バス

    637 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2003/08/06(水) 22:20:00 ID:VUcbvyji
    ちょっと思い出したので。
    武勇伝ですらない上に、うちの親の話で恐縮なんだが。

    あるとき、バスに乗っていると、降りようとした小学生が
    運転手ともめていたそうだ。
    話を立ち聞きしてみると、お金をちょうどしか持っていない
    のに、間違った路線に乗ってしまって、このままでは家に
    帰れない、と涙目になっていたらしい。

    運転手も融通の利かない奴で、規則だから、の一点張り。
    他の乗客も無視。

    うちの親は、運転手の前に千円札を突き出して、
    「これでバスカードちょうだい」
    というと、その子にカードを渡してバスを降りてきたそうだ。

    その話を後で聞いて、
    「普段は子供はうるさいって言ってたくせにどうしたの?」
    と、笑うと、
    「いや、でも他に誰もいなかったし」
    と、恥ずかしがる親を俺は可愛いと思った(w

    942 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/08/06(木) 06:55:33
    義父の葬儀の時
    夫は義父は形にこだわる人だったから霊柩車を頼む
    トメはそんなのお金がもったいないからバス(棺を乗せられる仕様)でいい、でもめた
    喪主は夫、
    ウトはほとんど貯えがなかったので
    費用はお香典と夫、義弟、義妹で折半すると話し合ってた
    義弟妹もほかの親戚も夫を支持したのが悔しかったのか
    トメは私に意見を求めてきたので夫の言う通りが良いと思うと答えたら
    「あんたに関係ないでしょ!余計なこと言わないで!」
    と逆切れされた
    ムカついた

    11 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/07/23(金) 18:09:35 ID:l+y1Zbiw
    自分は子梨ですが。

    以前国内最大級の航空ショーに行った帰り、
    青衝動の良い写真が撮れたとホクホクしつつバスに乗っていました。
    我が家は田舎なもので車内は自分の他には中年のおっさんが一人だけ、
    時間も結構遅かったのですが、途中から子連れの若いママさんが乗って来ました。
    子供は5歳位で、ママさんはおっさんの真後ろの二人がけの席に子供と座りました。
    ガラガラの車内での位置取りとしては明らかに変なので何となく見てたんですが、
    ママさんはいきなり身を乗り出して前(おっさんの横)辺りに上半身を乗り出し、何やらゴソゴソと。
    スリだなと思って首から下げていたデジイチの電源を入れ、ママさんの手元にピントを合わせて連写。
    後から見てみたら、背もたれの向こうからママさんの握った財布が現れ、
    そのままママさんのバッグの中に入って行くシーンが綺麗に写ってました。

    シャッター音に驚いたママさん、財布をバッグに押し込んだ後で振り返り、
    「何撮ってんのよあんた!プライバシーの侵害よ!」
    と立ち上がりこちらに来ようとしたのですが、丁度信号か何かでブレーキがかかり、そのまま転倒、
    座席の肘置きに頭をぶつけて動かなくなってしまいました。
    おっさんを起こしてママさんの財布から半分はみ出した財布を確認してもらい運転手さんに事情を説明、
    もう終点だったのでそのまま通報、K到着、ママさん引渡し。
    ママさんは頭を打っているかもという事で病院に連れて行かれ、その後Kに。
    自分も事情聴取をされました。

    子供の見てる前で盗みだとか、それよりも自分が乗っていたのに気付かなかったのかとか、色々とアレな出来事でした。

    576 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/11/21(水) 13:42:20 ID:x4j6pcYe
    流れ読まず書き込む!

    私はバス通勤。始点から終点まで乗るので、バスの後ろの方に座る事にしている。

    この路線は間に大きな公園などを挟むためちょっと遠回りをするけど、途中で止まる事がほとんど無い。通勤時間帯でもそんなには混まず、ちゃんと詰めればみんなが座れるくらい。

    その日もいつものように、後ろのタイヤの上の座席(周りよりちょっと高くて見晴らしが良い)に座って壁にもたれてぼ~っとしていた。車内は程よく混んでいてざわついている。
    途中、その大きな公園のあたりで、前の方に乗ってるおっちゃんが降車のためのブザーを押したのを見るともなしに見ていると
    (乗り込む時から赤い顔をしていてほろ酔いなのが目についたから、何となく気になってた)
    バス停で停車したのにおっちゃん降りない。運転手さんも車内アナウンスで確認するも誰も降りない。で、再びバス発車。間違えたのかな?と思って見ていたら、すぐまたおっちゃんブザー押す。バス停車。誰も降りない。
    運転手さん確認アナウンス。バス発車。おっちゃんブザー押す。バス停車。誰も降りない…
    おっちゃんの席には手元近くにブザーのボタンがあって、誰にも気づかれていない様子。

    3回目には運転手さんのアナウンスがキツくなり、4回目のバス停で運転手さんがキレた。
    「イタズラをやめない限り発車しません!」
    朝の時間は本当に貴重だから、遅れるのは5分でもかなりツライ。
    見てたのは私だけみたいだし、どどどどーしよーって1人でアセってた。
    でも、後ろからだけどおっちゃんの口元がわらったかたちに動いたのが見えて、私の中で何かが切れてしまった。

    427 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/11/21(水) 10:06:17 ID:HUGhOp1Y0
    286 名前:なごむ[sage] 投稿日:2011/03/11(金) 21:21:38.22 ID:GvITk+uCO
    今朝、バスに盲導犬連れたおじさんが乗ってきた。
    盲導犬の実物を初めて見たので「やっぱり賢そうだなあ」と思って見てたら、
    おじさんの近くに座ってた小さい姉妹の会話が聞こえた。

