2019年06月

    564 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2011/01/24(月) 18:14:43 ID:DQvzEE9W
    職場でのこと。
    自分が起案したイベントなんだが、開催することになったから企画書作ってね、
    という流れになった。で、作成した後プリントして、回覧→提出にしたんだけど。
    「回覧物を見て、内容を了承した人は判子を押してね」というのが職場での共通認識になってる。
    もし何か足りないこと、判らないことや誤字脱字があったら、
    訂正したりメモを付けて置いて欲しい、と添え書きをした。
    全員の判子がついていたのでもう一度確認して提出したら、年上の同僚が
    「ああいう風に体裁がしっかりし過ぎてると意見をつけにくい。
    もう全部決まったものなんだって思ってしまう。
    回覧して意見を募りたいならもっと簡単な箇条書きにしておいて。
    ていうか自分のいた職場ではそれが常識だった。
    別にいいけど今度からは気を付けて」だと。
    ……いやアナタ判子を押してあったよね? 自分が企画を出したことは会議でも知っているはず。
    じゃあアナタが今作って回覧して意見を募っている業務マニュアルは、
    訂正さえ済めばそのままマニュアルのファイルに収められる書式とかで作ってるけどそれはいいの?
    まあマニュアルと企画書じゃ全然違うといえばそうなんだけどさ。
    了承の判子を押しながら後で言いに来る、その神経がわからん。

    265 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2010/05/02(日) 23:32:45 O
    ネット環境が整ってないので、携帯からすいません。
    1週間前にしてやったDQN返し。

    義実家で同居しているんだが、トメがとにかくうざい。
    子供だーの、しきたりがどーの、料理があーだこーだ。
    ウトと夫が居ない時に色々仕掛けてくるが、二人ともトメの悪業は知っている。
    ちゃんと〆てくれるんだが、トメは全く堪えず嫌がらせは続くばかり。
    悪いな、と謝るウトと夫にむしろこちらが申し訳なくなりつつ、逆襲の許可をいただいた。
    せっかくいただいたチャンスなので、ぶちかましてやった。

    最近のトメのマイブームは料理バシャーと基地外呼ばわり。
    よし本当の基地外を見せてやろう、と準備万端。
    夕食の支度をしていると友人達とのお出かけからトメ帰宅。
    ダイニングからウトと夫の応援視線を受け、やる気満々の所にトメが近づいてきた。

    トメ「あら何作ってるの?」
    私「ミートソースです」

    玉ねぎと人参のみじん切りを炒めながら答えると、いきなりトメが鍋を掴んで流しにバシャーした。

    トメ「うちは和食しか食べませ………」
    私「チャラチャッチャチャッチャッチャー♪」

    トメが何か言おうとしたが、ガン無視して3分クッ〇ングの曲を唄い始める私。
    ギョッとするトメを差し置いて戸棚から鍋を取り出す。



    すいません続きます…

    790 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2016/07/05(火) 01:08:23 ID:3PWEQGlZ.net
    ものすごい金持ち風(ハンドバッグ型のブランド物でゴールドカードざくざく)の財布を拾って交番に届けた。
    すぐに落とし主が現れ、お礼をしたいと言っていると交番から連絡が来たので興味本位で出向いた。
    交番にいた落とし主は高そうなスーツを着たいかにもどっかの役員クラスなガタイのいい40代のおじさん。
    「どうも」と入っていくと、おじさんは椅子に座ったまま財布から7~10万円の札を枚数を確かめもせず抜いて、私に差し出して一言。
    「ごくろうさん」

    腹立ち過ぎて断固として受け取らなかった。
    おじさんの態度とあの時の意地っ張りな自分がスレタイ。受け取れば良かった!!w

    29 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/09/01(土) 00:05:38 0.net
    警察に凸られたことが修羅場だった。

    夕飯どきに、チャイムも鳴らさず誰か玄関に入ってきて(寝るとき以外施錠しない田舎)
    慌てて玄関にいくと5人ほどの警察がいた
    「○○さん(うちの名字)?」
    そうですが…というと、結構強引に中にあがってきた
    うちは親父がアル中で外でもトラブル起こしてたし、DVもあったから
    ついに親父がなんかやらかしたのかな…と思って、人生おわった。高校行けないかも。とか考えてた。
    母と祖母も絶望してたと思う。
    「○○さん(父ではない名前)はおるか?」
    え?誰?ってなって場が混乱したのちに
    祖母が「それは裏のお宅のおじいさん」と教えてくれて
    警察は何も言わずにそそくさと帰っていった

