GJ!

    618 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/10/24(木) 18:16:11 ID:p0XGqXis
    俺が電車に乗ってた時なんだけど、電車内はやや混んでるくらいで俺はドアの傍の吊革
    を右手で掴んでたんだ。

    ぼけーっと景色眺めながら電車に乗ってるといきなり左手が引っ張られてパシャって音がしたんだ。
    何事かと思ってそっちの方を見ると明らかに遊んでる感じの金髪の女子高生が俺の左手を掴んで写メ撮ってたんだ。
    何をしてるのか聞こうとしたら俺の左手を高く突き上げて

    「コイツ痴/漢です!」

    って叫ぶんだよ。
    もちろん、俺はとある事情から痴/漢なんて出来るわけがない。
    が、こういう時に無駄にうろたえるとだめだってのは知ってたので内心バクバクしながら
    冷静を装って

    「人違いじゃないですか?俺はやってないですよ」

    って優しく言ったんだけど女は

    「はぁ?しらばっくれんなし!おめえが痴/漢やったって証拠があるんだよ!」

    と、さっきの写メを見せてくる。
    ああ、これは絶対引かないパターンだなって思った俺は、女が警察に突き出すって叫ぶんで
    素直に駅員の所に一緒に行ったんだ。
    もちろん、近くに居た女の人を証人としてついてきてもらってだ。

    669 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/01/18(土) 21:07:23 ID:RefX/Le5
    ぶった切ります。

    我が家のすぐ近くに綺麗に整備された河川敷公園がある。
    遊具もあって近所の幼稚園児や子供会がよく利用するような長閑な雰囲気の。

    だがここも例に違わず秋冬以外の夕方~夜は大抵、近隣集合住宅に住む工場勤めの外国人DQNの巣窟になってた。
    奴等のDQN度のレベルもさすが南蛮渡来でポイ捨ては当たり前、ワゴン車が揺れる程の音量のカーステや
    爆竹や花火を段ボールに山ほど詰めて着火→大暴発で「フー!ヤッホー!」などはまだまだ可愛い部類だった。

    そのうち帰宅の女子児童に向け陰部露/出する(噂ではかけられた子も居たが親の希望で黙ってる、とか聞いた)、公衆トイレで大声セ○クス、
    パチ〇コで鳥を撃つ、人の家を目標にロケット花火発射、朽ちた廃車(?)をひっくり返す、とかそういうレベルにエスカレートしてきてた。
    警察も来たので奴等の仕業だと思う、と告げたが警官はなんとも腰が重そうな様子だった。
    というのも、奴等は注意しても「ニホンゴワカラナイ!ニホンゴワカラナイ!」の一点張り。
    また母国語が英語でも無いため、意味不明の罵声で捲し立てられて地域住民は萎縮しきっていた。

    537 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/03/26(火) 14:17:17 ID:VAZCBb9L
    高校の頃の話

    高校はわけあって定時に行ってて、そのせいか知らんがガラの悪い奴とかが多かった
    んで、本読んだり台本読みばっかしてた私はいいイジメ対象で、聞こえる所で悪口言われる言われる
    悪口言われに学校行く状態だったモンで、文句言ったら別にアンタの事言ってないしwwとお決まりの台詞
    正直な話悪口言われようが殴る蹴るされようが、私はそれを面白がるタイプだったもんで(Mではない)ダメージはなかったが、本を読むのに凄い耳障りだったので仕返し決行

    「世の中って不思議だよね、あんなブサイクで性.格も悪い救いようのない女にも彼氏出来るんだからー。もしかして彼氏、ただの性.欲処理機くらいにしか思ってないのか、ただの物好きか……気持ち悪ぅー」

    この一言に女共が後ろで騒ぎ出す
    自分だってブサイクのくせにとかどうだああだ、最終的には名誉毀損で訴えてやる! とか
    まるで自分の事を言われたと騒いでるので

