伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~

2chで話題になった鬼女関連のスレッドをまとめた2chまとめサイトです。鬼女、キチママ、不倫・浮気、修羅場、復讐などがメインですが、ほのぼのとした内容まで様々な記事をまとめています。

    パート

    152 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/07/28(火) 14:44:26 ID:6TQwBQBD.net
    武勇伝というほどではないけど、個人的に「勝った!」と思った話。

    数年前、新しくパートで入った会社。就業規則はそこそこ細かいのにタイムカードがない。
    そして絶対に時間内に仕事が終わらない。
    毎回終業時間から20~25分くらいの残業。長い時で1時間近く残業。
    これちゃんと残業代つくのかな…と思い、先輩にきいたら「30分単位でつくらしいよ」とのこと。
    30分過ぎたら残業になるけど、29分未満は残業にならないらしい。
    しかもその確認方法が曖昧で、上司いわく「ちゃんと時計見てつけてるから大丈夫」。あやしい。
    「でもこの前30分以上残っても残業代出てなかったよ」という証言もあり。

    身内が多い職場だからユルいらしく、大して気にしてない人がほとんどみたいだったけど、
    私は絶対にサビ残したくないので必タヒでネットで色々調べた。
    残業代は1分単位で計算しなければいけないこと、そして請求のためには証拠固めが必要だと知った。
    とりあえず毎回終わった時間をメモして、帰り際に職場の時計を携帯で撮影した。
    日付+24時間表示の時計なので、この時間に撮影された=まだ会社にいたと証明できる(多分)。

    そして数ヶ月後、私は匿名で社長あてに手紙を書いた。
    「ちゃんと分単位で残業代出してください。でなければこの証拠を労働基準監督署に送ります」
    プリントアウトした時計の写真つき。
    無視されるかもな…と思ったけど、意外なことに効果は劇的だった。
    翌週にはタイムカードが導入され、パートは少しでも残業してると「帰れ」と言われるようになった。
    残った仕事を少ない人数で片付けてる社員の人はちょっと可哀想だけど、
    残業代ケチってパートを残さない会社が悪いから仕方ない。

    仕事自体は辞めたくなかったので、最初の数カ月分の残業代についてはあきらめた。
    請求したら脅迫状?書いたのが私だってバレるだろうし。
    でもサービス残業を撲滅できたし、苦虫噛み潰した顔で「今日からタイムカードつけてね」と
    言ってきた上司の表情が面白かったので満足。

    昨日やってきた新人さんに残業のこと聞かれて思い出したので記念カキコ。

    20 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/11/07(木) 20:06:44
    バイト先の大学生の女の子についてなんですが
    やたら思い込みが激しい所があって扱いに困ることがあります
    最近あった事だと
    賞味期限がわかるように、偶数の日に作った物はこの色のリボンで、奇数の日はこっちの色でそれぞれ封をするという決まりで管理していたのが
    最初はちゃんと出来てたのに、シフトの間が空いて忘れてしまったのかいつのまにか逆に覚えていて
    指摘されると絶対最初からこうでした!と言い張り
    でも他の子達もずっとこっちの決まりでやってるよ?と嗜められても
    自分が出勤していない間に逆にされていてそれを自分だけ知らされてなかった
    とか滅茶苦茶な事を言って収まらなかったそうで…
    結局ほかのパートさんたちも困って、じゃあ今日から逆にしようという事で何とか終わりにしたみたいです
    (その子からしたら、勝手に変わってたのを自分の覚えてるほうに戻させたって感じです)
    私がいない日の事だったのですが、その子の頭では「知らない間に決まりを変えたのは私」
    という事になったらしく若干敵意を持たれてる感じでちょっと厄介です

    366 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/08/08(火) 00:21:42 ID:Ep2sYJYy.net
    パートで行ってた会社が潰れてしまった。厳密に言うと今月いっぱいでおしまいみたい
    で、その事を旦那に話したらすごい素っ気無い返信しかしない
    ああそう、みたいな
    こんなに困ってるし、いきなり倒産なんて無責任だよねって話振ってやってるのに
    そうだねって気の無い返事しかしない
    だからむかついておちょくってんのかって言ったら、昔旦那が努めてた会社も倒産した事があって
    その時は希望者は同業他社に行けたってことがあったんだけど
    その時お前は俺の話を全然きかなかった。だから俺も口出ししないって言われた
    はぁぁぁぁ?何年も前のそんなことを根にもってんのか?こいつアホだ
    弁明するといきなり旦那の会社が倒産しましたってなったらこっちもびっくりするし、話なんてきいてられる心理状態じゃないし
    だいいちその時は他の会社に移れたんだからいいじゃない。
    こっちは勝手に潰れたとか、明日からどうしようとかそういう話をしたいだけなのに
    そしたらパートならまた新しく探せばいいんじやないのだって
    そうだけどそういう話したいわけじゃないんだよ

