46 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/01(土) 22:56:01 ID:GLfSCLuR.net
日記状態にしてすまん
目の前の作業量が膨大で、しかも孤独なもんだから
ことばにしないとわけわかんなくなりそうで…

本は昨夜なんとかやっつけた、ぴしっと収まってる本棚を見るのは非常に達成感がある
(しかしゴミための中で無残な姿になってた本多数)
今日はほかのものを片して床と壁を拭き上げよう!と思って起きて、朝から動いてるのに
この時間になっても拭き作業に入れてない

多分、捨てない予定のものを、なんとか片付けようとしたのが間違いだな…
置くところが決まってないものの置き場を決めようと右往左往してしまった…

この際片付けのことは一旦度外視して、捨てないものはどっかにまとめて
ともかく拭くことだけかんがえよう
冷静に考えたら当たり前のことだな、
掃除って作業を何年もやってないから効率的な作業の組み立てができないんだな
本当はトイレも今日着手したかったんだけどなあ

明日は晴れて気温も高いらしいから、洗濯と布団干しも明日のタイミングだ
よし、頑張ろう
47 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/02(日) 00:54:30 ID:az1Fv8qt.net
>>46
お疲れ
今日は充分やったよ!また明日は新しい日だ頑張れ!
48 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/02(日) 08:40:10 ID:kpPiqiIJ.net
>>46
そもそも片付けの大前提として、
「片付けと掃除は同時に行わない」というのが有るらしい
自分も片付け下手だから知ったの最近なんだけど

なので、今日は掃除、明日は片付けとか、
区切り意識しながらやってみてはどうだろう?
掃除しながら片付けないといけないものもあるし、必ずってわけじゃないけど
54 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/05(水) 19:53:23 ID:1bhUIPG3.net
>>47>>48
乚スありがとう
おかげでようやく脱汚部屋出来ました!!
長かった…!

あれからまる3日、若干掃除ハイみたいになって
朝の四時くらいまで作業をし、ゴミ出しの時間まで仮眠してまた作業…
みたいな感じになってた

床にこびりついた汚れ(多分こぼれた食品がくさって土化したもの)を
スポンジでゴシゴシ削っては雑巾で拭いたり
トイレにがっちりこびりついてた尿石も三、四時間向かい合って削りまくってなんとか取れた

強い洗剤に手を浸しまくったから荒れ放題だし
体はくたくただけど、床に寝転がれる部屋が取り戻せたのはすごく嬉しい
もう二度と戻らないようにしたい…
動線をある程度考えて、配置は少しずつ研究していこうと思う
55 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/06(木) 06:46:17 ID:QD+UUpi/.net
>>54
おめでとう。
掃除の神様が降りてきたんだな。
56 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/06(木) 10:52:16 ID:MT+5oJ96.net
>>54
ようやった!
魔窟から人並みの部屋になったところで、
収納具少し見直してみるといいよ
片付け先がないから散らかるわけで
・ゴミが散らかる→大きめのゴミ箱、手元に届くところに小さめのゴミ箱
・服が散らかる→クローゼット収納BOX、ハンガー等
57 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2014/11/06(木) 20:46:57 ID:lMJCaA/e.net
>>55>>56
ありがとうー
モノあふれ系の汚部屋というよりは、
掃除・ごみだししてないが故の有機系汚部屋だと思ってたんだけど
>>56のいうとおり、モノもやっぱりかなり溢れてたので改善を考えていこうと思うよ

あと同時に、片付けやそうじの習慣化を意識しようと思う
こうやって人並みに片付いてはじめて、
カーペットやフローリングの埃は一日ですぐに溜まるんだなって実感したよ

生活から掃除って要素が消えて数年経過してるから、
普通の人がどの程度の頻度でどんくらい掃除するのか見当がつかないんだよな…
とりあえず一日一回はフローリングをクイックルワイパーすることと
カーペットは気がついたらコロコロすること、
トイレは使用後にさっとクリーナーで拭くことは習慣にしたい
536 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2015/10/24(土) 17:46:51 ID:ux0zl1BM.net
>>46
>(しかしゴミための中で無残な姿になってた本多数)

あるあるw
引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1407908724/
他サイト生活系人気記事