    「別に私、あなたたちの事言ってないよ。あ、それとも「ブサイク」に身に覚えがあるのかな?」
    「あと名誉毀損って客観的評価、まぁ社会的評価だね。それを低下させる行為をいうんだよ?(名誉毀損のWikipedia丸暗記)」

    とか言って本畳んでその日は体調が悪いと言って早退した
    次の日、本当に風邪を引いた

    281 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/04/04(水) 02:55:48 0
    東京出てきた少し経った頃、仕事が長引きアパートまでもう少しってところで
    自動販売機の前で缶ジュースを持ってる男性.がいた。
    「なんでジュース持ったまま身動きせずこっち見てるんだろ?」とうら若き乙女()だった20代

    何で動かないのかな?あれ・・あ・・・?んぎゃsgほjlk;l:ふじこ!!!
    ジュースじゃなかった、ブツを握ってたんだったorz 怖くて引き返して駅近くの交番前に泣いて駆け込んだ若かry

    時間はあっという間に経ち、今ではアラホー()で子供も2人。それなりのことでは動じないオバサンになった
    先日、子どもの同級生の女の子と遭遇。手を繋いでる若いパパさんに
    「あ、どうもいつもお世話になってます。○○の母です^^」って挨拶したらば

    「パパじゃないよー、お兄さんがおもちゃ買ってくれるんだってー♪」って
    「お兄さん」は思いっきりやべ!って顔してる&コートに手をそろそろと突っ込んだのをなぜか冷静に見ながら

    不審者ざけんなぁああ!!って
    空手習わせてる息子に教えてもらった正拳突きで股/間を思いっきり突いた!狙ったわけじゃなくちょうど入った感じ

    無我夢中で女の子抱きかかえて逃げて(軽くて良かった)携帯で警察に電話したけど、駆けつけたらもういなかったらしい。
    いや怖かった。当の女の子は「??」みたいな感じだったけど

    春になると必ず変なのが沸いてくるって事で、現在近隣の子を持つ親たちの心中が修羅場・・・

    484 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/08/24(月) 16:50:48 ID:ZldFZAhQ.net
    さっき見たドラマみたいなワンシーン

    四国某所に出張中の私
    一次産業にがっつり関わる仕事なので地方の田舎にはよく出向く
    出先での会議がとんとん拍子で終わり、予定よりだいぶ早めにホテルに帰れることになった
    上機嫌で帰りの駅へ向かうと、部活か補習の帰りなのかJKがちらほらといた

    一時間に二、三本の電車を待っていたら、やたらでかいガタイにいかつい顔の酔いどれジジイが登場
    大声でずっと独り言を言ってたんだけどそのうち読書をしていたJKに絡み出した
    JKも始めはやんわりと躱していたがジジイがしつこく絡み、心底嫌そうな顔になっていく
    このときホームにいたのはヨボヨボのおじいちゃんおばあちゃんたち、JKが数人、私だけで頼れる男の人なんていない
    助けたいけど、正直すごく怖くて勇気が出なかった(すみません)

    すると突然「おっちゃん、何してるのー」と飄々とした声
    JKと同じ学校だろうか(このあたりは高校がひとつしか無いんだけど)
    高身長&爽やかな男子学生が登場した

    「このねえちゃんが相手してくれねぇんだよー」
    とニタニタしながら漏らすジジイに
    「そっかそっかー、今日はなんでそんなに酔ってるの?」とにこやかに話し始めるイケメン君
    そしておっさんには分からないように「今のうちにあっちに行ってて」という手配せをJKに行う

    イケメン君とジジイは別に知り合いでもなんでもなかったみたいだけど柔らかな物腰が気に入ったのかどうでもいいくらい酔ってたのか、ジジイはそのまま話し続け、無事にJKは難を逃れた

    65 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/10/15(月) 08:44:22 ID:QcrpxDigr.net
    そういえば最近言ってなかったなーと
    昨日嫁さんの誕生日だったので
    プレゼント渡す時に後ろからハグして
    俺「愛してる、これからもよろしくね」
    って言ったら嫁がパニクりながら
    嫁「うわーっ、うわーっ」
    って耳真っ赤にしながら固まったw