    200 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/04/03(火) 18:41:36 ID:IjlliIsz
    独身ですがややこしいママに遭遇したので…

    スーパーの厨房で社員として働いてるんですが、夏場はどうしても暑くなるから
    水筒やペットボトルで飲み物を持参する事が許可されてる(ジュース不可)
    私はマイボトル(プラスチックか何かで出来た丈夫な水筒みたいなの)に
    自分ちで沸かした麦茶を入れて持っていくようにしてました
    そしたらそのシンママが欲しい!ちょうだいちょうだい!と騒ぐように…
    もちろん無理、嫌だ、だめだと毎回断ってたんですが出勤して冷蔵庫にしまうたびに
    「いいなー」「どこで買ったの?(私が店名を答える)○○かあ、遠くて行けないなあ」と
    聞えよがしに言ってくる言ってくる

    そして私がそこを離れ、売り場に行って戻っていたら何やら大喧嘩
    …というかシンママ(もう上がる時間だった)の腕を掴んでいるベテランパートさんが楺めていた
    シンママの手には私の水筒が!シンママが口を開くより早くベテランパートさんが
    「××ちゃん(私)、この人あんたの水筒勝手に持ってこうとしてたわよ!」と報告してくれたorz
    知らぬうちに他のパートさんが内線かけて店長を呼び事情聴取へ

    585 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/02/14(金) 08:26:12 0.net
    パート先の若手の社員の男の子がすごくいい子
    いつもニコニコしてるし、物腰柔らかいし、素直だし、何より将来忄生が高く、実家も地方でそっちに戻る予定もないと言う
    うちの娘を紹介するよって言ってるんだけど、会わせてくれとなかなか言ってこない
    社会人になってから彼女はいないと言ってるのに
    ザ草食系って感じなので、こちらが動かないと何も変わらないのかも
    今度職場の花見の時に娘を連れて行ってみようかなと思うんだけど、さすがにやりすぎだろうしな…どういうのが自然な出会いなんだ

    655 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/07/26(水) 02:48:49 ID:oGY3TgYC.net
    職場のパートさん(入ったばかり)が昼休憩の時「これ作ってきたからあげるわ。良い材料使ったのよ~」と
    私の目の前で私以外の人達に自作のおかずをあげてた
    真夏に素人の他人が作った食べ物とか心配だから別にいらないけど、ナチュラルに私だけスルーされたので嫌われてんのかな

    心辺りがあるとすれば前日のこと
    職場で配られた仕出し弁当が1つ余り、上司やその他のみんなに「(私)さんが持って帰りなよ」と言われた
    (職場で一人暮らしが私だけなので食事の用意や食費が大変だろうから、という配慮)
    ありがたく頂戴したところそのパートさんに「この弁当おいしかったからうちの主人にあげたいんだけど」と言われ
    「なんでうちの職場に関係無い人にあげなきゃいけないんだ」とちょっとムッとして「いや明日の朝ご飯にしますんで」と断った

    まあ別に嫌われてても良いけど目の前でやられるとあんまり気分良くないね
    少人数の職場だから愚痴ると雰囲気悪くなるしこういうところでしか言えないや

    297 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/06/26(月) 22:56:07 ID:1zOlfKi2.net
    旦那が超絶仕事人間。
    別段仕事が好きってわけじゃないらしいんだけど、
    こだわりが強くかつプロ意識や責任感が強いタイプなのと、作り込めば作り込むほどお客さんに喜ばれる仕事なため、
    家にまで仕事を持ち込んで、なにやらやっていることが多い。
    おかげで職場・客先での評判は上々らしい。

