こわい話

    719 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/21(金) 20:37:36 ID:7LaCNLkIO.net
    四十代の自動車整備士です。
    うちのガレージの隣がマンションなんです、一階が駐車場になってるタイプの。

    で、うちのすぐ隣の駐車スペースにもうずっと、半年以上停めている車があるんです。
    職業柄、気になるんですよ、不動の車。

    自動車ってのは動かさないとガタが出てくるもんなんです。エンジンが具合悪くなったりね。

    で、何となく気にかけてたらどうやらマンションの管理会社の社用車らしい。

    引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1517886776/
    144 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/02/11(日) 03:19:49 ID:DyI6XME20.net
    親から聞いた自分が子どものころの話

    買い物に行く途中、自分が急に親を引き止めた
    どうやら近くの電柱のあたりでおじいさんがおいでおいでって呼んでるらしく、行ってもいいかとのこと
    親にはそのおじいさんが見えなかったので薄気味悪く感じ、ダメだと言って道を変えるだか引き返すだかしたらしい
    そしたらその電柱に車が突っ込んできたんだって
    それ以上の詳しいことは聞いてないけど、それがほんとなら危うくタヒんでたかも
    道連れはやめてほしいね

    719 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/11/27(日) 10:08:45 ID:0IK5jvpD
    ・小学生中学生の通学路
    ・車2台がやっと離合できるくらいの幅の道路
    ・見通しが悪いカーブがある
    ・どちらかが止まらなければ通れないカーブもある

    こんな道を飛ばしてくるドライバーの気持ちがわからない
    しかも通学の時間帯に。
    歩道はあることはあるけど、狭いし途切れて白線のみの場所も数か所あるのに。


    もうひとつ。
    今朝犬の散歩してたら、突然見知らぬケバい女に呼び止められ
    「あんたの旦那盗ってやったから」
    とくっつきあってるラブラブな写真とネ果で抱き合ってる(どうやって撮った?)な
    写真見せられた。
    驚きとショックで写真握り締めながら「え?え?」と震えていると
    女は勝ち誇ったように旦那はあんたには飽きてるだのブスだのなんだの
    私を罵倒して笑いながら去って行った。

    私、旦那どころか彼氏も5年以上いないんだけど。もちろん写真の男も
    知らない人だったし。
    怖くなってそのまま犬とじいちゃん家に避難してるんだけど(じいちゃんいねえorz)
    交番に相談というか報告と言うかしといた方がいいのかな。
    交番つっても2、3キロ先だし、今日は車もないしで躊躇してる。

    106 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/10/04(日) 18:10:36 ID:DnA
    彼氏が屑だった事が分かった
    女と関係しては、女が本気になるとウザいと言って捨ててたらしい
    それがある女(仮にA子)に惚れて、必タヒで口説き落としたそうだ
    今までと違って本気で、その尽くしようは僅かに残った友人達にも伝わったらしく、
    みな応援したり手伝ったりしてたと
    その甲斐あって、お友達からお試しのお付き合いにまでようやく発展
    しかしそれからまた1年以上の時間をかけて、ようやくA子から「あなたのことを好きになったみたい」
    と言われたそうだ
    そしたら、彼氏、あろうことかA子に冷め、突然逃げた
    それまでの女と違い、体の関係もなく、本気で惚れてたと思われてたのに、らしい

    その後A子が自杀殳
    彼氏は葬式でA子親に殴られ、残った友人達にも見捨てられ、後悔と自責の念にさいなまれていたところを、
    私と偶然出会って交際が始まった

    ある日手紙が届いて、そこにはA子に関する上記のことが書かれてた
    もちろん私には初耳だった
    それからも彼氏と付き合ってるとまた同じような内容の手紙が届く
    ついには「直接会ってあなたの彼氏のことを話したい」とあった

    会うのは嫌なので記載の連絡先にメールして、それからメールで遣り取りをした
    手紙の主は彼氏の元友人達の一人だった
    今でも彼氏と間接的につながりがあるらしく、彼氏からまた彼女が出来たと聞いて、我慢出来なくなったと
    私に「A子さんと同じような目にあってほしくない」そうだ
    遣り取りの中で、ああこの人はA子が好きだったんだなと分かった
    このあたりで彼氏とはちょっと無理だなと思った