    この近辺同じ名字が三軒あったから間違えたみたい。
    親父は丁度入れ違いで帰ってきた。

    766 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2008/02/12(火) 13:04:47 ID:F/MBm9T0
    平日の昼食時、セルフサービスで席は注文前に取っといてくださいなタイプのカフェで座席の埋まり具合は1/3程。
    そこは窓際に4人掛けのテーブルが置いてあり、他は
    4人掛けテーブルと2人賭けテーブルが置いてある感じ。
    一人で入って窓際の席が空いてたのでそこに席予約カードをおき、
    注文しに行った。
    それまでは店内はガランとしてたのに、急に混みだしてきたので
    注文に時間がかかり、やっと席に戻れた頃にはほぼ満席になっていた。
    さて食べるかと思ったら、女の子が一人横に来て
    「席かわってくれませんかぁ?」と言ってきた。
    「相席ですか?」って聞いたら、「ここ4人座れるんでかわってください」と
    背後をチラチラ見ながら言う。
    そっちを見ると、友達らしい3人が2人席に荷物を置き、ニヤニヤしながらこっちをじっと見てる。
    さっきの会話でちょっとカチンときてたのもあって
    「もう食べ始めてるので、ちょっと」と言ったら
    4人席一人で座るとか、マナー違反でしんじられない、とか
    ちょっと常識ないよね、ずーずーしいね~、とか聞こえた。

    いきなり席かわっても充分ずうずうしいと思うんだが…。
    最初からもうちょっとマトモに言ってくれてたら代わったっつーのに。

    661 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/05/27(月) 12:20:30 ID:LCj1FT0Z.net
    他の方々に比べるとプチですが…身バレしない程度のフェイクを含みます。

    結婚して県外に移り住んでしばらくしたある日。携帯に実家地方の市外局番の知らない番号からの着信がありました。
    出てみると実家の地方の警察署からでした。
    職務質問後に警察署で詳しくお話を聞く事になった方がいて、その方が乗っていた自転車が私の物だったらしく確認の為に連絡してきたんだそうです。
    自転車の特徴を聞くと確かに学生時代(十数年前)に通学に使っていた物ですが、就職後は車で通勤するので使わなくなり、その後遠方の支社に急な転勤が決まってしまい実家に放置していました。
    警察には上記に加えてて気がついたら無くなったいた、両親なら知っているかもしれないから聞いてみると伝え、終了しました。
    実家の母へ電話して自転車の一件を話すと「分かった、調べてみる。」と言われました。
    後日分かったのは…父(コミュ力の化身)が近所の飲み屋で何回か会っただけの人(職務質問で警察にご案内された方)にノリと勢いで私や母に無許可で自転車を譲渡していた事が判明。
    父は母にかなり締め上げられたようです。
    多趣味で友達が多いリア充な爺だと思っていた自分の父が単なるアホだった事が分かったのが修羅場。
    ちなみに自転車以外に他人に勝手にあげた物は無かったようです。
    後日母が警察に事情を説明し、職務質問の方は無事解放されたそうです。

    516 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2018/08/04(土) 22:07:40 ID:a4nDSr32c
    放置子未確定な上、一度未遂があっただけだけど聞いてもらえるかな。
    初心者なので間違いあったらごめんなさい。
    うちは集合住宅でエントランスには住人誰でも利用できるトイレがある。
    ある日子どもたちが旦那の帰宅に合わせて1階エントランスへお迎えに行き、すぐに帰宅した。
    が、家族とともに一人の女の子も居た。驚いてる私に旦那がおかしな事を言う。
    「トイレ貸して欲しいんだって」と。玄関先で漏らされても困るしとりあえず貸した。
    詳しくは後で聞こうと思い、念のため私はトイレ前で待機。
    帰宅したのに旦那も子どもも玄関で待機(笑)
    その子、トイレから出てくるなり玄関ではなく反対側へ行きリビングのドアを開ける。慌てて制止。一瞬で私の横をすり抜けていった汗
    「もう外も暗い。こんな時間にあなたの家族が心配する」
    「うちは今からご飯。あなたもご飯の時間になるでしょう」
    「あなたのお母さんも知らないのに部屋にはあげられない」
    「あなたのお母さんにいいよって言われてない」
    「とにかく今日は絶対ダメだから帰りなさい」
    というような事を言って聞かせた。
    そんな私を無視するかのように部屋の奥へ入ろうとするので、腕を掴んで止めた。
    すると「痛い痛い」と騒ぎ出す始末。
    カチンときたが我慢して「痛くないっ」と玄関まで連れていく←
    「またお母さんが良いって言うならお母さんとおいで」とその子の部屋まで送ろうとする私たちを振りきり、階段を下りてった。
    階段は丸見えだったので、その子の言う部屋の階の廊下を歩いてるところを確認して部屋に戻った。
    そもそも何故エントランスのトイレに行かないのか、子どもが仲良くなったのかと思えばうちの子達とはしゃべらなかったと言うし、
    どちらかというとうちの旦那に付いてきたような感じ。聞いても家に親はいないようで祖母がここに住んでるようだけど、この子が住んでるかもはっきりしなかった。
    暫くは凸されるか?!と施錠を怠らないよう気を付けていたものの杞憂に終わった。
    被害はなかったけど放置子なのかも?これから何かあるかも??と、心中穏やかではありませんでした。
    おわりです。

