ママ友

    846 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/03/23(土) 16:43:31 ID:n8r/IS+H
    数年前の話だけど、ママ友と一緒にお互いの子供を連れて
    ショッピングモールに買い物に行ったとき、
    ママ友が私に自分の子供を預けてフードコートで待たせて、
    その間に万引きして捕まる→逃亡をしていた。
    私は待っている間に遠くでママ友が店員さんに
    連れられてどこかへ行くのを見ていて、
    しばらく待っていても戻ってこないし、
    普段からママ友は貧乏アピールをしたりお金を集ろうとしてくる人だったので
    その時点でママ友が何をしたかは察しが付いていた。
    店員さんに声をかけて色々聞いてみると案の定
    万引きして逃げたと聞かされたので
    ママ友の電話番号と一応私のも聞かれたので教え、
    子供をママ友の家に送らないとな~と考えながらショッピングモールを出ると
    外でママ友が普通に待っていた。
    しかも「私さん遅ーい。待ってたんだよ~」と
    万引きして逃亡したとは考えられないような態度だった。

    140 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2004/12/01(水) 10:05:55
    距離梨なのかどうかわからんが。
    うちで、娘(4歳)の誕生日に、欲しがってたままごとキッチンをカラーボックスで
    作ってみた。安く上がったし、素人にしてはそこそこの出来で、娘も大喜び。
    休日我が家で、幼稚園友といっしょにそれで遊んだわけだ。
    いいわねー、というのは普通の感想だが、こっちがカラボで安く上げたっていうと
    「じゃあ、私の娘の頼んじゃおうかな」ってのはどうよ。冗談かと思ってたら、翌日の
    夕方カラボ入りの箱が玄関前に放置されてた。メッセージも何もないから、警察に
    落とし物として出したよ。
    あとで文句言われたけど、「作り方ならコピーしてやるけど、作るのは自分でね」と
    言っておいた。さらに文句言われた。
    なんであんたんとこの躾の悪い娘のものまでこっちで作らなきゃいかんわけ。しかも
    カラボ以外にも道具いるのに、それは出す気ないみたい。
    次言ってきたら、工賃と作るのに必要な工具代金まで入れた請求書作っちゃる。

    引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/baby/1471389047/
    134 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/08/18(木) 16:29:09 ID:l6JU6+I/.net
    出先でママ友に会ったんだけど1人だったから「どうしたの?」と尋ねたら「ネイル行ってきたの~♪」と。
    子どもは?と聞いたら旦那に預けて行ってきたんだって。
    この人いつもネイルも髪もバッチリで、たまに旦那と2人だけで出かけたりもしてるみたいなんだけど、
    そんなしょっちゅう子ども預けていつまでも女が捨てきれないで母親になりきれてないんじゃない?とモヤモヤする
    うちの子が「○○ちゃんママのお爪可愛い~いいな~」とずっと言ってるのにもモヤモヤ

    852 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/09/01(日) 14:04:23 ID:8bzSQA9V.net
    おばさんの話だけどびっくりしたから聞いて欲しい。

    うちの息子、医者なんだけど最近結婚したいって彼女を連れてきた。
    同じ国立大学を出てる女性.で看護師してる子。
    付き合い長いし、頭のいい明るく可愛らしい女性.だし、よくサポートしてくれてるみたいだから安心して喜んだ。

    それを同じマンションのママ友に話をしたら、え?看護師相手?、看護師なんて3Kで玉の輿狙いの卑しい女しかいない、馬鹿でもなれるとか看護師の大学なんて誰でも受かるとか散々言われた。
    それに何人かのママ友にも心底驚かれて息子、負け組だねとか育て方間違えたねとかわざわざ馬鹿を貰わなくてもいくらでも選べるとか言われた。
    旧帝出てるって言っても所詮看護でしょ?って言われた。

    私も看護師。
    何十年も仲良くしてたママ友にそういう風に言われたのも驚いたし、今の時代にそんなこと言うのも驚いた。

    息子の嫁は優秀な素晴らしい女性.なのに看護師ってだけでなぜそこまで馬鹿にされるのか分からないし、旧帝出てるような女性.なら玉の輿狙うなら医者なんぞ狙わなくても同級生に大手企業勤めてる人いくらでもいるだろうからそっち狙えばいいと思う。
    言っちゃ悪いがそのバカにしたママ友の娘さん、息子さんたちより息子の嫁の方が明らかに高学歴だし、素敵な女性.だ。
    息子の嫁馬鹿呼ばわりされて本気で腹が立つ。
    息子の嫁は馬鹿じゃないし、卑しくもないし、そもそも思ってるほど玉の輿じゃない。

