復讐・DQN返し

    343 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/08/02(水) 12:25:52 0.net
    長文・駄文注意です。

    夫の転勤で義実家のある街に引っ越してきた。
    遠くに住んでいた頃は、ウトメとは母の日などに贈り物をする程度の距離感で関係を保っていた。
    が、ちょうど引越し先がウトメ家から徒歩5分という近さだったのが悪かったのか、嫌がらせが始まった。

    それが、暴カとか、ご飯を捨てるとかって感じではなくて、外からじわじわといじめていく陰湿なタイプ。
    近所の人がゴミ捨てとかで会ってもよそよそしくて、田舎ではないが地域のつながりが強いのかな、
    そのうち溶け込めたらいいな、程度に思っていたんだけど。
    後で分かったことだけど、どうやらトメがいろんなことを言ってたらしい。
    たとえば不イ侖してるだとか、自分の息子がDⅤしてるだとかって。
    自分の息子(私の夫)にも私が不イ侖してるとか吹き込んでいたらしくて、
    毎日下らない事で喧嘩が絶えなくて、上記の噂の信憑忄生も増したみたい。
    嫌味は(気づいてなかっただけかもしれないが)特には言ってこなかったし、今までの距離感を保てていると思っていたから、
    全然気づかなかったんだよね。
    最初から近所の態度はそういう感じで、今思うと引っ越す前にはもう変な噂が広がってたんじゃないかな。

    110 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/05/17(木) 23:20:15 ID:L3VB7Yje0.net
    学生の頃3股をされた事がある
    私と1人(以下股子)は友人で二股が発覚した後はお互いショックを受け険悪になりつつも何度も話し合いをしどんどんメンヘラ化していった
    (お互い悲劇のヒロインモードだったので最終的に『どっちと付き合った方が彼は幸せか』みたいな話し合いだったwww)
    そして男(以下A男)はめんどくさくなったのかその時まで存在を悟らせなかった3人目の女と付き合い始め私達を切った

    怒りが収まらなかった私は呪いをかけることにした
    1.民族雑貨店で売ってた麻紐で出来た人型のストラップを買いマジックでA男と書く
    2.手首を切って人形に血を吸わせる(思いのほか量が必要だったので傷口をぐにぐにしたり大変だった)
    3.何日か干してよく乾かした後深夜三時に蝋燭の火で燃やす(なかなか燃えなくて大変だった)

    その後のA男は
    1.運送業をやっていたが仕事車を出すときにシャッターにぶつけ壊す
    落ちた状態で壊れ開かなくなり車とシャッターの修理費+そのせいで他の車も閉じ込められ配達が遅れた分の賠償金発生
    2.運転中に後ろからぶつかられむちうち
    3.配達で重いものを運んでる時に階段から落ちて足を開放骨折+当時は珍しく本人も自慢の種だったスマホが大破+荷物も傷物
    などの不幸に見舞われた
    (人づてに聞いた話でフェイクも入れてるけど、被害は書いたまま)

    A男の女癖の悪さは仲間内で有名になってて(私と股子が相談女だったのもあり)一連の不幸は女達の怨念って事で噂が広がり
    悪癖を知らずに付き合ってた彼女にも捨てられたらしい

    正直私の“呪い”は相手の髪の毛とか使ってないから対象が明確じゃないし効果もなかったはず
    きっと股子か他の過去の女達も影で呪ってたに違いないから私1人のせいじゃない
    と自分に言い聞かせて知らんぷりしたけど、呪いってヤバいなと痛感した黒い過去
    それ以来安易に人を呪わずここぞという時の為にとっておいてる

    29 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/12/24(木) 07:37:32 ID:Np3kGNO10.net
    20年前に男と蒸発した母親が臓器よこせと言ってきたので復讐した。

    長いうえに恨みつらみを書き連ねています。

    気分を害される方もいらっしゃると思うので不快に感じる方はスルーしてください。
    文才はありません。説明不足な点や読みにくいと感じる点があったら流してください。

    母親が蒸発したとき、私は小学5年生だった。以来私と兄は父が再婚するまで父子家庭で育った。
    母親は蒸発する際に、置手紙一枚で私たち家族を捨てていったが有り金は持って行った。


    私の兄はもう亡くなったけど2コ上で、生まれつき心臓に爆弾を抱えていて母親が持ち逃げしたお金の中にはこの兄の手術にあてるべく貯めていたものも含まれていた。
    母親の親はクソ。母親が失踪した際に父や残された私たち兄妹にあらぬ罵倒を浴びせてくれたうえに、手術しなければ20まで生きられないと告知されていた兄に面と向かって「金食い虫の役立たず」と罵った外道。


    母が蒸発して生活が一変した。

    もともと父は高額な手術費用の捻出に日勤の正社員勤めが終わった後、夜勤でドカタをしていた。
    母親も正社員で働いていたけれど、蒸発した後に残業と称して毎日帰りが遅かったのは不イ侖していたからだとわかった。