    325 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2019/03/27(水) 00:21:59 ID:juphAsa6.net
    友人宅の食事会に持参した料理を大量の野菜と混ぜた上でテーブルに出されたこと
    ちなみに自分はメシマズではない
    料理は、冷めても美味しいものを、一人一切れは行き渡るように用意し、あとはタッパーを開けてテーブルに置けばよい状態にしていた
    肉料理を沢山の野菜と炒め合わされたのはまだいい
    デザートをやはり野菜に混ぜ込まれたのはいただけなかった
    他の人からいただいたという料理も、原型をとどめない別の料理と化して出された
    差し入れ、迷惑だった?と尋ねても、喜んでいた
    おいしい料理をもっと美味しくしたかった、と
    でも本当は迷惑だったかも知れない
    だから、二度と持っていかない

    260 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2017/05/09(火) 01:41:56 ID:/VT9cMG40.net
    嫁がW不倫していてさ間男に完全にラリってたんだ
    俺はヘタれだからそれ知っていて言い出せなかった
    ただ只管仕事に打ち込んで気を紛らわす毎日だったんだ

    2年以上そんな生活が続いていた時に警察から連絡があってね
    嫁が自〇したから遺体確認してほしいと言われてね
    病院の霊安室に案内された。
    公園の隅の木にスカーフで首を吊ってたんだって
    免許証で身元確認できて、遺書もあってさ
    俺は嫁だと確認してそれからはあまり覚えてないけど
    いろんなところで書類とか書かされたりして
    その間に駆けつけた嫁両親と嫁弟に罵倒され殴られてさ
    気がついたら俺病院のベッドに寝ていたんだ

    この時に初めて遺書を呼んだ
    嫁は浮気していた事を俺が気づいているって知っていたみたい
    初めは俺のことを女々しいやつと思って鬱陶しくてすぐに離婚する準備をしていたらしい
    ただ嫁から言い出さなかったのは間男に慰謝料出させたくなくて、また嫁から慰謝料払うのが屈辱だったらしい
    そうこうするうちに俺の態度が変わらないことに疑問をもって俺の日記を見て泣いたらしい
    「いつか妻が戻ってくることを願う」の言葉見て自分のしたことがいかに愚かだったかと書かれていたよ
    それで間男に抱かれるたびに罪悪感が大きくなってとうとう間男に別れを切り出したらしい
    その時に間男は拒んで縋り付いてきたが不倫を旦那にバラすと脅され
    嫁が「主人は知っている」と反論すると俺の上司でもあった間男は
    「会社での旦那の立場が悪くなるようにする。最悪は首にも出来る」と脅したらしい
    この頃に嫁はラリから完全に冷めていて俺に対する気持ちが戻っていた
    でももう戻れないと、それに自分たちのしたことで俺の人生を狂わせたことに悩み始めて
    間男を呼び出し目の前で首を吊ることを考えたらしい

    705 :伝説の鬼女 ~修羅場・キチママ・生活まとめ~ 2009/04/10(金) 12:58:52 ID:ngUcXwrz
    泥奥に隠れ蓑にされそうになりました。
    ママともA・B・C(泥奥)・私の4人でA家でお茶をした帰り道、
    バックの中を見ると見覚えのないマニキュアが一瓶入っていました。
    慌ててA家に戻りAママに見せると、やはりAママのマニキュア。
    Aママは驚く様子でもなく、やっぱりという表情。
    話を聞くと、Cさんが来た日は、何かしら小物が無くなっているとのこと。
    そのことをAママがそれとなくCさんに告げると、私が怪しいと言ったとか。
    この日初めてA家にお邪魔した私が?何故に?と思いましたが、
    Cさん曰く、「私とAママが玄関先で話しているのをよく見かける・・・
    Aさんの隙を見て私さんが盗んでいるんだ」ということらしいです。
    確かに、玄関先でよく話はしますが、家に上がったのは初めて。
    Bママにも連絡を取ると、やはり私がいろんなお宅で盗みをしている
    と言っているようで、もちろんBママは信じていませんでしたが。

    このページのトップヘ