    妹「わんわんだ!ねーたん、わんわんだよ!」
    姉「あやちゃん、大きい声で喋ったら駄目だよ。
    あとね、あのわんわんはお仕事するわんわんなんだよ。
    今はお仕事中だから、遊べないんだよ」
    妹「おしごとしてるの?」
    姉「お目め見えない人を、ぶつかったり危ない事無いようにお外に連れて行くお仕事をするわんわんなんだよ。
    お仕事の邪魔したらいけないから、可愛いけど触ったりしちゃいけないよ」
    妹「あのおじちゃん、おめめみえないの?」(心配そう)
    姉「そうよ。でも、あのわんわんがいるから、危なくないようにお外に行けるんだよ。
    あのわんわんがおじちゃんのお目めなんだよ。
    あやちゃん、お目め触られたら痛い痛いでしょ?お目め目隠しされたら困るよね」
    妹「うん」
    姉「だから、あのわんわんは触ったり邪魔したらいけないの。おじさんのお目めだからね」
    妹「わかった。あのわんわんはおめめなんだね。すごいねー」

    この姉妹と盲導犬連れたおじさんの近くにいた人達、全員ニコニコしてた。私も口元緩んだ。
    盲導犬連れたおじさんもニコニコ。
    お姉ちゃんは小学校低学年くらいだったけど、
    幼児の妹にわかりやすいようにゆっくり説明してて感心した。

    *

    和むと同時に分かりやすく説明出来ててすごいなと思う

    引用元:http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1176477429/
    745 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/05/02(水) 08:28:49 ID:e6MCrY/Y
    数年前、北国に住んでいた頃
    バスで通勤していたが、冬は雪の為にバスが定刻に来る事は99%なかった
    雪国だし、これはこれで仕方無いと思い早めのバスに乗るように心がけていたが
    それでも時間に間に合わない事が多々あった。

    しかし、ある朝バス停に歩いていると既にバスが来ており
    2、3人乗り込もうとしている。100メートル程をダッシュして乗り込んだ。
    飛び乗りながら、運転手に「ありがとうございました」と言った
    目的地で降りようとした俺に突然運転手が「あんた、何も言う事ないのか?」
    とマイクを通して言ってきた。「止まって待っててやってんのに、何も礼はないのか?」
    と畳み掛けてくる。

    切れたね。
    「礼はちゃんと言ったのに、お前が聞いてなかっただろ」「毎日毎日何十分も
    寒い雪の中待たせた挙句、詫びの一言も無い癖に、十秒待っただけで礼が聞こえないとは
    一体何様のつもりだ、テメェ!!」
    乗客が「そーだそーだ、ふざけんな」と言い出したので運転手は怯えきっていた。
    市営のバスの運転手は本当に糞が多い。いい人もいるけど。

    腕力に自信の無い俺の唯一の武勇伝。武勇伝じゃないか、これ。

    209 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/03/28(土) 15:36:50 0.net
    愚痴

    義弟子とうちの子は同じ年齢で4月から同じ幼稚園に通う
    うちと義弟夫婦の家は200mほど離れているんだけど
    その間に川があって、その川の向こう側は自力通園
    川のこちら側は遠方認定されてバス通園となっている
    特に義弟嫁に言うこともでもないので話題にしたこともなかったんだけど
    先日、「朝一緒に通園しましょうよ」とお誘いを受けて
    「あ、うちバス通園だから」と言ったらいきなり「え?なんで?うちとそんなにかわないよね?」といきなり食ってかかってきて
    ずるいずるいと連呼してウザかった
    ウザイだけならよかったんだけど、この前突然
    「うちの子、戸籍上だけそっちにお世話になりたい。
    そうしたらバス通園になるし」と言い出した
    当然拒否したんだけど、それ以後も連日何やらチクチクメールとか送ってくる
    そこまでバス通園したいのなら私立でもいれろや
    もしくは川のこっちがわに引っ越してこいや
    …と言いたいけど、子供同士の事もあるし言えない
    このまま2年間言い続けられるんだろうか・・・

    引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1522501158/
    453 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/04/18(水) 18:44:40 .net
    実家近所のおばさんを村八分に追いやった事

    中学の時、友人(Aちゃん)が事故で亡くなったんだが、自杀殳と取られてもおかしくない亡くなり方だったので、新聞やテレビには自杀殳としてデカデカと報じられ、余り親しくない人達はそれを信じて大騒ぎしてた
    中でも質が悪かったのが近所の同級生母(以後ばばあ)で、「妊娠してたらしいわよお」と吹聴して歩いてた
    勿論そんな事実は全くなく、面白おかしく噂話を広げてるだけ
    それを知りながらも、何も出来ず、ただただ泣き暮らす友人家族

    実家の辺りは最寄り駅まで地域のバスがピストン輸送するシステム
    だからバスの客は全員ご近所
    社会人になってしばらくしてその日は訪れた
    そのばばあも毎朝私と同じバスで違うバス停から乗って行く
    Aちゃんのお父さんも同じバス
    その日は珍しく兄が同じバスに乗ることになり静かな車内で話していた
    私「そう言えば○○のおばちゃん(ばばあ)がAちゃんの事をタヒんだ後色々ひどい噂流してたよね」
    兄「どんな?」
    私「妊娠してたんだってーとかふれ回ってたらしいよ。酷いよねー」
    見る見る険しくなるばばあの顔
    腕組みしてじっと目をつぶるAちゃんのお父さん
    ジロジロとそのばばあを見るバスの客達
    翌日からばばあをそのバスで見かけることはなくなった
    あれから数十年
    時々実家の母から聞く所によると、殆ど家から出ず、いまだに村八分だそうだ
    私の同級生(ばばあの子供)も実家に寄り付かず、いつも険しい鬼婆みたいな顔で歩いているらしい
    昔は美人だったのにねー

    このページのトップヘ