    809 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/06/09(日) 22:05:01 0
    ちょっと長くなるかもだけど、金持ちのDQN3人組に夫婦揃って杀殳されかけた話をして見る。
    その日ちょっと小雨まじりだったんだけど、アパートの近くの海岸沿いの砂地を嫁と散歩してたら、いきなり後ろから
    「おい、みただろ?」とか坊主頭のDQNが言ってきたんで
    「何言ってるんですか?あなたなんか知りませんよっ」ていったら嘘つくなっ!!とか言って殴りかかってきた
    いきなりだったんだけどなんとかガードして組合ってたらすぐに別のDQN2人がやってきた
    そして悲鳴あげながら警察よぼうとしてた嫁のスマホを取り上げ、海に放り投げた、そうこうしてるうちに
    なぜか持ってた麻袋?のようなもので嫁を袋詰めしようとしてた。
    それを見た俺、ヤバイっと本気で思った、初めて命の危険を感じたというか・・・
    それで組み合ってるDQNを信じられないような力で振りほどき(これが火事場のバカ力っていうんでしょうか?)
    足元に落ちてた傘を拾い上げ、渾身の力を込めて突き!! 俺実は学生時代剣道やってて一応3段持ってたし
    傘が結構な武器になる事も護身の心得として知ってた。 傘の先端がDQN1の肋骨にヒット、ゴキっいう鈍い音が
    しうめき声をあげながらDQN1が崩れ落ちる。感覚からして肋骨の2本ぐらいは砕けたハズ、コイツは戦闘不能だと
    判断してDQN2と3を見るとまさに今嫁が袋に完全に入れられる寸前だった。

    285 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/07/19(火) 13:23:53 ID:QT4
    ちょっと前にプロポーズの話が出てて思い出したんだけど、20代半ばの頃、
    付き合ってた彼氏に突然プロポーズされた。
    前述みたいな付き合って一か月wとかではなかったんだけど、まだ半年くらいで、将来の話とかもしたことなかったし、
    まだ結婚をそんなに考えてなくて、
    「嬉しい。でもまだ結婚を真面目に考えた事がなくて、返事は少しだけ考えさせて欲しい」と返した。

    その瞬間、彼が持ってた紙袋(彼の買ったジーンズ入り)をバックハンドに振ってスパーンと顔叩かれた。

    「こういうのは、するとかしないとか、すぐ返事するもんだろ!!じらせる立場かよブスが!!」と吐き捨てて、
    周囲の騒めき(わりと混雑したショッピングモールだった)をよそにスタスタ立ち去って行った。

    当時は「プロポーズをその場で返事しないってそんなに悪いことなの?」と悩んだけど、周囲に相談したら、
    「すっごい男だねw馬脚現すの早すぎww」と笑い倒され、
    怪我はすり傷程度だったので、蜂に刺されたと思ってあの人のことは忘れようと思い、着信拒否した。

    一か月後くらいに、
    「元気かな?あの時叩いたのはゴメンね、それは正直謝るよ(なんか謝ってる顔文字)。
    でもあの時は恥ずかしかったんだよ、結婚申し込むのなんて初めてだったし。そういう男心ってわかるかな?
    で、答えは出たかな?」
    というメールが知らないアドレスから来たので、「出ました。嫌です」と返事して、新しく着信拒否した。
    数回同じやり取り(知らないメールアドレスからry)した後、連絡は来なくなった。

    自分を着信拒否してる女と結婚したいってどんな気持ちなのか、全然わからない。
    ブスな私のことが好きなわけではないのは確かだから、結婚願望がすごいのかな。

    45 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/10/04(木) 22:19:12 ID:iIi
    ちょっと前に紹介された女がしつこい。
    俺自身177センチの中肉中背なんだけど、知人に女性.を紹介された。
    初めて会った時にぽっちゃりしてるなー、顔の割に背がなんか小さいな?と思ってたけど
    遠目でみてわかったが足がビックリするぐらい短い。
    足首あたりがふといまま足になってる。
    手も短いし遺伝か?
    あと声が生理的に受け付けない。変に高くてアニメ声?生まれつきと言ってたけど地味目一重まぶたの松浦似だからなんか悪い意味でギャップヤバイ。
    べつに松浦がブスだと思わないし、太ってるひとがキライってわけじゃないのになんかこの子からは嫌悪感しか感じなかった。
    紹介した人の顔立てるために二人でとりあえずお茶したけど、座るとひどい猫背で、食べるもの全て迎え舌になる。
    ちらっと見えたけどね…前歯の左側面一本なかった。
    話す会話は「私もう少し背が欲しいな」とか「小さいから高い所とるの大変でー」みたいな低身長アピールからの「背の高い人と付き合えばバランスいい」とか言い始めてた。
    色がたしかに色は白いかも知れないけど、ケアしてないのか日焼け止め塗らないのかわからないけど、肌がブツブツしてるし、シミもひどい。
    色が白いから余計目立つし、膨張色だから余計に太ってみえる。
    サラダバー取りに行った先で子供に体当たりされたのに対して怒りだして
    ギャルがドス効かせた様な声で怒鳴ってたのを見た時は引いた。
    子供嫌いは別にいいし、そもそも体当たりした子供もわるいからアレだけどアニメ声地声じゃないじゃん。
    時間おいて普通に話せば?その方がいいよ!といったら「だからーこれが地声なんです~皆作ってるって言うけど!こう言う娘もいるんだから!」って言われてなんか頭痛くなった。

