いい話・ほのぼの

    637 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2003/08/06(水) 22:20:00 ID:VUcbvyji
    ちょっと思い出したので。
    武勇伝ですらない上に、うちの親の話で恐縮なんだが。

    あるとき、バスに乗っていると、降りようとした小学生が
    運転手ともめていたそうだ。
    話を立ち聞きしてみると、お金をちょうどしか持っていない
    のに、間違った路線に乗ってしまって、このままでは家に
    帰れない、と涙目になっていたらしい。

    運転手も融通の利かない奴で、規則だから、の一点張り。
    他の乗客も無視。

    うちの親は、運転手の前に千円札を突き出して、
    「これでバスカードちょうだい」
    というと、その子にカードを渡してバスを降りてきたそうだ。

    その話を後で聞いて、
    「普段は子供はうるさいって言ってたくせにどうしたの?」
    と、笑うと、
    「いや、でも他に誰もいなかったし」
    と、恥ずかしがる親を俺は可愛いと思った(w

    454 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/11/05(火) 00:53:55 ID:JO8
    誰かいるかな。初めて書き込むから、少し変でも見逃してね。
    まだ入籍してないから既女ではないけど、近々そうなるのでその彼との話を。

    彼を初めて職場で見た瞬間にビビっときた。「あっ、私この人が好き。この人と結婚する」って。運命って本当にあるんだって思ったよ。
    でもその当時彼にはすでに婚約者が居た。当たり前だけど、少しして彼は入籍してしまった。

    入籍した以上諦めるしかないのかな、と思っていたところで、少しした頃から彼がカリカリするようになってきた。
    もともと温厚で明るく、人に好かれる体質の人だから周囲の同僚たちからは「どうしたんだろう」と心配されていたけれど、次第に「入籍してからだよね」という話になっていった。
    ずる賢い私は「チャンスだ」と思った。

    もともと彼とは趣味が合うことで親しくなっていた。食の趣味からオタク趣味まで、本当に話が合うからそういうところもすごく理想的だった。
    だから食事に誘った。「最近元気無いけどどうしたの?ご飯でも食べに行こうよ」って。
    相談に乗るフリして。

    231 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/03/12(火) 10:30:56 ID:z/OlEn9k
    スーッとすると言うかチャラ男に助けて貰った話。

    俺はいじめられっこで中学卒業してからしっかりしなきゃと勉強に部活にアルバイトを真面目に取り組んだ。
    人と積極的に接するようになったら友達も出来て、俺の中学時代の出来事もきにすんなと言って接してくれる。
    社会人になってから彼女も出来た。

    そんな彼女とデートの帰り、駅前で電車を待っていると隣に怖そうな金髪ピアスのDQNチャラ男がタバコ吸って電車をまってる。
    内心(怖えぇ…関わりたくねー)と距離を置いていた。
    しばらくすると反対側の階段から3人グループの男が降りてきた。
    と思ってたら中学の頃俺をいじめてたグループの奴だった

    DQN1「あれ?ひょっとして俺じゃね?」
    DQN2「何やってんのこんな所で?www」
    DQN3「その子彼女?w嘘だろwwwありえねw」

    と俺を中学の頃のように囲んでからかって来た。うっせーなあっち言ってろよと言おうとしたいじめっ子の一人が
    悪ふざけで俺の彼女に抱きついた。

    怯えて半泣きで俺の後ろに隠れる彼女。ぎゃはははと笑うDQN。俺も完全にぶち切れ胸倉を掴みそうになったその時

    チャラ男「あのさぁ…その二人俺の友達なんだけど何なめた真似してくれてんの?ww」

    と隣に居た金髪のチャラ男がいじめっ子グループに絡み始めた。
    チャラ男の容姿に一気に青ざめるいじめっこ集団


    つづきます

    275 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/11/09(土) 13:40:10 ID:4w.wi.L1
    うちの義母さんが猫好き。
    でもご自身が猫アレルギーで亡くなった義父さんがあまり動物が好きじゃなかったらしく、飼う機会をもたないままここまで来た。
    昨日「嫁ちゃん!スリーエヌっていう猫派遣団体があるんですって!知ってる?」と目をキラキラさせながら話しかけて来た。