    蒸発する前に、母親は会社を独立する資金と父をだまし連帯保証人にして借金をした。
    不イ侖していたとは知らず、専門職に就いていた母は口癖のように「独立して軌道に乗れば父に掛け持ちなんてさせなくて済む。このままじゃ身体を壊す」的なことを繰り返していたから、不イ侖相手と暮らすための資金を調達させられるとは父も考えていなかった。


    貯金ゼロで借金を背負い、兄の手術費用まで工面することになった父は身を粉にして働いた。手術費用は父が親戚中に土下座して借りてきたものの借りたお金には返済がついて回る。

    家にはいつもお金がなかった。

    140 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/09/19(土) 05:00:41 ID:H20
    新卒で入社した会社で、先輩女子社員に酷い目に遭わされた。
    その先輩女忄生社員Kさんは、私の3歳上。女優の南果歩に似たシジミ目。
    とにかく仕事をしない人で、協同でするはずの作業も八割以上は私に投げっぱなし。
    あまりのハードワークに先輩社員に相談したら、創業者一族の遠戚(コネ)だから、我慢するしかないと諭され…
    就職して二年半で胃に穴が空き、腹膜炎を起こしかけて電車で倒れて救急車搬送→緊急手術→入院。
    自宅療養中にパニック障碍その他諸々の症状が出たので退職した。

    うちは、祖父と兄が不動産屋を経営し、
    父と姉が不動産管理会社をやっている。
    私は、管理会社の方で働かせてもらうことにした。
    その後、中学の同級生と26歳で結婚。子供も2人産まれて、忙しいが平和な日々だったのだが……

    私が30代なかばになった頃、祖父の不動産会社が管理するマンションに新規入居者が入ってきた。
    あのKさんと旦那さんだった。

    私が朝、共同集積所からマンションの前にゴミをゑっちらおっちら運んでると、後ろから声。
    「あら! 私さんじゃないの! あら、どうしたの?」
    Kさんは、意地悪な笑みをニヤァーッと。
    私が作業着を着て、ゴミを通りまで運んでるのを見て、嬉しそうに
    「あらあら、お仕事中なの? ご苦労様ね。うちのゴミもお願いね。がんばってー」
    二十代の頃の私だったら、その場で固まっていたか、うろたえていたかもしれない。
    しかし、私も子供を二人産んで、強くなっていた。
    「おはようございまーす! このマンションに引っ越してらしたんですねー!」
    会社勤めだった時と大違いの、私の大声にKさんは驚いていたようだった。

    535 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/05/11(日) 19:24:34 ID:Y5gP6n77F
    長文ですがご了承下さい
    乱文で分かりづらい表現があるかもですが…

    23歳の時に当時付き合っていた元彼に急に別れ話を切り出された。
    一連の流れとしては元彼に浮氣と思われる兆候があり私がそれについて問いただすと、元彼開き直って「もうお前とは関係を続けていられない。疑いたいなら疑え。」と言われて別れを告げられメアド変更&着信拒否。

    私の意見は全く聞かずに彼氏側で勝手に決められたことなので当然納得いかない。だから元彼両親や元彼の友人(私の友人でもある)を介して元彼に迫ったりした。元彼両親が〆るも効果なし、元彼友人は何故か私への対応が何処か昔と違っていて不思議だったけど理由は後述する。

    一週間後、元彼の兄×2に私宅に凸られ「弟の事で話がある」と言われバイクの後ろに乗せられて人目のつかない路地裏まで連れて行かれた。
    二人とも酷く激昂していて、恐怖で訳がわからず私涙目。で、二人の言い分は
    「お前が浮氣をしていたからあいつ(元彼)はお前に熱が冷めたんだ。」と、そう元彼から聞かされていたらしい。

    私は浮氣などしていなかったし彼らの言うことを真っ向から否定していると信じられないものを見せつけられた。
    それは私が元彼友人とヤっているアイコラ写真だった。
    ちなみにその元彼友人は私が相談した友人。元彼友人達が私をはめるためのグルだったのかと始めて思い知らされた。

    しかもアイコラ写真は一枚だけじゃなく、それぞれ別の男とやってる写真を10枚ほど作られていたっぽい。
    それが何週間か前から友人達の間で回っていたみたいで、知らないうちに私は「ビ○チ」扱いされていたみたいだ。
    「弟からこんなものを見せられた。これがきっかけで弟は浮氣に走ったってのに相手の非ばかり責めて、『自分の意見も聞け、勝手に別れるな』ってどういうつもりだ?」と捲し立てられた。

    私は必タヒに弁解したけどそれで相手をイライラさせてしまい、キレた元彼兄に近くにあった鉄パイプ?鉄の棒みたいなもんで股间を抉られた。
    私は猛烈な痛みで目の前が真っ黒になりその場に崩れるようにしゃがみ込んだ。

    痛みが激しくて呻く私に元彼兄達は横で何か言って(何言ってたか聞き取る余裕がなかった)私を置いて二人でバイクで去ってった。
    もうね、怒りを通り越して、裏切られた挙句勝手に話をでっち上げられてまるで私が悪者みたいに扱われて、なんでそんな目に遭わなきゃいけないんだろうって悲しさしか残らなくて家に帰って大泣きしたよ。
    (つづく)

