修羅場

    886 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2012/06/06(水) 23:20:24 ID:rrdmX8to
    カゴも小さいけど店の備品だもんな、窃盗だろ

    キチママか微妙な上もう十年近く前の話だけど投下



    自分が中学生だった頃の話、家が自営業なんだけど
    我が家は小遣いは手伝いをしたら貰えるシステムだった為
    俺は開いた時間なんかは店を手伝っていた。
    自分には八つ年の離れた弟が居て、その弟も店のお手伝いをしていた
    彼は小遣いの為とかでは無くお店屋さんごっこのつもりでやっていたんだと思う。
    手伝いと言ってもまだ小さかったから「いらっしゃいませ」とか声をかける程度だったけど
    当時の弟は兄の自分から見てもメチャクチャ可愛かった。
    実際、弟目当てでやってくる年寄りの客とかも居て。弟は我が家の立派な看板役だった。


    そんな俺達兄弟と両親で切り盛りしていた小さな店にある日事件が起こった
    その日は何時もよりお客さんが多く来て、俺と母が店の中でお客さんの対応してた。
    弟は店の前でオロオロしていたと思う。
    今思えば、そんなに多い客では無かった(実際母は坦々と対応してた)
    テンパっていた俺は、フト、店の外に目をやると一人の女の人がスーっと小走りに店の前を通り過ぎた
    ただそれだけなのに、何やら嫌な予感がした、外に居た弟の声が聞こえない。
    俺は弟の姿を確認しようと。一瞬だけと思い、店の外に顔を出した。
    すると、さっき通り過ぎた女の人が弟を抱えて、数メートル先を走っていた。
    思わず「えええええ?!」と絶叫した俺に店の中に居た母、客と
    弟を抱えていた女が一斉に俺を見た。
    テンパってた俺は思わず「弟が!弟が!!誘拐!!ゆゆ誘拐!!」叫んだ

    25 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/05/23(木) 06:10:46 ID:1Wg6rkML.net
    子供の頃から痩せている事だけが自慢で周りに細いねと言われるのが快感で
    中学くらいからカ口リー計算したり運動したり体型維持するのに必タヒになるようになって
    学校帰りに友達が買い食いしようとかファストフード店に寄ろうと言ってきても
    「太るから」と言って断って顰蹙買ってた

    高校に入ると太った人を見下すようになりネットで叩きまくってたし美容板に入り浸って
    「あと○キロ痩せなきゃいけない」としょっちゅう書き込みしてた
    体重ばかり気にして自分の食べたい物を我慢し続けてたせいか心に余裕がなく常にイラついてた
    これだけ体型に気を使ってる自分は一度も彼氏が出来た事がないのにこれまで散々見下してたはずの
    太った人達が普通に彼氏いたり結婚したり子供がいるという現実にも気づいてなかった

    ある日大学で凄い美人な学生(芸能活動してる人)とたまたま構内ですれ違って
    その人がかなりの小顔で手足はスラッと長いのに胸とお尻は大きくてくびれもあって女忄生らしくて
    生まれ持った骨格の違いに衝撃を受けた

    そこで自分が痩せてるだけのブスだった事に気づきそして自分が痩せてる事に大した意味がない事を悟った
    今は健康ならそれでいいやくらいの考えでいるけど体型の事ばかり気にしてピリピリしてる人なんて
    美人でも痛いのに自分みたいなブスが同じ事したら嫌われて当たり前だよなとタヒにたくなるし
    代謝のいい10代の頃に好きな物を思い切り食べておけばよかったと後悔してる

    477 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2013/05/06(月) 12:50:01 0
    愚痴とともに書き捨て。