    医者は世間様が思ってるほど高給取りではない。
    それにうち開業医ではないし、母子家庭だからそんな裕福じゃないし。

    92 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/01/19(木) 12:40:59 ID:7WGQ7G7E.net
    >>89
    乞食みたいだね、その友達…
    車を持たないのか持てないのかはそれだけで判断できないけど、
    経済状況とか価値観が違う人とは仲良くできないってつくづく思うわ…
    これまでは中高とか大学からの友達が多くて、なんとなくみんな育った環境も価値観も似ていて集まったけど、結婚して母親になると今まで全然仲良くなる機会のなかったような人とママ友になる。

    この前も母親学級で知り合ったママ友たちと恒例のランチをしてて、お料理のコース7000円だったんだけどこの値段だと次から高くて参加できないかもって言いだしたママ友がいて、みんなえ?シーンとなってしまった…
    住んでいるエリアは大体似たような環境の人が多くて(ただ年齢層は自分よりかなり高め)こういうのは少ない方だと思うけど。
    めんどくさいなと思ってしまう、、

    319 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/08/24(土) 00:37:20 ID:+VlisWVU.net
    吐き出させてください。
    転落一家で、小1女児、年中男児がいます。
    私妊娠中で年明け予定日。

    今日、下の子の幼稚園で秋行事の打ち合わせ。
    ママ友たちと和気藹々とした打ち合わせで、話題は私の3人目のことになりました。
    3人目いいね!って言ってくれた姉妹持ちママさんがいたんで、あなたは作らないの?って聞いたんです。
    そしたら、子どもの教育費とか将来のこと考えたら2人で精一杯。子どもにいい経験たくさんさせてあげたいからレジャーもケチりたくないし金銭的に2人が限界。仕事もようやく勘を取り戻しつつあるから休みたくないし!って言われました。

    そのママさんは医者夫婦で、本人は上の子が幼稚園に入園したのと同時に実家のクリニックで働き出したそう。
    地味だけどお金はあるみたいで、車は外車3台だし豪邸。ハワイに家もあるらしくてしょっ中旅行してる。

    ウチからしたら十分に教育費とかもあるのにそんなこと言われてモヤモヤ止まらないです。
    私は持病あって働いてないんですが、3人目作らない理由に仕事のこととか持ち出されたし。
    なんか、貧乏人のくせに働いてない、教育費のこと考えないで3人目って言われたようで帰ってから号泣。

    343 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/09/18(日) 23:26:22 ID:f2vR4aLt.net
    娘と二人、ママ友にお呼ばれ。人数分のケーキ持参でお邪魔した。
    うちが2人、ママ友家族4人の合計6個。ママ友はケーキを箱からださずそのままテーブルへ。そしたらあちらの娘があっと言う間に4つも完食。
    普通の親ならそこで叱らないですかね?ママ友は子供が遠慮してどーする、好きなだけ食べなさいなんて自分の娘に言っている。別にいいんだけどさ、いいんだけど。わたしも娘もケーキ食べられず、残念

    973 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/07/17(金) 20:53:13 ID:pBa96ONg
    セコケチと泥ママのどちらに書くか迷ったんですが、
    最終的に泥っぽいのでこちらに。長いですが、埋めついでに。

    去年、自治体のベビーマッサージ教室で出会ったママ友5名。
    その内の一人、Aの口癖は「もったいない!」。

    ・ペットボトルは買わずに家から水筒を持ってくる。なくなったら
    冷水器などから無料の水をくむ。
    ・お菓子は問屋で買えば定価の半額くらいで買えるからコンビニでは買わない。
    ・みんなで喫茶店に入って、4人がケーキセットを食べてても、
    一番安いもの(コーヒー)しか頼まない。

    これだけなら、倹約家で見習わなきゃと思うところだった。

    年末にクリスマスパーティー兼忘年会をやろうということになり
    我が家に集まることになった。
    私を除いた4名が1500円ずつ持ち寄りということになったとき、
    「なんで私さんは払わないの?」とごね出した。
    他のママ3人が「用意や後片付けも大変だし、汚しちゃうかもしれないし、
    光熱費もばかにならないから」と説得したら、しぶしぶ納得していた。

