冷めた

    58 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/07/03(土) 02:24:04 ID:EG.np.L1
    理不尽だと思うけど彼氏の字が汚すぎて冷めた
    汚いけど読めるじゃなくて、吐き気がするレベルで汚い
    彼女へのバースデーカードとか普通は丁寧に書くと思うけどバースデーカードという前提があるから読めるけど無かったら無理だなレベル
    履歴書なんか読んでもらうものなのに読めない
    付け焼き刃でもペン習字とかした方がいいよ?と言ってみたけど、自分なりに丁寧に書いてるし!これが限界だ!普通に読める!と逆ギレ
    そりゃ自分で書いた字なんだから自分は読めるだろうさ
    頭がいい人が思考の速さに筆記が追い付かないは聞いたことがあるけど、走り書きで汚いではないし、そもそも彼は天才ではない
    バイトで学生のレポートを50枚くらい読んだけど、吐き気がするレベルで汚い字に出会うことはなかった
    美文字を要求してるわけではなく、悪筆レベルが生理的に無理だった

    931 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/03/18(水) 18:53:37 ID:AJ0YsKaV
    今日彼に冷めました

    今日は私の30歳の誕生日。
    30といっても仕事も順調だし、結婚はしてもしなくても良いなと思っています。
    その事は彼にも話してるので、結婚からの逃げでは無いと思うのですが
    「僕は30歳未満の人としか付き合わない事にしてるので、今日でサヨナラ」というメールを受け取りました。
    腹がたつとか悲しいとかいうより、なんて下らない男と付き合ってしまったんだろとサーッと冷めました。
    ちなみに彼は35歳。
    「私も薄らハゲのチビデブにはうんざりしてました」と返してやりました。

    587 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/12/18(水) 10:27:36 ID:gj.er.L1
    彼がオンラインゲームにハマってからどんどん口が悪くなって気忄生も荒くなった
    最初は口の悪さが目立つのはゲーム中のフレンドとの会話だけだったけど、私生活でも怒りの沸点が低くなったりものの言い方が変わってきてしまって
    主語を抜かして相手に物を伝えるから相手が話を汲み取れない→頭悪い、日本語通じないチ○ンか?を連呼しながら捲し立てるようにブチギレ
    運転中も直前まで穏やかに会話してたのに急にブチギレて車の中から怒鳴りだすし(車の窓は閉めてるのに外の人がびくっとしてるからかなりの声量)
    コンビニで食パンに向かってイライラしだした時が一番もう無理だと思った
    都度落ち着かせようとするけどずっと一人で怒ってた
    身の回りのあまりできていない人や気に食わないことを全部ゲームの知り合いや出来事と重ねてイライラするくせがある
    冷静に話し合おうとしても二言目にはもう怒鳴り散らしてるから別れ話も満足に出来ない
    一緒にいたら疲れるので会うのも億劫になって顔を合わす頻度も減った
    本当に別人にすり替わってるんじゃないかと疑うレベルで人が変わった
    もうこのまま自然消滅でも良いかと思い出してきた

    110 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/03/08(金) 14:30:31 ID:KHG42fe2
    新車を買った彼女。
    事故らないように御祓いに行き、お守りをつけ、
    週末には洗車して月1でワックスをつける。
    大事に大事にのっているのはわかるんだけど、
    あるとき助手席に乗っていたら独り言がひどい。

    「モコちゃん行くよ~がんばろうね~」
    「はあ~可愛いもこちゃん偉いね~」
    「あ、あれも新型モコちゃん。
    でも私のもこちゃんの方がかわいーね~」
    「あ、MRわごんや…もこちゃんのほうがかわいいね~」

    こんなので冷めるのもどうかとおもうが、
    何だかこのまま付き合って結婚とかになったら
    「うちの子が一番可愛い!ほかの子はブス!」
    とか言うモンペになるんじゃないかと想像してしまって
    別れた。

    681 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/02/12(月) 13:28:56 ID:0XSpfQsG.net
    百年の恋ってほどでもないけど
    職場に雰囲気や仕草が可愛らしい子が新人で入ってきて
    仕事教える機会があり、その時字が綺麗で一生懸命メモを取る姿を見ていいなと思ってた

    働いて1、2週間くらい経つと、休憩中はバッグと弁当持ってトイレへ入ってく姿が散見された
    どうやら休憩中は休憩室ではなく、トイレで1時間過ごしてるらしかった
    「休憩室使わないの?」と聞いてみると
    「なんか居心地悪くて…」と言ってた
    特にイジワルされてるわけではないらしいんだけど
    みんな仲がいいから疎外感を感じるんだそうな
    といっても、みんな基本優しいので積極的に話しかけたりしてるんだけど
    彼女曰く、それも嫌だったらしい
    飲み会(歓迎会)に誘っても「いや、ちょっと…用事が…」と毎回断ってた
    どうやら、できればほっといてほしいけど、私の前で仲良くするのも孤独を感じるからやめてほしいと
    それを聞いて、どうすりゃええねんw状態
    可愛らしいから仲良くなりたいと思ってたけど、この時点で冷めた