    A男(彼氏)とA子(彼女)は高校時代からの親も公認のさわやかカップル。
    別々の大学に進学するも、ラブラブっぷりは変わらず。将来就職したら
    25歳位で入籍しようと将来を約束する仲だった。
    しかしA男が入ったサークルのメンバーがちょっと男尊女卑というか脳筋というか
    そういう人間がいる所だったらしく、ちょこっとだけ影響を受けるA男。
    しかし、A子は大切な大切な女の子だし俺らラブラブなんで、と乗り切っていたある日の飲み会で
    B男・C男に、女なんて皆ちょっと優しくしたら靡くビッ千!お前の彼女もなwwと、挑発
    されA子は違う!と反論。B男・C男になら俺らが声かけても靡かないか試してもいいよな?
    とそそのかされ、当然!と勝手に受けて立ったA男。
    後日飲み会にA子を連れ出し、2次会行こうとA子・B男・C男と3人を個室の飲み屋(兼カラオケBOX的なところ)に残し
    俺は信じてるからな!とA男離籍。
    セク八ラ三昧で迫るB男・C男。当然毅然と断るA子。
    A男も戻らず、流石になんかオカシイと思い帰ろうとするA子を無理矢理強姦.。
    ハメ鳥みたいな写真も撮られまくり。
    途中気が付いた店員に止められたが、すべてが遅かった。自失茫然となるA子と、
    脱兎の如く逃げたB男・C男。店員が救急車と警察呼ぼうとしたが、取り乱したA子が
    とりあえず公にするのは待って姉を呼んでほしいと要請。小一時間後に
    姉が到着して、とりあえず妹が混乱してるので、病院に連れてゆき
    落ち着かせたい。被害届だす事になると
    思うが、そのさいは協力して欲しいと店長にお願いしてる最中に、A男が登場。
    一直線に彼女に向かい、心配するのかと思いきや、痛みと混乱で蹲ってたA子を
    思いっきり蹴り飛ばし毆りつけ、このビッ千が!と罵倒罵詈雑言。
    むちゃくちゃに暴れるA男を店長とアルバイトと姉で押さえつけ、通報。
    A男㬥行傷害で逮捕。
    A子㬥行された傷&A男に蹴られ毆られたアバラが折れ内臓に突き刺さる重傷で入院手術。
    A子姉&店長腕と肩にヒビが入る怪我。

    1 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/02/09(金) 20:08:17 ID:f5tabotR0.net
    鋼のメンタルの持ち主である俺でも流石に悲しい

    83 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/08/22(月) 09:50:12 ID:JmAoElMH
    ずいぶん前の話、しかもフェイクてんこもりですが、怒りが収まりません。

    去年の夏。あまりの暑さに我が子とプールへ頭を冷やしに行くことにして
    近所に住んでいる義妹たちを誘いました。
    残念ながら義妹たちは用があって行けないと言われ、
    姪×3(大学生・小学校高学年・低学年)、甥×2(中学生・低学年)、私子(高校生♂・園児♀)
    という大人数で、元々障碍のある私が全員を見ることはできないので、
    大学生・高校生・中学生がそれぞれ小さい子から目を離さないようにしてくれるということで
    それなら安心かとプールへ行きました。
    しばらくは良かったのですが、私が甥が転んで泣いたのでそちらに気をとられてる間
    十秒ほどの間に娘がいなくなり、慌てて探そうとしたところ、反対方向から
    大学生の姪がひとりでこちらに全速力で走ってきます。
    どうしたのかと思うと私の横をすり抜け、プールへそのまま飛び込んで上がってきたら
    手に娘を抱えてました。
    あまりのことにびっくりしてたら、他の姪や甥が腕をひっぱるので
    娘を連れて保健室?のようなところへ行き、手当をしてもらいました。

    139 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/07/13(土) 03:07:13 ID:R+hq6Ea4.net
    もう卒業したけど中高一貫の女子校に通ってた時の健康診断が、
    「教室で上半身ネ果、下半身は体育の短パンになってから廊下を通って測定会場の体育館に移動」という生徒の羞恥心に全く配慮しないものだった
    一応教室から体育館までに通る廊下は順路が決められていて、カーテンなどで外からも見えないし、
    順路を通っている限りは男の先生には会わないという仕組みになっていた