    216 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/02/28(日) 08:49:33 0
    「嫁のメシはまずいから、カップラーメンしか食べない」というコトメ。
    今朝、「嫁、湯沸かしてよ。ごはんまずいんだからそれぐらいしてよ」

    作ってやったら大噴射した。泣いて口ゆすいでトメに言い付けに言った。
    コトメの前に座ってて、大噴射をくらった旦那悲鳴をあげてた。
    それを無視して私は仕事部屋に食糧と簡易トイレ持ち込んで篭城中。
    午後には両親が迎えにくる予定。

    「コトメさん成人病持ちみたいだから、お酢で作りました」
    「酢って煮立てたらすっぱくなくなるんじゃないんですか」
    「嫁は料理下手なんで分かりません」
    カップラーメンと酢には悪かったと思うが、あとで供養するから勘弁してくれ。

    旦那は「ちょっとやりすぎ」と言ってたけど。
    誰がトメコトメと同居するって言ったの、なんであのひとたち居着いてるの、
    そのぶんの生活費は誰が賄ってると思ってるの、
    金はでていく、嫌味は言われる、物理的にも毆られて怪我してる、
    もう容赦しないからね、と言ったら黙った。

    33 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/07/08(月) 10:30:29
    汗水たらして働いて夜遅く家に帰ってもおかずひとつ無い。嫁は夜遅くまで友達と飲み。昼は主婦仲間とランチ。
    一ヶ月の小遣いが6000円でおかげさまで同窓会にいく為のの服も買えない。
    「じゃあ行かなきゃいいでしょ?私だって専業で外にあまり遊びにいけないしお互い様」
    家に帰っても何も用意してないし毎月6000円じゃ辛いからせめて食費くらい工面してくれと言った途端機嫌が悪くなり口も利かなくなるよ。
    嫁実家や嫁仲間に悪口は広めるわ、しまいにゃ俺の携帯電話勝手に使って友達にまで悪口言おうとするもんだから取り上げていい加減にしてくれって怒鳴ったら
    俺の携帯止められてしまう始末。
    それでも手取り36万なんかじゃ生活苦しいから夜勤のコンビニのバイトでもしてくれとか言われて俺を杀殳す気かと。
    じゃあお前も働いてくれと言うと物凄い不機嫌になり何日も無視攻撃…もう疲れたよ…


    と言うわけで、俺も命や忄生格が惜しいので嫁には必要最低限の生活費だけ置いてお金は全て俺が管理することにしましたw
    私のプライベートまで壊す気?いいから早く給料よこせ!」
    とかビービー言ってるけど嫁お得意の不機嫌な表情&無視攻撃を有効活用させていただいてますw
    実家に逃げて離婚になってもぜんぜんOK。むしろ希望。
    まぁ俺と同じ目にあって反省しなけりゃさよならだな…

    書きなぐりしつれいしやした!

    908 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/09/26(木) 11:43:11 ID:03yR145SI
    ついでにもう一つ、思い出したので。
    復讐と言えるほど立派なものではないけれど。
    中学の頃に少々酷いイジメを受けていた。

    机や椅子が校舎のいたるところに置いてあったり、弁当箱は月一で壊され
    腐った牛㲗を飲まされる。
    鞄が女子便所に捨ててあるのは日常茶飯事。
    取りにいこうと女子便所に入っていくところを写真に撮られて
    チェーンメールで学校中に広められる。

    推薦入試の前日に木工用ボンドを頭からかけられ、制服が真っ白になったり
    国道に教科書が捨てられている。
    弁当や机に虫が入っていることもあった。

    担任も中々ひん曲がっている先生で、「問題を起こすな!喧嘩両成敗だ!」
    と分けわからない理屈で、ボンドまみれの自分の前で
    推薦書をビリビリに破いて捨てるやつだった。

    186 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/06/28(金) 05:37:10 ID:N8ZacHTh0
    高校の時のお話

    高校ではそこそこの進学校にいた。
    成績はそこそこいい位、スポーツはそこそこ、短距離(100mまで)では学年3番だった。
    実際体育測定?を5月頃に行うまで何もやっていない(上2名は中学で陸上部)自分の足が速いとは思わなかった。
    特にやりたい部活もなく放課後は適当に遊んで帰ってた。
    とあるひ陸上部の顧問が声をかけてきた「陸上やらないか?」と声を掛けられた。

    以前から陸上部所属の友人から練習がきつすぎる、
    意味のわからない練習モドキばかりさせられるその他色々きいていたし、
    陸上部の練習を見てもただのしごきにしか見えなかった。皆全員楽しそうじゃない・・・・
    そもそもスポ根?ってのが一番きらいだった。
    さらに走ることに興味があんまりなかったので断った。

    909 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/02/09(土) 14:39:29

    西日本は雨か
    冬の雨は嫌だよ。
    元嫁の不イ侖を発見したのも冬の雨の日なら
    出て行かれたのも雨の日
    離婚したのも雨の日

    鬱だ。

    このページのトップヘ