    数分動かなくてどうしたんだろう?と
    嫁の顔覗き込もうとしたら凄いニヤけた顔になってた
    で、目が合った瞬間に恥ずかしかったのか
    いきなりヘッドバット→俺鼻血ドバドバ…

    寝る時も横で時間を置きつつも
    たまに「うわーっ、うわーっ」って夜中まで言ってた

    嬉し過ぎてパニクってたらしい

    31 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/12/10(日) 21:41:07 ID:STtnCa+p0.net
    さっきあったこと

    今日も疲れて帰ってきた俺
    子供も寝てるからそっと帰宅。
    台所から水音と嫁の声と女の声がしたんだ
    どうもハンズフリーでの会話らしい

    耳を傾けた俺は心臓が氷る思いだった

    嫁友「あー…もうほんとムカつく!
    年々アッチも適当になるし、嫁も最近レスっていってたよね?」
    嫁「あ~…そうだねぇ最近したの…先月、したかな?」
    嫁友「はぁ!?うちらまだ二十代だよ?なのに1ヶ月あいてるの?私なら3週間しなかったら限界だわ」
    嫁「わかるー私も限界通り越してるぅw」
    嫁友「本当いやんなるよねぇ…もうATMくらいに割りきらなきゃこっちがストレスで禿げる!」
    「あはは~ATMになるならまだいいじゃんかぁ~うちはそれにすらならないよ~」

    もうこの時点でお前なんて恥ずかしい会話をっ!とか思ってたけど真っ白になったわ
    確かにわけあって給料は新卒並みだし五人家族を養えてない。
    それでもいま頑張れば確実な昇進と給料アップが約束されてて、嫁も応援してくれてると思ってたけどやっぱり本音はそうなのか…って

    「でもまぁそれでも私達の為に必タヒに働いてくれて、ヘトヘトになるまで頑張ってくれてるし愛してくれてるから幸せだよ~」

    嫁友「うわぁ相変わらずラブラブだねぇ」
    嫁「嫁友だって未だに出掛けるときは旦那さんに初めて貰ったネックレス絶対つけてるし、旦那さん好みの髪型十年維持してんじゃんかwどっちがラブラブなのさ」
    嫁友「う…それは…」
    嫁「それに手抜きのカレーって言ってたけどそれってあれでしょ?旦那さん好物のルーから作ったやつだよね?しかもなんも焼いてんでしょ?
    手抜きのカレーってのはうちみたいな市販ルーのやつをいうんだよ」

    と続く会話にほっとして愛しい気持ちが溢れて抱き付きたかったが、きっとこの会話は男が聞いたらいかんやつだと思い直してそっと玄関に戻ってから
    今帰りました風に音をたてながら部屋に入ったら携帯もった嫁がいて抱きしめてめちゃくちゃキスした
    10年一緒にいるが愛しすぎてつらい
    もちろん台所で泣かせてきたぜ

    882 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/06/21(金) 06:54:44
    浄化のために、自分の話も投下

    先日、嫁が妊娠検査薬を持って俺の部屋に飛び込んできたんだ。
    「パパおめでとう!」
    二人して泣いた。

    お互い30代後半。
    「子供が授からなかったら、ペットでもかわいがろう♪」
    なんて笑いながら会話してたけれど、本当は子供が欲しかった。

    数日前、検診を受けた。俺は仕事のため同行できなかったが、心音も確認できたらしい。
    帰宅後にエコー写真を見て、また二人で泣いた。

    帰宅前に、花屋に寄っていた。
    写真を俺に見せた後リビングでまったりしている嫁に、花束を渡した。
    「いつもありがとう。ママおめでとう。愛してるよ。」

    嫁はまた泣いた。おなかをさすりながら
    「よかったね~ママとタマゴちゃん(おなかの子にタマゴちゃんと名前を付けたらしい)に花束だよー」
    と言った。

    「ちがう、それは嫁用だ。」
    俺は、小さな花束を取り出した。
    「タマゴちゃん用の花はこっちだ。タマゴちゃん、俺たちのところに来てくれてありがとう」

    実は、嫁用に大きな花束を。おなかの中の子供には小さな花束を買っておいた。
    嫁はまた泣いた。

    お互いに自立心が強く、普段はサバサバした関係であるが、俺は今とても幸せだ。



    以上!

