復讐・DQN返し

    25 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/06/16(木) 14:40:10 ID:uwD
    プチ仕返しというかそんな感じのことをした。
    文才がないので読みづらかったらゴメン。

    俺、某地方都市でラーメン屋をやってる。
    ラーメン屋といっても野菜炒めや唐揚げなどのちょっとした料理も出して生ビールも置いてある。
    メインの客は大学生と仕事帰りのサラリーマン。

    その日は店のラー油が古くなったので小瓶に自家製ラー油を入れなおしてカウンター置いておき、そのままテーブルに戻すのを忘れていた。

    暫くして大学生のグループが4人で来店しめいめいに生ビールと餃子を注文した。
    餃子が焼き上がりテーブルに持って行った。
    すると彼らの1人に「すみません!ラー油ください!」と呼ばれた。
    あ、戻すの忘れてた、と思いながらラー油をテーブルに持って行った。
    餃子を食べながらビールを飲む光景。毎日見慣れた光景。
    すると4人のうちの1人が、
    「罰ゲームしようぜ」といって自分の突き出しの皿にラー油を全部注いで、「ジャンケンで負けた奴、これ一気食いな!」
    とか言い出した。
    他の奴らは「やだよ、ふざけんなよ」とか言って実際にはやらなかったが、ラー油は見事に無駄になった。

    まあ、お客さんの中には店の調味料はタダだから使い放題だと思ってる人もある程度いるのは分かるが、全部無駄にされたのは初めてだった。

    罰ゲームやるやらないの下りでテンションが下がったのか、奴らは帰り支度を始めた。
    4人がレジに来た時に伝票を他のお客さんに聞こえるように読み上げた。
    「ありがとうございます。餃子4枚、ビール8杯、ラー油一瓶、合計7,300円です!」
    キョトンとする4人。
    「あれ、あってますよね。餃子4枚、ビール8杯、無駄にしたラー油一瓶」とテーブルの上を指差し確認する俺。
    他の客も「え?」って顔で振り返る。
    再度「7,300円です」と言ったら再度固まる。
    長ーい時間に感じたが10秒位だと思う。その中の1人が「お前が無駄にしたんだから責任取れよ」言い出した。
    主犯が「ラー油、いくらですか?」と聞いてきたので、餃子持ち帰りコーナーに貼ってある『自家製ラー油、500円』の札を指差した。

    ゴネられるかと思ったがちゃんと払ってくれた。
    ちょっとした仕返し。

    870 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2007/12/07(金) 20:26:02 ID:FAsoy8S/M
    ずうずうしいスレから・・・。

    602 :おさかなくわえた名無しさん:2007/12/07(金) 19:50:55 ID:nSUm0LaU
    豚ギリ長文スマソ

    当方レストラン勤務。
    子供(女児2名)連れてくる医者夫婦の常連がいる。
    子供が小さい頃は食べこぼしマジひどくて閉口してたけど、
    まぁそういうのは育ってくれば一応解決する。
    ただ親御さんがけっこうキャラ濃い目なんだよね。

    その子らが5~6歳くらいになったある日のこと。
    若いスタッフが、注文の子供用スパゲティ2つ持ってったら、
    「気が変わったからやっぱりグラタンにして」
    と母親に言われたとスゴスゴ戻ってきた。
    しかも、分かりましたと返事しちまったらしい。
    他のスタッフは「そんなのおかしくないですか!?」とキレ気味。

    自分はとりあえずグラタンを出しておいて、帰りに父親に言った。
    「先にご注文のスパゲティ、テイクアウト用にお包みしてありますので、
    お持ちしますね~~~~~」
    「え、ウソ…」固まる母親。笑顔を崩さない自分。
    一瞬の沈黙ののち父親「わかりました。そうして下さい」
    以来あんまり無法なワガママは言われなくなった…ような気がする。

    728 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/09/17(金) 13:18:08 ID:mxNuuuNNO
    地方実業系バカ高校の併設普通科出身なんだが
    周りはみんな高卒就職や専門学校希望ばっかりで、
    大学進学を希望して担任に授業内容の改善要望を出し続けた俺は
    音楽以外の全教師に目をつけられ、内申書がボロボロだった

    結局、受験レベルの授業をしてもらえなかった俺は、一浪して地方駅弁医学部に入ったんだが
    夏休み、高校に挨拶に行ったら、校長に呼ばれ
    君は本校開学以来初めての医学部合格者だから、ぜひ全校生徒と父兄の前で勉強法の講演をしてくれと言われた

    ...もちろん、受けた
    満場の聴衆の前で何を喋ったかは想像つくと思うが、
    以後一切連絡がないし、その学校から二人目の医学部合格者が出たという話も聞かない