    中等部の間はみんな半泣きでギャーギャーわめいたり胸必タヒで隠しながら歩いてるけど、
    高等部になるとだいぶみんな平然と胸丸出しで歩き回るようになるくらいみんな変わってしまうんだけど、
    高等部の時に私と友達二人で歩いてる時に順路間違えて、上半身ネ果で男の先生と会ったのが衝撃的体験
    ちょうど建物の改装とかがあったばかりで全員素で迷ってしまっていた
    しかもなぜか三人全員誰も胸も隠さずに先生に「すみません、体育館ってどっちでしたっけ?」って質問してたし、
    先生と別れてから「何でうちら胸出したまま先生と話してたん??」って言いながら爆笑してたw
    しかも次の年から健康診断のネ果移動がなくなって全員体操服で移動になったので、多分私達のせいかもしれない

    842 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/05/20(水) 22:39:22 ID:a6orhYot.net
    私がまだ実家にいた10年以上昔の話。
    夕飯を食べて野球見ている時に玄関のドアがバンバン叩かれその後に激しくチャイムが鳴った。
    家にドアホンが無かったので、玄関からタヒ角になってる窓からそっと表を覗くと
    人が倒れているように見えたので慌ててドアを開けたら、女の子(以後Aと表記します。)がうずくまっていた。
    大丈夫!?と声をかけると、Aは顔を上げたんだけど顔を見てギョッとした。
    顔は殴られたらしく鼻と口の端から流血。シャツは引きちぎられてボタンがほぼ無く
    下着は辛うじて引っ掛かってるって感じ。スカートも半分脱げていた。
    動けなくなってしまったAを玄関に半ば引きずるようにして保護。
    私はAにしがみつかれて動けなくなってしまい、母親が警察に連絡。
    切れ切れに話すのを要約するとAの実両親は離婚し、彼女は母親に引き取られた。
    だけどその母親が亡くなってしまい、お葬式が終わり家に帰ってきた夜に養父に襲われたそうだ。
    警察はすぐに来てくれたけど、男性が来た事でAが激しく泣き出してしまい
    新たに婦警さんと救急車を要請してくれた。
    救急車が来て婦警さんが来ても、Aは私からしがみついて離れないので
    結局私も救急車に乗って病院まで行った。救急車の中でAが眠ったので私は病院から
    パトカーで送ってもらい帰宅。その後何回か警察に話を聞かれたけど、数回でそれも終わった。
    一ヶ月位経って警察から連絡があり、Aからお礼が言いたいので会いたいと言われ警察で会ったのだけど
    傷が消えたせいか、あの時より格段に元気そうに見えた。
    ご迷惑をおかけしてすみませんでした。本当に助かりました。ありがとうございます。とお礼があり
    彼女は知らなかったそうだけど、実父も亡くなっておりその妹さんの所に行く事になったと言われました。
    伯母さんも同席しており、丁重にお礼を言われお菓子を頂きこの件は終わりました。

    本当にあの襲われかけた(未遂だったそうです。)女の子を見た時は修羅場だったし
    ニュースで女性が襲われた事件を見る度に心が痛みます。
    あの子が今元気で幸せであればいいと願ってやみません。

    630 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2020/10/18(日) 13:01:31 ID:5A.ud.L1
    四半世紀も昔も修羅場。

    婚約者は代々続く自営業だった為、結婚したら事務方を手伝うことになっていた。
    なので式の一ケ月前に寿退社。当時25歳。
    最終日の終業後に事務所で簡単なお祝いパーティしてくれて、
    それまで貰ったこと無いような大きな花束も貰った。
    幸せ一杯だった。
    その花束を抱えて会社を出た所で女の人がぶつかってきて
    「あっすみません・・・」って感じで思わず謝ったらその女が私に顔を向けてて
    完全に目がイッちゃってた。
    なんか怖い、この人・・・と思った瞬間に足に力が入らなくなった。
    長いこと正座してて急に立ち上がった時みたいな、ああいう痺れみたいな。
    どうしたんだろうと思ったら、又その女がぶつかった。
    崩れ落ちて歩道に寝転がって、送ってくれた同僚たちがなんか騒いでるのは分ったけど
    飛行機に乗ってて耳がキーンとしてる時みたいな、近くなのに遠くで騒いでるみたいな。
    私にぶつかった女が同僚の男性数人に押さえつけられて騒いでて・・・
    そこまでは覚えてる。
    その女の人に私、刺されてた。
    婚約者とは2年付き合ってたんだけど、二股掛けられてたみたい。
    全然気付かなかった。