    その後も、仕事中泣き出したりしてた
    理由を聞くと「居心地が悪くて…」

    女忄生陣曰く、休憩中ずっとトイレに篭られてるのでトイレ行きづらいし
    個室が3部屋あるうちの1部屋占領されてて
    弁当もトイレの個室で食べてるっぽいのでその真横で排泄物出すのが申し訳ないと
    休憩室で一緒にごはん食べようよとか、お金にあるなら外食しない?と誘ったけど
    「あ、いや…だいじょぶです」でと断られてしまうと
    彼女は1ヶ月半くらいで辞めていった
    多分何か事情があったり、精神的に不安定なんだろうけど
    小学校の心に傷を負った転校生じゃないんだから、なんでこちらがあなたに合わせて気を使わなきゃいけないのwと思った

    65 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/10/14(水) 12:54:58 ID:1dk
    結婚数年目に元旦那が職場の後輩から言い寄られ、
    それをなぜだか私に「俺さん素敵ですねーとか言われちゃったよ、
    奥さんいなかったら私がチャレンジするのにィだってよ!」と
    嬉々として報告してきた。
    こっちとしては面白くないけど、
    元旦那曰く「既婚者だって知ってるんだから本気じゃない、
    気心知れた先輩後輩のジョークみたいなもんだよ」と。
    他にも「二人きりで飲みに行きませんかって誘われちゃったよ!」とか
    「お悩み相談受ける為にプライベートのメアド教えたよ!」とか
    会社の行事で元旦那に私が同行した時に私の目の前で二人で腕を組むとかいろいろあった。
    ああいう事はやめさせてほしいと言っても、「ジョークにマジになんなよw」
    「焼き餅焼くなよw」って感じで暖簾に腕押し。
    「職場の人間関係もあるんだからやめてくれとかきつい事は言えない、
    後輩は冗談だって弁えてるし俺もそんなつもりはない」って言い張ってたけど、
    私にはどうしても元旦那が満更でもないって風に見えたし、
    本来なら私の居場所(妻帯同で出なきゃいけない行事で、
    私ではなく後輩が元旦那と腕を組んでる)に彼女がいるのを
    元旦那が許しているようにしか見えなかった。
    そんなこんなで1年ほどが過ぎた時に、とうとう元旦那が一線を越えた。
    こっちはもううんざりして離婚しようって言ったんだけど、
    元旦那はびっくりしてたなぁ。
    私が嫌がるのが自分への愛故で、嫌がる事をされる度に愛情が薄れていってるなんて考えもしなかったみたい。
    「もう無理です、後輩と再婚したら」って言った時、
    「本気で愛してるのはお前だけ、後輩とは物の弾み、後輩もそれは分かってる」って号泣してた。
    後輩とはメールも電話もしなくなり、思わせぶりな態度も全て拒否するようになったけど、
    なぜそれを1年前にしなかったのかと益々冷めた。

    988 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/06/03(木) 20:42:36 ID:ov.qs.L1
    出会いの場で知り合った人に割り勘されて冷めてしまったつまらない話。
    二回目に会った時、映画を見た後お茶して帰ろうってなって駅ビルのカフェに入った。
    私はリーズナブルなところに入りたかったんだけど、下の階にあるチェーン系のカフェが空いていて、相手がここでいいじゃん!と言ったのでそこに入った。
    チェーン系のカフェなのに少し高級なコンセプトの店だったみたいで、コーヒー1杯800円~で正直高いなー嫌だなーと思ってたんだ。
    先にレジで注文してコーヒーを受け取る形の店だったんだけど、レジの店員さんにお会計はいかがされますか?って聞かれて淀みなく「別々で!」って言われてえっ…?って思ってしまった。
    映画のチケットは割り勘で、それはお互い観たかったものだから別に良いけど、わざわざ高い店を指定しておいてお茶の一つも奢ってくれないの…?って思ってしまった。
    この話を他でしたら「別にデートでコーヒー800円は普通、あんたがケチ」と言われてしまったけど、
    以前友達とコーヒー1杯600円~のお店に行こうとしたら友達に「ごめん、コーヒー1杯にそんなかけてられないから別のところにしよう?」って言われた事もあるし、別に私はケチじゃないと思う。
    私はもっとリーズナブルなところで良かったし、相手がわざわざ高い店を指定したのに堂々と会計は別々で!って言われて萎えてしまった。
    これは賛否あるだろうけど、コーヒー1杯800円のところで割り勘されるくらいなら1杯300円のところで奢ってもらった方が私も嬉しいし、向こうにとってもカッコつくしトータル的に見てもWIN-WINなのに、なんだかなーとモヤモヤした。