    443 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/04/22(火) 17:48:47 ID:YmemjRRy2
    私の復讐

    私には3つ年上の姉がいる。すごく優しくて大好きだ。
    私はいわゆる腐女子というやつで、父母は私を軽蔑しているが、姉は違った。
    虐められても友人とともに助けてくれたので姉には頭が上がらない。
    ある日、姉は彼氏を連れてきた。芸能人で言えば斉藤工にそっくり。20歳超えても彼氏できてなかったから安心したよ。
    この彼氏がドクズだった。姉は付き合って一週間で彼氏を連れてきたんだが、私に心移りしてしまった。
    私は姉の彼氏には全く興味無かったし、何よりも姉という彼女がいながら言い寄ってくるのが気持ち悪かった。

    姉彼「妹ちゃんの方が断然好みだわ。胸は姉ちゃんの方がでかいけど付き合うんだったら妹ちゃんだな」

    私「私は2次元にしか興味が無いので無理です」

    姉彼「いいよいいよそれくらい!大目に見るって!」

    私「ふざけんなよ。姉のことはどうするんだよ」

    姉彼「あ~別れる別れるw先に妹ちゃんに出会ってたらなぁ。姉ちゃん、おっとりていて刺激がないんだよね」

    ↑姉がトイレで席を外した数分の間で交わされた会話です。心底ムカついてトイレから帰ってきた姉に起こった出来事をぶちまけてやった。
    姉はしばらく呆けた後、「出てって」と低い声で言った。姉彼は姉の言葉をスルーして、「妹ちゃんアド教えてよw」とか言いやがった。
    涙腺が弱い姉はすでに号泣しており、私はほうきを使って姉彼を叩き出した。別れのメールを送り、別れた。

    145 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/10/08(月) 00:01:23 0.net
    私の父が母のタヒ後五歳の私を祖母に預けて再婚
    没交渉で20年、私は祖母の養子となり育った
    ある時父親が亡くなったと連絡があったが
    祖母は葬儀に行くことを拒否
    私も特に感慨もないしお墓も新しく購入した場所に入ると言う事で行かなかった
    その後向こうから相続放棄の打診が来た
    父親の遺産は土地建物会社の権利など奥さんと築いたものなので放棄して欲しい
    子どもはいないらしく私にも半分の権利があるが他人みたいなものだしと同意した
    祖母は私の判断に任せるよと言って親戚の弁護士を呼んで間に入って貰った
    しばらくしてまたその弁護士がやってきて祖母と色々話しているので聞いたら
    私が相続放棄した事で今度は祖母に相続権が回ってきたんだそう
    そして祖母は放棄する気はないと言っている
    元々私が放棄する時点でこうなることはわかっており弁護士を入れたと聞いた
    なんで放棄しないのか聞いたらニッコリ笑って
    人の息子と父親を奪って平気で20年も生きてきた女への復讐よって言われて心が修羅場になってる

    194 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/02/15(月) 06:15:03 ID:gKxIJI/j0
    某月某日、その日は地元で祭があり、
    そこで出会った教え子(女子高生)とコンビニに行った時のこと、
    胸にバッヂを付けたヤで始まる自由業の方々に因縁を付けられた。
    「ハイハイ、判った、わーったwんじゃ、事務所で続きナシつけよーかい」
    そう言うと893風の一団は素直に事務所に連れて行ってくれた。
    (女子高生半泣き状態のまま、自分はなだめてる)
    事務所のインターホンを、チンピラが押そうとしたときに、一声かける。
    私「ココはアッシが押しやしょう」ピンポーン♪
    姐さん「アイ、どなた?」(不機嫌そうな声)
    私「○○(自分の本名)ですがーカシラ居るかい?おたくの若い衆(ワカイシと読む)に
     事務所に来いと引っ張られてきたんだが…カシラか組長呼んでおくれよ!」
    ガチャリ、ドアが開くと姐さんが三つ指突いて尾で、御出迎えw
    (現組長の家庭教師をしていたんで、先代姐、先代組長は私をセンセイと呼ぶ)
    姐「先生、如何いたしました?」
    私「893者に因縁付けられて困ってたんで此処に来たんだ、カシラと組長呼んでくれ!」
     「私が呼び出すんだ、まさか5分とかかることはあるまいな?!」
    組長(元教え子)到着。「先生、何か失礼が…?」
    私「彼らに因縁付けられて、ツレの子が怖がってる!かたぁ付けねば、表を歩けなくなるとこだ」
     「で、オマエは恩師を手下に襲わせるような、その程度の器なんだな?」
     「ンジャ、オレはこれから彼等に殴られて、襲われて来る」
     「ただし!実害出たら先代を呼びつけるぞ!先代は私を敬えと言って引退したはずだ!」
    その先は未確認だけどw平組員はコントのように震えてたねえwww