    「この団体はね、猫目線で猫を安全に安心して、何より愛を持って育てられるかきちんと検査して譲渡するんですって!」

    「飼い猫が他界するとね、猫の首に着けられたマイクロチップで他界した事を察知して、愛猫を亡くして悲しんでいる人に優先して猫を譲渡するらしいわよ!ITだわね~!」

    「野良猫の中に小型カメラを取り付けた猫を放って、猫に優しい人をチェックして、保護した野良猫を飼って頂けるかお伺いに行くらしいわ!確かに!確実な方法だわね~!」


    なるほど。確かにそう解釈しても差し支え無い気がして来た。

    711 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/03/03(木) 00:05:53 ID:???
    昨日のできごと

    朝、息子(2歳4ヶ月)にぽんぽんされて起きた。

    私「おはよう、早いね~」
    息子「(´・ω・`)」何やら神妙な顔

    私「?なしたの?」
    息子「ちーがね、出てね、びしゃびしゃです(´・ω・`)」

    深刻そうな顔してるから何かと思えば

    オムツがずれて、おしっこが漏れてた模様
    そして水溜まりなったシーツを指差して自己申告

    私「そっか~教えてくれてありがとうね」
    息子「(°∀°) 」

    嬉しそうに、一緒に寝ていたアンパンマン抱っこしてベッドを後にした息子

    (°∀°)


    そして夜、洗濯したシーツをこっそり干していたら
    気配が感じたのかむくりと起き上がり
    目を瞑ったままで、母の枕を指差して

    息子「はい、ままもねんねしようね、ここね」

    それだけ言うと、また眠りの世界へ

    346 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/05/14(木) 17:27:53 ID:yPf
    親父の形見のほぼ半世紀前のSEIKOの時計を時計コレクターの同期に会社の飲み会で爺臭いと馬鹿にされた
    時計よくわからんし愛着あるからと笑って流してたら70越えの会長が昔若い頃に無理して買ったのと同じだと騒ぎだした
    手巻きで正規メーカーもパーツがもうないので修理出来ないまだ動くのかと羨ましがられたが俺はアンティーク時計直せるとこで修理してたので紹介したら凄い喜ばれた
    会社で会うたびにスチャっと時計を見せつけてくるお爺さん会長がお茶目で時計も渋く似合っててやっぱり値段だけじゃないなとそのとき衝撃っていうか感動した
    形見だと言ったら親父さん幸せもんだと言ってくれて嬉しかった

    31 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/07/09(火) 20:00:51 ID:Sh+a3yAT.net
    前に会社の飲み会で、
    「年齢問わず眼鏡をかけてる女性.が好き。眼鏡の人がいるだけでテンションあがります」
    って言ったことがあったんだけど、
    今日会社に行ったら、同じ部署の人が全員眼鏡をかけていた。
    今日は俺の誕生日だったんだけど
    みんな百均で各々眼鏡を買ってきて
    俺のために1日伊達眼鏡で過ごしてくれた。
    しかもプレゼントもくれた。
    この会社入って良かったって思ったわ。

    577 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/01/11(日) 15:19:17 ID:2pY
    ちょいオカルトチック?な話だから現実味無いけど我が家で起こった本当の話。
    ウトが亡くなったのを機に引き取り同居になったうちのトメは典型的嫁いびり婆だったんだけど、嫁いびりをやめさせたのがようやくちゃんと喋るようになった当時3歳の娘だった。
    トメは毎日毎日嫌味やら物隠しやらやってたのにある時からぱたっと止まった。
    よく考えたらここ一週間くらいなんにもされてないな、なんでだ?と疑問だったんだけど、娘の言葉で判明した。
    娘「ママ、マコちゃんもう手痛くないの?」
    私「マコちゃんて誰?お友達?」
    娘「マコちゃんはおばあちゃんだよ。」
    私(トメさんは真子(しんこ)なんだけどな?)
    娘「じじちゃんがマコちゃんは庭の木から落ちて手が痛くなっちゃったことがあるんだよって言ってたから。痛くないならいいんだ♪」
    なんのこっちゃ?と思いトメに今の話をするとサーッと顔が青くなった。
    初めて見るトメの顔に驚いているとトメが話し始めた。
    「孫ちゃんは、じじちゃんが私の事をマコちゃんって呼んでたって言ったのよね?
    たぶんじじちゃんっていうのは私の亡くなったお父さんの事だと思うの…。
    お父さんだけが私を子供の頃からマコちゃんって呼んでたから…。
    最近、孫ちゃんにじじちゃんの話を聞かされてたの。
    『じじちゃんがそんな事したらかなわんにゃーって言ってたよ!ダメだよ!』って…。
    お父さんの口癖だったのよ。かなわんにゃーって変な言い方。
    他にも『じじちゃんがシュトウが食べたいなって言ってたけどシュトウって何?』とか、
    『ご飯作るとこで遊んでたらじじちゃんみたいに火傷しちゃうぞ!って怒られたの…。』とかね…。
    どの話聞いてもお父さんだとしか思えないの…。
    お父さん、私がこんな事を(嫁いびり)してるから怒ってるんだと思ったら怖くて…。
    嫁子さんに謝らなきゃと思いながらなんて言えばいいのか迷ってた…。
    本当にごめんなさい。」と泣きながら頭下げられた。
    それからは人が変わったみたいに家事も手伝ってくれるし物隠しや嫌味も一切無くなったよ。
    トメが変わってからは、じじちゃんが遊びに来なくなったと娘がちょっと寂しそうに言ってた。
    何かのテレビとかに影響されたんだとは思うけど、見た事無いじじちゃんに感謝感謝の出来事でした。