    モヤモヤしつつも次の約束もしてしまっていたから行ったんだ。サイゼじゃないけどリーズナブルなイタリアンレストランに行った。
    先に相手が「あ!俺このピザ食べたい!このパスタも食べたい!」って言うからじゃあそれで…ってなって、メインは早々に決まってしまった。
    メインは相手が早々に決めてしまったもんだから前菜は私が決めてもいいよね、と思って遠慮なくこれ食べたい!って言ったら
    「えー、これよりこっちの盛り合わせの方が良くない?◯◯ちゃんが選んだ前菜も入ってるし!その前菜は全部食べちゃっていいからさー!」って言われて、渋々前菜は盛り合わせに決めた。
    向こうはその前菜がイマイチ好きじゃなかったんだろうけど、それならそう言えばいいのに、自分の提案は受け入れてもらったのに私の提案は却下して良い提案したっぽく振る舞うのってなんだかなーと思ってた。
    料理が届いて、パスタを取り分けてあげるよ!って言って1/3くらいを私に取り分けてくれた。
    向こうも1/3くらい取り分けて食べるのかと思いきや、取り分けはせず残り2/3のパスタをいただきます!ってそのまま食べ始めたので唖然とした。
    ピザは1枚多くあげるね!っていかにも余裕ぶって譲ってあげるよって空気を醸し出されたけど、いやいやそれはあんたが決めるのか?と思った。
    で、お会計。2人合わせて6400円とかで、私はもう相手に冷めていたから割り勘でいいやと思って3200円を先にトレイに置いた。
    そしたら相手は3000円しか出さないでボーッとしてるの。思わずイラッとして「小銭出して!」って言ったらビクッとして出してた。小銭があるのに出さない姿にもう萎えまくった。
    その後二度と会ってないけど、よくよく考えたらメインのパスタもピザも自分で決めて、しかもパスタは2/3自分で食べておいて、ピザを一切れ譲ってイーブンにしたつもりかもしれないけどよく割り勘で平気な顔してるなって思ってムカついた。
    俺が多く食べたから奢るよ!とか多めに出すよ!くらい言えないのかなーと思った。
    叩かれるかもしれないけど、私は彼と出会った場所はカジュアルな出会いの場だと思ってたけど、彼は婚活だと思ってたみたいでそう言ってた。
    婚活だと思うならなおのこと割り勘にして平気な神経がわからない。
    ちなみに初めてのデートは居酒屋に行き、会計が7000円台で◯◯ちゃんは3000円でいいよ!と言われたけど、結局小銭も出したので向こうは1000円くらいしか多く出していない。
    気に入られなかったならそれまでだけど、向こうは気に入ったみたいで次いつ会える?俺は今月は◯日以外予定ないから会えるなら会いたい!って前のめりだったしなんだかなーって話。

    959 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/08/03(金) 20:00:29 ID:9FP39MKX0.net
    臨時収入があったので叙々苑に行った
    うまいうまいと彼女と二人で食ってたら
    隣のテーブルの4人グループが飯を食い終わって店を出た
    そのテーブルの上にはわりとたくさんの肉が残ってたんだけど、彼女が店員に
    「あちらのお肉捨てるんですよね?いただけますか?」

    ドン引き

    1 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/05/23(火) 02:40:58 ID:sbO
    ・0時回っているというのに電話で「コウモリがいる。助けに来てほしい」と電話してくる(俺の家から彼女の家まで車で30分以上かかる)
    ・彼女の家についたら「恐くて部屋に入れない」と玄関の前で泣いていた

    大袈裟すぎない?
    正直「ガキかよ…」ってちょっと冷めちゃったんだが

    899 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/05/31(金) 22:01:01 ID:UF7
    元彼は悪ふざけが好きだった。
    雷雨の日に「雷にうたれたー」と連絡してきたり、「具合悪いから病院行った」と言って実はバイ〇グラ貰ってきていたり。
    その時は「こいつバカだなー」と笑っていたんだけど、だんだんエスカレートしてきた。

    その時、元彼はロフトベッドを使用しており、高さは床から150㎝くらいあった。
    夏で暑くて、エアコンの風が届きやすいベッドの上で2人してゴロゴロしていた。
    私がベッドの端、元彼が壁側だった。
    すると何を思ったのか、元彼が私をグイグイ押し始めた。
    当然、私は押されてベッドから落ちそうになり「本当に落ちるからやめて!」と何度も怒鳴るが、元彼は「またまたー」「冗談だって」と笑っていた。
    それでまずイラッときた。

    次に、夏で薄着の時期となり、何かの流れで無駄毛の処理の話になった。
    元彼は不意に台所から包丁を取り出し「これでも無駄毛の処理できるんじゃない?やってみようよ」と言い、私の方に包丁を向けた。
    もちろん「危ないからやめて」と言ったものの、元彼は冗談のつもりで私の腕に包丁をあてた。
    そこで一気に冷めた。

    人によっては「ただの冗談じゃん?」と言われる事もあったが、私は元彼のした事が許せなかったので、即別れた。
    悪ふざけにも限度ってものがある。

    このページのトップヘ