2021年10月

    497 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/09/19(水) 19:27:21 0.net
    義妹は義兄嫁のことを
    「長男の嫁なのにお父さんたちを立てようとしない。
    産前産後で3ヶ月も実家に帰るなんて非常識。
    嫁実家近くでお宮参りしたのも非常識。
    子供だけ連れて顔見せに来るとかしてもいいのになにもしないなんてお父さんたちが可哀想」
    ってボロクソに言ってたクソ(義母コピー)
    義兄夫婦は新幹線の距離だっつーのにこんな奴らがいる場所に来るわけないじゃん
    そのあと一年もしないうちに、自分が産んだら、産前産後に半年以上里帰り。
    もちろんお宮参りもろもろのイベントも自分の実家でって本当にクソ
    挙げ句の果てには自分も長男の嫁になったくせに
    「九州の長男の嫁になったからには~」と義兄嫁叩いてる
    馬鹿すぎて相手にするのイライラする
    反撃したら「おねえさんにそんな風に思われてたなんて怖くて夜眠れなくなった」って…忄生悪すぎる

    697 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/09/22(水) 16:39:22 .net
    園バスが一緒のお家が苦手でしんどくなってきたわー
    行きは夫婦で来て帰りは上の子達も連れて家族総出で来るんだけど会話もせずじっと待ってるのよ
    一家族が黙って固まってると何だか圧が凄くて、それまで他のママと話弾んでても来られると変にシーンとしちゃって空気が重くなるのがしんどいわ

    835 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/08/26(木) 01:40:59 ID:vW.ke.L1
    地元の新興住宅地、良い話全然聞かなくてトラブルばっかり。
    大地主が相続で手放した土地とプラスアルファの場所に新興住宅地が出来た。たしか7.8年前くらい。
    最近は交通の便も改善されてきた場所なもんで、他所から新興地に子育て世代の夫婦を中心に大勢入ってきた。
    緑の多い土地、○○駅まで車何分~とか。
    イメージとしては、正方形の右上側に学校や役場やお店の比較的賑やかな場所が集まってて、右下は農地と住宅、左上は山、左下が地元の超田舎タウン。
    超田舎タウンと右上の丁度あいだ!という触れ込みだけど、実際はガッツリこっち寄り。ほぼ左下。
    過疎化の進む昨今なので、誰の思惑だか知らないけど呼び込みとしては大成功だったと思う。
    当初は住民は喜んでた。メガソーラーが出来るなんて話もあったから。照り返しとか水はけとか色んな話を聞くので。
    問題なのはその後。
    業者や役場は地域のルールや習慣なんか説明してくれたんだろうか。
    私は結婚して隣の地区に越したので、地元に残った友達や親兄妹親戚から話を聞くばかりだけど、もう評判が悪いなんてもんじゃない。
    どこから移り住んできた人達なのか知らないけど、一部の住人が
    ・ゴミ出しルール守らない奴がいて野生動物が降りてきて田畑に悪さするように
    ・農道に駐車して知らん顔で、トラクターやらが通れなくて大モメ
    ・空き地でBBQして火の不始末から枯れ野に引火してボヤだした
    ・大雨翌日が快晴だからって川遊びしようとして心配して止めた地元民と楺めた
    ・飼えなくなった亀を田に逃がして大騒動
    ・雪の日にスリップして誰ソレさん家のひいひい婆さんの代からある蔵に突っ込んだ
    ・町内会に入らないけど祭には大勢来て収支が合わなくて、急遽自治会とか学校のPTAも混ざって大モメして偉い騒ぎに
    ・新興住宅地の息子さんが深夜にスケボーで走り回っててうるさくて敵わん!とお年寄りブチ切れ
    ざっくりでこんな感じの話が山ほどある。
    ゴミ出しの話の時なんて、猟友会がパトロールしてたら「銃を持ってうろつくなんて!」って110番した奴まで居たらしい。

    一応、地元の人間も色々考えて、
    川遊び解放の日を作って監視員やネットを設置して「この日以外はダメだし万が一は自己責任」ってしたり
    町会の意義や活動について改めて説明して会費を払ってもらってちゃんと子供会の運営に漕ぎ着けたりした。
    新興地の人の中には、青年部や消防団、婦人会で活動してくれる人もいて助かってる事も勿論ある。100パーセントやばい人では無いみたい。