    で、私は専業主婦なんだけど、夫が帰宅後、家事を終えてまったり休んでいると夫に嫌な顔をされる。
    夫が持ち帰りの仕事をしているのに、私が休んでいるのが気に入らないらしい。
    また、夕飯時には決まって、今日何をしていたの?と毎日聞かれ、掃除と洗濯と料理というような感じで答えると、それぞれ何時間やったの?と聞いてくる。適当に答えるけれど、時間が短いと不満そうな顔をする。
    でも家事の出来栄えに関して文句を言われたことはないし、夫がそんな感じで聞いてくるため割りときちんとやっている方だと思う。
    かといって働きにでてほしいかというとそういうわけでもないらしく、パートでもしようかなと提案してみても、お金には困っていないのになぜ?だったら家のことして欲しい、という反応。

    旦那が仕事中は、旦那が仕事してるんだから何かしなきゃと焦燥感を感じるし、今日は何をしたって話そう・・と昼間からずっとアリバイを考えてる。
    旦那帰宅後は、全て家事を終えて手持ち無沙汰な状態で、でも何かやっている感じにしないとと、ゆっくり座ることもできず、そこらへんをうろうろ。
    とにかく気が休まらない。こんなんだったら、正社員やっていた頃の方がずっと精神衛生上よかった。
    新婚だけど、すごくしんどい。

    97 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/08/21(水) 08:49:24 ID:ByiN9XLp.net
    一昨日から頭痛&発熱が続く→今朝起きたら全身に発疹と水ぶくれが出来てて、どうやら水疱瘡にかかってしまったらしくてこれから病院
    そのことでパート先と楺めてる

    今日はたまたま夜からのシフトだったから「水疱瘡っぽい。朝病院に行ってまた連絡する。もしそうだったら病欠について相談させて欲しい」って旨と謝罪を店長に伝えたんだ
    そしたら
    「うちの子かかったことあるけどひどい風邪みたいなもんだよね、かゆいんでしょ」
    「うちのスタッフは多分みんな抗体あるよ」
    「辛いのはわかるんだけど迷惑がかかるから…顔の発疹がひどいなら裏方として出てもらえないかな?」
    だって
    スタッフに抗体があるからなんなの?スタッフの中に奥さん妊娠中の人いるよね?というかそもそも妊婦も子供も客として来る飲食店だよね!?あと裏方っつっても調理補助じゃん

    出勤に関しては一切反応せず「また連絡します」とだけ言って電話切ったんだけど、なんだかな

    パート先は行楽地にあるお店だから今は超繁忙期だし、少し前にスタッフが複数人減ったのもあって皆無理して働いてる現状ではある
    ほかのパートが病気を圧して出勤する人ばっか(39度の発熱でも出勤してる人いたし、朝熱中症で倒れて救急搬送された人が昼には仕事してたりも)だから余計病欠=甘えみたいな図式が出来てるんだよなあ

    389 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/03/07(土) 01:08:08 ID:UZe
    嫁に当たり散らしてたら、2歳と4歳の子を置いて朝パート入れられた。
    週4日、朝二人の子ども起こして着替えさせてごはん食べさせて送るのは俺の仕事になった。
    夏から半年続いていて、冬は早起きがとにかくきつかったが、春に向かってあたたかくなってきたし
    パートは3月で辞めると言っていたので、それを希望にしてがんばってきた。
    でもパート楽しいらしくて、なんだかちゃんと辞めてくれる気配がない。
    俺も怖くてなんか聞けない。

    597 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/12/15(木) 12:25:19 ID:23C
    「私さんて食品扱う前にそんな丁寧にアルコール付けるんだねー!指の間とかさー!」
    「私さんて真面目なんだねー!」
    「私さんてせっかちでしょー、私と一緒!」
    「私さんてずーーっと仕事する為に動いてるよねー!」

    なんていうか、パートで会う度に笑顔でこんな風に言われるから疲れた
    私何か間違えましたか?昔食品扱うバイトで指導された通りにアルコールを手に付けているんですけど。次に何をしようか考えるついでに補充とか細かい作業する癖がついていまして。あ、もし邪魔していたらごめんなさい。私そんなに気忙しいですかね、すみませんと返しても相手は
    「いやいやー、別にそんなんじゃないのよー!」
    と言うばかりなんだけど
    この人がまた生粋の京都人だからすごく怖い
    見た目明るくて、自称「思った事は正直になんでも口にしちゃう」らしいんだけど
    なんだか怖い

    疲れすぎて何が言いたいのか分からなくなってきた
    とにかく疲れた
    それとは別に大学生のアルバイトが平気で遅刻してくるわロクに掃除もしないわそのしわ寄せがこっちに来るわでとても疲れた

    このページのトップヘ