    131 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/04/05(金) 10:26:57
    さっき言ってきた
    十数年ぶりに
    忘れもしない結婚三年目のある日に
    本当になんとなく夕食を食べながら愛してると言った
    だが妻は
    「浮気でもしたか?」「欲しい物があるのか?」
    と疑い、そうじゃなくただ言いたかっただけと言っても
    「怒らないから正直に言ってみろ」と譲らない
    まず疑うことから入った妻に腹が立ち、呆れ果てた私は
    「もういい。俺が何を言っても疑うだけなら
    もう金輪際絶対に愛してるなんて言わない」
    と宣言した
    それから十数年、誕生日も結婚記念日もクリスマスも
    本当にその台詞を使わなかった
    意地になってたんだろうな
    そうこうしてる内にあの宣言をした時には
    まだ小さかった娘が来週高校入学かと考えていたら
    何だか無性.にあの台詞が吐きたくなった
    本当に「言いたい」ではなく「吐き出したい」というような感覚だった
    だから朝食を食べ終わり
    食器を台所で洗物をしている妻へ持っていった時にすれ違いざまに
    「愛してる。今までも、これからも。」
    とだけ言って食器を置き、脇目も振らずに着替えに行った
    少しの後、妻が私に飛びついてきて
    ありがとう、ごめんなさいだけを繰り返してた
    今日はいつに無く妻の機嫌が良い
    天気も良い
    花見に行き、コーヒーでも飲んでくる

    194 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/02/15(月) 06:15:03 ID:gKxIJI/j0
    某月某日、その日は地元で祭があり、
    そこで出会った教え子(女子高生)とコンビニに行った時のこと、
    胸にバッヂを付けたヤで始まる自由業の方々に因縁を付けられた。
    「ハイハイ、判った、わーったwんじゃ、事務所で続きナシつけよーかい」
    そう言うと893風の一団は素直に事務所に連れて行ってくれた。
    (女子高生半泣き状態のまま、自分はなだめてる)
    事務所のインターホンを、チンピラが押そうとしたときに、一声かける。
    私「ココはアッシが押しやしょう」ピンポーン♪
    姐さん「アイ、どなた?」(不機嫌そうな声)
    私「○○(自分の本名)ですがーカシラ居るかい?おたくの若い衆(ワカイシと読む)に
     事務所に来いと引っ張られてきたんだが…カシラか組長呼んでおくれよ!」
    ガチャリ、ドアが開くと姐さんが三つ指突いて尾で、御出迎えw
    (現組長の家庭教師をしていたんで、先代姐、先代組長は私をセンセイと呼ぶ)
    姐「先生、如何いたしました?」
    私「893者に因縁付けられて困ってたんで此処に来たんだ、カシラと組長呼んでくれ!」
     「私が呼び出すんだ、まさか5分とかかることはあるまいな?!」
    組長(元教え子)到着。「先生、何か失礼が…?」
    私「彼らに因縁付けられて、ツレの子が怖がってる!かたぁ付けねば、表を歩けなくなるとこだ」
     「で、オマエは恩師を手下に襲わせるような、その程度の器なんだな?」
     「ンジャ、オレはこれから彼等に殴られて、襲われて来る」
     「ただし!実害出たら先代を呼びつけるぞ!先代は私を敬えと言って引退したはずだ!」
    その先は未確認だけどw平組員はコントのように震えてたねえwww

    このページのトップヘ