    661 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/01/17(火) 14:23:46 ID:8Jm
    5年前、婚約していた彼氏にボロ雑巾のようにされて捨てられた。
    彼氏の稼ぎだけで十分生きていけるレベルだった為、
    二人で話し合って、専業主婦になってほしいという言い分を受け入れた。
    プロポーズ後、挙式予定日半年前に寿退社。
    挙式の準備も兼ねてアルバイトを探し、退社してすぐ同棲を始めた。

    ・プロポーズ後の貯金使い込み(結婚式をしたくなく、する金なんかないと言う為)
    ・発達障碍があることを隠していた
    ・気にいらないことがあるとを投げつけるなどの㬥行を繰り返す
    ・人の気持ちがわからない、話を聞けない通じない

    今でいうモラハラ男だったらしい。
    すぐに別れたのだが、相手の過失は認められたものの
    発達障碍による心神喪失?とかで慰謝料は発生しなかった。
    弁護士にも、相手が障碍持ちだと厳しいとの一言。
    その後すぐに私に血液疾患の一種が見つかった。
    命に別状はないが、まともに働ける体ではなくなってしまった。
    フリーターで細々と稼ぐのがやっと。
    そしてこの病気は治らないらしい。
    独り暮らしじゃなかったのに、あなたの体調に気付く人はいなかったんですか?と言われてしまった。
    37度くらいで病院に行くなんてキチガ亻とも言われたし、同棲中はお金をちゃんと彼氏に渡していた為、フリーターの状態では頻繁に病院に行くお金など捻出できなかった。
    今考えればなんであんなに奴隷だったんだろうと思う。

    友人はみんな彼の味方についた。
    「僕の障碍を受け入れられず僕は捨てられた」とあちこちで被害者ぶっているらしい。
    社会的地位の高い仕事をしているせいか、みんな彼の味方をして私を蔑んだ。
    私の血液疾患は、彼の障碍を受け入れられなかった罰だと言っているらしい。
    友人もなくし、恋人と結婚という夢も亡くし、親も情けない私を見限り、細々とフリーターで生きて居る。
    彼には子供が生まれたらしい。
    私は本当に因果応報だったんだろうか。とてもつらい。

    290 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/02/13(日) 21:53:13 0
    私の子供の頃の話です。
    当時私は社宅に住んでいました。
    間取りは、玄関脇にトイレがあって
    トイレの換気口が社宅の共有廊下に繋がっていた。
    我が家は一番端っこだったのでそういう作りで、
    他の部屋はそうなっていなかった。
    ちょっと分かりにくいけど、
    我が家のトイレからだけは廊下の隅っこで交わされる会話が
    スピーカーのようまる聞こえ。
    どういう効果か分からないけど、ささやき声も思いっきり拾う。

    私は小さい頃 お腹が弱くてよく学校を休んでいた。
    そしてお腹が痛くてトイレに籠ることがしょっちゅうだった。
    お腹が痛いので、外から聞こえる話声もほぼ聞き流していた。
    話の内容は 社宅の奥様方の噂話。
    お腹が痛いよ~と半泣きになりながらだったけど
    いつも同じような会話が繰り返されるので
    嫌でも内容を覚えてしまった。

    内容は A部長の奥さまがやたら気合い入ったお化粧で出かける。
    ○○駅で見かけた。
    男の人と腕組んでた。
    あれってデートよね?
    あの男の人って営業のB君ぽくない?
    B君ってC部長とこの娘さんと婚約したって言ってなかった?

    このページのトップヘ