    142 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/08/12(水) 10:05:04 ID:lZN
    霊感とかよくわかんないけど、子供の頃何度か妙な体験はしたことある。
    普通に怖かった。
    だけど、今までで一番怖かったのは以前住んでたマンションにいたママ友Aだ。
    ある日、ママ友Bと共にスーパー銭湯に誘われた。
    Aが無料券を貰ったから一緒に行こうって。
    親切なお誘いだと思って3人で行った。
    その数日後にAにお茶に誘われたんだが、その時に茶封筒出してきて
    「ちょっとこの中の、見てくんない?」って。
    なんだろうと思ったら、アダ○ト画像のカラーコピーが出てきてギョッとした。
    まさかそんなの出て来ると思わなかったから喫茶店の中で堂々と出しちゃって
    慌てて封筒に押し戻して「ちょ何見せんのよこんなところで!!」って軽くパニック。
    「いいからよ~く見てよ」って真面目な顔で言われて
    人目から隠しながら見てみたけど、意味が分からず首をかしげていたら
    「それ、Bさんだよ」って言われて今度はよく見てみたけど
    Bさんと言われたらそうかもって感じだけど、うーん、どうかなーって感じだったから
    「似てるだけじゃない?」って言ったらBさんで間違いないって言う。
    スーパー銭湯に誘ったのはそれを確認するためだったんだって。
    「ほらその肩甲骨のところに大き目の黒子あるじゃん?それ確かめたかったの」
    って、私はだしに使われたみたい。
    「まさかこんな身近にAVに出てた人がいるなんてねー、世の中狭いわ。
     こんな恥ずかしいことやって、しれっとママ友づらしてるって神経太いよね」
    とか、なんか他にも色々侮辱的な言葉を並べてた。
    正直に言えば過去にAVに出たことある人って最初から知ってれば
    ママ友になれたかどうか分からない。
    偏見を全く持ってないと言えば嘘になる。
    でも知らなきゃ知らないで普通に付き合えるのも確か。
    それより私はAさんが怖かった。
    わざわざ証人になる人(私)連れて銭湯に誘って証拠掴んだりって
    その行動が怖い。
    気が付いたなら気が付いたで自己完結してほしい。
    私を巻き込まないでほしい。
    その日以降、子供同士が一緒にいるところ(幼稚園とか)以外では
    Aさんとの付き合いは断った。
    その私の様子にBさんからどうしたの?って聞かれたことあったけど
    本当のことなんて答えられないし、
    そのうち“なんかあったんだろうな”と察してくれたみたい。

    187 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/07(金) 10:25:26 ID:yqz8o2pfp
    友やめか修羅場か迷ったけど、こっちかな。

    子供が幼稚園児だった頃からのママ友たちが
    子供が小学校の高学年になってそこそこ手が離れたので
    健康増進の意味でママさんバレーのチームを作ろうと言い出したのが2年前。
    私も誘われたが、健康状態に問題は今の所ないし、ウォーキングは週3ぐらいで
    夫婦で夜やってるし、運動は昔から苦手ってこともあって断った。
    でもせめて12人は集めたいらしく(6人制でゲームが出来るかららしい)
    4,5回断ったけど説得されて仕方なく付き合うことになった。
    この時点では、あくまで健康増進が目的であり、
    楽しく運動しましょうというのがコンセプトだと聞いていたし、
    主婦だから毎回参加できるとは限らないと言うことと
    真剣に何かを目指すとかじゃないと言う事は確認していた。
    その後、転勤だとかマイホーム建てて引越しだとか家庭の都合だとかで
    辞めていく人や、新しく入ってくる人など回転はあったが
    半年ぐらい前に入ってきたママさん(Aさん)が来てから雰囲気が変わった。
    学生時代にレギュラーでインカレにも出たことがあったというAさんは私たちとは格段にレベルが違う。
    そのAさんのちょっとしたアドバイスでトスやサーブが急に上手になった人が何人か出てきて
    そのうち、Aさん主導でママさんバレーボール大会にエントリーしようと言う話になった。
    その時点でチームの人数は10人。
    大会は9人制の試合になるらしいので、ほぼギリギリの人数。
    もう少し増やそうとみんな知り合いのママさんに声を掛けたりしたが思うように集まらず、
    これ以上の退会は許さない空気になってきた。

    このページのトップヘ