    ここまでは正直自分は他人事というか、偉いことになっちゃったなーくらいの気持ちだった。
    それが、なんとうちの実家に新興地の奥さん数人がやってきて「お庭を解放してください!」って言いに来たらしいんだよね。
    どこで聞いたんだか、うちの庭に大きいビニールプールがあるとか東屋があるとか遊具があるんですよね?って。
    実家は昔から住んでたものだから土地が広い。裏に山があって、離れがあって畑とビニールハウスと東屋があってビニールプールと倉庫小屋があっても余裕で駐車スペースがある。
    長年母が畑してたんだけど、歳だし、元々身体の丈夫な人じゃなかったから寝込むことも増えて、庭木になってる果樹を残して畑はだいぶ縮小した。
    丁度その時期に兄夫婦が離れをリフォームして越してくるタイミングだったから、兄が一部に芝をひいて遊具を置いた。
    こんなの別にうちだけじゃないだろうし、長年住んでるお宅はみんな広い。子供の居る家は程度に差はあれ似たようなもん。
    うちが1番広いとかって話でもないし、何で目をつけられたのか。
    うちの旦那曰く、通りに面してるから覗きやすくて分かったんじゃないか?って。
    「個人宅ですしプライベートスペースなので」って断っても、
    「地域には公園がほとんど無くて子供たちが遊べる場が少ないんです!」
    「時間や曜日を決めて少しでいいので解放して下さい!」
    「会費制や予約制にするのはどうですか?」
    「持ち回りで大人が付きますから、お願いします」
    って引かないらしい。
    新興地にも奥様会があるらしく、そういう話になったらしい。
    よくこういう所で話に出る明らかにヤバい人間みたいな「とにかく解放しろ!」的な感じじゃなくて
    自分たちの主張は正しくて、あくまでお願いしてますって顔して押し切る気で居るみたい。
    兄嫁さんが奮闘してた所に話聞いてた母が出てって、図々しい!そういう事はまず役所か学校に相談なさい!仮にも人様の暮らしてる場所なのよ!うちは空き地でも慈善団体でも無いのよ!
    って追い返したらしい。

    776 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/09/29(日) 00:24:31 ID:jMbjFoDr.net
    フランス語がわかるのに最近気づいた
    といっても単語が少し…くらいなので全く役には立たない

    経緯としては2年ほど前に家の近くにご主人がフランス人、奥さんも日本とのクオーターの人が越してきた
    奥さんのほうは日本語ペラペラ、ご主人はほぼ話せないらしい
    だから夫婦の会話はフランス語になるんだけど、なぜか一部だけ理解できた
    でもフランス語なんて習ったことないし自分でも理解できなかった

    でもその謎が昨日わかった
    上の話を実家でしたら、小学生の頃に親戚の伝手でフランスへ暫く滞在したことがあるらしい
    そこで挨拶や身の回りのものの単語を少し覚えて帰ってきたらしい
    単語がわかったのも衝撃的だったんだけど、フランスへ行ったことなんて微塵も覚えてないのも衝撃的だった…

    922 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/11/24(水) 18:03:53 0
    姉の結婚が決まって、両家の家族の紹介を兼ねた食事会での出来事。
    参加者は姉・両親・私と姉の彼氏・彼氏母。
    彼氏父は既に他界されていて兄弟もなく、母一人子一人のご家庭だった。
    姉から常々「彼氏がマザコンぽい」という話は聞いていたけど、母子二人で
    暮らしてたんだからお互いが大事でも当たり前かな、と姉自身も私たちも思っていた。

    食事会が始まろうかという時。
    料亭の個室に全員が揃い、姉彼氏が最初のあいさつをしようと立ち上がった。
    すると、
    「あらやだまー君(姉彼氏)!シャツがはみ出てるじゃない!!」
    彼氏母の大声。どうやらワイシャツのすそがズボンから出ていたのを見つけたらしい。
    「え?うそ、恥ずかしいよママ直して」
    「仕方ないわね、まー君こっちいらっしゃい」
    まー君は畳に座っているママの前に仁王立ちした。
    するとママはまー君のベルトを外し、一気にズボンを引きおろした。
    そしてワイシャツのすそをピンピンと引っ張って伸ばし、きれいに整えて
    元通りズボンをはかせてベルトを締め、くるりと一周させて背中側も確認し
    おなかをポンポンと叩いて
    「はい、コレで大丈夫よ。もーちゃんと着ないとダメよ、恥ずかしいでしょ」
    幼稚園児の服を着替えさせるような彼氏母の行動と、それを当たり前と
    信じて疑わない様子のまー君。