    432 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2006/04/19(水) 18:42:49 ID:ULX/GVwU
    我が家の犬はとてもブスだ。
    10年前、ダンボールに詰められて用水路に捨てられているのを俺が発見したんだが、
    何故そんな酷い扱いを受けたのかが瞬時にわかったくらいのブス犬だ。
    オマケに、体のパーツが寄せ集めで作ったみたいにチグハグ。
    散歩中、美しいレトリバーなんかを連れた人に
    「その子は・・・何犬と何犬のミックス?」などと訊かれ、
    「アザラシとカンガルーです」と答えると、「成程ねぇ」と納得される。
    「成程ねぇ」じゃねぇ。否定できないならせめてツッコめ。

    先日、うちに性.格の悪い女がやって来た。
    愛想だけはいいうちの犬は、シッポを振って彼女を歓迎したが、
    彼女は犬を見るなり吹き出した。
    「何これ!うちの子と同種族とは思えない!っていうか、認めたくないwww!」
    とかなんとか。
    彼女のあまりの言い様にいい加減腹が立って、俺が拳を握り締めた時だった。
    犬は「ウウッ」と低く唸ると、彼女に向かって突進した。
    庭では放し飼いにしているため、
    「ひぁぁぁぁ!」と悲鳴を上げる彼女を犬は追いかけて行く。
    ヤバイ!と思って俺が追いかけようとすると、
    犬は逃げる彼女を追い抜かし、ポカーンとする彼女を尻目に庭を一周、
    何事もなかったかのように小屋へ戻った。

    バカ飼い主のひとりよがりみたいなカキコですまん。
    だがもし暇だったら、誰か我が家の犬に「GJ!]と言ってやってくれないか?

    109 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/11/18(月) 13:47:11 ID:dN/kgBtr
    嫌われていると思っていた姪に嫌われてなかったこと。
    それどころか家族を題材とした作文で賞を取ってその作文をプレゼント
    してくれたこと。
    311の震災後、兄夫婦は仕事の関係で転勤先である東北に残らなければならず、
    仕事のめどがつくまで姪だけを先に我が家で預かり一緒にくらすことに。
    姪は春休みに我が家に来たんだけど、あまり口を聞かず笑顔も見られなかった。
    大変な思いしたんだし転校だって不安だよなと思って友達の子供(姪の同級生)
    を紹介して後はあまり構わなかった。どう接していいかわからなかったし。
    学校が始まり、祖父母(私の父母)と喋るときは段々笑顔も出てきた。
    私とは洗面所でかちあうと無言で通り過ぎる感じ。
    でもこの前
    「ん。これ。喪子さんのこと書いて入選したから。喪子さんに断りなく書いて
    ごめん。」
    って作文を渡された。
    作文には両親から離れて心細かったことや祖父母に対する感謝の気持ちが書かれて
    いて、その最後の方に
    「喪子さんくらいの年の人と喋ったことがないからどうしていいかわからなかった。
    ○美ちゃんを紹介してくれて友達になれて嬉しかった。ありがとう。実は喪子さんの仕事に
    興味があり将来はその仕事に就きたいと思っている。喪子さんが毎日勉強して
    資格を取ったのが自分も嬉しかった。来年の1月にはお父さんとお母さんが帰って
    きて今の家を出るけど、喪子さんともっと話がしたい。引っ越してからも遊びに来てもいい
    ですか。ただ、喪子さんは夕飯の前に肉まんを3つも食べるのは体に悪いと思います。
    本当に心配なのでおやつは今より減らして下さい」(要約)
    と書かれていた。
    私も嬉しくて涙出た。でも肉まんのくだりを全校生徒の前で読んだとかorz

    このページのトップヘ