    夜になって帰り道いきなり腕組んできて胸押し付けてきた、いや、腹も当たってたんだけど…
    しつこくライン聞いてきたりしたのでやってないふりしたけど、誰かに聞いてきたらしく連絡してきて鬱。
    紹介してた人は「松浦きってのお願いだからお試しっで」いわれたので即無理だと伝えたら「男なのにそんな事あるの?」って逆に聞かれてこっちがビビったわ。
    男は女が好意をよせてきたら飛びつくのがあたりまえなの??
    なんか外堀り埋められてる感がある。
    男友達は「いま彼女居ないならヤレルだけやれば?」という感じで話にならない。
    好きでもない女と付き合って行為して運悪く妊娠したらデキ婚とか最悪じゃん。ヤダヤダ

    235 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/21(月) 22:59:02 ID:HWjm/FKU.net
    仕事の同期で
    私は高卒、彼は大卒だった。

    付き合って1年くらいで
    プロポーズではなく打診のように
    「結婚しても正社員で働く?」
    と聞かれて
    「せっかく資格も取れたし
    しばらくは働きたいな」
    それで彼は何も言わなかったので
    そのまま忘れた。

    378 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/08/03(日) 18:40:53 ID:yzx34L8rm
    いとこの話、伝聞調にするとウザいんでいとこ視点で書きます。
    あと、若干オカルト注意

    私の母の実家は代々霊感もちが多め。
    私や叔母は全然ないけれど、祖母、母、妹、兄娘などが若干の霊感もち。
    でも霊が祓えるほどではなくて
    「なんとなくいいものか、悪いものかわかる」程度と聞いていた。

    結婚して6年目に旦那の不倫、不倫相手の妊娠が発覚。
    上手くやってきたと思っていただけに青天の霹靂。
    大混乱しつつ、再構築を希望し、別れない!!と主張する私に、
    離婚届(記入済み)と「俺のことを忘れて幸せになれ」という手紙を
    置いて旦那は逃亡&転職してゆくえ知れずに。
    貯金は慰謝料として(?)3分の2ほど残してくれていた。

    私はショックのあまり寝込んで、実家で静養することに。
    しばらくして夫からlineで連絡が入るようになる。
    結構な長文で離婚届の提出の催促と、
    私の健康を心配する内容だった。
    返信はしたが、どうしても離婚届はだせなかった。

    ある日、旦那からのlineをみたら、
    「いやだ!タヒにたくない!!」っていう旦那の絶叫が耳元で響いた。
    びっくりして絶叫してスマホを投げ捨てた。
    私はてっきり、そういうボイスメール的な新機能をlineがつけて、
    旦那がそれを悪戯で送ってきたのかと思った。

    717 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/04/25(水) 10:07:46 ID:xEIfhcIu.net
    放置子が来ても私はひたすら無視してるから今度は夫に目をつけたらしい。
    「赤ちゃんかわいいねー!パパもやさしくていいなー!子供好きそうだし!うち、こんな家に生まれたかったあ」
    とか言ってる放置子に
    「自分の子供しか好きじゃないよ。気持ち悪いから勝手にパパとか呼ばないで」
    って夫が言ってた。
    夫は前は放置子相手に困り顔でニコニコしてたけど
    「あーあ!赤ちゃんがいなきゃうちがこの家の子になれるのに」
    って言われてから警戒するようになった。
    私がいない間に家に入れちゃうんじゃないかと心配だったから本当に良かった。

    このページのトップヘ