    修羅場といえる派手な立ち回りや罵りあいは起こりませんでしたが、
    私の家族は終始無言で味のしない料理をどうにか片付け
    お通夜のような雰囲気でその日を終えました。
    あんなまずい食事は後にも先にもありません。

    ちなみに家に帰ってから両親も私も大反対しましたが姉は結婚。
    その後も数々の修羅場を経験し、今は実家に帰っています。
    「優しい人だと思ってた、親に反対されて余計燃え上がってしまった。
    親の言うことは聞くものだ」と言っています。

    182 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/09/22(水) 14:24:30 .net
    ママ友の旦那が経理で家のお金も全て管理してきたの
    無駄なお菓子買い物も全部15年チェックと制限されてきたわ
    そのおかげか家のローン終わってキッチンを最新にリフォームよ
    おやつも自由に買えないのとどっちがいいんだろう

    485 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/02/26(金) 19:39:20 ID:P1.3z.L1
    私は母子家庭育ちで、正直忌み嫌う人がいるのも理解してはいる。

    だけど中学時代からの友達にそれを面と向かって言われた時はさすがにびっくりした。
    結婚式一週間前、友達全員集めて独身最後の飲み会で、「正直、私子が母子家庭育ちと友達になる前に聞いていて、男たらしのろくでもない子と思ってた。でも私子は違った。母子家庭育ちだけど許してあげようって思えたんだ。旦那さんにも許してもらえてよかったね!」と笑顔で言われた。

    なんと返していいかわからないでいると、みんな「ちょっと酔ってんの?」「私子のお母さんめっちゃいい人だったよねー」と空気が壊れないようフォローを入れてくれたけど、友達は「まあそうなんだけどさ、私子の家遊
    びに行ったときすごくボロボロで、私のお母さんにそれ言ったら『やっぱりねえ、可哀想。時々お菓子とか恵んであげたら?』って言っててね。どうしても埋められない溝ってあるよ、うん」と言い返してきた。

    私も流石に嫌になって、「そんなふうに思われてたんだ」と周りに止められたけど帰った。

    彼女は「なんでなんで!?褒めたんだよー(汗)」と焦ってた。本当に悪気なく言ってる感じだった。

    ちなみにうちは普通の賃貸マンションで、綺麗にしているし、友達のうちも特に名家というわけではない。
    ああやってジャッジする人本当に居るんだね。

    124 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/11/04(金) 15:43:34 ID:S/+OlIpk.net
    ごめん、愚痴らせて、ノイローゼになりそうなんだ。(注 かなり長文です)
    俺は、新装開店するスーパーのパートに応募して、鮮魚部に配属された。(未経験)
    研修先で右も左も分からない状態で、必タヒに働いて1週間が経ったころ、
    A君という子が同じ部門のパートとして配属された。
    すると、研修先の上司ではなく、新店舗の上司から、
    『俺君、A君に仕事教えてあげてね』と丸投げしようとしてきたので、
    俺は断った。(まだ3枚おろしも、開きも碌に出来ないのぺーぺーなので)
    でも、『掃除だけお願い!』と言われたので、掃除など分かってるところだけ教えた。
    この、初日からA君はちょっと変わっていた。

    複数の発泡スチロールを角を揃えた状態でひもで縛って出す決まりになっていたので、
    それの仕方を俺が2回ほど見せ、その子にさせてみたんだ。
    すると、角を揃える段階で、発泡スチロールが俺のお尻に当たった。
    あっ、邪魔だったのかな?と思い移動したら、A君が口を開いて
    『あっ、動かないでください、ずれるんで、、、お尻で合わせてるんです』と、発言された。
    それ聞いた途端に、俺は切れそうになったがどうにか抑えた。

    516 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/09/24(金) 14:35:47 .net
    旦那はなんでもかんでも遠慮するのが美学と思ってるのか、こっちが旦那のためにしたことも俺はいいからって遠慮して受け取らなかったりする
    これ義母もなんだけど、もはや遠慮というより拒否で失礼になるレベルだからイライラする

    42 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2021/09/22(水) 10:14:14 0.net
    婆は子供が中学のときかな?お母さん専業主婦なんだからおれに勉強しろなんていう権利ないって言いだして
    婆は子供産む前はIT社畜だったので自分はどっちかっつーと働く女気分でいたので
    そうか子供にはわからんのだなと思って働き始めて
    週3くらいは子供が家に帰っても婆は家にいなくて洗濯物とりこんで炊飯器セットしてとメモ置くようになった
    子供なんて視野狭いのよね

    このページのトップヘ