    引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1522501158/
    795 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/04/29(日) 16:37:30 .net
    義弟嫁から義母がいよいよだと電話があった。旦那に連絡入れてから病院に行った。

    病室は個室で偶然にも私と義母しかいなかった。義母から今までの嫁イビりを謝られたので、前髪を上げておでこを見せた。
    「お義母さん、この傷なぁんだ?」と聞くと義母は泣きわめいていた。湯飲みを投げつけられて出来たでっかい傷。
    許してとぶるぶる震える義母に言ってやったよ。「この傷が無くなったら許しますよ」ってね。義母はこの世の終わりみたいな顔をしてたな。

    その後、義母は私に泣いて詫びながら息を引き取った。遺言状で私にお詫びとして幾ばくか譲るとあったので、さくっと相続放棄した。旦那も相続放棄した。
    義弟夫婦から感謝されたし、旦那からも「あんな糞ババのお見舞いに行ってくれてありがとう」と感謝されていいことづくめ。

    黒いのは、糞ババの金もらったら汚れる一円でもイラネというのが相続放棄した本心だということ。
    そして、いまだに義母のこの世の終わりみたいな顔を今も思い出してはざまあみさらせとほくそ笑んでること。

    引用元:http://toki.5ch.net/test/read.cgi/live/1303609980/
    492 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/07/07(木) 21:08:44 0
    いけてる独身貴族を気取る義姉に
    「未だにコンタクトなんかしてるの?ホント、主婦って貧乏くさいわ」
    と言われたので
    「お姉さん、レーシックのお金あるなら、前歯の虫歯治療したほうが良いですよ」
    と言った。

    今時前歯のど真ん中が真っ黒って小学生でもいねぇよ。

    引用元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1228479693/
    472 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/12/28(日) 23:51:15 ID:0y0adVwi
    808 名前:名無しさん@そうだドライブへ行こう:2008/12/25(木) 22:04:06 ID:J7hnrIWm0
    うちの親父が商売やってた頃の話思い出したわ。10年ほど前、北海道のローカルな町にうちの実家はあった。
    田舎とはいえ一応一級国道(2ケタ番台)沿いなんで、それなりに商売はうまくいっていた。
    駐車場は30台分くらいあって、国道側に二箇所ある出入り口が道路に対して垂直じゃなくゆるい角度だから、大型車も出入りが容易。
    店舗に隣接して家があり、通常であれば夜は駐車場にチェーンをはる。
    ただし冬は、国道をひっきりなしに除雪車が通るので、その関係で駐車場出入り口にチェーンははらない。

    で、うちの向かいにちょっとした工場があって、そこはトラックが頻繁に出入りするところ。
    その一部に図々しいのがいて、うちの駐車場が混んでない時は無断でUターンとか待機とかに使ってやがる。
    それでもお向かいさんのところだからということで、親父は少々のことには目を瞑っていたんだが、
    だんだんエスカレートして、冬はチェーンはらないのを良いことに、翌朝の朝イチに備えて一晩中停めて仮眠する輩まで現れた。

    いくら一級国道沿いとはいえ、夜は交通量少ないから本来はすんげえ静かなんだよ。
    そんな状況で一晩中トラックのアイドリング鳴らされたら、うるさくて眠れない。
    頭にきた親父だがドライバーに苦情を言っても、翌朝向かいの事務所に行ってもまるでダメ。
    向かいの会社は東京に本社がある一流企業なのだが、そこの支店長が完全にDQNだったわけ。

    引用元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1372365244/
    831 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/06/28(金) 05:47:55 ID:R1IvG6Vl0
    銀行員の俺がやった復讐の話
    俺、いわゆるバブルの時代に大手銀行に入行したんだ
    合併とか色々あったけどコツコツがんばった結果、関西だけど大きな支店の融資課長にまでなった
    ある日融資会議で、支店長のAから地元の大手企業に5億融資する話が出たんだ
    しかも、その担当を新人にさせるって言い出した
    その企業の社長のHも社風も優良企業のそれとは思えない程雰囲気が悪い
    さすがに額もデカいし、しっかり検討すべきだってAに言ったんだけどAの
    「責任は私がとります」って一言で俺も折れて、ろくな審査をする間もなく融資する事に
    で、2ヶ月後にHの会社が不渡りを出し倒産
    実はHは粉飾してた
    そしたらA支店長は粉飾を見抜けなかった全責任を俺に押し付けてきやがった
    それには俺もおこだよ
    で、俺が5億回収する!って啖呵を切っちゃった

    このページのトップヘ