やってたと仮定したとて、こんなに全員似たような整形するかよ。
    私は大学受験失敗して高卒ですぐに看護助手として働いて、何ひとつ資格も持ってない。
    基本給15万、夜勤して手取り23万。
    独り暮らししてるし、専門学校に行きたいからその為の貯金優先で美容院になんか年2くらいだし、服も滅多に買わないからかなり見た目は質素になってる。
    そんななのに整形にかけるお金なんかあるわけない。
    煌びやかにしててツヤツヤ整ってる人が「整形でしょ」って僻まれるのはあると思う。
    でも質素な格好してる低学歴・低収入の私みたいなのが、なんで整形してるって有りもしない事で馬廘にされなきゃいけないの。
    もう顔のことばっかり言われるのに疲れた。
    スッピンでいたらいたで「いい大人が化粧もせずに仕事すんのかよw」とか「スッピンでもいける自分自慢かよ、ダルw」って言われ、化粧したらしたで「でた整形美人w」とか「整形してたらやっぱ化粧も映えるよなーw」とか言われる。
    これは叩かれるだろうけど、私はこのコロナでのマスク必須の流れに感謝してる。
    もう一生顔を隠して生きていきたい。

    212 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/12/26(木) 19:24:10 ID:ad.xy.L4
    うちは兄と私の二人兄妹で、母は超兄びいきで私は放置。
    いわゆる搾取子とかじゃなく、ひたすら放置。
    見かねた叔母(父の妹)が誕生日やクリスマスを祝ってくれたり、叔母の子たちと一緒に遊ばせてくれたから
    かろうじて孤独じゃなかったんだけど、母にべったり可愛がられてる兄を見たらやっぱりうらやましかった。
    そんな私達も今やアラフォー。
    父は定年退職し、毎日家にいるようになった。
    そしたら母が二ヶ月でギブアップし、別居した。
    父に「母さんを説得してくれ」と頼まれ、どっちかというと父っ子だった(と思っていた)私は母のアパートに行った。
    ひさびさに会った母は穏やかで忄生格が丸くなっていて、私を見ても怒鳴らなかった。
    そこで初めて知らされたのが、なんで母があんなに兄びいきだったかの理由。
    父は、母が私を妊娠してる間に浮氣したらしい。
    相手はアジアンパブの外国人女忄生。「国に仕送りしなきゃ」って泣かれて八十万くらい貢いじゃった上、「離婚してあいつを支える」と父は大騒ぎ。
    大きいお腹を抱えて途方に暮れる母を、唯一励まして毎日「お母さん大好き」と言ってくれたのが、当時三歳の兄だったそうだ。
    「あんたを見るとお父さんの浮氣を思い出して、つらくあたってすまなかった」と泣かれた。
    はあ、そうなんだ…という心境。
    それを聞いて劇的に「お母さん可哀想!許す!」なんて気持ちにはならないけど、兄を心の支えにしたのは納得できた。
    ずっと我が家はかかあ殿下で父は気の弱い人だと思ってたからびっくりだよ。
    叔母に聞いたら、「兄の罪滅ぼしのつもりもあって(私)を可愛がった」って言われて、なんかそれもちょっと複雑。

    278 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/12/04(金) 13:14:50 ID:rj.at.L1
    顔を合わせるたびに「金の苦労はさせなかった」と恩着せがましい親がスレタイ。
    確かに、ライフライン止まったりするようなことは無かったし、修学旅行の積み立てなんかもしっかりやってもらった。

    でも、私や弟が大学入るために祖父母がかけてくれてた学資保険を解約。
    それを火の車だった自営に突っ込んで、残ったぶんで父自身の趣味の物(かなり高額)買ったために現在も私たちは奨学金返済中。
    ちなみに発覚したのは受験合格して入学金振り込むぞって段。私も年子の弟も進学校で軌道修正効かなかったので祖父母が老後資金崩して入学させてくれた。

    で、入学してみたら通学交通費や教科書代、資格試験の受験料にはじまり、講義やレポート用のPC代金とか携帯代金とか自動車学校代(田舎なので就活に必須)、大学で食べる昼食代やら何やらその他もろもろ全部出せないと。
    大学行く間の光熱費(実家から通い)出してやるだけ感謝しろって言われて自分で負担するために大学時代はバイト漬け。

    思い起こせば高校時代も交通費込みの小遣いはあれこれ理由をつけて減らされてたので自分の使える金額は月数百円だった。
    バイト禁止の高校だったこともあって、こっそり自営の親戚宅で手伝いをして小遣い貰ってた。
    当たり前だけど専門知識も資格も無い高校生にできることなんて、掃除とかの雑用しかないから親戚から単純に小遣い貰ってたに等しい。
    それも親にバレると怒られるのが目に見えてるから学校帰りにこっそり1時間とかしか手伝えなくて、月に2~3000円。
    節約って言って家での食事は成長期の私達には少なかったのでどうしてもひもじいときに買い食いして、友達と1回遊んだら消えてしまう金額。

    このへん、ぜーんぶ忘れてるんだろか。

    父がやってた自営を実質回しながら、どう考えても自営の売り上げじゃ足りないぶんをパートで稼ぎつつ、
    私たちが手伝えるようになるまで家事全部こなしてた母が体を壊している(当然だ)から定期的に様子を見に実家に行く。
    相変わらず家事は母しかしないので、電球かえたり重いものの買い出ししたりPCの設定したりといった母にできないことだけ手伝って帰る。
    その間一切手を出さずにドヤ顔でつきまといながら「金の苦労~」って言ってくる父が心底神経わからん。

    そんな父と離婚しない段階で母も……っていうのは重々承知なので携帯電話以外は自宅も職場も知らせてない。
    ただ、私たちを育ててくれた恩のぶんだけは返したいので、きっとないけど母が逃げると言い出した時のために生存確認を兼ねて通ってる。

    さっき、今週末は米の買い出しをして欲しいと頼まれたのだけど、申し訳なさそうに電話する母の後ろで父が何かずっと喚いてたのを聞いてたまらなくなって吐き出し。

    このページのトップヘ